妊娠中の離婚は考え直そう!現実と夫婦関係のためにすべきこと

妊娠中に離婚をしたくなるケースがあるのですが、これはやめておいた方が良いでしょう。その理由や、妊娠中に離婚をしてしまわないように注意するべきことを説明しましょう。

妊娠中に離婚を検討するケース

妊娠中には離婚をしてしまうケースがあります。それではどういったときに離婚をしたくなるのでしょうか。妊娠中に離婚を考えてしまうケースについて教えましょう。

DVやモラハラを受けている

妊娠中であってもDVされてしまったり、モラハラを受けてしまうというケースがあります。たとえ妻が妊娠していたとしても、そのことに配慮したり、思いやりを持つことができない男性がいるのです。このような男性は妊娠をしている女性にお構いなしに暴力を奮ったり、精神的なダメージを与えてしまうことがあるのです。このような状態に絶えられなくなり離婚したくなるのです。

実は不倫をされていた

妊娠中に男性が不倫をしてしまうというのは意外と多いです。妊娠中には妻が構ってくれなくなります。たとえばセックスもできなくなってしまうでしょう。それでも男性は性欲が溜まってしまうものです。それで我慢できなくなってしまい不倫してしまうというケースがあるのです。これが原因となって離婚を決断するというケースは意外と多いです。

夫が家事も仕事もしない

妊娠をしている際に夫が家事をしないということがあります。妊娠中には女性は以前のように動くことができなくなります。家事をするのも辛くなってしまうことがあります。それなのに夫が家事をしなかったり、あるいは仕事をしないという駄目な夫もいるのです。そのような夫との結婚生活に嫌気が差してしまい、別れてしまいたいと思うのです。

妻の妊娠により夫に変化が起こる


妻が妊娠してしまうと夫にもさまざまな変化が起きてしまうことがあります。たとえば不安になってしまったり、ノイローゼのような状態となることもあります。とてもイライラしてしまい、それを妻にぶつけてしまうようなこともあるのです。夫の変化に妻が耐えられなくなってしまうことがあります。

妊娠によるホルモンバランスの乱れから来るイライラが原因

妊娠をしてしまうと女性はホルモンバランスが乱れてしまいます。それによってちょっとしたことでイライラしてしまうこともあるのです。そのため、妻の方の精神状態が悪くなってしまい、夫のちょっとしたことにも耐えられなくなって離婚をしたくなるということがあります。この場合は子供が産まれてしまえば解決できることは多いでしょう。

妊娠中の離婚を考え直したほうがいい理由

基本的に妊娠をしているときの離婚は考え直した方がいいことが多いです。さまざまなデメリットがあるからです。どうして妊娠中の離婚はおすすめできないのか、その理由について教えましょう。

母子家庭の平均年収は243万円

平成22年の年収 平成27年の年収
平均年収 223万 243万

出典:平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果
妊娠をしているときに離婚するということは、母子家庭になってしまうことになります。母子家庭というのは苦労している方が多いです。平均年収は243万円というデータがあります。シングルマザーでは育児をしながら働かなければいけません。そのため、年収が上がりにくいのです。

出産直後の仕事は現実的ではない

出産をした直後というのはなかなか仕事ができません。たとえ職場に理解があったとしても、育児にも集中しなければいけないため現実的ではありません。特に出産直後というのは女性はまだ体力も回復していません。普通に働くことができない場合も多いでしょう。妊娠中に離婚をしても、出産直後にとても苦労してしまうのです。経済的な問題があるため、離婚をするのは待った方が良いでしょう。

経済的に苦しく、本業のほかに副業を始めるケースが増える

シングルマザーになってしまうと基本的に経済的に苦労してしまいます。そのため、本業だけでは心もとなくなり、副業を始めてしまうケースがあるのです。それでも満足できる収入を得られないことが多いでしょう。

仕事に追われて子育てが大変になる


母子家庭ではお母さんは一生懸命働かざるおえなくなります。そのため、仕事に集中しなければいけなくなり、子育てに苦労してしまうことが多いです。仕事も子育ても両方ともにしっかりとやらなければいけなくなるのです。

親権に関しての問題が出てくる

親権について問題が生じてしまうことがあります。親権というのは離婚をする夫婦でどちらかが得ることになる権利です。親権を持っている親が子供を基本的に育てることになります。妊娠中の離婚の場合は親権を母親が持てないこともあるでしょう。親権をどちらかが持つのかについて言い争いになってしまうこともあるのです。

戸籍の関係上子供とは違う姓になることがある

戸籍の関係で問題が生じてしまうことがあります。たとえ妊娠中に離婚をしたとしても、子供は夫の性になってしまうことがあるのです。この場合は親子で性が違ってしまうということになります。これではいろいろと不都合な問題が生じてしまう可能性があるでしょう。面倒なことになってしまう可能性があるのです。

妊娠中の離婚を避けるために意識すべきこと

妊娠中にはできるだけ離婚をしてしまうのを避けるべきでしょう。それではどのような点に注意をすれば離婚を避けられるのでしょうか。そのためのポイントを教えましょう。

夫婦間のコミュニケーションをしっかりとる


まず夫婦でしっかりとコミュニケーションをとるようにしましょう。コミュニケーションが不足していると喧嘩してしまったり、すれ違ってしまいやすいです。そうなると相手に不満を感じてしまい離婚をしたくなったり、夫が不倫をしてしまうという可能性があるのです。妊娠中であってもそれまでと変わらないコミュニケーションを維持するべきでしょう。そうすれば、悩みや不安について相談をすることもできます。自然と相手に対して思いやりを持てるようになるでしょう。

妊娠中の身体や心の変化は一時的なものだと理解する

妊娠中に女性の方が一方的に離婚をしたくなってしまうことがあります。しかし、これはホルモンバランスが急激に変化してしまうために精神に変化が起きているのです。このような変化というのは、一時的なものです。そのため、出産をしたあとには、気持ちが大きく変化することも珍しくありません。妊娠中に焦って離婚をするべきではないでしょう。まずは出産をしてから心が安定してくるかどうか様子を見るべきです。

夫は妻の身体を労わる・妻は労わってもらう関係を作る

夫は妻の身体について妊娠中は特に労るべきでしょう。そして、妻は夫から労ってもらうべきです。特に妊娠中というのはこのような関係性を作ることがとても大切なのです。妊娠をしていると女性の方がさまざまな苦労をしてしまいます。以前のようには生活できなくなります。そのため、どうしても周囲の人の助けを借りる必要ができてしまうのです。そこで夫がしっかりと妻を支えてあげなければいけなくなります。夫が妻を自然に労ってくれるような関係性を作っておきましょう。

男と女として向き合う時間も作る


妊娠をしてしまうとつい夫婦が異性同士であるという事実を忘れてしまうことが多いです。お互いに相手のことをあまり異性として認識しなくなります。しかし、それでは夫婦仲がどんどん悪くなってしまうでしょう。そこで男と女としてしっかりと向き合う時間を作ることが大切です。そうすれば、妊娠をしている間に相手に魅力を感じてしまうということはなくなるでしょう。特に夫が不倫をしてしまうのを防ぐために役立つのです。夫が常に妻を女として意識してくれるように妻の方は妊娠中も努力をするべきでしょう。

まとめ

妊娠をしているときに離婚をしてしまうのは、いろいろな意味において避けた方が良いことです。それをしてしまうとさまざまな問題が起きてしまう可能性があります。こちらを参考にして、妊娠中の離婚を全力で避けましょう。

- 1 / 1ページ -