記念日のメッセージを書くポイントは?書き方も紹介します

記念日にはプレゼントを贈る方も多いと思いますが、そこにメッセージを添えるとさらに相手に喜んでもらうことができます。こちらではそのメッセージを書く際のポイントや書き方について説明します。

記念日にはメッセージを贈ろう

記念日には特別なことをしたいと考えている方は多いでしょう。そのような方におすすめするのがメッセージを書くということです。メッセージを贈ることによってきっと相手は喜んでくれるでしょう。

日頃の感謝の気持ちを込めて伝えよう

メッセージではたとえば日頃の感謝の言葉を伝えることができるでしょう。普段はなかなか言うことができないものです。記念日という特別なタイミングであれば、照れずに伝えることができるでしょう。相手の感謝を伝えることによって、きっと相手は喜んでくれるはずです。

普段言いにくいことも言える

普段伝えたいことがあってもそれは面と向かってなかなか言えないものです。それをするのは恥ずかしいと感じてしまう方は多いでしょう。記念日のメッセージとして贈るのであれば、素直になることができるものです。

高価なプレゼントよりも喜んでもらえることがある

高いプレゼントを贈るべきだと考えている方がいるかもしれませんが、それは自分で欲しければ買えるものです。そのようなものよりも、自分にしか贈れない特別なものを贈った方が喜んでもらえることもあるでしょう。その1つとしてメッセージを書くのはとても効果的なのです。

メッセージを書くときの内容

実際にメッセージを書くとして、どのような内容にすれば良いのか悩んでしまう方は多いでしょう。こちらでは特別な記念日に贈るメッセージとしてふさわしい内容について紹介しましょう。

相手と自分の名前をメッセージに入れる

まず相手と自分の名前はしっかりとメッセージの中に入れておきましょう。そうしないとそれが誰から誰に向けてのメッセージなのか、後から見たときに分からなくなります。また、誰から誰へのメッセージなのか明確になっていないと、メッセージの効果が弱まってしまうでしょう。

「今」を肯定する内容

メッセージの内容としてはできるだけ今を肯定的に考えているというニュアンスのない用意にしましょう。否定的なことを書くべきではありません。それをわざわざメッセージにする意味はありません。

記念日に対してのお祝いの言葉を書く

記念日についてのお祝いの言葉をしっかりと含めておきましょう。記念日を迎えられたことについて心から喜んでいることをメッセージとして伝えておくのです。お祝いの言葉をしっかりと書いておくべきです。

自分の思いを伝える

自分が相手のことをどのように思っているのか、素直な思いを伝えておきましょう。愛してるや感謝している、あるいは楽しんでいるなどさまざまな感情があるでしょう。そうした思いを素直に伝えることによって、相手の心にしっかりと響くメッセージを作成することができるのです。

お互いの愛情を示す言葉を添える

互いの愛情について示す言葉を最後に添えておくと良いでしょう。そうすれば、自分達の現在の関係はお互いに愛情を持っているからこそだと意識することができます。愛情を互いに相手に抱いていることを言葉として書くことによって、それはとても強く意識されるでしょう。

それまでを振り返り浮かんできた言葉をシンプルに伝える

相手とのこれまでの付き合いについて振り返ってみて、そこで素直に感じたことをメッセージとして伝えると良いでしょう。たとえばこれからもよろしくという言葉でも良いです。自分が正直に思った言葉をできるだけシンプルにまとめてそれを伝えましょう。そうすればあなたの気持ちを確かに相手に伝えることができるのです。

英語で記念日を祝う文例

記念日のメッセージは英語で書くととてもおしゃれになるでしょう。しかし、どのような文章がふさわしいのか分からないという方もいるかもしれません。こちらでは記念日を祝うために最適な英語の文例を紹介しましょう。

カップルで使えるメッセージ:I’m always with you.

こちらはカップル同士で使えるメッセージでしょう。いつもあなたと私は共にいるという意味となっています。それぐらい絆が強くて愛情をお互いに持っているという意味合いが込められているのです。カップルがとてもラブラブな状態であることを印象付けられるでしょう。常に相手のことを意識して生活をしていこうという気持ちにさせられます。

誕生日を祝うメッセージ:Lots of love for your birthday!

こちらは誕生日を祝うストレートなメッセージとなっています。相手が誕生日を迎えたということについて、たくさんの愛を捧げたいという気持ちを込められたメッセージとなっています。日本語でこのような文章を書くのは恥ずかしいかもしれませんが、英語であれば、こういった内容の文章であっても違和感なく相手に贈ることができるでしょう。

友達の記念日を祝うメッセージ:I wish that your love grows stronger and blooms year by year.

こちらはなんとなく意味が分かるでしょう。相手がこれからも幸せな生活を送ってほしいということを願ったメッセージとなっています。友達が記念日を迎えてそれを祝いたいというときにはメッセージの最後にこちらの英語の文章を添えると良いでしょう。そうすれば、そのメッセージ全体がしまったものとなるでしょう。

喜んでもらえるメッセージを書くポイント

メッセージを書くならば、相手にしっかりと喜んでもらうことが大切です。そのためにはどういったことに気をつけるべきなのでしょうか。こちらでは相手に喜ばれるメッセージのポイントについてまとめました。

自然な文章でフランクに書く

基本的に文章は自然な印象を与えるものにしましょう。違和感を与えてしまうような文章ではあまり気持ちがしっかりと伝わらなくなってしまいます。素直に相手に対する気持ちを文章として表現するのです。変にカッコつけようとしたり、気取ろうとするのは、相手に対する思いやりに欠けています。

自分のためではなくて相手のためにメッセージを書くべきです。そのことを意識することによって、本当に相手の心に響くメッセージを書くことができて、あなたの気持ちを伝えられるでしょう。

メッセージは手書きで贈ろう

確かにパソコンで作成したメッセージのほうが相手にとっては読みやすいでしょう。字が汚いから手書きでメッセージを作成するのは嫌だという方もいるかもしれません。しかし、メッセージは基本的に手書きで書くべきです。その方が心のこもったものとなるからです。

そもそも、パソコンで作成して印刷されたメッセージというのは、その人ではなくて作ることができるものです。手書きであれば、その人が実際にそのメッセージを考えてそれを書いてくれたのだと想像しやすくなります。その方がより自分の気持ちが相手に伝わりやすくなるのです。わざわざ手書きで作成してくれたという事実だけでも相手は感動してくれるものなのです。

プレゼントにメッセージを添えるのも効果的


メッセージだけを直接渡すのは恥ずかしいという方がいるかもしれません。また、それだけでは相手に対するお祝いの気持ちが不十分となってしまうと考える方もいるでしょう。この場合は、プレゼントにメッセージを添えることをおすすめします。プレゼントをメインとして、さらにそれにメッセージを添えておくのです。

こうすれば2つのプレゼントを相手に贈るのと同じことになるでしょう。相手の感動はより大きくなるはずです。わざわざプレゼントをくれて、さらに特別なメッセージまで用意してくれたということに相手は感動してくれるでしょう。

労いや感謝の気持ちを伝えること

メッセージの中には相手に対するお祝いの気持ちを含めるのはもちろんのこと、それだけではなくて相手に対する労いの言葉や感謝の気持ちを伝える言葉も含めておきましょう。そうすることによって、お祝いのメッセージとしてより完成度が高くなります。相手を感動させやすくなるでしょう。

まとめ

記念日のメッセージを作成する際にはさまざまなポイントがあります。こちらで紹介したポイントを理解しておけば、相手の心に響くメッセージを作ることができるでしょう。しっかりと自分の言葉で考えたメッセージを贈りましょう。