1週間の断食で最大8kgのダイエット!断食を成功させるコツ

断食を利用して1週間に最大8kgも痩せたという方もいますし、短期間で効果的なダイエットをしたい方にはおススメの方法と言えるでしょう。

そこで、ここでは断食のやり方や成功させるポイントなどについてご紹介します。

1週間の断食で得られるダイエット効果


断食を行うことでどれくらいのダイエット効果を得られるのかというのは、もっとも気になるところではないでしょうか。これは人によっても少々変わってくるため「確実に何kg痩せる」とは言い切れません。一週間にマイナス8kgに成功したという方もいれば、そこまで減らなかったという方もいます。

もちろん、断食にトライする方のもともとの体重などで結果は変わってくるもの。正しく行うことで体重を大きく減らせるのは確かです。

断食は1週間で5~8kgの減量が可能

断食をすることで、1週間に5~8kg程度の減量が可能とされています。通常のダイエットでここまで落とすのは至難の業であり、何より時間もかかってしまうでしょう。

できる限り短期間で痩せたい、飽きっぽくなかなか続かないという方でも、断食は1週間あれば十分。多くのダイエッターから熱い視線を送られるのも理解できる話かもしれません。

また、週末にのみ行うことで効果が発揮される「週末断食」についてもチェックしてみてください!

週末断食で体の中からスッキリ!食の専門家が教えるおすすめなやり方や注意点とは?

あわせて読みたい

週末断食で体の中からスッキリ!食の専門家が教えるおすすめなやり方や注意点とは?

続きを読む

腸内環境が改善され代謝が良くなる

断食の効果は、体重が大きく減るだけではありません。腸内環境が改善されることで、代謝が良くなるという働きもあるのです。腸は栄養の吸収や老廃物の排出などを担う、とても大切な臓器の一つ。それと同時に、代謝にも関わっています。

断食を行うと腸内がリセットされ、腸内環境が整うことで結果的に代謝が上がるという仕組みです。ダイエットにおいて代謝を上げることは、基本中の基本でしょう。

1週間の断食の方法

ここからは1週間の断食方法についてご紹介します。特に、初めて断食にチャレンジするという方はしっかり目を通してみてください。

1週間なにも食べない


文字どおり、基本は1週間何も食べません。食事制限ダイエットの場合、摂取するカロリーをトータルで少なくすることで減量を行いますが、断食では何も食べないのです。その代わり水分はしっかりと摂ります

酵素ドリンクや置き換えドリンクで栄養補給

食事を一切摂らないとなると、栄養が足りなくなってしまいます。このため活用されるのが、酵素ドリンクや置き換えドリンクなどです。特に酵素ドリンクは豊富な栄養が含まれており、栄養価も高いため断食中には大いに役立ってくれるでしょう。

断食終了後は回復食から始めてリバウンドを防ぐ

断食が終わったからといって、すぐに普通の食事に戻してしまうとあっさりリバウンドします。回復食から始めなければ、胃腸もびっくりしてしまうため注意が必要です。好きなものを食べたい気持ちはぐっと抑えて、断食終了後2日ほどは回復食を摂りましょう。

1週間断食のプラン

1週間断食の具体的なプランについてご紹介します。初めてトライする方も、まずは以下の流れを目安にしてみてください。

初日:準備期1日目・ご飯とヘルシーで消化の良いおかず


1日目は食事を摂って構いませんが、ヘルシーで消化に良いおかずをチョイスすることがポイントです。ご飯も食べて大丈夫。ただし最初の2日というのは断食に向けた準備期にあたります。たくさん食べるのは控えましょう。

2日目:準備期2日目・おかゆと汁物・野菜

2日目にはおかゆと汁物、野菜などを中心とした食事にします。これも消化しやすさを重視しましょう。まだ準備期にあたるため、なるべく消化に良いもの、かつお腹いっぱいは食べないということを意識します。

3日目:断食1日目・酵素ドリンクやダイエットシェイクで置き換え(7~10回は飲む)

ここからいよいよ本格的な断食のスタートです。断食期間中には基本的に食事を摂ることができません。その代わりに酵素ドリンクや置き換えドリンクを使います。

酵素ドリンクは口に合わないという方は、ダイエットシェイクなどでも良いでしょう。

4日目:断食2日目・酵素ドリンクやダイエットシェイクで置き換え(最低5回)

断食の2日目も酵素ドリンクやダイエットシェイクなどで乗り切ります。最初はつらいかもしれませんが、2日目の夕方くらいになるともうかなり慣れているはず。食べ物を口にしたくなったときは、負荷の少ない軽い運動をすると空腹がまぎれます。

5日目:断食3日目・酵素ドリンクやダイエットシェイクで置き換え(最低5回)


この日も酵素ドリンクやダイエットシェイクで過ごしますが、飽きないようにできるだけ異なる味のドリンクを用意しておくことをおすすめします。自分好みの味のドリンクが複数あれば、断食のつらさも多少ましになるでしょう。断食はこの日で終了です。

6日目:回復期1日目・重湯・お粥

前日で断食は終了し、ここからは回復期となります。重湯やお粥など消化に良いもの、胃に優しいものを食べてください。もちろんたくさん食べるのは体にも負担が大きく厳禁です。ゆっくり味わいながら食べましょう。

7日目:回復期2日目・お粥・白米・野菜スープ

この日から少しずつ食事をもとに戻します。それでもまだ、お粥や白米、野菜スープなど消化に良いものを選びましょう。ここで一気に普通の食事に戻すと、リバウンドの原因にもなります。胃が痛くなってしまうこともあるため、様子を見ながら過ごしてみてください。

1週間の断食を成功させるコツ

1週間の断食を成功させるためのポイントをご紹介します。挫折を避けるためにも、以下4つのことをふまえてチャレンジしてみましょう。

身体への一時的な負担が大きいので体調を整えておく


断食は安全に行えば問題はないものの、やはり食事を摂らないというのは体にそれなりの負担をかけてしまいます。一時的とはいえ体への負担を考えると、体調は万全に整えておきましょう

もし体調が悪い・断食中に異変を感じたら、そのときは諦めて、断食を先送りにしたほうが安心です。体の安全を第一に考えてあげてください

準備食で胃を準備させておく

先ほどもお伝えしたように、断食を行うときには準備食で胃の準備をしなくてはなりません。いきなり断食を始めてしまうと胃も驚いてしまううえに、本来の断食の効果が感じられないかもしれません。

「食べないほうがダイエットになる」と無理をする方もいますが、かえって逆効果であることを覚えておきましょう。

断食中は水分をしっかりと摂る

断食中は水も飲んではいけない、と勘違いしている方は意外と多いもの。1週間まともに水も飲まないとなると、命に関わります。もちろん水は飲んでも良く、普段以上に水分補給を心がけるのが正解です。

酵素ドリンクやダイエットシェイクだけでなく、デトックスのために水もたくさん飲みましょう。

好転反応が出たら横になって休む

断食中には好転反応が出ることがあります。頭痛や胃痛などさまざまな症状がありますが、これが出るということはきちんと断食の効果も出始めているということです。

症状が出たときには無理をせず、横になってゆっくり休みましょう。断食は体にそれなりの負担がかかるもの。もし症状があまりにひどく不安な場合には、断食を中断することも大事な選択肢です。

まとめ


1週間の断食では、体重を大きく減らすことができるほか、腸内環境が整うというメリットもあります。正しい方法で行えば安全に減量に成功できますが、初心者の方は少し注意が必要です。

間違った方法で行った場合、痩せるどころかただ体調を崩して終わってしまう可能性もあります。また、もっと痩せたいからと一週間以上続けるのも、体への負担が大きくおすすめできません。

断食中は体を思いやり、無理のない範囲でチャレンジするということを覚えておきましょう。