冷え性対策を始めたい!おすすめの生活習慣と食事の内容

冷え性だとツライですよね。手足の先が痛くて堪りませんし、痛みのあまりイライラしてくることも多々あります。何かをしていても冷えからくる痛みで集中できませんし、仕事でミスをしてしまうようなこともあるでしょう。男性よりも女性のほうが冷えに悩まされている方は多いですが、ここでは冷え症の主だった原因や改善するための方法などについてお伝えしたいと思います。

冷え性をもたらす主な原因

そもそも冷え性はどうして起きるのでしょうか。冷え性の原因にもいろいろ挙げられますが、ここでは代表的な冷え性の原因をピックアップしてみました。

筋肉量の少なさ


筋肉量が少ないと冷え症の原因となります。どうして筋肉と冷えが関係あるのかと不思議に思った方もおられるでしょうが、筋肉は血液を循環させる役割も持っています。そのため、筋肉量が少ないと血液を全身に行きわたらせることができませんし、それによって手足の先が冷たくなる、痛くなるということが増えてしまうのです。女性に冷え性の方が多いのも男性に比べて筋肉量が少ないからです。

自律神経のバランスの乱れ

自律神経のバランスが乱れてしまうと冷え症の原因となることがあります。自律神経には血管を収縮させる働きがありますから、自律神経が乱れてしまうと血の巡りが悪くなってしまいます。血の巡りが悪くなると手足の先まで血液がいきわたらなくなりますから、結果的に冷え症になってしまうということです。自律神経が乱れる原因もいろいろ考えられますが、精神的、身体的なストレスや不規則な生活が原因で自律神経バランスが乱れてしまうことは多々あります。

食べ過ぎ

ついつい食べすぎてしまう、という方には冷え性という方が多いです。食べすぎてしまうと冷えの原因となってしまうことがありますから注意しなくてはなりません。特に夏場に身体が冷えるようなものばかり食べているとどうしても手足が冷えてしまいますし、知らず知らずのうちに体を冷やす食べ物を口にしている方もいます。このようなケースでも冷え性になってしまうことはあります。また、食べすぎによって自律神経が乱れてしまうこともありますから注意しましょう。

皮下脂肪の量

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、このうち皮下脂肪は冷えに大きく関わってくると言われています。皮下脂肪には断熱効果があると言われていますし、熱が加わっても全身に熱が伝わりにくいのです。皮下脂肪が多すぎるのも問題ですが、少なすぎるのも冷えの原因となることがありますから覚えておきましょう。

日常生活でできる冷え性対策

ここからは日常生活でできる冷え性対策について見ていきたいと思います。日々の生活の中で簡単にできる冷え性対策はいくつもありますから、冷えに悩まされている方はさっそく今日からでも実践してくださいね。

20分以上のウォーキング


ウォーキングは冷え性対策にも効果的な運動です。ウォーキングはもっとも手軽に始めることができる有酸素運動ですし、脂肪を燃焼させる効果もありますからダイエットにも効果的ですね。ウォーキングを行うと全身を使いますから血の巡りが良くなりますし、それによって手足の先まで血液がいきわたりやすくなります。できれば20分以上のウォーキングがイイですね。普段運動しない方だとウォーキングくらいの運動がちょうどいいですから、毎朝の習慣にしてみましょう。慣れてきたらジョギングに切り替えるというのも良いでしょう。

お風呂上がりのストレッチ

お風呂上りにストレッチを行うのもおススメです。お風呂上りは体も柔らかくなっていますからストレッチには最適なシチュエーションと言えるでしょう。身体の柔軟性をアップさせることもできますし、柔軟性をアップさせられればケガなどのリスクも軽減できます。ストレッチにはリラックス効果も期待できますから、自律神経の乱れを改善させて冷え性も解消できるかもしれません。単純に血の巡りも良くなりますから冷え性対策には効果的と言えるでしょう。寝る直前のストレッチは交感神経を刺激して眠れなくなる可能性がありますから注意してください。

半身浴

モデルや女優がよく半身浴を行っていますから、それを真似て半身浴をしている方もおられるでしょう。半身浴にはさまざまな美容効果があると言われていますし、実は冷え性の改善にも効果的なのです。血行を促進する効果も期待できますから、これからは半身浴にもチャレンジしてください。リラックス効果も期待できますし、冷え性の改善以外にもさまざまな効果が期待できます。

睡眠時間の確保


毎日仕事が忙しいからあまり寝ていない、夜更かしすることが多いためいつも睡眠不足、という方もおられると思いますがこれはNGです。これだと冷え性の原因にもなってしまいますし、何より美容にも良くありません。睡眠時間が少ないとストレスの原因にもなりますし、成長ホルモンの分泌を妨げることによってさまざまな悪影響をもたらしてしまいます。自律神経の乱れにも繋がってしまいますから、冷え症を改善したいのならしっかりと睡眠時間を確保するよう心掛けてください。

食生活の改善

食生活についても見直してみましょう。冷え症という方に限って暴飲暴食をしていたり、体が冷えるようなものばかり食べていることが多いです。このケースは非常に多いですし、特に独身の女性だとこうしたケースで冷え症になってしまうことが多いですね。食べすぎも冷え性の原因となりますし、体を冷やすような食べ物を食べすぎてしまうのも冷えの原因になります。規則正しい食生活が冷えの改善に直結しますから、まずは自身の食生活を一度見直してみましょう。

締め付けの少ない服装を着る

締め付けの強い服をいつも着ている方だと冷えの原因になっていることがあります。締め付けの強い服だと体を締め付けてしまいますし、血管も締め付けていますから血行を悪くしてしまいます。冷えの原因は血行不良がほとんどですから、冷え性を改善するにはできるだけ締め付けの少ない服を着ることです。特に女性だとサイズの合わない下着を身につけている方が多いですが、これはよくありません。きちんと専門店でサイズを測ってもらい、体に合った下着を身につけるようにしましょう。

腹巻やカイロでお腹を温める


お腹が冷えてしまうと冷えの原因となりますから、なるべくお腹は冷やさないようにすることです。冬はもちろんですが、暑い時期でも冷えやすいという方はお腹を冷やさないようにすることです。腹巻やカイロを使えばお腹を温めることができると思います。また、夜寝ているときにお腹が冷えるという方が多いですから、夜寝るときにも注意が必要ですね。布団や毛布をしっかりかけて寝ることです。扇風機やエアコンの風を直接体にあてるのも良くありませんよ。

アイスやビールなど身体を冷やすものをやめる

体を冷やすものを摂れば身体が冷えるのは当然のことですよね。アイスクリームやビールが大好きという方もおられるでしょうが、これらは体を冷やしてしまいます。毎日のようにアイスやビールを口にしているという方はまずそこを見直してみましょう。また、野菜や果物によっては体を冷やす成分が含まれているものもありますから、なるべくそうしたものは口にしないことですね。日ごろから意識的に体を冷やすものを摂取しないようにしましょう。

身体を温める食事の内容

冷えを改善するには身体を温められる食事を摂ることです。そこで、ここでは体を温める食事についてご紹介したいと思います。

野菜:根菜類や玉ねぎ


野菜を日ごろからたくさん食べている、という女性は多いと思います。ダイエット中という方だと野菜メインの生活になっている方もおられるでしょうが、野菜でもできるだけ根菜や玉ねぎなどをたくさん食べると冷えの改善に効果的です。先ほども言ったように野菜でも体を冷やしてしまうものもありますから、そうした食材はなるべく避けることですね。根菜類や玉ねぎは体を温めてくれますし、血行促進効果も期待できますよ。意識的に摂るようにしてください。

豆類:納豆や黒豆


納得や黒豆も体を温めてくれますからおススメです。日々の食事でなるべく納豆や黒豆を食べるようにしてみましょう。また、納豆も黒豆も豊富なタンパク質を含んでいます。タンパク質は筋肉の元となる栄養素ですから、たくさん摂取するのはおススメです。筋肉が少ないと冷えの原因になってしまいますし、どうしても女性はタンパク質不足になってしまうことが多いです。せっかく運動しても筋肉の元となるタンパク質が足りないと意味がありませんから、積極的に食べるようにしてください。

肉・魚:鶏肉、鮭、タラ


鶏肉や鮭、タラといった食材は体を温めることができます。こうした食材だと料理にも使いやすいですし、工夫次第でかなり美味しい食事も作れるでしょう。自炊している方だとどのようにでも調理できるのではないでしょうか。身体を温めることができるのはもちろんですが、どの食材にしても豊富なタンパク質を含んでいます。先ほどもお話したようにタンパク質は筋肉の元ですからたくさん摂るのはおススメですよ。

飲み物:しょうが湯、ホットワイン


ショウガ湯やホットワインは体を温めてくれますね。ショウガには体を温めてくれる成分がたくさん含まれていますから、手軽に体をポカポカさせてくれます。ちょっと寒いなと思ったときに飲むとポカポカしてきますよね。ホットワインも同様に体を温めてくれますが、アルコールも含まれているため飲みすぎは注意してください。ショウガ湯だけでなく生姜を使った料理も効果的です。豚の生姜焼きなどは定番ですね。できるだけ日ごろの食事で生姜を使うようにするといいかもしれません。

まとめ

冷えの原因や改善する方法などについてご紹介してきました。冷え症という方はたくさんおられますが、そのような方に限って身体が冷えてしまうようなことばかりしていることも少なくありません。お腹を冷やすような恰好をしていたり、体が冷えるようなものばかり食べているということもありますよね。まずは簡単に改善できるところから始めてみましょう。冷え症だと何をするにも集中できませんし、手足の痛みから表情がいつも痛そうな、苦しそうな顔になってしまうこともあります。女性らしい魅力も失ってしまう原因にもなってしまいますので、なるべく早く冷えは改善していきましょう。