腹筋ダイエットでウエスト美人に!おすすめのトレーニング8選

お腹の脂肪は気になりますよね。ダイエットを決意する方の多くが自分のお腹についた脂肪を何とかしたいという思いからではないでしょうか。ぽちゃっとしたお腹だと水着も着ることができませんし、服もオシャレに着こなせませんよね。そこで、ここでは腹筋ダイエットでウエスト美人になるためのトレーニングなどをご紹介したいと思います。くびれのある美ボディを手に入れるため、今日からでもトレーニングに励んでみましょう。

腹筋ダイエットのメリット


腹筋ダイエットにはいろいろなメリットがあります。ここではまず、腹筋ダイエットによって得られるメリットをご紹介していきます。

ぽっこりお腹の解消

女性だとぽっこりお腹が気になるという方は多いのではないでしょうか。女性のぽっこりお腹は単純に便秘が原因ということも多いのですが、内臓脂肪や皮下脂肪がつきすぎてぽっこりお腹になっていることも少なくありません。ぽっこりお腹だとカワイイ服でも可愛く着こなすことができませんし、目立ちますから恥ずかしいですよね。腹筋ダイエットに励むことでぽっこりお腹を解消することができます。

腰痛の解消

腰痛の原因にもいろいろあるのですが、腹筋ダイエットを行うことで腰痛が改善される可能性があります。お腹や腰回りの筋肉が衰えてしまうと脊椎に負荷がかかりやすくなってしまいますし、それが原因で腰痛を引き起こすことがあります。腹筋を鍛えることによってお腹周りと腰回りの筋肉を強くすることができますから、これによって腰痛が改善されるということです。ただ、腹筋のやり方次第では腰痛を悪化させてしまいますから正しい方法で行うことが大切です。実際、腹筋で腰を悪くしたという方もいますから注意が必要ですね。

ダイエット効果


これがもっとも大きなメリットだと思いますが、腹筋ダイエットを行うことでダイエット効果が期待できます。これを一番の目的として取り組む方が大半ではないでしょうか。腹筋を鍛えるトレーニングを行うことで脂肪燃焼の効果が期待できますし、お腹を中心とした引き締めボディを手に入れることができます。腹筋ダイエットではお腹周りを中心に鍛えながらダイエットに取り組みますが、腹筋運動をすることで全身の脂肪燃焼にも効果が期待できます。

腸内環境を整える事ができる

腸内環境が乱れてしまうとさまざまな弊害を引き起こすことがあります。単純に便秘になることもありますし、便秘になってしまうとぽっこりお腹の原因になりますよね。また、口臭や体臭などが匂うようになることもありますし、ほかにもさまざまな弊害が考えられます。腹筋ダイエットでは腸内環境を整える効果も期待できますからこれも一つの大きなメリットではないでしょうか。

おすすめの腹筋トレーニング8選

ここでは腹筋ダイエットのためのトレーニングをご紹介したいと思います。腹筋ダイエットに効果的なトレーニングはたくさんありますが、ここでは代表的かつ効果を実感できるトレーニングを厳選してみました。気になるトレーニングがあればぜひ取り組んでくださいね。

①ノーマルタイプの腹筋


これはノーマルタイプの腹筋です。動画を観て分かるように、ダイエットに取り組んだことがある方なら誰でも一度はチャレンジしたことがあるのではないでしょうか。ノーマルタイプの腹筋はほかのすべての腹筋トレーニングに通じるところがありますから、まずはこのトレーニングにトライしてみましょう。

②初心者に最適なセンタークランチ


腹筋はお腹周りの筋肉を鍛えるのに効果的なトレーニングであることには違いないのですが、正しく行うことが大切です。正しくトレーニングしないと鍛えるどころかケガをしてしまうこともあります。こちらのセンタークランチは初心者に最適なトレーニングとなっていますから、初めて腹筋運動をする方にもピッタリでしょう。

③下腹部を集中的に鍛える腹筋


下腹部を集中的に鍛えたい、という方に最適なトレーニングがこちらです。下腹部の筋肉にダイレクトなアプローチが可能となりますし、実際にやってみるとかなりキツイと思います。キツイということはそれだけ筋肉に刺激を与えられているということですし、それだけ効果的ということです。ぜひトレーニングメニューに採用してください。

④腹斜筋を鍛えるバイシクルクランチ


バイシクルクランチは腹筋トレーニングの中ではポピュラーなメニューではないでしょうか。動画を観て「やったことがある」という方もいると思います。手軽に取り組めるトレーニングですし、腹斜筋をしっかりと鍛えることができますからこちらのトレーニングもぜひ試してほしいですね。特に難しい動きでもありませんし、腹筋トレーニングが初めてという方でも比較的すぐにできるでしょう。

⑤カールアップクランチ


カールアップクランチも腹筋に効果的なトレーニングです。このトレーニングも割と腹筋を鍛えるエクササイズとしては有名ですし、経験したことがある方も少なくないと思います。最初からムリをしてしまうと続きませんから、最初のうちは正しいフォームで丁寧に行うことを心がけてください。フォームが崩れたままだと本来の筋トレ効果を得ることができませんしケガの恐れなどもあります。

⑥膝を上げた状態で行うクランチ


こちらは膝を上げた状態で行うタイプのクランチですね。腹筋に効果的なクランチにはいろいろな種類がありますが、このクランチもそうですね。腹筋にしっかり刺激を与えることができますし、効果の高いトレーニングと言えます。クランチだけに限らず腹筋トレーニングを行うときは呼吸にも気を遣いましょう。

⑦くびれを作るツイストクランチ


美しいくびれのあるボディになりたい方はこちらのツイストクランチも取り入れてください。ツイストの動きを取り入れたクランチで、女性の憧れるくびれを手に入れることが可能です。きちんとトレーニングを続けることでモデルさんのようなきれいなくびれも手に入るかもしれませんから、継続してトレーニングを続けてくださいね。

⑧体幹を鍛えるプランク


ブランクは最近注目されているトレーニングの一つです。腹筋はもちろん体幹、インナーマッスルを鍛えることができるという特徴がありますね。それほど難しいトレーニングでもありませんし、正しく行えばしっかりと効果も実感できますからぜひ試してほしいです。ほかのメニューと組み合わせるのも効果的ですよ。

腹筋ダイエットの効果を高めるポイント

ここでは腹筋ダイエットの効果を高めるポイントについてお伝えしたいと思います。腹筋トレーニングを行えば美しいくびれも手に入るでしょうし、ダイエット効果もしっかり感じられるはずです。しかし、間違った方法でトレーニングしていたり、大切なことを知らずにトレーニングしていると腹筋ダイエットの効果は得られません。

1セット15回から20回×2~3セット行う

腹筋トレーニングをやるときの回数やセット数についてです。これはもっとも気になるところでしょうし、人によっては10回程度でワンセットしかやらないという方もいると思います。それでもやらないよりはマシかもしれませんが、きちんと効果を得るためには15~20回程度の回数で2~3セット行うのが基本です。まずはこれを目安にトレーニングしてみましょう。ただ、回数やセット数だけにこだわる必要はありません。しっかりと筋肉を限界まで追い込むことができているかどうかが重要です。セットの最後のほうで「もう無理!」という状態になれば大丈夫でしょう。

毎日やる場合:鍛える部位を変える

筋トレは毎日やるものではありません。これについては後述しますが、毎日やったからといって効果が高くなるようなものではないのです。しかし、それでも毎日トレーニングしたい、という方もおられるでしょう。そのような方の場合だと鍛える部位を変えることをおススメします。つまり、今日は腹直筋、明日は腹斜筋といった具合に同じ腹筋でも違う部位を鍛えるのです。これなら毎日トレーニングしても問題ないでしょう。同じ部位を毎日鍛えてもあまり効果はありませんし、筋繊維を傷めてしまうだけという可能性もあります。

週3日程度:1回のトレーニングで腹筋全体を鍛え1日休む


トレーニングの頻度はだいたい週に3日くらいが良いでしょう。また、1回のトレーニングでしっかりと腹筋すべてを鍛え、翌日は1日トレーニングを休むようにしてください。毎日トレーニングしてしまうと筋肉も疲れてしまいますし、筋繊維が修復しないまま酷使してしまいます。これだと筋肉が鍛えられるどころかいたずらにダメージを蓄積させてしまうだけですし、トレーニングの効果を得ることができません。毎日トレーニングするべきではないというのはこういう理由です。筋肉は破壊と修復を繰り返すことで鍛えられますから、きちんとトレーニングしたら翌日は休ませてあげましょう。

まとめ

腹筋ダイエットを行うことで女性らしいくびれのある素敵なプロポーションを手に入れることも不可能ではありません。今までは着ることのできなかった素敵な服もきれいに着こなすことができるようになったり、人前で水着になったりすることもできるようになります。ここでご紹介したトレーニングを継続していればきっと素敵なボディを手に入れられると思います。腹筋ダイエットを成功させるポイントはムリをしないことと正しくトレーニングを行うことです。ぜひ試してみてくださいね。