二重あごを解消するエクササイズ・ストレッチ10選

鏡を見るたびに自分の二重あごが嫌になるという方もおられるかもしれません。二重あごだと顔が大きく見えてしまいますし、だらしない顔に見えてしまうこともありますよね。二重あごを解消したいとダイエットに取り組んでも、体は痩せたものの二重あごだけは戻らないというケースも実は少なくありません。そこで、ここでは二重あごを解消するためのエクササイズやストレッチなどをご紹介していきます。二重あごを解消したい方はぜひ参考にしてくださいね。

二重あごになる原因


そもそも二重あごになってしまう原因とはいったい何なのでしょうか。さまざまな原因が挙げられますが、ここでは代表的な二重あごの原因について探ってみたいと思います。

顔周りの筋力の低下

顔に筋肉はない、と思っている方もおられるでしょうが、顔にも筋肉はあります。表情筋という筋肉の名前を耳にしたことがある方もおられるでしょうが、顔にある代表的な筋肉がこの表情筋です。ほかにもいろいろな筋肉がありますが、顔周りの筋力が低下してしまうと二重あごになってしまうことがあります。筋肉が衰えたことによって周りの肉を支えきれなくなり二重あごになる、ということもあります。顔の筋肉は使わないようになるとほとんど使わなくなりますし、そうなるとどんどん衰えてしまうため注意が必要ですね。

むくみ

むくみが原因で二重あごになっている、ということもあります。顔がむくみやすいという方は実際にいますし、女性だと特に多いのではないでしょうか。顔がむくんでしまうとそれが二重あごになってしまうことは多々ありますし、慢性的なむくみによる二重あごというケースも少なくありません。むくみが原因の二重あごだと改善もそれほど難しいことではないのですが、慢性的なむくみによる二重あごだと単純に太っただけだと勘違いして何もアクションを起こさなくなることも考えられます。むくみによる二重あごかもしれないと思ってくださいね。

コラーゲンなどの減少による皮膚のたるみ


コラーゲンは肌に良い成分として知られていますよね。女性だとコラーゲン入りのコスメやスキンケアアイテムを使っている方も多いでしょうし、できるだけコラーゲンをたくさん摂り入れようとしているはずです。このコラーゲンが減少してしまうことで皮膚がたるんでしまい、その結果二重あごになるということはよくあります。コラーゲンは誰でも持っている成分ですが、加齢と共に少なくなってしまうことが分かっています。若い頃に比べると圧倒的に少なくなっていますから、皮膚がたるんで二重あごになってしまうのもある意味自然な話なのです。

猫背など姿勢の悪さ

まったく関係ないように思えますが、実は猫背など姿勢の悪さが原因で二重あごになることもあるといわれています。いつも猫背でいるような方だと骨盤が歪んでいることもありますし、それによって代謝が悪くなっている方もいます。代謝が悪くなったことで二重あごになってしまう、ということも実際あるようですね。また、猫背だと常にうつむいている状態ですし、首の皮が引っ張られて顎周りの肉もたるんできます。それによって二重あごになってしまうことがありますから注意しなくてはなりません。

顎関節の歪み

顎関節の歪みが原因で二重あごになってしまうというケースもあるようです。このパターンは少ないかもしれませんが、ほかに原因が思い当たらない場合にはこうした原因で二重あごになっているのかもしれません。ほかのケースに当てはまらないときには顎関節の歪みという線も視野に入れておきましょう。顎の関節が歪んでいると二重あご以外にもさまざまな弊害が生じる恐れがありますから、少しでも心あたりがあるという方は一度病院で検査を受けてみるのも良いでしょう。

肥満


単純に肥満で二重あごになったというケースもあります。これがもっとも多いのではないでしょうか。肥満になると体の至るところに脂肪がついてしまいますし、それは顎も例外ではありません。顔にも脂肪はつきますし、脂肪がつきすぎてしまうと二重あごになってしまいます。もっとも多い二重あごのケースと言えるでしょう。脂肪がついたことで二重あごになってしまったケースだと本格的にダイエットしないと改善は難しいですから、気合を入れてダイエットに励んでください。

加齢

加齢が原因で二重あごになることも少なくありません。年齢を重ねると代謝も悪くなってしまいますし、コラーゲンも減少して皮膚がたるみやすくなります。脂肪もつきやすくなってしまいますし、いつの間にか二重あごになっていたというケースは意外と多いです。加齢による二重あごはある程度仕方のない部分もありますね。

二重あごの解消法10選

ここでは二重あごを解消するためのエクササイズをいくつかご紹介したいと思います。ぜひ動画を観ながら実践してくださいね。

①表情筋のエクササイズ


先ほど少しお話したように、顔には表情筋という筋肉があります。この表情筋が衰えることによって二重あごになってしまうことがありますから、このようなエクササイズは効果的と言えるでしょう。動画を観て分かるように表情筋のエクササイズはそう難しいものではありませんし、どこでもできます。ぜひ試してください。

②あごのストレッチ


これも比較的簡単にできる顎のストレッチです。顎をストレッチしてあげることで二重あごを改善できることもありますから、気になる二重あごを改善するためにぜひストレッチも採用してくださいね。詳しいやり方は動画を観るとよくわかると思います。

③二重あごの引き締め美顔トレーニング


こちらのトレーニングは二重あごを引き締める効果があります。二重あごを引き締めればスッキリとした顔立ちになりますし、美顔と言われるようにもなるかもしれませんね。こちらのトレーニングならそれも可能ですから、美顔を目指してじっくりとトレーニングに励んでください。

④二重あごの広頚筋による筋トレ解消法


この部分の筋肉を鍛えることで二重あごを解消することも可能です。この部分の筋肉は次第に衰えてしまいますし、放置しておけばあとは衰えていく一方です。この動画でご紹介しているエクササイズを行うことによって鍛えることができ、二重あごの解消にも一役買ってくれるでしょう。

⑤あごと首を鍛えるトレーニング


これは顎と首を鍛えるトレーニングです。顎と首を鍛えるというとまるでプロレスラーの行うトレーニングのようですが、このトレーニングによって二重あごの解消にも繋がります。動画を観た限りまったく難しいことはしていませんからぜひチャレンジしてください。

⑥発声練習によるトレーニング


どうして発声練習が二重あごの解消になるのかと思った方もいるかもしれませんが、発声練習を行うことによって顎周辺の筋肉も使います。大きく口を開けて発生することになりますから、それが二重あごの引き締めに効果的です。カラオケで一人発声練習してみるのもいいかもしれません。

⑦「ひっひっひー」のポーズ


こちらは二重あごだけでなくたるみや首のシワを解消するのに効果的と言われているポーズです。ヒッヒッヒッと笑うような感じで行うと感じも掴みやすいのではないでしょうか。実際に動画を観てみるとやり方もすぐに理解できると思います。なるべく人前ではやらないほうがイイですね。

⑧バストアップにもなる二重あご解消エクササイズ


こちらのエクササイズでは二重あごを解消できるだけでなくバストアップにも効果的です。もっとバストアップしたいと思っている女性は多いでしょうし、ついでに二重あごも解消したいと思っている方もおられるでしょう。そのような方にうってつけのエクササイズですからぜひ試してください。

⑨広頚筋マッサージ


マッサージによって二重あごを解消する方法です。ほかにも二重あごを解消するためのマッサージはいろいろありますが、この筋肉をマッサージするのはかなり効果的と言われています。難しいこともありませんし、コツさえ覚えておけばどこでもマッサージできるでしょう。その気になれば外出先でも可能です。

⑩リンパマッサージ


リンパマッサージというのはご存知の通りリンパを流すためのマッサージです。リンパの流れが滞っていると二重あごの原因になることがありますから、リンパマッサージを行うことによって二重あごの改善も可能となります。リンパマッサージを行うときにはクリームやオイルなどを使うとよりやりやすくなりますよ。

二重あごにならないために改善すべき生活習慣

ここでは二重あごにならないために改善すべき生活習慣についてお話したいと思います。

口呼吸から鼻呼吸にする

よく言われているのが口呼吸から鼻呼吸にするということです。口で呼吸しているとつい口をぽかんと開けた状態になってしまいますし、これだと口周りの筋肉をほとんど使っていません。大して口周りの筋肉を使わずにぽかんとしているとどんどん筋肉も衰えてしまいますし、二重あごに拍車がかかってしまうことがあります。口呼吸にはほかにもさまざまなデメリットがありますし、頬がたるんだり猫背になりやすいといったこともあります。基本的に口での呼吸が多いという方はこれからは鼻呼吸に代えてみましょう。

ながらスマホをやめる

ながらスマホをついしてしまうという方は多いのではないでしょうか。四六時中スマホを弄ってしまうという方も多いかと思いますが、実はこれも二重あごの原因になってしまうことがあります。スマホをいじっているときはどうしても猫背になってしまいますし、下向きになりますから首の肌が引っ張られ顔の肉も下に垂れてしまいます。その結果二重あごになってしまうということが非常に多いのです。スマホが普及したことによる弊害とも言えるのですが、四六時中スマホを触ってしまうという方はなおさら注意が必要でしょう。

デスクワークの人は定期的にストレッチなどを行う


デスクワークの方も二重あごになってしまいがちですから注意が必要です。ずっと同じ姿勢で座っているとリンパの流れも悪くなってしまいますし、結果的に顎の周りがたるみやすくなってしまいます。デスクワークの仕事を始めてから二重あごになってしまったという方は意外に多いですよ。本人は単純に運動不足によって太ってしまったと思っているようですが、実はリンパの流れが悪くなったり血流が悪くなったことが二重あごの原因になっています。ただでさえデスクワークの方は体を動かしませんから定期的にストレッチなどをしたいですね。

食事メニューは歯ごたえのあるものをしっかりと噛む

顎の筋肉を使わないと二重あごになってしまいます。普段からあまり噛むことのない食事ばかりとっているという方だと自然と二重あごになってしまいますから、食事メニューはできるだけ歯ごたえのあるものをチョイスすると良いでしょう。毎日のようにラーメンやお粥ばかり食べているという方だとどうしても顎周りが弱くなってしまいます。歯ごたえのあるものだとしっかり噛んで食べるようになりますから、これからは食事のメニューにも気を付けましょう。しっかりとよく噛んで食べるということも習慣にしてください。

まとめ

二重あごになってしまう原因や改善するための方法などについてご紹介しました。二重あごだと実年齢以上に老けて見られてしまいますし、あまり良いことはありませんよね。自分自身でも見た目が気になってしまいますし、何とかしたいと思っている方も多いでしょう。ここでご紹介したエクササイズやストレッチを行うことによって二重あごを改善することは十分可能ですから、ぜひエクササイズを頑張って二重あごを改善していきましょう。