入籍日の決め手は?2019年3月までのオススメの入籍日も紹介!

結婚式の当日に婚姻届を提出するというカップルは意外に少なく、その前後に提出して入籍日とすることがポピュラーなようです。その際、気になるのが入籍日の決め方ではないでしょうか。伝統的な縁起を担いで入籍日を設定するというカップルであれば、六曜などの日和が気になるはずです。しかし、お祝い事をするのにピッタリな日は大安吉日だけではありません。そこで、気になる日和や入籍日の決め方、人気のある日などについて解説します。

入籍日ってどうやって決めるの?

伝統的な縁起を担いだ決め方


昔から結婚式などのお祝い事の日取りを決める場合には、歴注を使っていました。歴注には、十干と十二支や九星、二十八宿、などさまざまなものがあり、なかでも六曜は有名です。六曜は江戸末期から流行し明治に入ってほかの暦が禁止されてから、急速に一般民衆に広がった歴注です。結婚や入籍などのお祝い事は伝統的な縁起を担いだ決め方によって、凶日ではなく吉日に行うのが当たり前という考え方があります。本人たちが気にしないといっても周りが許してくれないということも多いでしょう。

ふたりの記念日

別れた彼氏と未練を断ち切る方法と復縁のテクニック
入籍日は結婚記念日と違って2人だけのものであり、2人だけが覚えていればいいものでもあります。したがって、これまで2人の愛を育んできたさまざまな記念日にちなんで入籍日を設定するカップルもすくなくありません。記念日には、初めて出会った日、初デートの日、初キスの日、プロポーズされた日、誕生日、などさまざまなものがあります。どれも大切なものですが、彼女の誕生日と入籍日を一緒にしているカップルが多いようです。お祝いが重なるだけでなく、結婚記念日から何年経過したかの計算もすぐにできるでしょう。

人気のあるゴロがいい日

6月4日は6(む)と4(し)の語呂合わせで虫歯予防の日とされているように、日本では語呂合わせでさまざまな記念日が決められています。入籍日も語呂合わせで選べば、何でもすぐ忘れてしまう彼でも覚えておくことができるでしょう。ちなみに入籍日に人気のゴロがいい日には、2月2日 夫婦の日、2月9日 福の日、4月22日 よい夫婦の日、8月10日 ハートの日、9月29日 来たる福の日 10月2日 永遠にの日などがあります。なかでも、11月22日 いい夫婦の日は定番となっています。

入籍日を決めるとき注意したいこと

お祝いごとに良くない日和とは?


伝統的な縁起をそれほど気にしていないという人でも、仏滅がお祝い事に向かない日であることぐらいは知っているでしょう。仏滅は六曜の中でも最も運勢が悪い日で、お祝い事を避ける慣習があります。また、赤口は、万事に用いない悪日とされており、その理由としては火や刃物など赤がよくないものを連想させるからとされています。そのほか、友引や先負などもあまりお祝い事には向いていないとされており、入籍日を決める際には注意が必要となります。

避けたほうがいい?六曜の良くない日和

昔から暦に記載される日時や方角などでその日の吉凶や運勢を占う慣習があり、今でもそれを重んじる人も少なくありません。特にカレンダーにも記されている六曜については尊重する傾向が高いようです。一般的には仏滅にお祝い事をするのは避けた方がいいでしょう。ほかにも六曜にはお祝い事には向いていないとされる日がありますが、例えば、先を急ぐと負けるということを意味する先負であれば、午前中は凶となりますが、午後は吉となります。逆に先勝は、午前中が吉というように、時間帯によっても吉凶が変わってくるため、終日を避けなければならないということもないでしょう。

六曜の暦は本当に当たるの?

六曜の成り立ち豆知識

六曜は歴注の1つで江戸時代の末期から流行ったもので、お祝い事の日取りを決めるのに広く利用されているものです。六曜には、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6種類があり、それぞれに吉凶が割り当てられています。一般的に結婚式や入籍などのお祝い事には、六曜のなかでも最も吉とされている大安や大安に続いて吉とされている友引が向いているといわれています。逆に、大凶の日とされる仏滅をはじめとして、お祝い事には向いていない日もあります。

入籍したい日が縁起の悪い日だったら


入籍日に2人の記念日やゴロのいい日を選んだら、六曜でいう縁起の悪い日だったということもあるでしょう。しかし、例えば大凶の日とされる仏滅を物滅ととらえ、これまでの物を滅して新しい物を築いてく日としてあえて選ぶこともあります。新しくスタートする日にふさわしいとして、あえて入籍日や結婚式に仏滅を選ぶカップルもいます。また、結婚式のように親戚や友人を招いて行うセレモニーではないので、そこまで縁起を気にする必要もありませんが、少しでも気になるのであれば縁起のいい日にずらした方がいいかもしれません。

身内で気になる人がいる場合の気遣い

入籍や結婚は2人の問題ではありますが、家と家の結びつきでもあることから、日取りなどを決める際に親や親戚の意見に耳を傾けなくてはならないこともあります。2人で決めた入籍日が縁起が悪い日に当たる場合は、なるべく意見を尊重して大安などに日にちをずらす努力をした方がいいでしょう。ただ、吉日ではなくても時間帯によっては、結婚や入籍などのお祝い事ができる日もあるので、どうしても外せない日がある場合は、よく相談して決めることが大切です。

「入籍しました」というのは何の日?

婚姻届に書いた届出日=入籍日


結婚に関する記念日には、結婚式を挙げた結婚記念日と戸籍上夫婦であることが認められる入籍日の2種類があります。結婚式当日に婚姻届を出すという人もいますが、ほとんどの場合は結婚式を挙げる前に届だけ提出して入籍を済ませるということが多いようです。したがって、職場などで「昨日、入籍しました」などと報告する場合は、婚姻届を書いて提出した日、入籍日が昨日ということになります。職場結婚などで異動などの都合から事務手続き上、結婚式の何ヵ月も前に入籍だけ済ませるというカップルも少なくないようです。

「入籍」というのは実は旧戸籍の慣習から


「入籍日」「入籍しました」という言葉を当たり前に使っていますが、実際には事実とは異なることなのです。婚姻届けを提出すると夫婦についての新しい戸籍が作られることになっており、女性が男性の実家の席に入ることを意味するものではありません。旧民法の時代には、家の制度があり戸主や家督相続という言葉も生きていました。女性が結婚する場合は、戸主を筆頭とする大家族の戸籍に入る必要があったことから入籍としていたのです。現在では、結婚が相手の籍に入ることを意味するものではないため、昔の慣習が残ったものといえるでしょう。

2018年上期:おすすめの日

2018年8月


2018年8月の入籍日におすすめの日は以下の通りです。吉日が重なる入籍に最適な最強開運日は8月5日(日)となります。
【大安】
8月5日(日)、8月15日(水)、8月21日(火)、8月27日(月)
【一粒万倍日】
8月6日(月)、8月7日(火)、8月12日(日)、8月19日(日)、8月24日(金)、8月31日(金)
【天赦日】
該当なし
【寅の日】
8月2日(木)、8月14日(火)、8月26日(日)
【巳の日】
8月5日(日)、8月17日(金)、8月29日(水)
【入籍日に最適な最強開運日】
8月5日(日)巳の日+大安

2018年9月

2018年9月の入籍日におすすめの日は以下の通りです。吉日が重なる入籍に最適な最強開運日は9月13日(木)となります。
【大安】
9月2日(日)、9月8日(土)、9月13日(木)、9月19日(水)、9月25日(火)
【一粒万倍日】
9月5日(水)、9月8日(土)、9月13日(木)9月20日(木)、9月25日(火)
【天赦日】
9月25日(火)
【寅の日】
9月7日(金)、9月19日(水)
【巳の日】
9月10日(月)、9月22日(土)
【入籍日に最適な最強開運日】
9月13日(木)天赦日+一粒万倍日+大安

2018年秋の結婚シーズンおすすめの日

10月

2018年10月の入籍日におすすめの日は以下の通りです。吉日が重なる入籍に最適な最強開運日は10月7日(日)、10月29日(月)となります。
【大安】
10月1日(月)、10月7日(日)、10月11日(木)、10月17日(水)、10月23日(
火)、10月29日(月)
【一粒万倍日】
10月2日(火)、10月7日(日)、10月8日(月)、10月17日(水)、10月20日(土)、10月29日(月)
【天赦日】
該当なし
【寅の日】
10月1日(月)、10月13日(土)、10月25日(木)
【巳の日】
10月4日(木)、10月16日(火)、10月28日(日)
【入籍日に最適な最強開運日】
10月7日(日)一粒万倍日+大安、10月29日(月)一粒万倍日+大安

11月


2018年11月の入籍日におすすめの日は以下の通りです。吉日が重なる入籍に最適な最強開運日は11月9日(金)、11月21日(水)となります。
【大安】
11月4日(日)、11月9日(金)、11月15日(木)、11月21日(水)、11月27日(
火)
【一粒万倍日】
11月1日(木)、11月13日(火)、11月14日(水)、11月25日(日)、11月26日(月)
【天赦日】
11月28日(水)
【寅の日】
11月6日(火)、11月18日(日)、11月30日(金)
【巳の日】
11月9日(金)、11月21日(水)
【入籍日に最適な最強開運日】
11月9日(金)巳の日+大安、11月21日(水)巳の日+大安

12月

クリスマスにぴったりの、女度アップ髪型12選

2018年12月の入籍日におすすめの日は以下の通りです。吉日が重なる入籍に最適な最強開運日は12月3日(月)となります。
【大安】
12月3日(月)、12月7日(金)、12月13日(木)、12月19日(水)、12月25日(火)、12月31日(月)
【一粒万倍日】
12月9日(日)、12月10日(月)、12月21日(金)、12月22日(土)
【天赦日】
該当なし
【寅の日】
12月12日(水)、12月24日(月)
【巳の日】
12月3日(月)、12月15日(土)、12月27日(木)
【入籍日に最適な最強開運日】
12月3日(月)巳の日+大安

2019年入籍におすすめの日

1月

2019年1月の入籍日におすすめの日は以下の通りです。吉日が重なる入籍に最適な最強開運日は1月27日(日)となります。
【大安】
1月11日(金)、1月17日(木)、1月23日(水)、1月29日(火)
【一粒万倍日】
1月2日(水)、1月3日(木)、1月6日(日)、1月15日(火)、1月18日(金)、1月27日(日)、1月30日(水)
【天赦日】
1月27日(日)
【寅の日】
1月17日(木)、1月29日(火)
【巳の日】
1月8日(火)、1月20日(日)
【入籍日に最適な最強開運日】
1月27日(日)天赦日+一粒万倍日

2月

2019年2月の入籍日におすすめの日は以下の通りです。吉日が重なる入籍に最適な最強開運日は2月9日(土)、2月10日(日)となります。
【大安】
2月4日(月)、2月9日(土)、2月15日(金)、2月21日(木)、2月27日(水)
【一粒万倍日】
2月7日(木)、2月9日(土)、2月14日(木)、2月21日(木)、2月26日(火)
【天赦日】
2月10日(日)
【寅の日】
2月10日(日)、2月22日(金)
【巳の日】
2月日()
【入籍日に最適な最強開運日】
2月9日(土)大安+一粒万倍日、2月10日(日)天赦日+寅の日

3月


2019年3月の入籍日におすすめの日は以下の通りです。吉日が重なる入籍に最適な最強開運日は3月5日(火)となります。
【大安】
3月5日(火)、3月10日(日)、3月16日(土)、3月22日(金)、3月28日(木)
【一粒万倍日】
3月5日(火)、3月6日(水)、3月13日(月)、3月18日(月)、3月25日(月)、3月30日(土)
【天赦日】
該当なし
【寅の日】
3月6日(水)、3月18日(月)、3月30日(土)
【巳の日】
3月9日(土)、3月21日(木)
【入籍日に最適な最強開運日】
3月5日(火)大安+一粒万倍日

まとめ

結婚式当日の日も大切ですが、2人が夫婦になったことを法的にも戸籍上でも証明できる入籍日も、一生の思い出に残る日となります。誕生日や記念日、響きや語呂合わせのいい日を選ぶのもいいですが、昔から伝わる歴注を使って、縁起を担いで設定する方法もあります。結婚や入籍は2人だけの問題ではなく、親や親戚なども深く関わるものであるため、周囲への配慮も忘れないようにしながら、日和のいい日を選びましょう。