ウエディングドレスはレンタルがおすすめ!相場ってどのくらい?

人生で最も晴れやかで幸せなイベントとなる結婚式。しかし、その結婚式に必要となる費用は全国平均でも360万円ほどとされています。その内訳に式場借用費用や食事代などが含まれることはもちろんですが、新郎新婦の衣装代に50万円ほどかかることをご存知でしょうか。一生に一度の結婚式ではありますが、高価な衣装を購入するよりもレンタルで済ませた方が費用を節約できます。そこで、気になるウエディングドレスのレンタルの相場や上手に費用を節約するコツなどについて徹底的に解説します。

ウエディングドレスレンタルの相場

結婚式では、新郎、新婦ともに衣装を1着だけで済ませるというカップルはほとんどなく、数回のお色直しをするのが一般的です。特にメインとなる女性のウエディングドレスの費用が結婚式全体に占める割合はとても高いため、レンタルにすることで全体の費用を安く抑えることも可能です。しかし、高価なウエディングドレスを購入するよりもレンタルの方が安くなることはわかっていても、レンタルの相場がどれくらいであるかを知らないという方も多いのではないでしょうか。

インポートドレス・国内デザイナードレス・芸能人ドレス:約40万円


ウエディングドレスのレンタル料金は10万円未満から実に豊富なバリエーションがあります。ランク付けがあるわけではありませんが、やはりデザインや素材がよくなればなるほど高くなる傾向があるといえるでしょう。なかでも人気となっているのが、インポートドレスや国内有名デザイナーが手掛けたドレス、芸能人ブランドドレスなどで、相場は約40万円となります。一生に一度の晴れ舞台に女性が輝くドレスとなることは間違いないでしょう。

通常のウエディングドレス:約25万円

ウエディングドレスは、10万円未満からレンタルすることが可能ですが、通常のウエディングドレスの相場価格は約25万円が主流となります。特にブランドを意識したものではなく、アパレルのセレクトショップのようなイメージに似ているといえるでしょう。全国に数多くあるレンタルドレスショップでも、豊富にバリエーションが揃っているのがこの価格帯であり、好みに合わせて選ぶことができます。素材や縫製もしっかりしているため、安心して着ることができます。

20万円~25万円の価格帯が平均的な相場


ウエディングドレスの価格帯には10万円未満から40万円以上といろいろありますが、全国のウエディングドレスレンタルショップで人気となっているのが、20万円~25万円の価格帯で平均的な相場となっています。こちらもブランドや特に有名なデザイナーが手掛けたドレスではありませんが、利用されることが多い価格帯となるためデザインやカラーなどのバリエーションが豊富であることが特徴となっています。ウエディングドレスのレンタルを決める際のベースとなる価格帯ということもできます。

ウエディングドレスをレンタルするメリット

一生に一度の女性の憧れであるウエディングドレス。オーダーメイドなどでつくると高い費用がかかるだけでなく、式が終わった後の保管やメンテナンスも大変です。レンタルで済ませれば自分が気に入ったドレスを安い費用で着ることができるだけでなく、その後着ることもないドレスを保管、メンテナンスする必要もありません。結婚式では衣装のほかにアクセサリーやベールなども必要となりますが、そのような小物もレンタルで済ませることもできます。ウエディングドレスをレンタルするさまざまなメリットについて説明しましょう。

保管・メンテナンスをしてもらえる

ウエディングドレスをオーダーメイドでつくると生地代、デザイン代、縫製代などがかかるためかなり高価なものとなります。映画やテレビドラマなどでは、結婚式前に自宅でウエディングドレスを飾っているシーンを見ることがありますが、実際には簡単に保管することは難しいものです。埃や汚れ、色褪せや虫食いなどさまざまな問題があり、温度や湿度にも留意する必要があります。レンタルであれば、保管、メンテナンスを全てプロが行い、最高の状態で着ることができます。

提携ショップで借りると割引してもらえる

結婚式の衣装代を節約することができるウエディングドレスのレンタルにも、外部ショップから衣装だけをレンタルする場合と結婚式に付属、または提携しているドレスショップでレンタルする2つの方法があります。式場と提携しているショップのレンタルでは、結婚費用とパックになっていたり、割引料金の適用があったりするためレンタル費用を安く抑えることができます。また、式場と提携しているショップは、式場の雰囲気と合うデザインや色合いや式のコンセプトに合ったドレスを豊富に揃えているのも大きなメリットです。

種類・サイズが豊富


ウエディングドレスのレンタルショップの最大のメリットは、ドレスの種類やサイズが豊富に取り揃えてあるということでしょう。ウエディングドレスは女性の大きな憧れであり、こんなドレスが着てみたいという理想や夢をもっているものです。デザインや素材が豊富なレンタルトレスショップであれば、自分の理想に近いものを見つけることができるでしょう。また、大手のショップではサイズも豊富に取り揃えているので、自分の体にぴったりフィットするドレスを選ぶこともできます。

トータルで考えるとリーズナブル

結婚式場のドレスショップや提携しているドレスショップでレンタルすると、割引価格が適用されることで外部ショップでレンタルするよりもさらに費用を抑えることができます。また、ネックレスやティアラ、ベールやグローブなどの小物類も料金に含まれていることが多く、別途レンタルすることを考えるとトータルでリーズナブルな料金に抑えることも可能です。さらに、結婚式前からの保管やメンテナンスなどに料金がかかることもなく、無駄な出費を抑えることができます。

ウエディングドレスをレンタルする時の注意ポイント

ウエディングドレスのレンタルは、購入するのに比べてはるかに安い費用で抑えることができます。しかし、レンタルショップによっては会場への持ち込み料や保管料などが追加され、割高になることがあります、また、種類が豊富であるためにグレードの高いドレスに目が行きやすく、当初の予算をオーバーすることも考えられます。さらに、結婚式場への持ち込み料や保管料など、予想していなかった料金がかかることも少なくありません。ウエディングドレスをレンタルする際に注意するポイントについてまとめてみました。

会場への持ち込み料・保管料を確認しておく

結婚式でなるべく衣装代を節約しようとドレスレンタルショップで衣装を選ぶという人も多いでしょう。しかし、結婚式場とは関係がないショップでレンタルする場合には、式場への衣装の持ち込み料や保管料が必要となることがあります。せっかくレンタル料を安く抑えても持ち込み料や保管料を合わせると割高になる場合も少なくありません。ウエディングドレスをレンタルする場合は、外部ショップでレンタルして持ち込み料や保管料を支払う場合と式場のショップや提携ショップを利用する場合とで事前に比較しておくようにしましょう。

予算をきちんと決めて選ぶ

結婚式の打ち合わせでウエディングプランナーと話をしているうちに、グレードをあげたりオプションを追加したりすることで、予定していた予算をオーバーしてしまうことがあります。ウエディングドレスのレンタルでも、あらかじめお目当てのデザインを決めていても、実際に見た素材やデザインの違いなどからよりグレードの高いものに変更することもあるでしょう。せっかくレンタルで節約しようとしているのに、場合によっては当初予算を大きくオーバーすることもあります。まず、予算をきちんと決めてそれ以上のドレスは見ないようにすることも大切です。

希望のデザインを雑誌などで決めておく


ウエディングドレスのレンタルショップには、カラーやデザインによってさまざまなドレスが豊富に揃っています。どれも魅力的なので、何のコンセプトやアイデアも持たないでショップを訪れると、次から次へと目移りしてどれだけ時間があっても決めることは難しいでしょう。事前に雑誌などを参考にしてお気に入りのデザインだけでも決めておく必要があります。理想に近いドレスをピックアップしながら消去法で決めていけばそれほど時間もかからないでしょう。

追加料金の有無を確認する

ウエディングドレスのレンタルでは上手に節約できたのに、後から追加料金を請求されて驚くということも少なくありません。結婚式費用のパック料金にもオプションがあるように、ドレスのレンタル料金には含まれていないものの必要となるものがあることを忘れてはいけません。ベールやグローブ、アクセサリーなどが別料金となっていることも多いため、ドレスのレンタルをする際に料金に何が含まれるのかをしっかりと確認しておく必要があります。

まとめ

人生の大切な節目であり、女性にとっては昔から憧れの舞台となる結婚式には高額は費用が必要となります。なかでもウエディングドレスなどの衣装代が占める割合は高く、費用を抑えるためにはウエディングドレスのレンタルを上手に活用することがポイントとなります。予算や相場、式のコンセプトやイメージ、実際の品質などを加味しながら、トータルで満足できるウエディングドレスのレンタルを目指しましょう。