目を合わせない人の心理は?相手の心の中を読み取るポイント

会話をしていても、なかなか目を合わせてくれないという人がいます。これは、一体どのような心理が働いているのでしょうか。目を合わせない人の気持ちについて紹介します。

目を合わせない人の心理:一般編

目を合わせない理由には、さまざまな心理が働いているのです。こちらでは、一般的なものをいくつか紹介しましょう。

自信がない

まず、自分に自信を持っていないというケースがあります。自信がないため、相手の目を見ることができないのです。目を見てしまうと自分が見られている、注目されていると意識してしまい、緊張することがあります。それを避けるために目を合わせないのです。

また、目を見られると何もかも見透かされてしまうと感じてしまい、自信がないと不安に感じてしまうのです。

緊張している

緊張していることが理由で、他人と目を合わせることができなくなってしまう方がいます。目を合わせるというのは、相手が自分を見ている、認識していることが分かります。相手からの視線を意識するだけで緊張してしまう方もいるのです。

そのため、つい目線を逸してしまったり、俯いてしまったりしてしまいます。こういったことから、じっと目を見ることができなくなってしまうのです。

プレッシャーに弱い


目を合わせないのは、それによってプレッシャーを感じてしまうからです。目線を合わせるというのは、相手の顔をはっきりと見るということです。相手が自分を見ていることが分かることで、プレッシャーを感じてしまうでしょう。このようなプレッシャーに弱い方というのは、目を合わせることを避けてしまうのです。

後ろめたいことがある

何か後ろめたいことがあると、相手の目をはっきりと見ることができないものです。目を見られると、心が見透かされているように感じ、自分は嘘をついていることがバレてしまう可能性があります。何もかもお見通しなのではないかと思ってしまうのです。不安な気持ちを抱いているときは、目を合わせることが難しく状態といえるでしょう。

興味がない

そもそも相手に対して、興味をまったく持っていないというケースもあります。相手に何の関心もないため、目を合わせようとはしないという方がいます。もし、目を合わせないことで嫌われたとしても、気にしていないのです。そういった場合、相手に配慮をする必要はないと判断していることもあるでしょう。

もともと目を合わせることが苦手


他人と目を合わせることが苦手だという人がいます。当たり前に他人と目を合わせられるという方がいるのですが、それがなかなかできない方もいるのです。そういった方は、普段から目を合わせようとしないことが多いため、あまり気にしなくても良いでしょう。

目を合わせない人の心理:恋愛感情のある男性編

目を合わせないのは、恋愛感情を抱いているからという可能性があります。男性がどのような心理で目を合わせないのかを紹介しましょう。

照れている

照れているため、目を合わせてくれないというケースがあります。相手のことが好きだからこそ、真正面から目を見ることができないのです。目を合わせてしまうと顔が赤くなってしまったり、緊張してしまったりするのではないかと考えているのです。こういった理由から目を逸してしまうという方がいます。

女性に対する不信感

女性を苦手にしている男性はたくさんいます。女性に対して不信感を持っている方もいるのです。嫌われているかもしれない、騙されてしまうのではないかなどと考えている場合もあります。こういった不信感から、けっして目を合わせてはいけないと思っているのです。目を合わせてしまうことは、油断をすることになると考えているのでしょう。

考えごとをしている

何か考え事をしているために、目を合わせないということがあります。考え事をしているときというのは、そちらに集中しているため、周りのことが気にならなくなります。目を合わせてしまうと、そちらに意識が集中できなくなってしまうのです。

相手を高嶺の花と諦めている

自分が相手に話しかけていいかと悩んでいる場合があります。これは、相手のことを高嶺の花であると考えてしまい、躊躇してしまうのです。このまま目を合わせたとしても、そこから先に発展することがないと諦めてしまっていることもあります。そうなると、目を合わせたくないと思ってしまうのでしょう。

興味がないことを示している

相手に対して興味がないことをアピールするために、目を合わせないという方がいます。そういった態度をとることによって、相手に逆に自分を意識してもらおうとしているのです。好きな相手に対してあえて、そっけない態度をとるという方はいます。このようなアプローチの一つとして、目を合わせないという行動に出てしまうのです。

好意を隠そうとしている


相手に対して行為を抱いている方が、あえて目を合わせないということがあります。これは、目を合わせてしまうと自分の好意が伝わってしまうかもしれないと考えているからです。できるだけ好意を隠したいと考えているため、目を合わせないようにしているのです。

目を合わせない人の心理:恋愛感情のある女性編

男性だけでなく、女性が目を合わせないというケースもあります。これにもさまざまな心理が関わっています。どういった心理が存在しているのか、具体的に確認していきましょう。

好意を隠そうとしている

本当は好意を持っているけれども、それを隠そうとするために目を合わせないというパターンがあります。実際に目を合わせてしまうと、相手のことが好きなため恥ずかしいのです。また、照れくさくなってしまう方もいます。気持ちを隠すために目を合わせないのです。

勘違いで好意を持たれないようにしている

男性というのは、女性と目が合うと好意を持たれているのではないかと勘違いしてしまうケースがあります。このような勘違いを防ぐために、あえて目を合わせないという女性がいます。実際にそのような男性に好意を持たれてしまい、痛い目を見たことのある方もいるのです。

こういったことから、無闇に好意を持たれないようにするために、目を合わせないようにするのです。たとえ嫌われたとしても、無意味に好かれてしまうよりも良いと考えているのでしょう。

嫌っている

単純に、相手のことが嫌いだから目を合わせないというケースがあります。嫌いな人の目を見るのは、嫌なものです。もし相手が勘違いし、好きになられてしまったら、たまったものではないでしょう。

この場合、向こうも嫌ってくれた方が楽で良いと考えていることもあります。相手が自分のことをどう思っていても、どうでも良い相手と思っているため、目を合わせないのです。

嫌われていると思っている

相手に自分が嫌われているのではないかと思い込んでいるケースがあります。単なる思い込みであることが多いでしょう。嫌われているために、目を合わせるのは嫌だと思ったり、睨み返されてしまったらどうしようと思ったりしているのです。思い込みだけなく、被害妄想であることも多いでしょう。

気持ちが定まっていない

相手に対する気持ちがちゃんと定まっていないというケースがあります。本当に相手のことが好きなのかどうか、自分の気持ちに自信を持てないのです。このような中途半端な気持ちで、彼と会うのは嫌だと考えているため、実際に会ったとしても目を合わせることを躊躇してしまうのです。

怒っている


彼に対して怒っているという場合があります。怒りを感じているため、目を合わせたくはないと考えてしまいます。また、目を合わせたら冷静でいられないと不安になっていることもあるでしょう。目を合わせようとしないのは、怒っているサインの可能性もあるのです。

まとめ

相手に目を合わせないのは、さまざまな原因を考えることができます。それは好意的な理由もあれば、マイナスな理由となっていることもあるのです。どのような場合にだったとしても、上手く対処するようにしましょう。