【男女別】髪をかきあげるときの心理を徹底解説!

男女問わず髪をかきあげるという方がいます。このような行為をするのは、どのような心理からくるのでしょうか。髪をかきあげるということについて徹底解説しましょう。

髪をかきあげる女性の心理

女性が髪をかきあげることはよくあります。これは一体どのような心理から行われる行動なのでしょうか。こちらでは髪をかきあげる女性について注目してみましょう。

髪が邪魔

単純に髪の毛が邪魔になってしまっているため、髪をかきあげるという方がいます。前髪が長い場合、それが目にかかってしまい前のものが見えなくなってしまうことがあります。

特に、女性の場合は髪の毛が長いことが多いため、俯いたときにそれが顔にかかってしまい、邪魔になってしまうことが多いです。このように、邪魔な髪をどけるためにかきあげているのです。

女性らしさをアピール


髪をかきあげるというのは、主に女性がやっていることが多いでしょう。髪をかきあげられるぐらい長く伸ばしています。このような仕草というのは女性がやるととても色っぽく見えるのです。

そのため、女性が周りに好きな人がいるときに、その人の視線を感じながらも自然に髪をかきあげていることがあります。こういう仕草を行うことで、アピールしているのです。

緊張している

緊張しているときというのは、さまざまな行動に出てしまうことがあります。いろいろな仕草を無意識のうちにしてしまうことがあるのです。そのような緊張している仕草として髪をかきあげることがあげられます。

女性が緊張しているため、髪をかきあげてしまうということはよくあるのです。大事なプレゼンや大会の前に女性が髪をかきあげたならば、それは緊張しているせいかもしれません。

神経質な性格

性格的に神経質なため、何度も髪をかきあげているという方もいます。髪をかきあげないと落ち着かないのです。ちょっとでも前髪が目にかかると、それが気になって仕方がなくなってしまいます。

神経質な性格のため、目にかかった状態を放置しておくことはできません。そのため、何度も髪をかきあげて髪の毛をどかそうとしている女性がいるのです。

ストレスを感じている


つい髪の毛をかきあげて女性のなかには、ストレスが溜まっている場合があります。髪をかきあげるという行為は、ストレス解消につながります。それによって気持ちを落ち着くことができるのです。

そのため、多くの女性はストレスが溜まってしまう状況では、髪の毛をついかきあげてしまうということがあります。目の前の女性が髪をかきあげていたら、ストレスを感じているという可能性があるでしょう。

気持ちをリセットしたい

髪の毛をかきあげることによって、気持ちをリセットしようとしているケースがあります。何かとてもイライラすることがあったり、キレそうになったりするときに、髪の毛をかきあげるのです。

こうすることによって、気持ちを一旦リセットして、また新しい気持ちで物事にあたることができます。髪の毛をかきあげるというのは、気持ちをリセットする効果が期待できるでしょう。

退屈している

女性は退屈さを感じてしまうと、髪をかきあげてしまうことがあります。たとえば、一緒にいる男性の話がつまらなくて、それでも一緒にいなければいけないときに髪をかきあげてしまうのです。退屈していることが、相手に伝わってしまうのは失礼になってしまいますが、自然と髪をかきあげることが増えてしまうため、バレてしまう場合も多いでしょう。

髪をかきあげる男性の心理

実は髪をかきあげるのは女性だけではありません。男性が髪をかきあげるということも珍しくないのです。男性が髪をかきあげるのは、どのような意味があるのでしょうか。その意味について教えましょう。

緊張している

女性と同様に、男性でも緊張してしまうと髪をかきあげてしまうという方がいます。何かをすることによって、その行動に集中することができます。気持ちをそちらに向けることができるため、緊張している対象のことを一瞬忘れることができるのです。

そのため、男性であっても、女性であっても髪をかきあげることによって、多少なりとも緊張を和らげることができるでしょう。

照れ隠し

男性は照れてしまうと、それを隠したくなります。自分が照れているということを知られてしまうのは、男性にとっては恥ずかしいことのように思えるからです。そのため、目の前に好きな女性がいるときに、照れ隠しとして髪をかきあげる仕草をすることがあるでしょう。

自分をよく見せたい

髪をかきあげるという仕草は女性をセクシーに見せるのですが、男性がやってもセクシーさをアピールすることができるでしょう。これをかっこ良いと思う女性もいるのです。そのため、男性が意識的に髪をかきあげるという仕草をすることがあります。

ただし、それを相手がかっこ良いと思うかどうかは別の話です。やりすぎに注意しましょう。

ナルシストな性質


髪をかきあげる男性というのは、ナルシストである可能性が高いです。女性にとって髪をかきあげるのは自然な仕草といえるのですが、男性にとってはあまり見られない行動です。それをわざわざするというのは、ナルシストな性質を持っている可能性が高いといえます。

自分のことをかっこ良いと思っており、髪をかきあげる姿を周りに見せつけたいと考えているのでしょう。

退屈している

女性と同様に男性であっても、退屈しているときにはつい髪をかきあげてしまうことがあります。髪をかきあげることによって、退屈さを紛らわしているのです。

たとえば、つまらない話を聞いていたり、ずっと何かに待たされていたりするときに、髪をかきあげる仕草をする方もいます。退屈なため、髪をかきあげることで気持ちを紛らわしているのかもしれません。

考え事をしている

何か考え事をしているときというのは、髪の毛をかきあげてしまうことがあります。そのような単純な仕草をすることによって、考え事に集中することができるのです。

自然に行っていることが多いため、本人は自分が髪の毛をかきあげていることは、ほとんど気にしていません。無意識のうちに髪の毛をかきあげているのです。この動作によって、精神を集中させています。

自信がない

髪をかきあげるのは、自信がないときにしてしまうことがあります。自分に自信がなく、不安な気持ちが強くなっているため、髪をかきあげて落ち着こうとしているのです。実際に髪をかきあげると気持ちが安定するという方は多くいらっしゃいます。

相手が髪をかきあげたときに考えること

あなたが接している相手が髪をかきあげているということがあるかもしれません。そんなときは、どのように考えれば良いのでしょうか。このような場面で考えておくべきことについてまとめました。

相手が話に退屈していないかを確認する

まず、あなたの話によって相手が退屈している可能性を考えてみましょう。退屈だからこそ髪の毛をかきあげてしまうのです。じっとあなたの話に集中して聞くことができなくなっているのです。もしあなたの話が楽しいと思っているのであれば、しっかりとあなたの話に耳を傾けて、髪の毛をかきあげるようなことはしないはずです。

自分の話が独りよがりになっていないのか、相手にとってつまらない話題ではないのか考えてみましょう。

相手が緊張していないかを確認する

相手が緊張している可能性もあります。緊張しているのを紛らわすために、髪をかきあげているのです。

たとえば、相手が男性の場合、あなたを女性として強く意識しているかもしれません。そのため、気持ちを落ち着かせることができなくて、つい髪の毛をかきあげてしまうという行動に出てしまうのです。

また、あなたが相手を威圧している可能性もあります。相手の緊張をほぐすことを意識すると良いでしょう。

まとめ

髪をかきあげるときの心理にはいろいろなものがあり、男女別にそれぞれ異なっています。異性にアピールするためや、退屈しているために髪をかきあげるという方もいます。緊張を緩和する、イライラを解消するといった効果も期待できます。どのような心理が働いているのかを理解しておきましょう。