結婚式に黒ドレスを着こなすコツ&おすすめの素材

結婚式のお呼ばれでドレススタイルは定番となっています。派手でカラフルな色のドレスはバリエーションも豊富ですが、人とは違ったシックで大人の黒コーデにチャレンジしてみたいという方には黒ドレスがおすすめです。結婚式などの華やかな場で「黒ドレスは地味過ぎるのでは……」「喪服に見えてしまうのでは……」と不安になる方もいるでしょうが、素材選びや着こなし方によって大人っぽい上品な女性らしさを演出することができます。カラードレスが多いなかで、ひと際目立つ存在となることでしょう。そこで、結婚式の黒ドレスでは着こなすためのコツやポイントについて解説します。

結婚式で黒のドレスを着こなすポイント

黒のドレスには、高級感や重量感、大人のかっこよさなどとともにお悔やみのイメージを抱くのではないでしょうか。モノトーンコーデはシンプルでも奥が深く、クールにかっこよく着こなすことができるものです。また、結婚式の黒のドレスでは、シックな大人の美しさを演出することができます。カラフルな色のドレスには飽きてしまったという方にもおすすめです。ただ、イメージにもあったように着こなし方によっては暗いイメージにもなるため、着こなすためのポイントを押えておくことが大切です。では、華やかな結婚式で黒のドレスをきこなすポイントにはどんなものがあるのでしょうか。

レースやスパンコールを使った上品なドレスを選ぶ


黒のドレスは使用されている素材にも配慮する必要があります。のっぺりとした光沢のない素材は喪服にしか見えず、華やかな結婚式には場違いな装いとなります。華やかで軽い質感のあるレースが施された黒ドレスであれば、レースの透け感や女性らしい装飾で華やかに見せることができます。また、部分的にスパンコールなどの光沢のあるアイテムが使用されていると、より一層華やかでゴージャスな雰囲気を演出することができるでしょう。同様に、サテンやシルクなどの素材をキレイに着こなせばより女性らしさを強調することができます。自分の肌質や髪質に合わせて素材を選ぶのもポイントとなります。

明るい色の差し色でメリハリを出す


黒ドレスはシックで上品な大人の女性らしさをだすのにピッタリの装いとなります。しかし、結婚式の黒ドレスの場合は、全身を真っ黒で包み込んでしまうと暗く悲し気な印象になってしまいます。場合によっては喪服のように見られてしまうこともあるため、全身をブラック一色でまとめないようにすることも大切なポイントとなります。結婚式のドレスではショールやストールがマストとなりますが、そのような羽織り物に明るい色を使って差し色にすれば、メリハリが利いて華やかに見せることができます。また、バッグや靴、ストッキングなどの小物に明るい色を使うことで黒ドレスが映えます。

ゴールド系の小物でゴージャスな雰囲気にする


結婚式のお呼ばれで黒ドレスを着る際に、バッグや靴、アクセサリーなどの小物はどんなものを選べばいいのでしょうか。ドレスが黒なので基本的にどんな色でも合いますが、あまりにカラフルなトーンの色のものを選ぶと小物が浮いてしまうことがあります。また、結婚式の黒ドレスは大人シックな雰囲気にはなりますが、着こなし方を間違うと暗く寂しい印象にもなります。黒と合わせることでゴージャス感がグッとアップするゴールド系を合わせるとシックな黒が高級感や重量感のあるものに変わります。光沢のあるラメやビジューなどもふんだんに使用できますが、目に入る面積が広くなりすぎないようにワンポイントコーデに抑えるのがポイントです。

結婚式で黒いドレスを着る時の注意点

大人シックな雰囲気を演出できる黒ドレスですが、冠婚葬祭で定番のブラックが基本となるため、着こなし方によっては、結婚式の華やかな雰囲気を壊してしまうこともあるので注意が必要です。特に、葬儀の装いとして定番にもなっている喪服には和装だけでなく洋装もあり、結婚式の黒ドレスとあまり変わらないこともあります。せっかくおしゃれした黒ドレスが喪服のように見えてしまったら残念でしょう。黒いストッキング、全身ブラックコーデの2点が揃うと完全に喪服仕様となるため、この2点には特に注意が必要となります。結婚式で場違いの黒ドレスとならないように覚えておきましょう。

黒いストッキングはNG


黒ドレスにはさまざまな素材やデザインのものがありバリエーション豊富ななかから自分に合ったものを選ぶことができます。結婚式で黒のロングドレスを着るということはほとんどないので、脚は露出することになりストッキングを着用するのが普通です。ただ、このときに、黒ドレスとカラーコーデを合わせるために黒いストッキングを着用するとそれだけでお葬式をイメージさせるものになってしまいます。結婚式の黒ドレスコーデでは、肌色に近いナチュラルなカラーのストッキングやストッキングの一部にラメやスパンコールなどの光る素材があしらったものであると華やかに見せることができます。

全身真っ黒にならないようにする


頭の先からつま先までブラックでトータルコーディネイトするのが喪服となります。華やかな結婚式では不吉なイメージを与えることにもなるため、黒ドレスを着用する場合でも全身真っ黒にならないようにすることが大切です。ストールやバッグ、アクセサリーなどで明るい色やデザイン性の高いものを選ぶと指し色になって華やかな印象を与えることができるでしょう。また、ドレスの襟や裾にラメやスパンコールなどがあしらってあるだけでも派手な印象になります。小物やアクセサリーは少々派手なものを選んでも黒ドレスが全体を締めてくれるので、それほど気にならなくなります。

黒ドレスにおすすめの素材

カラフルなカラードレスが多い結婚式場では、シックな黒ドレスは返って目立ち大きな存在感があります。落ち着いた大人の女性らしさや、上品さ、高級感を醸し出すのも黒ドレスならではといえるでしょう。ただし、黒という色は、お祝い事だけでなく葬儀でも定番の装いであるため、華やかな場では黒ドレスの素材にも十分に気を遣う必要があります。一方で、黒ドレスに最適な素材を選ぶことでカラードレスよりも華やかに見せることも可能です。黒ドレスにおすすめの素材といわれる、レースやシフォン、光沢やラメ入り素材にはどんな魅力や特徴があるのでしょうか。

レース


レース生地は一般的に生地に隙間があり、その隙間で美しい模様を施したものです。透け感があるだけでなくなかには凝った刺繍があしらわれたものもあり、デザイン性も高いことで知られています。結婚式の黒ドレスでは襟や裾、袖口などにレース素材が使用されているものが多く、女性らしさや華やかさを演出するのにもぴったりです。レースがあるだけで上品で高級な質感となり、ワンランク上のドレスとなります。華やかに見せるためにはレースとラメ、ビジューなどを組み合わせてもいいでしょう。レースの種類には、リバーレース、エンブロイダリーレース、ラッセルレースなどさまざまな種類があり、好みに合わせて選ぶことができます。

シフォン


女性に人気のシフォンケーキは、布素材のシフォンのように柔らかいことにちなんでいます。薄くて柔らかく透け感のあるシフォンは、もともとシルクで作らていましたが、最近では合成繊維を使って作られているものも多くなっています。結婚式の黒ドレスはのっぺりとした質感だと喪服のようになってしまうものですが、シフォン素材は軽くて立体感が出やすく、女性らしい柔らかさを演出できることから人気があります。上品でエレガントに見せるだけでなく、サラサラの肌触りのよさもあるためオールシーズンで着ることができます。

光沢やラメ入りの素材


結婚式の黒ドレスはシックで大人っぽいだけでは見た目が寂しくなりがちです。華やかな場所では埋もれて目立たなくなってしまうため、素材選びが重要となります。スポットライトや間接照明などで華やかに彩られる式場では、光沢のない真っ黒な素材は光のなかに隠れてしまいます。ラメやスパンコール、ビジューなど光沢のある素材やアイテムが使用された黒ドレスであれば、光に反射してキラキラと光って華やかに見せてくれます。しかし、あくまでも主役は花嫁なので、キラキラがギラギラにならない程度に抑えることも忘れないようにしましょう。

結婚式お呼ばれ黒ドレスのおすすめ3選

新社会人になる頃から友人の結婚式にお呼ばれする機会が増えるようになります。大学を卒業と同時に結婚するカップル、職場恋愛で就職してから間もなく結婚するカップル、30代近くになって結婚するカップルなど、3回程度にわたって結婚式のお呼ばれピークが訪れるものです。華やかな結婚式に出席するたびにレンタルでカラードレスを選ぶのもいいでしょうが、シックで上品な黒ドレスを一着持っていれば、小物使いなのでバリエーションの幅も広がります。結婚式お呼ばれ黒ドレスのおすすめ3選を紹介しましょう。

①Zeagoo レディース ワンピース ドレス Aライン

https://www.amazon.co.jp/ジアグー-Zeagoo-ノースリーブ-リボンベルト付-大きいサイズ対応/dp/B01HRE3BJ8/
飽きのこないシンプルなデザインなので長く愛用することができます。女性らしい柔らかくきれいな体のラインを出しやすいAラインとなっており、ゆったりと着こなせます。バックに小さめのリボンが施されており、しりげないデザインで女性らしさをアピールすることができます。また、ウエスト切替部分にタックが入っているのでスタイルを良く見せることもできるでしょう。ソースリーブタイプなので、カラフルなストールやショールを合わせて華やかに見せるのにもピッタリです。ネットを使用すれば自宅の洗濯機で洗うことができるのも大きな魅力です。

②ジアグー フォーマルワンピース レディース

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%83%BC-Zeagoo-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9-%E3%80%90%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%93%E3%83%BC%E3%80%91%E5%8D%8A%E8%A2%96-%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E4%BB%98/dp/B072M76VQF/?th=1
シンプルなデザインなのにスタイルを良く見せてくれるフォーマルワンピースです。最大の特徴は襟元から両腕、背中に施された花レース。エレガントでおしゃれな刺繍が目立ちエレガントさを強調してくれます。ウエストがキュッと締まっているだけでなく、裾丈も膝上ギリギリのラインなのでバランスがよくスマートに見せてくれるでしょう。また、ウエストの切替部分にはタックが施されているため、派手過ぎず上品で大人の女性を演出するのにもピッタリです。ストールやショール、コサージュやアクセサリーなど、小物使いが楽しくなりそうなワンピースです。

③YuWan レディース ドレス

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A6%E3%83%AF%E3%83%B3YuWan-%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B9-%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AB-%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9/dp/B077D4ZMJD/?th=1
ただのシックな黒ドレスではなく上品でエレガントなお姫様系のデザインなので、結婚式でも強いインパクトを与えることができます。女性らしい刺繍が施されたレースでできた袖口は着やせして見える七分袖となっています。胸元、背中、腕が全てレースでシースルーとなっているので男性をドキドキさせてしまうかもしれません。ジャケットやストールを羽織ってきっちりスタイルでまとめれば、結婚式やパーティなどのフォーマルシーンで活躍してくれるでしょう。キュッと締まったウエストラインとフレアなスカートのバランスも絶妙です。

まとめ

結婚式のお呼ばれではレンタルでカラードレスが定番となっています。しかし、黒ドレスを上手に着こなせば決して地味にはならず、高級感や重量感、ゴージャスな雰囲気を演出することができます。黒のストッキングや全身ブラックで揃えてしまうと喪服のように見えてしまうので、きれいな色の羽織り物や小物などを指し色として使って華やかさを強調しましょう。また、レースやシフォンなどの素材や光沢のある素材を選ぶことで式場のライトにも映えるゴージャスな装いとなります。今度の結婚式には、大人上品さが漂う黒ドレスで決めてみませんか。