30歳は女性の節目!幸せに生きるために実践したい7つのこと

30歳は人生の節目でもあります。この時期にとった行動によって、幸せに生きられることにつながるでしょう。具体的にどのようなことを実践すれば良いのでしょうか。30歳女性について、確認していきましょう。

30歳女性の平均的な年収・結婚事情

30歳の女性について基本的な情報をまとめました。こちらでは平均的な年収や結婚事情について説明しています。30歳女性とはどういった特徴があるのか紹介しましょう。

平均年収:380万円

30歳の女性は平均年収が380万円程度となっています。これは20歳程度の女性と比較すると、かなり上昇していることが分かります。30歳になれば会社で重要な位置にいたり、どんどん昇給してきた可能性があるのです。そのため、ゆとりのある生活を送れるような年収を得ることができるのです。

380万円であれば、一人暮らしだったとしても比較的自由にお金を使うことができます。なかには貯金が多く貯まったという方もいらっしゃるでしょう。

20代後半の結婚ラッシュが落ち着く

27歳ぐらいを境に、女性はどんどん結婚していきます。このぐらいが女性の結婚適齢期であるとされているのです。

そのため結婚ラッシュが訪れるのですが、30歳にあると落ち着いていくでしょう。早いうちに結婚をしたいと思っていた人は、20代後半のうちに結婚しているからです。30歳で独身の方というのは、結婚をする気がない方や、それほど焦っていないという方が多いでしょう。

30歳は一つの節目

30歳というのは人生における一つの節目と言える大事な時期です。どういう意味においてこの時期は節目と考えられるのでしょうか。30歳という時期の意味について見ていきましょう。

自分を見直す絶好の機会

30歳というのは、自分のことを見直すとても良い機会となるでしょう。すでに社会に出て数年働き続けています。若いとも言い難く、これから中高年に差し掛かっていくという年代でもあります。

このようなタイミングだからこそ自分のことを見つめ直してみると良いです。どのように生きていくべきなのかをじっくりと考え、自分というものを客観的に見ることができる年齢といえるでしょう。

結婚や仕事を真剣に考える時期

30歳では特に結婚や仕事について考えるべきでしょう。もうそろそろ子供を産むのが難しい年齢になってしまいます。また、なかなか結婚をしようと思っても、簡単にはできないこともあります。自分の結婚について一度振り返ってみると良いかもしれません。

また、仕事についても30歳であればいくらでも軌道修正をすることができます。ここから新しい道を目指すということもできるのです。広い視野で考えてみると良いでしょう。

年齢の節目において大きな悩みを抱える時期


30歳というのは、大きな悩みを抱えてしまう時期でもあります。それはこれまでとは大きく異なる変化に直面する可能性があるからです。

たとえば、美容や健康において、悩みを抱えるようになる方は多いです。若い頃とのさまざまな違いを実感しやすい時期といえます。自分の体や肌について、これまでのケアを見直すきっかけになるでしょう。

今後を幸せに生きるために実践したい7つのこと

30歳になったならば、これからの人生を幸せに生きるためにどうすればよいのかをきちんと考えておくべきでしょう。30歳の方にぜひとも実践して欲しいことを紹介します。

一生モノになる仕事や趣味を見つけること

一生続けることができるような仕事や趣味を見つけましょう。時間は限られているため、なるべく有効に使いたいものです。30歳になったのであれば、いろいろと目移りするのではなく、一つのものに真剣に取り組んだ方が良いでしょう。

一つのものに集中して取り組むことは、自分の生き方を確立するきっかけにもなります。一生ずっと熱中して続けられるようなものをこの時期に見つけておけば、その後の人生において迷う心配も少なくなり、自信を持って取り組めるでしょう。

家族との時間を大事にすること

家族がいるならば、その人達との付き合いを大切にしましょう。両親や兄弟姉妹が、突然亡くなってしまう可能性も全くないとは言えません。後悔のしないためにも、家族との付き合い方を意識すると良いでしょう。

20代の頃は、まだまだ自分のためだけに時間を使っていた方も多いでしょう。30歳になったのをきっかけに、家族との付き合いも大事にしていくべきなのです。家族旅行をするなど、一緒に過ごす時間を大切にするようにしましょう。

友達付き合いを見直すこと


友達との付き合い方についても見直してみましょう。一生涯付き合い続けることができるような友達を見つけることは大切です。悩みや相談なども気兼ねなく話せる人がいると、心の支えになります。

また、無茶な遊び方をするのはやめましょう。あなたに悪影響を与えるような方との付き合いについては見直してみてください。時間が経つにつれて、友達付き合いも変わるものです。いつまでも若い頃のようなノリで友達付き合いをしていくのではなく、自分に合った友人関係を築くようにしましょう。

自分のために生きること

これからの人生は、自分のために生きるということを大切にしましょう。特に、親や友達など周りの人の顔色を気にしやすい方は注意が必要です。自分に残されている時間は限られています。

30歳からは、今までよりも早く時間が過ぎてしまいます。自分のために生きることを自覚することで、有意義な時間を過ごすことができるのです。余計なものに気を取られてしまわないように注意してください。それが自分のためになるのか考えて行動しましょう。

結婚を真剣に考えること

30歳になってまだ独身ならば、結婚について真剣に考えるべきでしょう。結婚願望がある場合、行動に移さなければ、手遅れになってしまう可能性があるからです。

30歳であれば、結婚に対して積極的に行動することで、相手を見つけることができるでしょう。35歳を過ぎてしまうと出産にリスクを伴い、結婚が難しくなってしまうこともあります。結婚を考えている人は、すぐにでも行動するようにしましょう。

好奇心を失わずにチャレンジすること

好奇心は、年齢とともにだんだん失われていくものです。物事に対する関心が低くなり、チャレンジ精神というものがなくなってしまう方もいらっしゃいます。しかし、何も挑戦しなくなってしまうと、新しい刺激がなくなってしまいます。生活にハリがなくなってしまうため、年齢よりも老けていってしまうでしょう。

30歳になったならば、意識的に新しいものに挑戦することや、新しい情報を集めることを心がけてください。刺激のある生活になるだけでなく、ボケ防止にもつながるのです。

健康診断を定期的に受けて健康管理すること

健康 コレステロール

30歳になると体のさまざまな部分に影響が出てしまいます。今までは問題のない方でも、数値が変わったり、健康状態が悪化したりする可能性があるのです。そのため、定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

知らないうちに大きな病気になっている可能性もあります。自分では平気だと思っていたことでも、大きな病気の前兆となってしまうこともあるため、注意が必要です。結果を確認し、自分の健康管理を見直すようにしましょう。

30歳になったらやめておきたいこと

30歳になったのであれば、これまでの習慣のなかで止めておくべきことがあります。どのようなことをやめるべきなのか、注意するべきことについて紹介します。30歳が意識しておくべきことについてまとめました。

自己中心的な人間関係

まず、人間関係を整理しましょう。特に、自己中心的な人間関係を築くのは避けておくべきです。友人のなかで、知り合いを利用して、自分の都合よく扱っている方もいるでしょう。このような人間関係はやめておくべきです。トラブルの原因となってしまう可能性があります。

遊びで付き合っている異性がいるかもしれませんが、そのような人間関係も整理しておくべきでしょう。結婚しようと思っても、そのような人間関係が邪魔してしまうこともあり、悪い噂が流れてしまうという可能性もあります。

また、他人との付き合い方にも注意しましょう。自分勝手に他人と付き合っていくべきではなく、相手にも配慮することが必要です。自分ばかりが利益を得るのではなくて、他人のために行動することも大切でしょう。自分のためではなく、相手のことを思って行動することで、良好な人間関係を維持することができるのです。

借金


基本的に借金はするべきではありません。借金をすると、借りた金額以上のお金を返さなければいけなくなります。これは、想像している以上にとても大変なことです。借金で苦労している方は多いです。30歳になると収入がある程度増えているために、多少の借金は良いだろうと考えてしまうこともあります。これはとても危険な考え方なので、注意してください。

家や車のローンのようなものであれば仕方ないでしょう。しかし、これらも借金であることは変わりません。本当に必要があるのかをよく考えてから、ローンを組むようにしましょう。また、借金を抱えていると結婚をする際にも障害が出てしまうかもしれません。借金があるというだけで敬遠されてしまう可能性があるのです。

現在借金を抱えているならば、それはできるだけ早く返してしまいましょう。なるべく早く返済することによって、借金で苦労してしまう事態を避けることができます。

いつまでも若いと思わない

30歳というのはもう若くありません。いつまでも若いつもりで行動をしていると、周りに迷惑をかけてしまうこともあります。自分の年齢を受け入れ、自覚をすることが大切です。

自分が若いと思っていると、無茶をしてしまうことがあります。たとえば、20代の頃は徹夜をしたり、残業を連日続けたりといったことした方もいらっしゃるでしょう。しかし、30代になってから同じ行動をとったとき、翌日に疲れが溜まってしまい、仕事に影響が出てしまうこともあります。

自分の限度を理解しておくことで、無茶をすることもありません。30歳は無茶ができる年齢ではないことを自覚して、行動するようにしましょう。

まとめ

30歳の女性というのは節目を迎えることになります。このタイミングで将来のことを意識しておくことで、幸せに生きるためのヒントになるでしょう。30歳という時期を無自覚に過ごしてしまうのではなくて、これからの人生のための準備を進めておくべきです。これからの人生はまだまだ長いですが、30歳のときに何をしていたのかがこれから影響を与えることは多くなるでしょう。