結婚式ゲストのロングドレスの種類・注意ポイントとは?

エレガントでゴージャスな雰囲気を演出できるロングドレスは女性の憧れではないでしょうか。フォーマルなパーティなどでドレスコードがある場合は、マナーにそった正式なロングドレスを着る必要があります。フォーマルなパーティに出席する機会はあまりないという女性でも、結婚式のお呼ばれならお気に入りのドレスを着ることができます。しかし、花嫁が主役となる結婚式のお呼ばれでロングドレスを着ても大丈夫なのかと心配する人もいるのではないでしょうか。そこで、結婚式のゲストとして着るロングドレスの種類や注意すべきポイントなどをご紹介していきたいと思います。

ロングドレスの種類

ロングドレスはドレスコードに沿ったスタイルの違い、マーメイド、Aライン、エンパイア、スレンダーなどのデザインの違いなどによってさまざまな種類があります。外国の王室などが主催するイベントでは肌の露出度が高いドレスを着たプリンセスたちを見かけますが、古くから伝わるマナーな習慣に即した正式な衣装となります。ドレスコードのある格式の高いパーティやイベントなどでは、マナーやエチケットに注意しなければなりませんが、結婚式でも基本的なポイントは押さえておく必要があります。まずは、代表的なドレスの種類と特徴について理解しておきましょう。

アフタヌーンドレス

出典:instagram.com

?hl=ja&tagged=%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9
アフタヌーンとは、正午から日没までの午後の時間帯を表す言葉であり、昼間から午後にかけて行われる結婚式の正礼装をアフタヌーンドレスと呼んでいます。七分丈以上の長めの袖に長めのスカート丈と、腕や脚の露出を極力抑えたドレスです。また、シルクやサテンなどの光る素材を使わないことも特徴の1つとなっています。ワンピーススタイルが一般的ですが、アンサンブルやスーツなどでも構いません。結婚式で着るアフタヌーンドレスは和装でいう留袖や振袖に相当するものです。格式の高い結婚式では親族以外に招待された女性客が着用するものとして知られています。

イブニングドレス

出典:instagram.com

?hl=ja&tagged=%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9
イブニングとは、夕べや夕方、夕暮れなどを意味するもので日没から就寝までの時間帯を指す言葉です。袖なしで腕や背中、胸元などが大胆に開いた露出度の高いドレスです。一方、スカート丈は床までのフロア丈、シューズが見えるヒール丈などが主流となります。夜の正礼装として有名であり、ヨーロッパなどの舞踏会ではイブニングドレスで臨むこともあります。海外ではマナーに沿った正装となりますが、結婚式ではゲストが正礼装であるイブニングドレスを着ることはあまりありません。前もってドレスコードで指定されていない限り、結婚式のお呼ばれにふさわしいドレスとはいえないでしょう。

ディナードレス

出典:instagram.com

?hl=ja&tagged=%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9
ディナードレスは、その名の通りレストランなどで正式なディナーにお呼ばれしたときなどに着用するドレスです。イブニングドレスが夜の正礼装であるのに対し、ディナードレスは夜の準礼装といえます。襟がなく袖があるのが一般的で、袖丈の長さは自由です。スカート丈は一般的なロングドレスと同じように長めであることが特徴です。イブニングドレスは露出度が高いのが特徴となりますが、ディナードレスは肩や背中、腕などの露出は控え目です。カラーやデザインも正装に比べると落ち着いたものが多く、ボレロなどを合わせて結婚式のお呼ばれで着るという人もいるでしょう。

結婚式参列者がロングドレスを着る時のポイント・注意点

華やかなロングドレスは女性の憧れですが、着る機会はほとんどなく結婚式のお呼ばれでお披露目できる程度ではないでしょうか。結婚式参列者がロングドレスを着ることはマナーに反するものではないため、ロングドレスのおしゃれを楽しむことはできます。しかし、式が行われる時間帯に即したマナーや花嫁のウエディングドレスとかぶらないことを考慮したドレスデザインなど、気を遣わなければならないポイントはいくつもあります。結婚式のお呼ばれでロングドレスを着る際にはどんなことに注意しなければならないのでしょうか。

時間帯を考慮して使い分ける


結婚式が行われる時間帯は、お昼から午後にかけて、夕方から夜にかけてという2つに大別されます。結婚式のお呼ばれでロングドレスを着る場合は、基本的なエチケットとして時間帯を考慮して選ばなければなりません。午後の結婚式なのに肩や胸、背中などが大胆に開いた露出度の高いドレスを着るのは、下品とみなされます。逆に、夕方から夜にかけての結婚式では露出度が低すぎるとマナーに反するものとなり、華やかさにもかけてしまいます。スカート丈についてはどちらもロング丈で構いませんが、素材や光りものにも配慮が必要となります。

白色はNG


結婚式のお呼ばれでカラードレスを着るのに特に決まりはありませんが、暗黙の了解として白い装いを避けることになっています。昔は婚礼で花嫁がカラードレスを着るのが当たり前の時代もありましたが、イギリスのヴィクトリア女王が初めて純白のウエディングドレスを着てからというもの、一般の民衆にも花嫁のドレスは純白という習慣が根付きました。結婚式で白に身を包むことができるのは花嫁だけとされているため、お呼ばれゲストが白いドレスを着るのはNGとされているのです。白いロングドレスはウエディングドレスと丸かぶりするので元カノの恨みや嫌がらせととられることもあります。

露出の大きいデザインは避ける


結婚式のお呼ばれで男性を挑発するような肌の露出が大きいドレスは、下品に見えます。私的なパーティとは違うのでその場の雰囲気を壊さない服装を心がけるのは大人の女性としての身だしなみといえるでしょう。特に午後に行われる結婚式では、肌の露出度を低くするようにします。ロングドレスには胸元や背中が大きく開いているものが多いため、事前に確認しておきましょう。また、大胆なスリットが入っているものも結婚式の場にはふさわしくありません。どうしても露出のあるドレスを着る場合は、羽織り物でカバーするようにしましょう。

背中や肩が開いているドレスはボレロやショールを羽織る

昼間に行われる結婚式では、肌の露出を抑えることがポイントとなりますが、もともとロングドレスのデザインとしてそのようなつくりになっているものも多いものです。背中や胸元が大きく開いていたり、肩が出たりするロングドレスしか準備できない場合は、ボレロやショールを羽織ることで露出をカバーすることができます。ショールの結び方やアレンジの仕方もいろいろあるので、おしゃれを楽しみながら肌の露出を抑えることができるでしょう。一方、夜の結婚式ではある程度肌の露出があるロングドレスの方が正装となります。

新婦のドレスとかぶる素材・デザインは避ける

結婚式のお呼ばれで真っ白なロングドレスを着ると新婦とかぶるためマナー違反となります。しかし、白色さえ避ければ何でもいいというわけでもありません。例えば、新婦がマーメイドラインのウエディングドレスを着ているのに、同じマーメイドラインのロングドレスを着ればたとえ色違いであるにしても、あまりいい印象を与えるものではありません。また、ウエディングドレスに多くあしらわれているレースがふんだんに使用されたデザインのものも避けるようにしましょう。結婚式の主役は花嫁であることを忘れずに、花嫁よりも目立ってしまわないように注意することが大切です。

結婚式お呼ばれにおすすめのドレスデザイン

結婚式のお呼ばれは、普段の生活のなかでは滅多に着ることがないエレガントなロングドレスなどでおしゃれできる絶好のチャンスとなります。結婚式が行われる時間帯やドレスコードなどを事前にチェックして、マナー違反がない範囲内で自分に合ったドレスを選ぶようにしましょう。ドレスはシルエットや丈の長さ、デザインや色によって与える印象が変わるものです。自分の体形やイメージに合った上品でエレガントなロングドレスを選び、結婚式のお呼ばれにふさわしい服装で臨みましょう。そこで、結婚式のお呼ばれにおすすめのドレスデザインをいくつか紹介します。

Aライン

?tagged=aラインドレス

Aラインは、少し高い位置のウエスト部分から直線的にAの文字のように裾に向かって広がるタイプのドレスです。ウエディングドレスでも好まれるデザインで、ウエストを細く見せたり下半身太りをカバーしたりする効果があります。エレガントで上品な女性らしさを表現するのにもぴったりで、美しいシルエットが結婚式場でも映えることでしょう。スタイルをすっきりと見せてくれるので背が低いことにコンプレックスがある方でも可愛くきこなせます。ロングドレスでもあまりスカート丈が長すぎない方が動きもかろやかに見えるでしょう。

Iライン

?tagged=iラインドレス

過度な膨らみが一切ないIラインのドレスは、クールでシックな大人の印象を与えます。上半身から下半身まで一直線でつなぐデザインとなっているので縦長効果があり、背が低い人でも似あいます。また、シュッとした縦の線が強調されるため、華奢で痩せている人の体型もかっこよくみせてくれます。露出が少ないものを選べば、ドレスコードがある結婚式でも正装として出席することができるでしょう。髪の毛のボリューム次第で小顔効果や脚長効果を出すこともできます。体が貧弱だという方は髪の毛をアップするなどして上の部分に視線が集まるようにするといいでしょう。

Vネック

?tagged=vネックドレス

ロングドレスは背中や方とともに胸元がほとんどオープンになっていて、チューブトップのようなスタイルになっているものが多くみられます。しかし、昼間の結婚式のお呼ばれでは肌の露出が多すぎてふさわしくないこともあります。Vネックのロングドレスであれば、肩や胸元の肌の露出を抑えることができます。V字の切り込みの深さや角度によって露出を調整することも可能です。また、Vラインにそってデコルテラインを美しく見せる効果もあり、ネックレスなどのアクセサリーも存在感が増します。体型や身長によってVラインの長さや角度を選ぶといいでしょう。

シフォン

?tagged=シフォンドレス

シフォンは、薄くて透け感のある柔らかい素材のことでもともとはシルクでできたものでした。ふんわりとした柔らかい質感はシフォンケーキにも例えられています。シフォン素材のドレスはエレガントで柔らかな女性らしさを演出するのにピッタリです。素材の質感だけで上品さや優雅さを表すことができるので、ゴテゴテとした装飾はかえって邪魔になります。カラーの選び方によってはプリンセスのようなイメージで華やかすぎてしまうこともあるため、結婚式では主役の花嫁よりも派手にならないように控え目なデザインやカラーを選ぶことが大切です。

まとめ

華やかで上品なロングドレスは、女性の憧れであってもなかなか着る機会がないものです。普段とは全く違う装いでおしゃれを楽しめる結婚式のお呼ばれでは、いくつかのマナーはあるもののそれをクリアできればロングドレスで出席することができます。ドレスには正装と準正装があることや時間帯によって肌の露出度が変わることなど、基本的なことを理解して女性らしいエレガントなロングドレスで結婚式を華やかに彩りましょう。