結婚式にサンダルはNG!結婚式のマナーを押さえておこう!

結婚式のお呼ばれは多少の出費はあるものの、普段できないおしゃれができる絶好の機会となります。しかし、服選びにはあれこれと気を遣うものの靴選びにはそれほど時間をかけないという方も多いのではないでしょうか。「おしゃれは足元から」という言葉がるように、本当におしゃれな人は靴も魅力的です。結婚式では、サンダルやミュールなどのカジュアルな靴では失礼にあたるだけでなく正式なマナーにも反するものとなります。そこで、結婚式の靴のマナーについて徹底的に調べました。

知っておきたい結婚式のNGなシューズ

結婚式のお呼ばれでどんなドレスを着ようかと迷うことはありますが、靴については色味が合っていれば何でもいいと考えがちではないでしょうか。見た目にどんなにおしゃれに映ったとしても、出席者や親族の方が眉をひそめるような結婚式にふさわしくないシューズでは恥をかくだけとなってしまいます。結婚式ではヒールのあるパンプスが一般的ですが、生足や黒のストッキングなどによってパンプスでもNGとなることもあります。どんなシューズが結婚式でNGなのか、よく理解しておきましょう。

爪先が見えるサンダル・ミュールを履く

出典:instagram.com

?tagged=サンダル

普段から足のケアやペディキュアを欠かさないという人は、結婚式でも爪先を見せるためにサンダルやミュールを履きたいという願望があるかもしれません。しかし、結婚式というフォーマルな場で足の指を見せるというのはマナー違反となります。よほどカジュアルな式でない限りは避けた方がいいでしょう。また、つま先が「妻が先に出る」ととらえて縁起が悪いとされることからも、結婚式でつま先が出ている靴を履くことはNGとされています。特に年配の方は敏感なので恥をかかないように気をつけましょう。

生足でパンプスを履く


ストッキングを着用してサンダルを履くのも恥ずかしい恰好となりますが、生足のままパンプスを履くのも恥ずかしい姿となります。夏場の結婚式はとても暑いので生足のまま履きたいと思いがちですが、季節を問わず結婚式では生足はマナー違反となります。どんなに暑くでもきちんとストッキングを着用するようにしましょう。肌色に近い色が基本となりますが、多少ラメなどが入ったものでも大丈夫でしょう。しかし、あくまでも主役は花嫁なので、ストッキングで目立ってしまうということがないようにしたいものです。

黒いストッキングを履く


シューズとともに意外に目立つのがスカートの裾から出ている脚です。普段なら靴に合わせてストッキングを選ぶため、黒いストッキングを履くことも多いでしょう。黒は収縮色なので足が細く長く見える効果も得られます。しかし、結婚式のお呼ばれで黒いストッキングを履くと喪服のイメージを与えることになります。若い世代にはおしゃれととられることもあるでしょうが、年配の方のなかには不快な思いをされる方もいます。結婚式では黒のストッキングは避けて、肌の色に近いベージュ系のストッキングを合わせるようにしましょう。

結婚式にふさわしいパンプスの選び方

結婚式の服装では、花嫁とかぶる白色や総レースを避けたり、殺生をイメージするファーやアニマル柄を避けたりするなどの配慮が必要となります。同様に、結婚式にふさわしい靴として、つま先やかかとの露出がなくフォーマルな場に合うパンプスを選ぶのが一般的です。パンプスはビジネスシーンでも活躍するものですが、結婚式という華やかな場にふさわしいものを選ばないとおしゃれには見えません。華やかで魅力的な結婚式にふさわしいパンプスはどのように選べばいいのでしょうか。

光沢感のある素材

出典:instagram.com

?tagged=細いヒール

パンプスは仕事やプライベートを問わず、女性がよく履く靴として知られています。そのため何足もパンプスを持っているという方も少なくないでしょう。しかし、結婚式のお呼ばれでいつも履いているような普通のパンプスでは地味過ぎます。どんなに華やかな服装をしていても足元がくすんでいてはトータルコーディネイトできません。結婚式では華やかな場所にふさわしいエナメル素材などの光沢感があるものを選ぶようにするといいでしょう。パンプスの色が浮いてしまわないように配慮することも大切です。

ビジュー・ビーズなどで華やかなもの

出典:instagram.com

?tagged=ビジューパンプス

パンプスにもさまざまなデザインのものがありますが、あまり奇をてらったデザインのものは結婚式という場にそぐわないこともあります。また、派手過ぎるカラーも浮いてしまうことでしょう。そんなときは、ビジューやビーズなどキラキラ感を演出できるアイテムが散りばめられた華やかなものを選ぶのも1つの方法です。普段履きはできないような輝くパンプスも結婚式では照明に反射して美しく見えます。ビジューやビーズを多用する場合はベースのカラーを抑えるなどしてバランスをとるようにしましょう。

細いヒールのパンプス

出典:instagram.com

?tagged=細いヒール

結婚式のゲストとして履いていくパンプスは、足先だけでなくかかとの露出も控えたものでなければなりません。また、ヒールの高さとともにヒールの太さにも気を配る必要があります。いつもは歩きやすさを優先するために安定感のある太めのヒールのあるパンプスを履いているという人も少なくないでしょう。しかし、結婚式のような華やかな場所では、細いヒールの方がエレガントで女性らしく演出することができます。細いヒールは引っかかりやすいので式場で履き替えるようにするとケガの心配もないでしょう。

3センチ以上のヒール

パンプスのヒールは高くなればなるほど脚長効果は得られるものの足全体の筋肉が疲れやすく、また歩きにくいものです。結婚式では一般的に3センチ以上のヒールであればマナー違反とはなりません。あまり高すぎると会場で転倒する可能性もあるので、無理はしないようにしましょう。また、妊婦である場合はヒールは危険なのでヒールが全くない靴でも構いません。逆にスタイルを良く見せるために10センチ以上のヒールを履くことは、足元が不安定になるとともに派手過ぎることからNGとなります。

結婚式お呼ばれにおすすめのパンプス3選

結婚式のお呼ばれでおすすめのシューズは、つま先やかかとの露出がなくあまり奇抜すぎないデザインのパンプスがおすすめです。華やかな場にふさわしくなるように3センチ以上の細いヒールが付いた光沢のある素材のものがいいでしょう。結婚式のマナーにNGとはなりたくないものの、ありきたりのパンプスではおしゃれな服に似合わず地味になってしまいます。そこで、結婚式だけでなく華やかな場所に履いていけるようなおしゃれで魅力的なおすすめのパンプスを3点紹介します。

マリッチ パンプス

https://www.amazon.co.jp/マリッチ-Maritchi-パンプス-エナメル-ハイヒール/dp/B076VRGW3W/
ヒール高が11センチと少し高めですが、しっかりとした安定感があるため歩きにくさや痛みを感じることはありません。シンプルなプレーンタイプのパンプスなので、高いヒールを持っていないという方にもおすすめです。光沢のあるエナメル素材でシルエットも美しいのが特徴です。2センチある靴底には低反発クッションが入っているため、優しく体重を支えてくれます。つま先は少し丸みを帯びているため大人の女性らしさをだすのにもぴったりです。

ヘッジホッグ バックリボン パーティー パンプス

https://www.amazon.co.jp/Hedgehog-ヘッジホッグ-バックリボンパンプス15-GDlaceレースゴールド-M/dp/B01FWYFTZY/
安定性や歩きやすさを考慮した7.5センチのヒール高は足を美しく見せながら、歩くのにも困らないちょうどいい高さとなっています。柔らかい素材でつくられているため脚が痛くなりにくいのも魅力です。SS~3Lまで豊富にサイズが揃っているので、きついのに我慢して履く必要もありません。バックリボンがついておりさりげないおしゃれポイントとなっています。結婚式だけでなく入学式などのセレモニーにも幅広く使用できます。大人可愛らしいデザインで価格がリーズナブルであることも大きな魅力となっています。

KINGWONG グリッターパンプス

https://www.amazon.co.jp/KINGWONG-グリッターパンプス-美脚ハイヒール-ポインテッドトゥ-22-5cm-blue/dp/B074T8PX7Q/
結婚式のお呼ばれにぴったりのキラキラパンプスです。ボディにはこれでもかというほど細かいラメがちりばめられており、歩くたびに足元をキラキラ輝かせてくれます。また、グラデーションカラーとなっているためとてもおしゃれで見る角度によって色合いが変わるのもおしゃれでしょう。脚長効果のある11センチ高のピンヒールはエレガントでおしゃれな女性を演出するのにもピッタリです。また、低反発クッションがインソール全面に採用されているため、ソフトは履き心地で痛みを感じることがありません。

まとめ

結婚式のお呼ばれでまず靴を考えるという方は少ないのではないでしょうか。しかし、おしゃれは足元からであり、結婚式のお呼ばれの靴ならではの守らなければならないマナーもあります。結婚式ではつま先やかかとを露出することはNGであり、ヒールの高さが3センチ以上あるパンプスがいいとされています。シルクやエナメルなどの光沢のある素材やラメやビジューなどで華やかに見せるのもポイントです。マナーを守りながらも魅力的な靴で結婚式に臨みましょう。