ファスティングダイエットの正しいやり方は?

つい食べ過ぎて太ってしまったとき、ダイエットをして痩せようと思う方は多いでしょう。数あるダイエット方の中でも、特に効果があると言われているのがファスティングダイエットです。断食による方法ですが、実行するには適切な方法を知ることが大切。そこでファスティングダイエットのやり方や注意点などについてご紹介します。

ファスティングダイエットのやり方


ファスティングダイエットをしたことがない方は、具体的にどういった方法なのか、わからないのではないでしょうか。まずはファスティングダイエットのやり方を知ることから始めましょう。ファンスティングではいくつかの決まりごとがあり、それに沿って実行していくという特徴が見られます。ここではファスティングダイエットの基本についてまとめました。

ファスティング期間は3日間の断食

ファスティングダイエットは準備期間を設け、その後にダイエット期間に入っていきます。ファスティング期間は一般的には3日間。これ以上の期間になると、栄養が入っていかないため、体に負担をかけてしまいます。そのため、3日で終了させることが基本です。

ただこの3日間は一般的な数字であり、3日の断食はハードだと感じる方は2日だけやってみるなど、自分の体調と相談しながら期間を決めていくといいでしょう。

準備期間・ファスティング期間・回復食期間を設ける

ファスティングダイエットでは通常のダイエットとは違い、準備期間と回復期という2つの期間が設けられています。これは体調を崩さずに実行をするために必要なためです。準備期間では徐々に食事の量を減らしていき、断食をスムーズに行うようにしていきます。

断食が終わると回復期に切り替え。この時期には少しずつ食事を行い、胃腸の調子を整えていきます。ファスティングダイエットは体調を崩さないように、必ずこの準備期間と回復期を設けなければなりません。

ファスティング中は水とジュースのみで過ごす


ファスティング中は断食を行います。そのため、何も食べないのが原則です。この間は胃を休めることができるため、胃腸の働きを回復させていく時期といえます。しかし水分とジュースは摂取して構いません。適度に水分補給をしなければ、体調を崩してしまうでしょう。そのため食事はしませんが、水分補給はします。

またジュースを活用して、体に必要なビタミンなども補給していきます。ファスティング中は飲食全てカットすると思っている方もいますが、実際にはそうではないのです。

ファスティング前後の食事内容にも気を配ること

ファスティングの前後では準備期間と回復食期間があります。これはファスティングダイエットを健康的に行うために必要なことです。準備期間では徐々に食事の量を減らしていき、スムーズにファスティングへ移っていきます。また回復食の時期では断食から普通食に移行していくため、軽い食事を基本として行います。胃腸に負担のかからない食事をしなければなりません。

 

・ファスティングの期間は一般的に3日間。ただし、体調と相談しながら期間を短くするのも可。

・準備期間〜ファスティング期間〜回復期間 を必ず設ける。体調を崩さない為にも前後の準備・回復期間を設けましょう。

・ファスティング中は水分補給に注意。断食中でも水とジュース・スムージー等は摂取可。何も食べないため、なるべく栄養のある野菜ジュースを摂取すると良いでしょう。

・ファスティング前後の準備期間と回復期間は断食に向けての準備と胃腸の回復を目的として、徐々に食事量を減らしたり、増やしたりするようにしましょう。

 

準備期間中のポイント

ファスティングダイエットに入る前には、準備期間を設けなければなりません。そうしないと断食中に体調を崩してしまうほか、過食を引き起こしてしまう可能性があります。では準備期間ではどういった点に気を付けていったらいいのでしょうか。

ファスティングダイエットを成功に導くためには、断食中だけでなく準備期間にも気を配ることが大切です。あらかじめ知っておきたい注意点について説明したいと思います。

準備期間は2日ほど用意する

断食期間に入る前の準備期間は2日程度を目安です。この間の食事は徐々に減らしていくようにします。ただし、もっと緩やかに食事を減らしたほうが苦痛を感じにくいという方はもう少し長くしてもいいでしょう。2日という期間はあくまでも基本ですから、自分の体調と相談をしながら期間を設定して構いません。

野菜や消化のよい食べ物を食べる


準備期間中では野菜や消化のいい食事を行い、胃腸への負担を軽減させていきます。これだけでも胃腸の調子を整えていくことが可能です。また、しっかりと必要な栄養を吸収させられるようなメニューにしましょう。

断食中は食事ができないため、どうしても栄養が不足してしまいます。準備期間中は胃腸への負担を軽くしながら、最低限の栄養は摂っておくことが大切です。

脂っこいものは食べない

準備期間中は胃腸の調子を整え、消化吸収がしっかりとできるようにします。そのため消化に非常に時間がかかってしまう脂質が多い食事は避けましょう。脂肪の多い食事を多くしていた方は、多少物足りない気分になるかもしれません。しかし準備期間中は少し我慢するようにしてください。特に胃腸の調子が悪い方は淡泊な食事をするように努めます。

 

・準備期間はファスティングを始める2日前から始めましょう。

・準備期間中は栄養をしっかり摂れるように野菜や胃腸への負担を考えて消化のいいものを摂るようにしましょう。

・胃腸の負担を考慮して、脂っこい食べ物は準備期間中は控えましょう。

 

ファスティング期間の過ごし方


ファスティング期間中は断食を行い、基本的には何も食べません。水やジュースは飲みますが、食事をできないため空腹感がつきまとうでしょう。我慢をしなければならない期間ですが、この期間中はどのような過ごし方をすればよいのでしょうか。

1日目:空腹に耐えるため水をよく飲むこと

準備期間を終えてファスティング期間に入った1日目には、水分摂取をしっかりと行うようにします。空腹感がどうしても出てしまうため、水分を多めに摂って我慢するようにしてください。ただあまりにも飲みすぎて苦しくなるようなことは避けましょう。

2日目:強烈な眠気に注意して生活すること

これまで多く食べていた方は特に、ファスティング期間中に急に強烈な眠気が起こることがあります。体のデトックス期間中にはよく起こることなので、心配することはありません。ただ眠気が強い場合、あまり体を動かさないようにしましょう。体調が崩れることもあるため、安静にすることが大切です。

3日目:集中力が高まるためやりたいことを一気にやること

ファスティング期間中は胃腸が楽になるため、体も楽になっていきます。そのため集中力が高まり仕事の能率も上がってきます。一気にやってしまいたいことがあれば、この時を利用して思い切ってやってしまうといいでしょう。ただ頑張りすぎて体調を崩さないように気を付けてください。

起きている間は2時間おきに酵素ドリンクを飲むこと


ファスティング期間中は食事ができないため、食べ物を通して栄養を補給することはできません。そのため、酵素ドリンクを飲みながら必要な栄養素を補給し、体調不良にならないようにしていきます。2時間おきに酵素ドリンクを飲むのが基本です。

 

・1日目…水分をしっかりと摂るようにして、空腹感を緩和させましょう。(摂り過ぎには注意が必要です。)

・2日目…ファスティング2日目は体力が低下することもあって、眠気がひどくなることもあります。なるべく体を休めるようにして過ごしましょう。

・3日目…胃腸が休まっていることもあって、集中力が高まってくるようです。仕事など集中してできると思いますが、体力が低下しているため、無理はしないようにしましょう。

・水分は小まめに摂るようにしますが、ファスティングによって栄養分が足りなくなるため、2時間おきに酵素ドリンクを飲むようにしましょう。

 

回復食期間中のポイント

ファスティング期間を終えた後は、回復食期間に入ります。この期間中に胃腸の調子を整え、普通食にスムーズに移行できるようにします。ファスティング期間後に急に普通食へ戻してしまうと、胃腸が痛くなったり、嘔吐が起こったりすることがあります。

我慢した分、はやく好きなものを食べたいと感じるかもしれませんが、あと少しの我慢です。必ず回復食期間を必ず設ける必要があります。ここでは回復食期間中に気を付けたいポイントについて説明をします。

おかゆや野菜などの胃腸に優しい食べ物から再開


回復食ではおかゆや野菜などの消化吸収がしやすい食事を行っていきます。野菜も煮たりして柔らかくして食べるようにしましょう。その後、徐々に普通食に近づけていきます。段階を作りながら時間をかけて普通食が食べられる胃腸にしていきます。

高カロリー・高脂質の食べ物は避ける

回復食を食べる期間中は、消化吸収がスムーズにできるような食事を行う必要があります。そのため高カロリー・高脂肪の食事は避けなければなりません。このような食事は胃腸の調子を悪くしてしまいます。高カロリー・高脂肪の食事は、普通食に入ってから行うようにしてください。

また胃腸が悪い方はより長い期間を設けて、徐々に普通食に入っていくようにするといいでしょう。

 

・回復期間中は準備期間中と同様、お粥などの消化吸収がいいものや、野菜を煮て柔らかくしたものを食べるようにしましょう。

・回復期間中は胃腸が休まっているため、急に高カロリー・高脂質の食べ物は避けましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。ファスティングダイエットは断食を行うため、完全にカロリーダウンを図ることができるうえに、また胃腸の調子を整えていくことも可能です。ダイエット効果が高く、また胃腸の働きが正常化する効果も得られます。これまでいろんなダイエットを実行してもなかなかいい効果が感じられなかったという方は、ファスティングダイエットに一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。