黒クマに悩みを持つ人必見!黒クマの原因から改善方法を紹介

目の周りで、できてしまうと気になるのがクマです。クマには、いくつかの種類が存在していますが、黒クマというのは目の下が黒っぽく見えてしまうクマのことです。黒い目もと自体が気になってしまいますし、何よりも見た目で疲れた人という印象も与えてしまいます。クマ自体ができやすいという人は、黒クマが出来てしまう原因とどうすることで改善するのかについてを知りましょう。そして、もしも出来てしまった時には改善策を素早くしていきましょう。

黒クマができる原因

黒クマが出来てしまう時というのは、何らかの原因があって出来てしまいます。なので、黒クマができやすい人というのは、なぜ出来てしまうのか原因を知りましょう。原因を知ることで、出来にくいように対策を寝ることができます。黒クマが出来てしまう原因はいくつかあるので、代表的なものを1つずつご紹介していきます。

目元のたるみ

目もとのたるみというのは、黒クマの大きな原因になってしまいます。目もとがたるむと、膨らんだ部分が大きくなってしまうので影となり黒クマとして表れてしまいます。目もとのたるみは、メイクやスキンケアの時などに目もとに負担をかけてしまうことが代表的な原因です。目もとの皮膚というのは、非常に薄くてデリケートなので化粧をする際やスキンケアの際には注意が必要です。

眼窩脂肪が飛び出す

目の下には、涙袋という膨らみがある人も居ます。その涙袋は、別名眼窩脂肪とも呼ばれています。そして、へこんでいる部分は瞼頬溝と言われています。眼窩脂肪が前に出っ張っているのに対し、瞼頬溝が下に下がってしまうことによって影が生まれます。眼窩脂肪は、加齢によって出てしまうことが多いので出っ張ってしまうこと目に凹凸ができます。それによって目もとに影が出来て、影となり黒クマになってしまうということがあるので注意しましょう。

目の周りの筋肉の衰え

人というのは、加齢によって筋肉が衰えていってしまうものです。それは、目の周りでも同じことが言えます。目の周りにはぐるっと一周するような形の筋肉が存在しています。しかし、その目の周りの筋肉も使わなければ衰えてしまいますし、加齢によっても筋肉は衰えます。すると、目の下がたるんだりくぼんだりするという現象が起こります。そうなることによって、目の下に黒クマが起きてしまうということになってしまいます。

目の周りのハリがなくなる

目の周りのハリがなくなってしまうのも、目もとの黒クマが目立ってしまう原因です。人の皮膚内には、肌のハリを保つためのコラーゲンやヒアルロン酸などが存在しますが、加齢によって皮膚の中に存在しているそれらの成分が減少していきます。すると、肌のハリが失われていくので肌のハリが失われることによって、肌のもち上げる力がなくなってしまい結果的にたるみを発生させてしまうので、それが黒クマのたるみを発生させてしまうということにつながります。

黒クマをセルフケアで改善する方法

黒クマというのは、どうしても色味で目立ってしまいます。ですが、黒クマも方法さえしっていれば、状態を軽減させたり黒クマを改善するということも可能です。自分で黒クマを改善するためには、どのようなセルフケアを行っていけば良いかをご紹介します。今も黒クマで悩んでいるという人は、今日からケアを徹底していき改善を目指してみましょう。

美容液を使う

肌のハリがなくなって目もとがたるむことも、黒クマの1つの原因です。そのため、黒クマを改善させたいのであれば、肌のハリを取り戻すことが大切です。そのため、家でのセルフケアに力を入れましょう。その一環として美容液の使用がおすすめです。特に意識すべきなのが、コラーゲンが入っているものを選ぶことです。コラーゲンを美容液で補うことによって、肌の水分保持力を高めハリを取り戻します。

美容クリームを使う

目もとケアには目もと専用の美容クリームなども販売されているので、それを使用するのも1つの手です。アイクリームには、保湿成分がしっかり配合されているので、その成分でデリケートな目もとをしっかりとケアしてあげましょう。その際にあまり肌を傷つけないようにやさしく塗り込むようにしましょう。

脂肪分が少ない食事を心がける

黒クマの改善には、バランスの良い食生活が効果的です。脂肪分の多い食事は避けていくことに加えて、肌の老化をストップするためにアンチエイジング効果のある食べ物を摂取するようにこころがけましょう。特に意識すべきなのがビタミンA・C・Eやポロフェノール、カロテノイドやアミノ酸などを含む食べ物です。これらをバランス良く摂取できる食事を意識するようにしましょう。

黒クマをコンシーラーで改善するコツ

気になるところをメイクで隠すときに使うアイテムといえば、やはり代表的なのがコンシーラーです。目の下の黒クマも、コンシーラー上手く活用することによってメイクをしている間は目立たせなくするということが可能です。もしも、コンシーラーで黒クマを隠そうというのであれば、これからご紹介する内容を参考に黒クマを目立たない状態にしていきましょう。

オレンジのリキッドを使う

CLIO Kill Cover Pro Artist Liquid Color Concealer 6g/クリオ キル カバー プロ アーティスト リキッド カラー コンシーラー 6g (#1 Orange) [並行輸入品]

まず、最初に用意してほしいのがオレンジのリキッドです。普段オレンジを使用するということはないという人も少なくないでしょう。普段使用したことがない色だと、塗ったことによって色が浮いて不自然になってしまうのではないかという心配もあるかもしれませんが、黒クマを解消するうえでは必要不可欠なアイテムです。

ベージュのリキッドを使う

マキアージュ コンシーラーリキッド EX ナチュラル 2.5g

続いて用意してほしいのがベージュのリキッドです。ベージュであれば、普段から使用している人も多いカラーでしょう。以前からベージュのリキッドを持っているという人は、それを使用すればOKです。新たに購入するというのであれば、自然な仕上がりにするために、自分の肌色に近いものをチョイスするように意識して選びましょう。

クマの濃い部分にリキッドをそっと馴染ませる

まず、最初にクマの濃い部分にオレンジのリキッドをのせて指で優しく叩き込むようにして馴染ませていきます。そして、ある程度馴染ませたらベージュを上にのせて馴染ませていきます。オレンジの色味によって、目もとの黒い部分をカバーしてベージュを使用することによって、自然に黒みを抑えていきます。

目尻の三分の一にコンシーラーをのせる

黒クマが目立ってしまうのは、くまによって影が出てしまうためです。そのため、目尻の3分の1の位置にコンシーラーをのせることによって、クマの目立つ部分をカバーします。少し明るめの肌馴染みのいい色を使用することによって、クマの黒い部分を目立たなく仕上げてくれます。

ハイライトやパール入りのコンシーラーもOK

セザンヌ ハイライトコンシーラー クリアベージュ

黒クマの印象が強くなってしまうのは、影のせいですがその影を目立たなくするのであれば、ハイライトやパール入りのコンシーラーを使用するのも1つの手です。ハイライトを使用することで肌を明るく見せることもできますし、パール入りのものも使用することによって肌のトーンアップにつながります。黒クマが気になるのであれば、持っていると活用できるアイテムです。

黒クマを治療する方法

黒クマを改善したいのであれば、自分でセルフケアをしたりメイクで隠すほかに治療をするというのも1つの手としてあります。隠したり、ゆっくり自分でケアしていくという以外の方法を取って黒クマを改善したい場合は、黒クマを治療するという方法も視野に入れていきましょう。では、黒クマも治療方法をいくつかご紹介していきます。

電気針

まず最初に挙げられる治療法としては、電気針が挙げられます。電気針をすることによって、肌の真皮層にある繊維芽細胞を活性化させるという作用があります。繊維芽細胞は活性させることによって、コラーゲンを増やすことができます。黒クマは、下まぶたの皮膚のコラーゲンが減ってしまうことによっても起きてしまうので、コラーゲンを増やすことで、黒クマも緩和していくでしょう。

超音波

続いては、超音波を使用する治療法です。超音波は、刺激によって肌を活性化させてくれます。肌に超音波による振動を与えることができれば、血行や血流が良くなることに加えてリンパの流れも良くなります。また、それによって肌の新陳代謝も良くなるので、ターンオーバーが正常に持っていくことが可能です。肌のターンオーバーが正常な状態になることによって、肌のたるみなども解消につながっていくので肌のたるみよって起こりやすい黒クマにも効果的です。

下眼瞼脱脂術

下眼瞼脱脂術は、クマの原因になってしまう眼窩脂肪を下まぶたの裏から摘出するという方法です。切開する手術となると、傷跡が残ってしまうことが心配になってしまうものですが、下まぶたの裏側からの摘出になるので、述語に見えやすい場所に傷が残ってしまうということもないので女性も安心の手術法です。眼窩脂肪が出ていると、どうしても影ができやすく黒クマが目立ってしまうので、目の下の眼窩脂肪によって黒クマができてしまうという場合は、この方法を取ることで素早く原因となる脂肪の除去をして原因を解消するとういうことも可能でしょう。

ハムラ法

ハムラ法というのは、目の下に加齢によって出来てしまう眼窩脂肪の治療法の1種です。下眼瞼脱脂術であれば、気になる脂肪を取り除く方法になりますが、それに対してハムラ法の場合は、気になるふくらみがある場所から脂肪をくぼんでいる部分に移動させるという方法です。それによって、目の凹凸を整えることができます。ハムラ法には、切開ハムラ法と裏ハムラ法があります。それぞれ、特徴が若干ことなるので自分にあった方法を選びましょう。ダウンタイムにも違いがあるので、その辺もしっかり見てから決めると安心です。

まとめ

黒クマは目もとを暗くさせてしまうのでもしも気になるのであれば、まずは自分で解消できる改善方法から始めてみましょう。もしも自分で解消する方法を試してみても改善しないというのであれば、本格的な治療というのを始めてみると良いでしょう。また、そこまで深刻ではないというのであればメイクで隠してしまうのも手です。自分の黒クマに合った状態の手段を取っていき、気になる黒クマを気にならない状態にしていくというのを目指していきましょう。