鼻の黒ずみができるのはなぜ?原因~簡単にできるケアを紹介

肌に関連する悩みの中で、悩んでいる人が多いのが鼻の黒ずみです。鼻は、顔の中心でもあるので、人に注目されやすい場所でもありますし自分でも気になってしまいやすい箇所です。そんな鼻が、黒ずんでいると感じてしまったらどうにかしたいと思う人も多いのではないでしょうか?鼻の黒ずみは、比較的起こりやすい肌トラブルなので、原因や対策などを知っておくと安心です。

鼻の黒ずみができる理由

ふと鏡を見たときに、鼻が黒ずんでいるように見えてしまうということはありませんか?そのような場合、なんらかの原因によって鼻が黒ずんでいる場合があります。原因がある場合は、その原因を知ることによって今後鼻が黒ずむのを防ぐことも可能です。では、鼻に黒ずみが出来てしまう理由をいくつかご紹介します。

角栓が原因


人の鼻というのは、毛穴が詰まりやすい場所でもあります。分泌された皮脂と、古い角質が合わさることによって角栓が出来ます。その角栓が毛穴を詰まらせているということが原因としてあげられます。角栓が出来てしまうと、毛穴が広がってしまうのでその広がった毛穴の影が出来ることがあります。その陰が鼻の黒ずみの原因になるパターンも存在します。

うぶ毛の色素沈着ができてしまっている

人の鼻を良く見てみると、個人差はありますが産毛が生えているという人も多いのではないでしょうか?毛が生えていることが分かってしまうと、ほかの顔の産毛と同じく毛を処理したいと思ってしまう人が多いでしょう。しかし、毛の処理というのは肌に負担をかけてしまう行為です。そのため、産毛の処理を度々することによって、メラニンが生成され、最終的に色素沈着が起こってしまうことがあります。

皮脂の酸化によるもの

鼻の毛穴は、皮脂の通り道でもある場所です。そのため、毛穴の表面が荒れている状態の場合は、特に皮脂汚れが溜まりやすい状態になっています。毛穴に皮脂汚れがたまり、毛穴の出口部分の皮脂が空気に触れてしまうと、皮脂は酸化してしまいます。皮脂が酸化してしまうと、黒く変色してしまうので鼻の黒ずみが一気に目立ってしまうようになるので注意しましょう。

毛が埋没してしまっている

皮膚の下で毛が成長し、埋まったまま外に出てこない毛のことを埋没毛といいます。普通であれば、毛は皮膚の外に毛先が出ているのが一般的です。そのため、皮膚の下で毛が成長してしまうとその部分が毛の色素によって黒く見えてしまいます。埋没毛は、場合によっては放置しておくと皮膚の中で成長していきより黒い範囲が広くなるので気を付けましょう。また、埋没毛の処理をする際にも適切な方法があるので、注意しながらケアするようにすることが大切です。

鼻の黒ずみを簡単にケアする方法

鼻の黒ずみは、気づいてしまうと非常に気になってしまう箇所です。もしも、鼻の黒ずみを見つけてしまった時には、その気になった箇所をしっかりケアすることが大切です。では、もしも鼻の黒ずみを見つけてしまった時には、どのようなケアをすれば良いのか解消することができるのかご紹介します。簡単な方法なので、気になる人は実践してみましょう。

正しく洗顔をする

なんといっても、毛穴の黒ずみでケアとして大切なのが洗顔です。洗顔は、顔の汚れをしっかりと落としてくれるケアです。まず、洗顔をするときには汚れを落としやすいように毛穴を開かせた状態にして行うことが大切です。皮脂が落ちやすいように、30度程度のぬるま湯を使って洗顔するようにしましょう。また、泡はしっかりと泡立てて優しく洗顔することによって、肌に摩擦を与えてしまうことも防ぐことができるので、肌を傷つけないように優しく毛穴の汚れを綺麗にしていきましょう。

蒸しタオルをあてる

毛穴汚れを落としたいのであれば、蒸しタオルを活用しましょう。蒸しタオルを、毛穴汚れの気になる鼻に当てることによって、血行が促進されるので毛穴をしっかりと開いてくれます。また、蒸しタオルであたためることによって、角質を柔らかくするとともにすでに毛穴に詰まっている汚れや角栓などを浮かせてくれるので黒ずみの原因となってしまう汚れを落としやすくしてくれるので、蒸しタオルを使ってしっかり汚れを落としましょう。

クレンジングオイルを使う


油汚れを落としたいのであれば、オイルクレンジングは非常に効果があります。オイルクレンジングを使用すると、汚れをしっかりと落とすことが可能です。そのため、鼻の皮脂汚れが気になっていてすっきりしたいときにはオイルクレンジングをしましょう。しかし、オイルクレンジングは、洗浄力が強い分肌に負担が強いとも言われています。そのため、選ぶオイルは良質なものを選ぶようにしましょう。それに加えて、クレンジングをした後はしっかりと保湿をするように心がけると安心です。

鼻の黒ずみケアでやってはいけないこと

鼻の黒ずみは、どうにかして解消していきたいものです。しかし、鼻の黒ずみをケアしたいからと言って、自分流のケアをしてしまうと場合によっては逆効果や肌に負担を与えてしまうということも起きてしまう可能性があります。そのため、これから鼻の黒ずみケアでやってはいけないことについていくつかご紹介していきます。これから、鼻の黒ずみケアをするという場合は、これからご紹介するケア方法は避けるように意識していきましょう。

角栓を出さないこと

角栓によって、毛穴が詰まっている状態だと角栓を出して毛穴を綺麗にしたいと思ってしまう人も中には居るでしょう。爪などで、詰まっている毛穴をつまんでみると毛穴から詰まっている汚れを出すことができます。しかし、汚れを取っただけでは毛穴は開いたままなので、毛穴が目立つ状態が続きます。また、爪て摘まんでしまうとその刺激で過剰に皮脂が分泌されてしまうこともありますし、何より肌が傷ついてしまうという心配があるので避けるようにしましょう。

油分が多い食事を過剰摂取すること

食事内容も、鼻の黒ずみには大きな影響を与えます。食べ物の中でも、動物性油脂が多く含まれている食べ物を食べすぎてしまうのは肌に良くありません。油分の多い食事というのは、食べ過ぎてしまうと皮脂の分泌を促してしまいます。毛穴の詰まってしまう要因の一つは、皮脂の過剰分泌なので脂っぽいものを食べすぎないように意識して、皮脂の過剰分泌を促進しないように意識しましょう。

紫外線対策を怠ること

外に出る際に、紫外線対策をしっかりとしないことは鼻の黒ずみを起こしやすい環境を作ってしまうことにつながります。紫外線というのは、浴びてしまうことによって肌に多きなダメージを与えてしまいます。そのため、受けたダメージによって肌が乾燥を起こし毛穴が開きやすくなってしまうこともあります。それに加えて、紫外線は皮脂を酸化させるという影響を持っているので、紫外線を浴びることによってより鼻の黒ずみを深刻化させてしまうことがあります。外に出る時には、紫外線対策を忘れずに行ってから出るようにしましょう。

ピンセットでうぶ毛を抜かないこと

鼻にあるうぶ毛が気になってしまった時に、少しだけだからと言ってピンセットを使用してうぶ毛を抜いてしまっていたりはしませんか?ピンセットでうぶ毛を抜くということは、生えている毛を無理やり抜いているということです。無理に毛を抜いてしまうと、それだけ肌に刺激を与えてしまっていることになります。肌は、刺激を受けることによって黒ずみの原因の1つであるメラニンの生成を促進させてしまいます。そのため、うぶ毛が気になってしまったとしても、無理にピンセットで抜くなどのケアはしないようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。よく起こってしまいがちな鼻の黒ずみですが、どのような理由で起こるか分かってしまえば、どのような対策をしていけばよいかというのも明確になります。普段の生活の中で、黒ずみを起こしやすくしてしまうことをしていた場合は今後それをしないように意識することによって、黒ずみを起こすのを防いでいくことも可能です。また、間違ったケアについてもご紹介したので間違ったケアをしないように意識してケアをしていけば、黒ずみ知らずの鼻を維持することもできるでしょう。