プロポーズの時期はいつがおすすめ?平均交際期間などもまとめました

真剣に付き合っているカップルであれば、結婚を意識するのは当然のことでしょう。付き合い始めてからプロポーズをするまでの交際期間には幅があるため、いつがプロポーズに絶好のタイミングかを見極めるのは大変です。お互いのことをよく理解するためにある程度の交際期間が必要と考えるカップルもいれば、なるべく早く結婚して安定した生活を送りたいというカップルもいるでしょう。そこで、付き合い始めてからプロポーズまでの期間やタイミングについて徹底的に考えてみました。

みんな付き合ってどれくらいでプロポーズしている?

1年以内:35%ほど

カップル プロポーズ

交際してしばらく経ったカップルであれば、付き合ってからどれくらいでプロポーズしているのか、気になるのではないでしょうか。ある調査では1年以内と答えたカップルは35パーセントほどにのぼっています。特に婚活などで初めから結婚することを目的に出会ったカップルはプロポーズも早い傾向があります。また、1年という期間は、お互いの良いところや悪いところを知るための理想的な交際期間ともいわれています。結婚に慎重な人は別として、1年を1つの区切りと考えているカップルが多いのではないでしょうか。

1~3年:40%ほど

交際してからプロポーズまでの期間で一番多かったのが1~3年で全体の4割を占めています。1年を交際の1つの節目として考えており、3年くらいまでが2人の関係を深めるだけでなく親や友人など、周囲からの理解や協力を得るのにも適切な期間であると考えるカップルが多いということでしょう。また、1年を過ぎてお互いのことがよく見えてきて、ずっと一緒にいたいという気持ちが強くなることも関係いているといえます。

3年以上:25%ほど

付き合い始めてから3年以上かかってプロポーズというカップルも25パーセントほどにのぼります。学生の頃からの交際や新社会人になってからの交際で、お互いに20代前半という場合は結婚を現実的に考えるまでに時間がかかることになります。また、一生一緒にいられる相手がどうかをじっくりと見極めたいという人も交際期間が長い傾向があります。ただ、30代を過ぎた女性で3年以上の交際となると、焦りが見えてくる場合もあるので男性が煮え切らない態度をとる場合は、交際について考え直すことも必要でしょう。

プロポーズの時期に影響を与えるものとは?

20代後半から30代前半という結婚適齢期

交際を始めてから1年を経過すると、それほど結婚を焦ることもなくなるというカップルも多いようです。最近は晩婚化が進んでおり、昔のように女性は25歳を過ぎると売れ残りなどといわれることもなくなりましたが、それでも、20代後半から30代前半という結婚適齢期は意識しているようです。特に、子供が欲しいと思っている女性は高齢出産や育児のことを考えて30代前半までには結婚したいと考えるでしょう。男性は女性の体や子供のことをしっかりと考えてプロポーズする必要があります。

仕事など収入の安定

「学生時代から交際している」「就職してからすぐに交際を始めた」というカップルは、すぐに結婚するか、交際期間が長くなるかの両極端になることが多いようです。社会人になりたての頃は仕事を覚えるのに必死で、結婚のことなどあまり考えられないでしょう。また、ある程度のキャリアを積まないと結婚生活を送るだけの収入を得られないこともあります。愛情だけでは生活していくことはできないため、仕事と収入が安定するまでは結婚できないというのが本音ではないでしょうか。

新しい家族が誕生するタイミング

昔は結婚するまで貞操を守ることが当然とされており、婚前交渉で結婚前に妊娠するなど考えられないことでした。しかし、最近では「できちゃった婚」から「おめでた婚」と呼び方も変わり、結婚前の妊娠にあまり抵抗を感じることがなくなっています。お互いに結婚する気があるのになんとなくダラダラしていて踏ん切りがつかない場合は、新しい家族が誕生するタイミングで覚悟を決めてプロポーズするという方法もあるでしょう。

交際期間からプロポーズの時期が予測できる

平均の交際期間とは?

結婚までの平均の交際期間は、データによってさまざまなものがありますが一般的には3.5年とされています。ブライダル関連業者によると結婚までの交際期間は、年々短くなっているそうです。なかには、3年以上と聞いて長すぎると感じる人もいるでしょう。しかし「恋愛期間を長く楽しみたい」「じっくりと時間をかけて相手を理解し、結婚する相手としてふさわしいかどうかを見極めたい」という考えであれば、3年でも短いと考える人もいるはずです。

結婚を意識する時期

交際していれば実際にプロポーズはしなくても、結婚を意識する時期というものがあるはずです。カップルによって「ビビビッときた」「初対面のときにこの人と結婚すると思った」など、すぐに結婚を意識することもあります。一般的には、1年を過ぎると結婚を意識するようになるようです。ただ、男性と女性で結婚を意識する時期がずれることもあり、そのような場合はより慎重になって結婚までの期間が長くなる傾向があります。

プロポーズから結婚式までの期間は?

交際が始まってプロポーズまでは、平均3.5年というデータがありますが、プロポーズから実際に結婚式をあげるまでの期間はさすがにそれほど時間をかけません。あるデータによると、半数近くが10ヵ月以上となっています。結婚したカップルからは、早く結婚式をあげたいと思っていても、会場探しやドレス選び、手作りアイテム作りに想像以上に時間がかかるという声が聞かれています。お互いに働いていると準備にかける時間もなかなか取れないので早めに取り掛かることがポイントとなりそうです。

プロポーズされることが多い時期

クリスマス

女性がプロポーズされることが多い時期として、定番なのがクリスマスではないでしょうか。美しいイルミネーションに彩られた街ではクリスマスソングが流れ、ロマンティックな雰囲気で包まれています。クリスマスというだけでウキウキしますが、いつもとは違う特別な日にプロポーズされれば、彼女のテンションはピークに達することでしょう。特別なクリスマスのプレゼントは、もちろん婚約指輪。一生の思い出に残るクリスマスになります。

ふたりの記念日

女性は記念日が大好きで、初めて会った日や初めてデートした日、初キスの日、などさまざまな記念日でスケジュール帳が埋められています。男性にはなかなか理解できることではなく、ほとんど忘れていても不思議はありません。しかし、覚えていないと思った記念日にプロポーズすれば、プロポーズされた嬉しさだけでなく、記念日を覚えてくれていたことに感動することでしょう。どの記念日にプロポーズするかは、男性のセンスにかかっています。

彼女の誕生日

彼女の誕生日にプロポーズというのは定番であり、サプライズ感には欠けるものかもしれません。しかし、女性は記念日が重なることに喜びを感じる傾向があるため、1年に1回しかない自分の誕生日とプロポーズされた日が一緒になることに格別な嬉しさを覚えることでしょう。何も言わずに誕生日のプレゼントを渡して、開けてみたら婚約指輪だったら驚くことは間違いないでしょうし、特別な誕生日として一生の思い出に残ることでしょう。

プロポーズにおすすめの時期

バレンタインデーにお返しのプロポーズ

バレンタインデーは、女性が好きな男性にチョコレートを贈って愛を告白するイベントとして国内でもすっかり定着しています。彼女はいつもどおりチョコレートやギフトを準備しているでしょう。バレンタインデーのお返しとしてホワイトデーがありますが、不意打ちでバレンタインデーのプレゼントをもらったその日に、お礼としてプロポーズするという方法もあります。女性は彼から何かあるとしてもホワイトデーと思っているので、サプライズとなって驚かせることができるでしょう。

自然な流れでホワイトデーに

バレンタインデーのお返しとして国内でもすっかり定着したホワイトデー。いつもならクッキーなどのお菓子といっしょにちょっとしたギフトで終わるものでしょう。彼女もいつもと同じホワイトデーしか期待していないなかで、突然プレゼントされたら喜びや驚きも倍増します。ホワイトデーのプレゼントとして渡したギフトボックスを開けたら、指輪が出てくるという自然な流れのサプライズもできます。また、ホワイトデーのプロポーズなら記念日として忘れることもありません。

花火大会で一生の思い出を

夕涼みがてら、浴衣姿で花火大会にデートに出かける機会を利用してプロポーズというのも思い出に残るのではないでしょうか。最近ではイベント花火も盛んで、事前に依頼しておけば特別なハート形をした花火が打ち上げられた瞬間に、アナウンスでプロポーズの言葉が流れるということも可能です。いつもの花火デートとは全く違ったものになり、花火大会が自分たちのために開催されているような気持にもなれるでしょう。少し費用はかかりますが、仕掛け花火でメッセージを伝えるという方法もあります。

まとめ

結婚は人生を左右する重要な節目になるため、プロポーズには慎重になるものです。少しずつ愛を育みなら、結婚相手としてふさわしいかを見極めるための時間は必要ですが、交際期間があまり長くなりすぎるとダラダラとした交際になり、なかなか結婚に踏み切れなくなることもあります。特に、女性には出産、育児が関係してくるため、男性は女性を焦らせることがないようにプロポーズすることが大切です。