プロポーズのネックレスが注目されている理由とは?

待ちに待った彼からのプロポーズ。恋人同士から次への大きなステップアップをする人生の大切な節目となります。以前は、ダイヤモンドの指輪を差し出してプロポーズというのが定番でしたが、最近では、プロポーズで婚約指輪をもらう女性は全体の3割程度といわれています。その代わりに人気となっているのがネックレスです。そこで、なぜプロポーズのネックレスが注目されているのか、その理由やメリット、デメリットについて調べてみました。

プロポーズでネックレスをプレゼントするメリット

以前はジュエリーブランドのCMでもよくあったように、プロポーズでは男性が給料3ヵ月分で購入したダイヤモンドの婚約指輪を渡すのが流行っていました。また、結納品の1つとして婚約指輪が含まれている習慣がいまだに残っているところもあります。しかし、特に若い世代のカップルでは、プロポーズでは指輪ではなくネックレスをプレゼントすることがブームになっているようです。プロポーズでネックレスをプレゼントするメリットとは何なのでしょうか。

サイズや好みがわからなくても買える

プロポーズで指輪をプレゼントするとなると、準備しなくてはならない男性は大変です。指輪は石やデザインによってバリエーションが豊富で価格帯もさまざまであり、選ぶのが難しいものです。彼女のセンスや好みを知っていなければ、気に入ってもらえない可能性もあります。また、指輪を購入する際にはサイズが必要となり、サプライズで贈るのに事前に指のサイズを訪ねてシラケてしまうこともあるでしょう。その点、ネックレスであれば選びやすくサイズも関係ないというメリットがあります。

婚約指輪より普段使いできる

プロポーズで贈る婚約指輪は、誕生日や記念日に贈るカジュアルな指輪とは違って、高価なものとなります。彼女が気に入ったデザインであったとしても、特別で高価なものであるため傷や汚れ、紛失を気にして普段使いすることはなかなかできないでしょう。結局タンスの奥に閉まったままとなることも少なくありません。その点、ネックレスなら食事やデートの際に気軽に身につけることができるので重宝します。

婚約指輪に比べて費用・時間がかからない

婚約指輪の相場は昔から男性の給料の3ヵ月分というのが当然のようになっており、なかにはそれにさらに色をつけてとても高価な指輪を贈ることもあります。前々から計画的に貯蓄しておかないとなかなか変えない代物です。また、価格が高く一生物となることから選ぶのにも慎重になり、サイズ直しまで含めるとかなりの期間が必要となることもあります。その点、ネックレスはそれほど高価ではなく、気に入った物があればすぐその場で身につけることも可能です。

プロポーズでネックレスをプレゼントするデメリット

プロポーズの記念、プレゼントとして最近では指輪ではなくネックレスが注目されています。指輪に比べて価格が安いだけでなく、普段使いできるものとして贈る側、贈られる側ともにメリットが大きいとされています。その一方で、プロポーズ=婚約指輪という風潮はまだまだ根強く残っており、ネックレスが正式な婚約記念品として認められていない場合もあります。プロポーズでネックレスをプレゼントするデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

プロポーズ=婚約指輪という社会的な傾向がある

最近の若いカップルの間では、プロポーズに婚約指輪が必須という考えは薄く彼女が気に入ったネックレスをプレゼントすることが流行っています。しかし、婚約指輪の習慣は1960年代から根付いているものであり、年齢が高い人ほどプロポーズ=婚約指輪という固定観念があります。当人同士がよくても、彼女の実家の親から「婚約指輪を贈らない彼氏なんて……」と冷たい目で見られる可能性もあります。

指輪を後で催促されてしまう可能性がある

若い世代の間で指輪なしのプロポーズが流行りといっても、やはり女性にはプロポーズには婚約指輪がつきものと考えている女性も少なくありません。男性としてはプロポーズの記念としてネックレスを贈ったつもりでも、ネックレスはネックレス、指輪や指輪として、後々婚約指輪を催促されてしまう可能性も否定できません。特に、あまりにもリーズナブルなネックレスを贈った際には、プロポーズの記念品としては認めてもらえないでしょう。

貴金属アレルギーの場合

花粉症や食物アレルギーなど、昔に比べるとさまざまなアレルギーの症状で苦しんでいる人の数は増えています。アレルギーには、普段身につけている貴金属が汗や体液などでわずかに溶けてイオン化した金属が体内に入ることで、その次から同じ金属に接触することで拒絶反応を起こして皮膚がかぶれる貴金属アレルギーもあります。ネックレスの材料とされる金や銀、プラチナなどでアレルギーを起こす人もおり、肌に接触する面積も広くなるというデメリットがあります。

ネックレスの相場と選ぶポイント

プロポーズにつきものというイメージが強い婚約指輪の場合は、ジュエリーブランドの戦略もあって、相場価格は男性の給料の3ヵ月分が基準とされていました。したがって、プロポーズする男性は目標とする金額を貯蓄する必要はあるものの相場で迷う必要はなかったのです。しかし、「プロポーズにネックレス」は最近のブームであるため、相場や選ぶポイントがわからないという男性もいるのではないでしょうか。

婚約指輪の代わりの場合は婚約指輪と同額ほどで

昔から根強く定着しているプロポーズに婚約指輪を贈る習慣はそのままに、贈る物が指輪からネックレスに代わるということであればそれなりの価格の物を選ぶ必要があるでしょう。婚約指輪は高価で一生の宝物になるものというイメージが強いために、それに匹敵するだけの高価なネックレスを準備する必要があります。最近では給料3ヵ月分ではなく30万円前後が相場とされているようです。男性にとっては決して安い買い物ではありません。

プロポーズの記念の場合は10万以内でOK

正式な婚約記念品としてではなく、2人の間のプロポーズ記念としてプレゼントする場合は、ネックレスに婚約指輪ほどの費用をかける必要はありません。とはいっても、クリスマスプレゼントやバレンタインデーのお返しなどとはレベルが同じでなく、10万円以内を目安として選ぶようにするといいでしょう。ただ、プロポーズ記念だけの場合は、後から別途指輪を催促されることもあるので注意が必要です。

素材はプラチナやゴールドが主流

女性が喜ぶネックレスは、一般的にプラチナやゴールドを素材にしたものが多く質が高い商品になるとチェーンだけでも高くなります。また、ダイヤモンドなどの宝石がセットになったネックレスも多く、デザインのバリエーションも豊富であるため、彼女と一緒に購入した方がお気に入りをプレゼントすることができるでしょう。婚約指輪と同等の価格がするネックレスは、特に慎重に選びましょう。

アレルギーフリーのチタンやジルコニウムもおすすめ

ジュエリーが大好きなのに金属アレルギーがあるために、普段から身につけることができないという女性もいます。ネックレスなどのジュエリーをプレゼントする場合は、事前に彼女に金属アレルギーがあるかどうかを確認しておくことが大切です。万が一、アレルギーがある場合は、ゴールドやプラチナではなくアレルギーフリーのチタンやジルコニウムなどを選ぶといいでしょう。それでも不安心配という場合には、ジュエリー以外の物に変えるという選択肢もあります。

ネックレスをもらう憧れのシチュエーション

プロポーズでネックレスをもらう場合、どんなネックレスかということも気になりますが、それ以上にプロポーズを左右することになるのがネックレスをもらうときのシチュエーションではないでしょうか。どんなに高価でデザインのいいネックレスであっても、男性が贈る瞬間がキュンとなるものでなければ喜びは半減するものです。女性がプロポーズでネックレスをもらうときの憧れのシチュエーションとはどんなものなのでしょうか。

蓋を開けて差し出される

きれいな包装紙と可愛いリボンで包まれたギフトボックスは、中身が何かを想像しながら開封する楽しみがあります。しかし、プロポーズのときにいきなりネックレスが入ったケースの蓋を開けて差し出されると、プレゼントを受け取ってから開けるまでの時間がなくなるため、大きなサプライズとなります。目の前にいきなり飛び込んでくるキラキラと輝くネックレスに思わず見とれてしまうことでしょう。

後ろに回って付けてもらう

プロポーズのサプライズプレゼントとしてネックレスを贈る場合、ギフトボックスや現物を全く見せることなく、後ろからハグされたまま、そっとネックレスをつけてもらうというシチュエーションも女性の心をときめかせるものとなります。「ちょっとだけ目を閉じていて」と言われて、ネックレスをつけられるシチュエーションにも憧れる女性は多いものです。少しだけアクションが必要となるので、パブリックスペースでは控えた方がいいかもしれません。

メッセージとともに包を渡される

誕生日やクリスマスのプレゼントと同じようにネックレスをプレゼントして、なかに入っているメッセージカードでサプライズというシチュエーションもあります。包の中身がネックレスであることに喜び、プロポーズのメッセージカードに驚きと2段階でサプライズすることができます。いつもはメールやLINEなどでしかやりとりしていないので、特別な手書きメッセージにキュンとすることでしょう。

まとめ

少し前までは、プロポーズの印としてダイヤモンドなどの婚約指輪を贈るのが当たり前とされていました。しかし、最近ではプロポーズ=婚約指輪ではなく、ネックレスに注目が集まっています。指輪ほど価格が高くなく普段使いできるという理由もありますが、あくまでもプロポーズ記念としてだけであって、後になって婚約指輪を催促される場合もあります。プロポーズにネックレスを贈るメリットやデメリットをよく考えてから選ぶようにしましょう。