気温25℃のときのおすすめコーデ27選!

一番過ごしやすい気温は何℃かな考えた時、20℃~25℃のような気がしませんか?ファッションで言えば上に一枚羽織りたくなる感じの時…。

袖を通してもよし、肩にかけてもよし、腰に巻くのもいいですね。考えただけでもファッションの幅が広がり、楽しくなってきます。

あなたならどんなコーディネートが浮かびますか?25℃のファッションを思い切り楽しんでみましょう。

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16 おすすめコーデ:17 おすすめコーデ:18 おすすめコーデ:19 おすすめコーデ:20 おすすめコーデ:21 おすすめコーデ:22 おすすめコーデ:23 おすすめコーデ:24 おすすめコーデ:25 おすすめコーデ:26 おすすめコーデ:27

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

ジャケットやカーディガンで調整コーデ♡


引用:CBK(カブキ)
朝晩の涼しい時間帯は、薄手のジャケットを羽織って、日中25℃位になったら、白のトップスにベージュのショートパンツで夏らしくいけます。足元は素足に黒のサンダルで、同じ色のバッグを持ったら、夏の終わりのコーディネートの出来上がり。

引用:CBK(カブキ)
白のトップスにデニムのタイトスカートそしてスニーカーを履いたら、ジャケットは肩にかけてお洒落にしてみましょう。肩にかければ25℃でも暑苦しく感じません。ポイントにベージュの可愛らしいバッグを持ってもみるのはいかが?

引用:CBK(カブキ)
淡いグレーのジャケットにロングのプリーツスカート、パンプスも淡い色にして白のバッグを持てば、爽やかさが引き立ちます。25℃で暑いと感じたら、ジャケットを脱いでバッグにかけてみるのもお洒落さんの技ですね。

引用:CBK(カブキ)
白のトップスは何色にでも合います。ブルー系の短めワイドパンツを履いたら、ヒールの高い黒のサンダルで足元を引き締めましょう。25℃位ならバッグは大きめの白でもOK!気軽に脱ぎできる軽めのジャケットがいいですね。

引用:CBK(カブキ)
25℃位なら肩にかけたままでもいい感じ。ジャケットをお洒落のポイントにしましょう。薄紫のトップスに、ダークな色のパンツ、黒のサングラスに黒の帽子、パンプスも濃い目の物を選んだら、大人のお洒落の出来上がり♪

引用:CBK(カブキ)
ブラウンのワンピースに黒のソックス、スニーカーを履いたら、カモフラ柄のジャケットを腰に巻いてみましょう。シンプルなワンピースが一気にお洒落になりますね。黒のベレー帽も素敵です。

引用:CBK(カブキ)
25℃の大人のお洒落ならこれで決まり!ルーズにまとめた髪に黒のキャップを乗せたらカモフラ柄のジャケットを肩にかけましょう。黒のトップスに合わせて黒のヒールが大人っぽい。バッグも黒で統一しましょう。

引用:CBK(カブキ)
ブラウンでまとめても素敵に仕上がります。ワンピースに合わせた淡い色のロングカーディガンも薄手なら25℃には使い勝手がいいですね。スニーカーもブラウンで決めましょう。大きめトートバッグをポイントにして…。

引用:CBK(カブキ)
カジュアルで決めたい時の25℃ファッションにも、カカーディガンがお勧め。白のロゴ入りTシャツにカーキーのパンツを裾をまくってはいたら、薄手のロングカーディガンを羽織りましょう。

引用:CBK(カブキ)
大人っぽく黒で上下を決めたら、パープル系のカーディガンがきれい、スリットの入ったスカートの足元には、ヒールの太いサンダルを合わせて…。手元には籐の大きめバッグを持っておとなっぽさを際立たせましょう。

長袖のワンピースもおすすめ♡


引用:CBK(カブキ)
25℃には長袖ワンピースもいいですね。ベージュのワンピースにブラウンの太めのベルトが引き締まります。手元にはゴールドのチェーンの付いたバッグが大人っぽく、デートにお勧めです♪

引用:CBK(カブキ)
ボーダーのロングTシャツにコート風のワンピースが可愛いですね。ウェストを絞って足元は真っ白のスニーカーが25℃にぴったりの爽やかさを出しています。バッグはキナリノ大きめのもので、遊び心も出して…。

引用:CBK(カブキ)
女の子らしい25℃のファッションはやっぱり白の膝丈ワンピース。袖は七分丈でちょうどいい。ベージュの大きめバッグを持って、足元はちょっと大人な感じのピンヒールを履いてみて…。髪はふんわりカールがお勧め。

引用:CBK(カブキ)
夏の初めの25℃なら白地に黒のボーダーのミニスカートも可愛いですね。白のソックスにサンダルを履けば完璧!遊び心を加えて丸い眼鏡をかけてみるのもいいかも。一つに結んだ髪の赤いリボンもポイント。

引用:CBK(カブキ)
思いっきり大人の女を演出するなら、黒地に小花柄のワンピースがいいかも。裾からのぞくデニムパンツがおしゃれ。足元は黒のピンヒールで仕上げましょう。大きなバッグとキャップでちょっと遊んで。

引用:CBK(カブキ)
淡いグリーンの膝丈ワンピースなんかも25℃には爽やかでいいですね。素足に履いた白のソックスにパンプスも爽やかさを増しています。ワンポイントに、パープルのファーのバッグを持ってみて…。

引用:CBK(カブキ)
秋の始まりの25℃なら、黒のニットのワンピースもお勧めです。グレーのタイツに履いたチェックのシューズが重すぎなくしてくれています。バッグはやっぱり黒で統一。髪は下ろしてふんわり仕上げて♪

引用:CBK(カブキ)
女性らしさを出したいなら、肩だしのふんわりフレアースカートがいいかも。肩にはブラウンのショルダーバッグ、足元はベージュのパンプスを履けば完成。腕時計も同色で決めれば間違いなしです。

引用:CBK(カブキ)
25℃には淡い色のコートもいいですね。袖を少しまくればお洒落にもなりますね。大きめのバッグを持てば、暑い時には脱いで、そのコートをかけることもできますね。足元はベージュのパンプスで…。

一年中違和感ないシャツスタイルも!


引用:CBK(カブキ)
ブラウスは25℃の強い味方。ゆったりとしたブラウスにはスリムパンツを合わせてスッキリとさせましょう。足元もすっきり同色のパンプスで…。バッグは大きめの物を選んでバランスをとりましょう。

引用:CBK(カブキ)
普段使いなら、ダボっとしたシャツブラウスもいいですね。ダメージ加工したスリムジーンズを合わせて、何気ないお洒落さん。25℃にもぴったりですね。サンダルと大きめのバッグでちょっとそこまで…。

引用:CBK(カブキ)
ロングのシャツも使い勝手がいいですね。寒いと感じたらウエストで絞って、暑い時にはオープンにもできます。シャツにはやっぱりジーンズがお似合い。パンプスを合わせてお洒落も忘れずに♪

引用:CBK(カブキ)
白のブラウスは25℃でもやっぱりテッパンのアイテム。鮮やかなブルーのキュロットスカートにフロント部分をインして。黒のハンドバッグに付けたマスコットがワンポイントで遊び心もバッチリ。

引用:CBK(カブキ)
ブルーのストライプの個性的なブラウスには、大胆に素足を出したショートパンツを合わせてみましょう。フロントをインして袖をまくって涼しげにしましょう。バッグはキナリのトートバッグがいいですね。

引用:CBK(カブキ)
鮮やかなイェローのブラウスに、黒のイージーパンツを履いたら、真っ白なロングカーディガンはいかが?肩に羽織ってお洒落コーデ。素足にサンダルもいいですね。バッグはカーディガンと合わせて白で統一。

引用:CBK(カブキ)
白の薄手のシャツから透けて見える黒のインナーが大人っぽいファッション。赤の膝下フレアースカートも素敵ですね。ヒールの高いサンダルを履いたら完璧。手にはボックス型のバッグを持ってみて。

引用:CBK(カブキ)
さりげないお洒落をしたいなら、ポイントで肩がフリルのブラウスはいかが?淡いブルーのストライプならとても爽やか。ジーンズを合わせて、足元は腕時計と合わせてベージュのシューズもいいでしょう。