気温30℃のときのおすすめコーデ27選!

30℃と言えば、もう真夏の季節ですね。ファッションが一番楽しめる季節なのではないでしょうか?ノースリーブにキャミソール、ショートパンツ、ミニスカート、選り取り見取りです。

色で言えば白が定番、間違いなしの色ですね。トップスにもボトムスにも使えます。でも、白に飽きたらカラフルな色や柄物でも夏にぴったりですよ。太陽の日差しの下では、どんな色でも爽やかに見せてくれます。

30℃の季節を思いっきりお洒落しましょう。

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16 おすすめコーデ:17 おすすめコーデ:18 おすすめコーデ:19 おすすめコーデ:20 おすすめコーデ:21 おすすめコーデ:22 おすすめコーデ:23 おすすめコーデ:24 おすすめコーデ:25 おすすめコーデ:26 おすすめコーデ:27 おすすめコーデ:28

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

夏の定番!涼しく見せる白コーデがおすすめ


引用:CBK(カブキ)
30℃の季節にしかできない、上下白の大胆なコーディネートはいかが?肌見せは少なくても、サンダルをブルーにするだけでとっても涼しげです。籐のバッグもいいですね。

引用:CBK(カブキ)
定番の白のワンピースに白のバッグ、これだけでは難しいけれどサングラスをかけるだけで、ぐっと引き締まります。足元はやはり涼し気に淡いグリーンの物を選んで。

引用:CBK(カブキ)
真っ白なノースリーブに膝丈ワンピース、これに白の帽子を合わせればお洒落上級者。ハンドバッグも淡い色の小花柄を選べばぐっとかわいくなりますね。サンダルも白で。

引用:CBK(カブキ)
白と黒の組み合わせでも30℃のコーディネートはおまかせ。ふんわりとした白のロングのワンピースでインパクトを持たせて、サンダル、バッグ、サングラスの小物を黒にしてみましょう。

引用:CBK(カブキ)
白のブラウスに、淡いベージュのワイドパンツを合わせてみましょう。ウエストの太めのベルトで引き締まります。グレーのパンプスと、まとめた髪に被ったベレー帽ですっきりと。

引用:CBK(カブキ)
30℃でも白とデニムの組み合わせは鉄板です。白のトップスにデニムのワイドパンツがナチュラルでいいですね。籠型バッグにピンクのパンプスが差し色になって可愛い。

引用:CBK(カブキ)
白のフレアースカートに黒のトップスを合わせても、オフショルダーにすればぐっと涼し気になりますね。髪は下ろしても暑苦しくなりません。編み上げサンダルも夏らしい。

引用:CBK(カブキ)
淡いピンクのノースリーブに白のスカート。これをマキシ丈にしても、フレアーなら爽やかになりますね。白のサンダルを履けば、バッグが黑でも全然暑苦しくなりません。

引用:CBK(カブキ)
何といってもデニムシャツに白のスリムなパンツはかっこいい!長い髪を一つに束ねたらだれもが真似したくなるファッションの出来上がり。お洒落感だってたっぷり。

華やかさを出すならカラーコーデ!パッと映える明るい色が◎


引用:CBK(カブキ)
トップスがちょっと暑そうなボーダーの長袖でも、マキシ丈のビタミンカラーのフレアースカートを合わせれば、30℃でも爽やかに見えます。サンダルは白がいいかな?

引用:CBK(カブキ)
暖色のブラウスでも、オフショルダーを選べば夏らしさが出ます。ボトムスはデニムのワイドパンツ。夏には欠かせない麦わら帽子も忘れずに…。バッグはあえて大きめの物を。

引用:CBK(カブキ)
さりげなく薄紫のノースリーブワンピースを着るのも素敵。丈はロング丈で。髪をトップでまとめて、サングラスをかければ、もう避暑地にでもいる気分になります。

引用:CBK(カブキ)
淡いブルーのブラウスには、鮮やかなピンクのフレアースカートを合わせてみましょう。太陽の下では鮮やかな色がお似合いです。足元はサンダルじゃなくたって大丈夫。

引用:CBK(カブキ)
定番の白のノースリーブブラウスには、赤の花柄フレアーパンツを合わせてみましょう。歩くたびに風に揺れてとってもさわやかですよ。髪はルーズにまとめてみましょう。

引用:CBK(カブキ)
水色に白の花柄ワンピースは女性らしく素敵ですね。リゾート気分になれるデザインです。ちょっと大胆かな?と思っても、30℃の季節にぜひ挑戦してみてください。

引用:CBK(カブキ)
30℃の季節には、セクシーなファッションでもできちゃいます。Vラインの胸元からは谷間を見せちゃったってOK!ブルーのロングスカートもスリットの入ったものを選んでみて。

引用:CBK(カブキ)
大人の女性は白も似合うけれど、色付きも良く似合う。あえていろんな色を使ってみましょう。紺のブラウスに緑のロングスカート、茶色のヒールを履いてお出かけしてみては?

引用:CBK(カブキ)
白の小さな襟付きブラウスも可愛いですね。袖は肘までまくって。スカートは淡いパープルのフレアースカートを合わせるると清楚な感じに仕上がります。足元はパンプスで。

紫外線対策も必須!帽子やカーディガンをプラスするのも!


引用:CBK(カブキ)
定番の白の上下でも、キャラクターのTシャツを着れば一味違った感じになります。ボトムスはデニムのワイドパンツ。30℃の日差しをよけるのに、カンカン帽を被りましょう。

引用:CBK(カブキ)
紫のグラデーションを使ったファッションも30℃の季節には素敵に映ります。ワイドな袖のブラウスに、濃い目の色のロングスカート。バッグはあえて温かさを感じる素材で。

引用:CBK(カブキ)
濃いグレーのロングワンピースでも、胸元がVラインならスッキリ見えますね。ゆったりとっしたデザインがいいかも。夏の暑い日差しをよけるには、つば広帽がいいかも。

引用:CBK(カブキ)
細かいフリルの付いたブラウスに白のワイドパンツがエレガントに見えます。ノースリーブの肩が日焼けしないように被った大きめの帽子がなお一層に演出してくれています。

引用:CBK(カブキ)
紺のボーダー柄のTシャツをも夏らしいですね。鮮やかな緑のフレアースカートをはいて、足元はスニーカーでカジュアルに。帽子をかぶっただけで、いっきに夏らしさ倍増です。

引用:CBK(カブキ)
小花柄のオールインワンを着て、つば広帽子を被ったら、それだけでリゾート気分になっちゃいますね。難しい柄でも、バッグを大きめのまん丸あみあみ型にすればバランスよくなります。

引用:CBK(カブキ)
何気ないカーキー色のコットンワンピースもノースリーブだと夏気分。腰に白のカーディガンを巻けばお洒落になります。クーラーの効いた場所では、それを羽織って。

引用:CBK(カブキ)
30℃の季節ならTシャツ一枚でもいいけれど、グリーンのカーディガンを肩にかければお洒落にもなるし、クーラー対策にも…。ボトムスはストライプの紺のパンツがいい感じ。

引用:CBK(カブキ)
30℃には白に近い色もお勧め。ベージュのトップスとキナリのボトムスで決めてみましょう。肩には差し色で紺のカーディガンをかけて…。足元はシルバーのパンプスで大人っぽく。