フェスにおすすめコーデ18選!

野外で音楽などのイベントが多数開催される夏は、レジャー感覚で足を運ぶ機会も多いでしょう。全国各地で増えているふぇすの盛り上がりや支持具合は絶大で、若者だけではなく家族連れでの参戦も多くなっています。

今回紹介するフェスへ行く際に相応しいコーデは、暑い季節でも快適に過ごせるような服装がおすすめで、着心地の良さなども重視するのがポイントです。一体どのような着こなしで参加すると良いのでしょうか。

是非参考にすることをおすすめします。

この記事で紹介しているフェスコーデのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16 おすすめコーデ:17 おすすめコーデ:18

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

フェスにおすすめ!アクティブコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

ラフな服装で盛り上がれるフェスでのコーデは、モノトーンの着こなしがおすすめです。派手になり過ぎず着心地が良いワンピースを始め、紫外線対策に欠かせない帽子など、天候への対策をしながらオシャレができるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

花柄のロングワンピースは、フェスでの時間を優雅にさせてくれます。収納力抜群のカゴバッグに必要なものを詰め込んで参加しますと、長時間の野外イベントでも快適に過ごせます。赤をポイントにした着こなしは、会場でも目立つ存在となるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

暑いだけでなく急な雨の心配もある野外でのフェスは、薄手のアウターがあると重宝します。黒で統一した着こなしに指し色となるアウターを着こなしますと、機能性を重視しながらもおしゃれアイテムとして活用されるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

できる限り荷物を少なくして出掛けたいフェスは、小さめのバッグがあれば十分です。Tシャツと靴を赤で統一するなど、おしゃれな着こなしを楽しみながら、ラフにコーデできるジーンズを主役にするファッションは、野外で楽しめる秘策です。

引用:CBK(カブキ)

ロングスカートのワンピースは、長時間外で過すフェスへのお出かけに必須のアイテムです。足元はサンダルにすることで通気性が良くなるでしょう。日焼け対策にはキャップがあると便利で、コーデの指し色として茶色を選ぶと良く似合います。

引用:CBK(カブキ)

フェスで快適に過ごせるジーンズは、ロング丈のワンピースをチュニック風に着こなす際に役立ちます。シンプルなサンダルやキャップも欠かせないアイテムで、色のトーンを統一させることでおしゃれをしながら快適に過ごせるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

オーバーオール風の着こなしは、フェスでの時間を有意義にするでしょう。多くの人が集まる会場でも目立つ個性的なカゴバッグは、ジーンズとの相性が良いのおすすめです。まとめ髪にすることで顔周りもスッキリ見えて、小顔効果を発揮します。

引用:CBK(カブキ)

赤いスニーカーは、フェスで足が疲れないために必要不可欠なファッションアイテムです。シンプルなTシャツやボトムスに合わせてキャップを用いるなど、色のトーンを揃えながらも、会場での時間を楽しむための工夫は欠かせません。

引用:CBK(カブキ)

クリア素材のバッグは、夏らしいファッション小物としておすすめです。足長効果が高いオーバーオール風のボトムスは、Tシャツと同系色にすることで、トータルバランスが整ったフェスに最適なコーデが完成します。

引用:CBK(カブキ)

セットアップ風のデニムアイテムは、ショートパンツですので暑いフェスの会場でも快適に過ごせます。同系色のキャップに良く似合うまとめ髪は、野外イベントでの暑さをしのぐ大きなポイントとなるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ショートブーツに合わせたカジュアルなコーデは、長時間の野外フェスでもリラックスできるファッションです。Tシャツと同系色のショートパンツやバッグは、統一感があるおしゃれな着こなしに仕上がるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

迷彩柄のシャツをアウター代わりにすることで、天候が急変しやすいフェス会場でも安心です。スポーツブランドのロゴが入ったTシャツは、インパクトがあるコーデとしておすすめで、シンプルなボトムスとのバランスも程よく調和します。

引用:CBK(カブキ)

鮮やかなガウチョパンツに合わせる黒のサンダルは、シンプルで履き心地が良いものがフェスへの参加にはおすすめです。大きめのバッグは荷物が増えた時にも安心で、トータルコーディネートを重視した着こなしが思い通りに完成します。

引用:CBK(カブキ)

黒いシンプルなリュックは、大勢の人が集まるフェスで大いに活用されるでしょう。白いスニーカーに合わせたシンプルな着こなしは、誰もが真似しやすくなっています。赤いTシャツは、普段あまり原色を身につけない人でも、フェスの会場なら大胆な服装に挑戦できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

大きなロゴがインパクトを与えるレギンスのデザインを活かすコーデは、フェス会場でも快適に過ごせる白のワンピースがおすすめです。赤いスニーカーは、ロゴのインパクトを更に強調する役割もありますが、野外での疲れを軽減する働きもあります。

引用:CBK(カブキ)

派手なデザインのリュックがおしゃれなフェスコーデには、シンプルなデニムの着こなしがおすすめです。レギンスとスニーカーを黒で揃えるなど、全身のバランスを考えたコーデが良いでしょう。

引用:CBK(カブキ)

シンプルで動きやすい服装は、野外フェスで長時間元気に過ごす秘策です。大きめのリュックに合わせたシックな色合いのコーデは、汚れを気にすることがなく、外での時間を快適にできます。インパクトがある大きなロゴのTシャツは、気分を高めるファッションアイテムとしておすすめです。

引用:CBK(カブキ)

フレアが綺麗な緑のロングスカートに良く似合う白いスニーカーは、野外フェスでの必須アイテムです。大きなロゴがプリントされたTシャツを始め、紫外線対策のサングラスなどを用意しておくことで、会場での時間が楽しくなります。暑さをしのぐためにまとめ髪にしておきますと、小顔効果も期待できるでしょう。