ライブのおすすめコーデ16選!

特別な時間が過ごせるライブ会場では、その日に着ていく洋服を選ぶところから楽しみが始まります。おしゃれをして出かけたい気持ちと動きやすい機能性を求める気持ちが合致するようなコーデは、どのようにして組み合わせると良いのか分からない人も多いはずです。

今回紹介するライブで着るおすすめのコーデを参考にして、より楽しい時間を過ごせる工夫をしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているライブのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

動きやすさ重視!ライブにおすすめのコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

ロング丈にショートパンツを合わせた着こなしは、カジュアルな印象だけではなく、女性らしさも表現できるおすすめのコーデです。足元のスニーカーは、動きやすさを重視するだけではなく、センスが光るものを選びましょう。

引用:CBK(カブキ)

スポーツブランド大きなロゴがインパクトを与えるデザインのTシャツは、ライブ会場でも目立つこと間違いなしでしょう。動きやすいロングスカートは、おしゃれな着こなしをしながら快適に過ごせるファッションアイテムです。

引用:CBK(カブキ)

荷物を少なくしてライブへ行きたい場合は、小さいバッグを使うのがおすすめです。ロングスカート風のガウチョパンツに合わせるのは、着心地が良いシンプルなTシャツで、トータルバランスを重視した着こなしが素早く完成します。

引用:CBK(カブキ)

ライダーズジャケット風の革パンツのショートタイプは、ライブに相応しい足長効果が期待できる靴下とブーツのバランスが重要です。サングラスやリュックも黒で統一することで、カジュアル要素が強いカジュアルコーデが完成します。

引用:CBK(カブキ)

猫の顔が全面にプリントされたTシャツは、ライダーズジャケットを用いたシンプルな装いにインパクトを与えます。黒で統一したライブ向けのファッションは、会場での動きやすさを考えながらおしゃれが楽しめる要素があるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ワイドパンツ風のジーンズのがガウチョパンツは、ピンクのトップスのシャープさとのバランスが絶妙です。サンダルとバッグのトーンを揃えることが重要で、全身のトータルバランスが整った着こなしが完成します。


引用:CBK(カブキ)

ダメージジーンに合わせるトップスは、女性らしいビスチェを用いたものが良く似合います。カジュアルとエレガントが融合したライブ向けのファッションには、おしゃれ度合いが更にアップするニット帽ががおすすめです。

引用:CBK(カブキ)

ロングスカートにシースルー素材のスカートが重ね着されているボトムスは、今どきのおしゃれを楽しみながらライブでの動きやすさを兼ね備えた万能性があります。オレンジのトップスは、会場でも目立つ存在としておすすめのファッションとなります。


引用:CBK(カブキ)

個性的で可愛らしいカゴバッグに合わせるコーデは、スポーツブランドのロゴTシャツとロング丈が綺麗な白いフレアスカートです。スニーカーを履くことでカジュアルな装いを一層引き立てるのは勿論ですが、ライブでの疲労を軽減する効果もあるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

黒のタイトスカートはエレガントな着こなしが想像されるファッションですが、カジュアルなTシャツとの相性も良く、思い通りのトータルコーディネートが完成します。小さめのチェーンバッグがアクセントのコーデは、ライブ以外でも活用できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ジーンズファッションはラフな装いに欠かせないボトムスで、長い時間動き回ることもあるライブへ行く際の服装としても便利で重宝します。個性的なバッグやスニーカーは、トップスの黒に合わせることで統一感が生まれるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ピンクのビスチェ風トップスがアクセントとなる着こなしは、デニム素材のワイドタイプが特徴となるガウチョパンツを合わせてライブコーデに仕上げるのがおすすめです。ショルダータイプのバッグは便利で、大勢の人がいても貴重品を常に身につけることができます。

引用:CBK(カブキ)

緑のパンツスタイルがおしゃれなライブファッションは、カジュアルな着こなしがしやすい個性的なトップスと合わせるのがおすすめです。スニーカーや帽子も黒で揃えて、トップスとのバランスを考えたコーデに仕上げましょう。

引用:CBK(カブキ)

大胆なチェック柄がアクセントとなるタイトスカートは、ワンピース風のデザインがポイントです。シンプスなバッグやキャップとのバランスは、全身をスリムアップして見せる効果が期待できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ピンクのロングスカートに合わせるスタジャンは、カジュアルコーデと女性らしいコーデの融合が実現しますので、ライブへ行く際のファッションとしておすすめです。個性的なクラッチバッグをアクセントにしますと、思い通りの着こなしが完成します。

引用:CBK(カブキ)

肩見せコーデに相応しいジーンズとのバランスは、ワイドパンツ風で下半身にボリュームがありますので、スリムなトップスとの相性が抜群です。個性が光るサンダルは、ライブ会場へ出掛ける際にも際立ちます。