ローファーにおすすめのコーデ20選!

着こなしがおしゃれに決まるポイントは、靴の選び方で大きく変わります。その中でも特におしゃれな着こなしに相応しいローファーは、様々なコーデに合わせやすい万能性があるのが特徴です。

今回紹介するローファーに合わせたファッションは、誰もが真似しやすいものばかりですので、手持ちの洋服と合わせた着こなしができます。上手くローファーが使いこなせずに困っている人は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているローファーコーデのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16 おすすめコーデ:17 おすすめコーデ:18 おすすめコーデ:19 おすすめコーデ:20

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

ブラックのローファーを使ったおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

男性っぽい印象がある黒のローファーですが、モノトーンでおしゃれをかっこよく決める際にとても重宝します。ピンクのアウターで女性らしさを演出することで、二つの表情を楽しめるコーデが完成します。

引用:CBK(カブキ)

鮮やかなピンクのスカートに合わせるローファーは、黒い靴下と揃えることで、足元がまとまった印象になります。トップスの白いブラウスとのバランスも良く、オンでもオフでも活用できる着こなしでしょう。

引用:CBK(カブキ)

細かなプリーツが下半身を綺麗に見せるグレーのロングスカートには、靴下とのバランスが絶妙な黒いローファーがおすすめです。大きめのバッグやベレー帽などの小物でアクセントを与える着こなしは、今すぐ真似できる技となります。

引用:CBK(カブキ)

ボルドーカラーがポイントの着こなしには、厚底でおしゃれなローファーが良く似合います。小柄な人でも背が高く見える厚底のローファーは、1足持っていますと様々なコーデに合わせて活用させられるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ファー付きのデザインで個性的なローファーは、ファーの色に合わせた茶系のファッションとの組み合わせが絶妙です。トップスにはシースルー素材を用いたものを合わせて、アニマル柄のバッグとコーデしやすくする工夫が光ります。

引用:CBK(カブキ)

スカートとの相性が良いローファーは、どんな服装とも合わせやすい黒が良いでしょう。足元を引き締めて見せる効果は勿論ですが、エレガントな装いだけでなく、カジュアルな着こなしにも良く似合う特徴を持っていますので、プリーツスカートとの相性も抜群です。

引用:CBK(カブキ)

厚底タイプのローファーは、カジュアルコーデによく似合います。シンプルなトレーナーとスカートの着こなしでも、足元のおしゃれが完成されていますと、トータルバランスが整ったコーデに仕上がるでしょう。


引用:CBK(カブキ)

ロングスカートに合わせるローファーは、タイツとの組み合わせて下半身を細く長く見せるでしょう。ファー付きのバッグやアウターなどもローファーと同系色にすることで、落ち着いたシックな装いが完成します。

引用:CBK(カブキ)

ジーンズとの相性も良いローファーは、シンプルな靴下と組み合わせることで、洋服だけでなく足元のおしゃれにも気を配れるようになります。トップスとバッグを同系色で揃える統一感があるコーデは、誰もが真似しやすい着こなしです。

引用:CBK(カブキ)

バッグと色を揃えた黒のローファーは、サングラスやタンクトップとも色を合わせることで、まとまりがあるコーデに仕上がります。ジーンズとの相性も良く、全身をスリムアップできる着こなしに大きく貢献するでしょう。

ブラウンのローファーを使ったおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

スリット入りのタイトスカートに良く似合うブラウンのローファーは、コーデの邪魔をしない控えめな存在でありながらも、足元のおしゃれに役立つファッションアイテムとして有効です。

引用:CBK(カブキ)

ボーダー柄のトップスに合わせるカーキ色のボトムスは、全身のバランスが整ったおしゃれコーデの定番となります。ブラウンの絵ローファーと白い靴下の組み合わせは、清楚な印象とカジュアルな雰囲気のどちらも兼ね備えた組み合わせです。

引用:CBK(カブキ)

ワイドタイプのデニムに合わせやすいブラウンのローファーは、一足持っているだけでコーデをおしゃれに演出できます。個性的なバッグや白のトップスとのバランスが良く、誰もが真似しやすいおすすめのコーデが完成です。

引用:CBK(カブキ)

アウター感覚で着こなしができる花柄のワンピースは、スリムタイプのボトムスとの相性がよい、ブラウンのローファーの組み合わせがベストマッチです。ファー仕様の個性的なバッグは、コーデ全体を引き締める働きをします。

引用:CBK(カブキ)

おしゃれな着こなしに欠かせないブラウンのローファーは、厚底タイプのものを持っていますと役立ちます。特にシンプルなボトムスとのバランスに悩んだ場合などは、足元にアクセントを与えることができるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

グレーの靴下との相性が抜群のブラウンのローファーは、ミニスカートファッションとの相性が抜群です。アウターとの丈のバランスによって印象が変わるミニスカートは、シンプルなブラウンのローファーとの組み合わせが絶妙でしょう。

引用:CBK(カブキ)

レギンスとの組み合わせでかっこよさが際立つブラウンのローファーは、黒が多いコーデの指し色としても役立ちます。パーカーのグレーに合わせて靴下も同系色にするなど、おしゃれのセンスが磨ける機会が増えるローファーは、様々な着こなしに活かせるアイテムです。

引用:CBK(カブキ)

真夏のコーデにも役立つブラウンのローファーは、黒のローファーよりも軽やかな印象です。シンプルなトップスとボトムスに合わせる大きなバッグとローファーのコーデは、今すぐ真似できる着こなしとなります。

引用:CBK(カブキ)

大きなカゴバッグに合わせた装いには、足元にも存在感を与えるブラウンのローファーがおすすめです。白とベージュの居sンプルな着こなしに花を添えるブラウンのローファーは、季節を問わず活用できるアイテムでしょう。

引用:CBK(カブキ)

スリムタイプのジーンズに合わせるブラウンのローファーには、大きめのバッグやストライプ柄のブラウスなどのファッションアイテムでコーデを決めるのが良いでしょう。サングラスには小顔効果もあるので、まとめ髪と合わせておすすめのgファッションです。

関連記事

関連記事