おすすめのピクニックコーデ特集20選!

大人になっても楽しめるピクニックは、出掛ける目的だけではなくシチュエーションに合わせたおしゃれができる喜びがあります。今回紹介するピクニックコーデは、様々な着こなし術が学べるようになっています。

ピクニックでの服装選びに活用できるには勿論ですが、普段のファッションスタイルに悩んだ時にも重宝するでしょう。興味がある人は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているピクニックコーデのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16 おすすめコーデ:17 おすすめコーデ:18 おすすめコーデ:19 おすすめコーデ:20

この記事の作成者

R.K.さん【29歳】
元ファッションモデルでアパレル業のおしゃれ大好きR.K.さんがこの記事を作成しています

ピクニックにおすすめなスカートコーデ


引用:CBK(カブキ)

ピクニックコーデに欠かせないかごバッグは、花柄のワンピースやパンプルなど、フェミニンな印象のファッションでも馴染みやすくなっています。防寒着にもなるGジャンは、着こなしのスパイス的な働きをするでしょう。


引用:CBK(カブキ)

白いゴングスカートは、ピクニックの雰囲気に良く似合います。ベレー帽がアクセントとなるシンプルな装いには、動きやすさだけでなく見た目のおしゃれにもこだわってファッションスタイルを確立させましょう。

引用:CBK(カブキ)

スニーカーと靴下の組み合わせに良く似合うピクニックファッションは、黒で揃えたトータルコーディネートがおすすめです。オーバーオール風のサロペットやニット帽は、どんな体形の人でも真似できる着こなしでしょう。

引用:CBK(カブキ)

カゴバッグに合わせたシンプルなワンピースは、ピクニックコーデに相応しい印象があります。白いサンダルはシンプルでも存在感が大きく、腕につけたバンダナが着こなしにアクセントを加えるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

個性的なバッグに合わせるドット柄のワンピースは、見る人に大きなインパクト与える印象的なピクニックコーデです。帽子とGジャンがコーデのアクセントになることから、統一感がる夏らしいファッションスタイルになります。

引用:CBK(カブキ)

個性的なカゴバッグが可愛いピクニックコーデは、インパクトがあるサングラスや花柄のスカートに合わせた着こなしによって、より華やかで誰もが真似しやすいスタイルになっています。

引用:CBK(カブキ)

白い靴下のラインが可愛いカジュアルなスニーカーとのバランスは、ピクニックに相応しいデニムスカートでのコーデが完成します。着る人の体形や年齢を問わずに着こなしができるボーダー柄のカットソーは、何着でも欲しいファッションアイテムです。

引用:CBK(カブキ)

涼しげな印象がピクニックコーデに最適な着こなしは、気になる体形をカバーしながらオシャレができる喜びがあります。暑い日でも屋外での時間が楽しめる麦わら帽子風のハットは必須アイテムで、快適な時間が過ごせるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

バスケットシューズ風のハイカットスニーカーがおしゃれなピクニックコーデは、ふんわりとした優しい雰囲気のワンピースとのバランスがおすすめです。大きなバッグやGジャンとの組み合わせが絶妙で、ハイセンスな着こなしが確立されています。

引用:CBK(カブキ)

バッグや靴の違いで印象が変わるワンピースの着こなしは、行く先やシチュエーションの変化に合わせてピクニックコーデを取り入れるのが良いでしょう。首元がスッキリしたワンピースのデザインを活かして、髪をまとめたヘアスタイルにするのがおすすめです。

ピクニックにおすすめなパンツコーデ


引用:CBK(カブキ)

サロペット風の着こなしがピクニックコーデに良く似合うスタイルは、定番のカゴバッグに白いスニーカーを合わせたシンプルな装いがおすすめです。日差しへの対策を考えた帽子のチョイスは、着こなしにアクセントを加える効果があるでしょう。


引用:CBK(カブキ)

ニット帽で背が高く見える効果があることから、小柄な人におすすめのピクニックコーデとなります。動きやすいスニーカーは定番医あて無で、白いTシャツとの統一感はコーディネートにまとまりを持たせるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

デニム素材のシャツがカジュアルなピクニックコーデに相応しいことから、ロングスカートとのバランスも考えたシンプルな装いがおすすめです。定番となるカゴバッグは大きめがおすすめで、履きやすいサンダルは足の疲労感から解放されるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

寒い季節でも快適に過ごせるGジャンは、ピクニックコーデの防寒対策とおしゃれな装いを兼ね備えた、おすすめのファッションスタイルです。シンプルなスニーカーは動きやすく、中身が見えやすいかごバッグは欠かせない必須アイテムでしょう。

引用:CBK(カブキ)

白のワンピースが綺麗なピクニックコーデは、細身のジーンズを合わせることでチュニック風の着こなしができます。シンプルなデザインのサンダルは、着こなしの邪魔をすることがなく、足元をスッキリと見せる役割が果たされるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

鮮やかなロングシャツが綺麗に着こなしとなるピクニックコーデには、大きなカゴバッグが欠かせません。スリムなシルエットのジーンズとスニーカーのバランスは、スタイルアップに貢献する優れた着こなしとなるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

白いスニーカーに合わせるオーバーオール風のボトムスは、淡い色合いのデザインであることから重たい印象にならないピクニックコーデが完成します。カゴバッグとの相性も良いサロペットスタイルは、柔軟な動きができるカジュアルコーデとなるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

Gジャンの存在で大きく見た目の印象が変わるピクニックコーデは、丸みを帯びた形が可愛いかごバッグに合わせたカジュアルでシンプルな装いがポイントです。レース仕様のトップスは、女性らしい華やかな雰囲気を醸し出せるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

オレンジのトップスに合わせてバッグにも統一感を持たせるバランスコーデは、ピクニックに良く似合うおすすめの装いとなります。屋外での活動が負担にならないパンツスタイルは、細身のシルエットにすることで下半身をスッキリと見せる効果が期待できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ウエストのベルト部分が特長的なパンツスタイルは、体形カバーにも役立るロング丈のシャツがポイントのピクニックコーデとなります。白のパンプスは足元を綺麗に見せる働きがあると共に、着こなし全体をまとめる統一感があるのでおすすめです。