MCTオイルのダイエット効果は?ダイエット法も紹介します

最近着目されているダイエットがmtcオイルダイエットです。中鎖脂肪酸100パーセントオイルを使い痩せやすい体質になることができますし、蓄積した脂肪を燃焼することもできます。しかしながら、副作用があったりやり方を間違えるとかえって太ることもあります。きちんとしたやり方を抑えましょう。

MCTオイルの特徴は?

中鎖脂肪酸は糖質の代わりにエネルギーになる


今話題のmctオイルとは、中鎖脂肪酸100パーセントのオイルであり MCTはMedium Chain Triglyceridesの頭文字をとってそう呼ばれています。中鎖脂肪酸とは、炭素の結合が8から12個以下のオイルを指し、主な働きとしては糖質にかわってエネルギーとなることが挙げられます。そのため、体内に脂肪として蓄積するどころか、体内に蓄積した脂肪をエネルギーとして放出する役割を担うと、今注目されています。

中鎖脂肪酸が含まれる代表的なオイルはココナッツオイル

中鎖脂肪酸は、ココナッツやパームフルーツなどヤシ科の植物の種子の核部分に含まれている天然成分から作り出したものです。ココナッツオイルは、中鎖脂肪酸が60パーセント含まれており残りは長鎖脂肪酸なのですが、mctオイルは、100パーセント中鎖脂肪酸となるよう作られています。mctオイルの代表的なものはココナッツオイルであり、一般的にmctオイルというとココナッツオイルから作られたものを指すことが多いです。

MCTオイルダイエットで期待される効果

空腹を感じにくくなる


実は、タンパク質や脂質には満腹中枢を刺激する物質が含まれています。研究によるとこれらの物質を効率的に摂取すると食べ過ぎになりにくいのです。なかでも、mctオイルは他の植物性油脂と比べて良質であり、満腹中枢への作用が強いとされています。そのため、mctオイルを少し摂取するだけで、普段よりも満腹中枢がはたらき食欲を抑えてくれます。それだけでなく、脳を活性化してくれたり認知症予防になると言ったはたらきもあります。

ケトン体質(痩せやすい体質)になる

Mctオイルダイエットは、糖質制限と合わせて行います。一般的にヒトは、糖質をエネルギーに変えることで代謝を行います。糖質が少なくなると身体が飢餓状態となることを防ぐために、蓄積された脂質の中からケトン体を作り出します。そのため、蓄積した脂質をケトン体を作り出して分解することで、今ある体脂肪にも効率的に働きます。また、ケトン体を作り出すということは、それだけ痩せやすい体質になることです。

筋肉を落とさずに脂肪だけを落とすことができる

一般的な食事制限ダイエットですと、筋肉から先に落ちてしまって体重は減っているもののスタイルは締まりがなくなる、こんなことがよくあります。しかしながらmctオイルには、筋肉を落とさず脂肪だけを落とすことができる大事な働きがあります。タンパク質とともに摂取するとよいでしょう。

腸内環境を整えて便秘を解消できる


一般的に油は、良質なものでなければ悪玉コレステロールの増加につながったり悪玉菌の原因となります。そのため、腸内環境が良くならず便秘などのトラブルを引き起こしがちです。ダイエット中だからと言って油を抜いてしまうのも、腸内環境が悪化し、うまく老廃物が便として排出されません。しかしながらmctオイルのような良質な植物性油脂であれば、腸内の善玉菌を増加させ腸内環境を整えることができます。そのためダイエット中の便秘や肌荒れ、イライラが防げます。

MCTオイルを摂取する方法

一日の摂取量の目安は大さじ1~2杯程度

どのようなダイエットにも正しいやり方があるように、mctオイルダイエットにも摂取目安量や正しい摂取方法があります。たくさん摂取するとよいものではなく、mctオイルの基本的な摂取目安量としては、一日あたり大さじ1杯から2杯程度です。この目安を超えてたくさん摂取してしまうと下痢や腹痛を引き起こすことがありますので注意が必要です。

コーヒーや豆乳などに混ぜると飲みやすい

ココナッツオイルは独特の風味があり、苦手だという二本時は多いです。しかしながらmctオイルはココナッツオイルから作られてはいますが無味無臭でどんな料理にもあいます。もともとmctオイルダイエットが「バターコーヒーダイエット」として注目されていたことから、コーヒーにはよく合います。毎日コーヒーにmtcオイルを混ぜるだけですので手軽に始められます。また、ダイエット中に摂取してほしい物質として炭水化物が挙げられますが、豆乳に入れると飲みやすいだけでなくタンパク質も摂取できますのでお勧めです。

サラダのドレッシングにするのもおすすめ


mtcオイルは、料理などに普通の油と同じように使用できます。むしろmtcオイルダイエットをしているときは使用する油もエキストラバージンオリーブオイルなど良質なものに変えるほうがのぞましいくらいです。しかし、mtcオイルはサラダオイルよりも低温で煙が出るため、加熱調理には向いていません。料理に取り入れるのでしたら、ドレッシング感覚でサラダやパスタにかけるのがおすすめです。サラダは低カロリーですし、ダイエット中に必要不可欠なビタミンやミネラルも摂取できるからです。

ヨーグルトやスムージーに入れるのもおすすめ

ヨーグルト

mtcオイルを摂取するのには、朝食が良いというデータもあります。なんでもダイエット効果のほかに脳を活性化させる効果もありますし、何より満腹中枢が刺激されて空腹感を抑えてくれるからです。その時におすすめできるのがヨーグルトにmtcオイルを入れるという摂取方法です。200グラムのヨーグルトにmtcオイルを大さじ1くらい混ぜてそれを朝食代わりにするとカロリーをセーブしながらも満足感を得られるからです。ヨーグルトを選ぶ際は、カロリーオフのものや無糖のものを選ぶとカロリーセーブもできます。ビタミンやミネラルを効率的に摂取するのであれば、スムージーに混ぜるのもおすすめです。

MCTオイルダイエットの副作用や注意点

摂りすぎると胸焼けや下痢を起こす

mtcオイルは、消化吸収が早いオイルではありますが、摂り過ぎると消化器官に負担をかけることがあります。これは、mtcオイルダイエットに限らず、ココナッツオイルなど一般的にオイルを使ったダイエットすべてに当てはまる副作用です。もともと胃腸が弱い人がこのダイエットに挑戦したり、早く成果を出したいからと適量以上のmtcオイルを摂取すると、下痢や腹痛を引き起こすことがあります。そのため、胃腸が弱いという人はまずは一滴から始めてみるとよいでしょう。

一日の食事の摂取カロリー計算は必ず行うこと


いくらmtcオイルはダイエットに効果的、といってももともと脂質なので何もしないと太りやすいのも事実です。mtcオイル大さじ1で約9キロカロリーものカロリーがあり、コーヒーに入れるとそれだけで330キロカロリーを摂取することになります。そのため、何も考えずにmtcオイルだけを摂取すると太ってしまいますので、mtcオイルを入れたうえでカロリー計算をしてダイエットすることが必要です。特にmtcオイルダイエットをしているときは、糖質の摂取は避けましょう。ケトン体を作り出して脂肪を燃焼するのがmtcオイルダイエットですが糖質を一緒に摂取していると、その糖質が優先して消費されるのでケトン体を作りだすことができず効果がないうえ、mtcオイルそのもののカロリーを過剰摂取したことになるからです。

まとめ

mtcオイルとは中鎖脂肪酸であり、糖質の代わりに新たなエネルギー源として着目されています。中鎖脂肪酸が含まれるオイルはココナッツオイルで、mtcオイルは100パーセント中鎖脂肪酸オイルを指します。期待される効果としては、ケトン体を作り出して痩せやすくなる、筋肉を落とさず蓄積した脂肪を落とすことができる、満腹中枢を刺激して空腹感を抑制する、などといったことです。一日の摂取量大さじ1杯から2杯を基準として、コーヒーに入れたり、ヨーグルトに入れたり、サラダにかけたりと加熱調理以外に使えます。注意点としては、脂質であり太りやすいのでカロリー計算をする、一緒に糖質制限もする、そして摂り過ぎると胸やけや下痢を起こすことです。