彼氏ができない原因は?非モテ女性にありがちな恋愛のこだわり

恋愛における「自分ルール」はありますか?

出会いの数自体は多く、男性から誘われる頻度も高い方なのに、なかなか彼氏ができない…。

そんな女性には、絶対に譲れない「自分ルール」があることが多いんです。

自分で決めたルールにがんじがらめになって、せっかくのチャンスを逃してしまうのはもったいありません!

さて、非モテの原因になってしまう「恋愛に対するこだわり」とは、一体どのようなものなのでしょうか?

相手に求めるものが多すぎる

相手の男性に対して求めるものが多すぎる女性は、理想の相手でない限り男性の誘いを受け入れることができません。

このタイプの女性は自分の理想の高さに気が付いておらず、あくまでも「普通の人でいいのに、なんで周りにいい人がいないんだろう…。」という感覚でいます。

そんな女性に理想の男性の条件を挙げてもらうと、「いやそれ普通じゃないから!」と突っ込みたくなるような条件ばかりだったりして…!?

「この職業じゃないといや」「年上じゃないと無理」「経済力のある人じゃないと付き合えない」などなど、相手に対する希望が次々に思い浮かぶ女性は要注意です!

何が何でも一人の時間を確保したい

「付き合い始めても、絶対に一人の時間を確保したい!」と頑なな態度の女性も、男性を遠ざけてしまいます。

「今日は一人でいたいから」と言って納得してくれる相手なら良いのですが、中には「俺と会うのが苦痛なのかな…。」なんて勘違いをしてしまう男性もいることでしょう。

ショッピングは一人でしたい、週末のどちらかは一人で過ごしたい、平日の夜は家に帰って一人でのんびりしたい…。

このような自分の理想の生活リズムがあったとしても、たまには付き合っている相手に合わせることも重要ですよ!

「男はこうあるべき」という固定概念が強い

非モテ女性は、男性に対して「こうあるべき」という固定概念が強い傾向にあります。

「デートは男性が奢るべき」「誕生日はサプライズをするべき」「連絡は毎日とるべき」「告白は男性からするべき」

このようなイメージを強く持っている女性は、相手の男性がイメージとは違う行動をとった瞬間、一気に気持ちが冷めてしまいます。

自分にとってのスタンダードが、必ずしも相手のスタンダードではないことを理解していないと、円満にお付き合いをしていくのは難しいかもしれませんね。

隠し事は一つも許せない

お互いに隠し事は一つもない状態にしたい!という理想がある女性も、男性から敬遠される傾向にあります。

ひっきりなしに「今何してる?」というラインを送ったり、彼の交友関係を把握しようとしたり、元カノや周りの女友達のことを根掘り葉掘り聞き出したり…。

付き合う前からこの調子だと、男性に「付き合い出したらいよいよ束縛される!」という危機感を抱かせてしまいます。

みなさんもご存知のとおり「追いかけるほど相手は逃げていく」というのが恋愛の基本なので、意中の相手との距離を詰めるときは、とにかく慎重にいきましょう!

そのこだわりを緩めれば、すぐに彼氏ができるかも?

恋愛に対し「こうだったらいいな」という理想があること自体は悪いことではありませんが、度を超えた理想は逆に恋愛を遠ざけてしまいます。

あなたの強い期待が相手の男性に伝わることで、「この子と付き合うと大変そうだな」と引かせてしまうかもしれません。

自分のこだわりを守りすぎるがあまりに、せっかくの出会いのチャンスを逃してしまうのはもったいないですよね。

こだわりを捨てて!とは言いませんが、せめてその自分ルールを少しだけ緩めてみてはいかがでしょうか。

自分ルールにとらわれすぎずに男性と接することで「あれ?意外とこういう男性も素敵かも?」と、自分の中の理想の男性像が変わるきっかけになるかもしれませんよ♩