枝分かれた感情線が意味することとは?枝分かれの状態ごとに解説!

感情線は、その名の通り感情や心に関連した手相となっています。気持ちがどうも不安定、逆に普段以上に満たされている、そんなときは感情線の状態に注目してみると良いでしょう。

また特にポイントとなるのが、感情線が二股に枝分かれしているケースです。より深い意味合いをもつので、要注目です。感情線の特徴、そして二股に枝分かれしているタイプの傾向についてまとめました。

感情線とは

感情線は、手のひら小指側から親指の付け根と人差し指の付け根の間あたりに向かって伸びる、はっきりとした線です。その人の感情や性格、さらには恋愛傾向を読む上でも効果的な相であるため、女性誌の特集で注目されることも多い線でしょう。線が比較的濃いので、初心者でも状態をチェックしやすいのが特徴です。

感情線が上り気味だと愛情の安定感がある

感情線が上がり気味に走っている人は、安定した愛情を備えていることが考えられます。あなたが良かれと思っておこなう愛ある行動は、きっと周囲や相手から印象良く映っていることでしょう。また安定しているので、自身としても気持ちが楽です。理想的な状態に他なりません。

感情線が下がり気味だと愛情が重過ぎる場合がある

上がり気味の感情線が良好な意味をもつことから察せるかもしれませんが、逆に下がり気味の場合は愛情がうまく機能していないことも考えられます。もちろん、愛情深いことは良いことですが、相手や周囲からすると少し重たく見えているかもしれません。先端が下がっている、もしくは全体的に下がり気味である、そんなときは客観視して自分のふるまいを見つめ直しましょう。

感情線は枝分かれしていることもある

基本的に、感情線は一本の線です。ですが人によって、枝分かれしているようなタイプも存在します。これは、ただの偶然でもありません。事実、感情に関する運気に特徴的な動きが生じていることも考えられます。性格を考察したり、前後の運勢を考えたりする意味でも重要です。枝分かれしていない人以上に、注目すべき状態でしょう。

感情線が枝分かれた手相に言えること

周りへの気遣いができる

感情線が枝分かれしている状況は、ストレートに意味がパワーアップしていると捉えて良いでしょう。つまり、感覚が鋭い、感情的であるといった具合です。良い意味にも悪い意味にも働く状態ですが、いずれにおいても感覚が豊かであることに変わりはありません。

特徴としては、たとえば周りへの気遣いがあります。鋭い感覚によって相手や周囲の気持ちを察することができるため、思いやりの心をもてるでしょう。空気を読むことを良しとする日本においては、とても重宝される性格ではないでしょうか。

愛情の深い人

カップル 手

感情線は、愛情の線とも言い換えられます。そしてそんな感情線が枝分かれして増えているわけですから、愛情もより深くなるでしょう。異性に対してはもちろん、同性の友達、さらには動植物にもやさしく接することができます。分けた愛は、自分にも返ってくるわけですから、愛に包まれた豊かな人生を送れるでしょう。

世話好き

これも、愛情が深いことに影響している特徴といえるでしょう。人を愛する、思いやる心に伴い、相手や周囲により良くあってもらおうと、お世話をしたがります。もちろんこれは作業としてこなしているのではなく、奉仕の精神に他なりません。世話を受けたものには喜ばれますし、また実践したという自信や有意義な達成感に包まれるでしょう。

感情線が二股に枝分かれした手相とは

二股に分かれた先端が両方上向き:明瞭活発な前向き思考ができる

前述の説明からも窺える通り、感情線は上向きの場合はポジティブ、そして下向きのものはやや難があると捉えられます。そんな傾向を踏まえ、二股に分かれた感情線の意味を考えていきましょう。

二股に分かれた先端が両方とも上に向いているものは、とても良い傾向にあるといえます。裏表のない明瞭な感覚のもと、前向きな考え方ができるでしょう。活発で明るい姿は、周囲からも好感をもたれること必至です。

二股に分かれた先端の片方が下向き:外見と性格のギャップがあり

分かれた先端がそれぞれ逆方向を向いているものは、2種類の性格をあわせ持っているような状態が考えられます。一方は横、もしくは上向き、だけどもう一方は下向きである場合、外見と内面のギャップがあるかもしれません。他人にこのタイプの感情線が確認できたら、少し接し方に気を付けるべきかもしれません。

感情線からの二股線が知能線につく:熱しやすく冷めやすいタイプ

手のひら小指側から伸びる濃い線である感情線のほかに、もう一方手のひらを横切るような線がみられます。親指側から横向きに伸びる知能線です。感情線の下に位置しているのが通常です。

感情線が枝分かれし、さらにこの知能線と接触している人は、熱しやすく冷めやすいタイプであることが予想できます。豊かな感情と、冷静な計算にできる知能面をあわせ持った人といえるでしょう。

二股の線が下降して金星丘まで達する:失恋の予感

金星丘とは、親指の付け根に広がる丘のことです。金星丘には、愛や美、性的魅力といった意味合いがあるため、恋愛に関連した運気を見る上で重宝します。

ですが、枝分かれした感情線が下向きに伸びて金星丘まで伸びているとなれば、少々心配です。なぜなら、失恋のサインでもあるかもしれないためです。パートナーの気持ちを再度見つめ直して、接し方を変えた方が良いかもしれません。

二股の線が下降して生命線を突き抜く:過去のトラウマに悩みあり

生命線は、知能線の付け根からカーブしながら下方向に延びる線です。生命線は、確かに命を司る線です。ですがそれ以上に重要なのは、人生に関連しているという点でしょう。それこそ、線を辿ることで各年代における運勢を占えるほどです。枝分かれした感情線の一部がここを突き抜くと、過去のトラウマを抱えていることが考えられます。

感情線が三股・たくさんの小枝などに枝分かれした場合

感情線の先端がフォークみたいに三股:周りの空気が読める

感情線の枝分かれはかならず2方向とは限りません。実は、三股、さらにはそれ以上となる場合もあります。もちろんこの場合も、それぞれ特徴的な意味をもちます。

まず、フォークのような三股形状になっているケースです。この場合、感覚の鋭さにさらに磨きがかかるため、空気を読む力が高まります。組織やイベントにおいて、重要な役割を果たせるかもしれません。

感情線から沢山の小枝が上向きに出ている:上昇志向

感情線に、よく目をこらしてください。もしかすると、横に延びる線の上に、たくさんの小枝が確認できるかもしれません。これが上向きになっていると、上昇志向の強さが窺えます。目標を高く設定することで、大きな成果が得られるかもしれません。

感情線から沢山の小枝が下向きに出ている:八方美人の傾向あり

たくさんの小枝が、下向きに出ている場合は、やはり少々マイナスな意味になります。この場合、誰かれによく思ってもらおうという思考が働くため、八方美人に思われているかもしれません。とはいえ、それはある意味世渡り上手や接し方のうまさとも言い換えられます。一概にネガティブな手相ともいいきれません。

感情線が二本ある:強い精神力の持ち主

枝分かれどころか、そもそも感情線が二本形成されているケースです。これは、手相用語で二重感情線ともいわれています。強い精神力をもった人に現れやすく、多少の困難にも動じません。責任感や高いバイタリティが窺えることでしょう。

感情線に島模様がある:対人トラブルの予感

感情線の中ほどに、丸い島ができていたら要注意です。島は凶兆を表すので、マイナスな状況が考えられます。感情線においては、対人トラブルの予兆であることが予想されます。人間関係には気を付けた方が良いでしょう。

感情線に魚紋がある:人間関係に吉報あるかも

島と反対に、良いサインとして有名なのが、この魚紋です。枝分かれした線が再度結びつき、さらに交差することで生じる魚のような相のことです。人間関係で何か良いことが起こるかもしれません。

まとめ

金運や仕事運も大事ですが、結局人の充実感を決めるのは感覚の面に他なりません。そのため、感覚面に影響する感情線もまた重要です。

特に二股になっているものは、特徴的な意味を成すケースが多いので注目すべきでしょう。枝分かれしたときに意味を理解して、心のバランスをとる上で役立ててみてください。