一言多い人と言われていない?セルフチェック診断と改善策

なんでも一言多い人というのがいますが、このような方は嫌われてしまうでしょう。こちらでは、自分がそのタイプに当てはまるかセルフチェックするための方法や改善策について紹介しています。参考にしてみてください。

一言多い人はどのように思われている?

そもそも、一言多い人というのは周りからどのように思われてしまうのでしょうか。一言多い人の特徴について教えましょう。

一緒にいるとイライラする


一言多い人と一緒にいると、とてもイライラしてしまうでしょう。その一言を言う必要がないのに言ってしまうため、それに腹が立ってしまうのです。どうしてそんなことを言うのか不思議だと感じる人もいるでしょう。とてもデリカシーのない人と思われてしまい、嫌われることが多いです。

二人ならよいが友達は紹介できない

もちろん一言多い人であっても、友達はいるものです。そのような人を許すという方もいるでしょう。本人に悪気があまりないため、割り切っていることもあるからです。

しかし、そのような場合であっても、一言多い人と友達になりたくないと感じる人もいます。そのため、他の友達には紹介できないと考えている方は多いでしょう。

失礼な人間

一言多い人というのは、言わなくても良いことを言ってしまいます。大抵の場合は、その内容はマイナスのことです。相手が気にしていることや、みんながあえて無視していることをつい言ってしまうのです。そのため、失礼な人と思われやすいでしょう。

「一言多い人」セルフチェック

一言多い人というのは、自分がそのような状態になっていることに気がついていないことが多いです。こちらでは、自分が一言多いのか判断するためのセルフチェックを用意しました。確認してみてください。

プライドが高いと言われる


まずプライドの高い人は、余計な一言をつい言ってしまう場合が多いでしょう。それが、余計な一言であると気づいていないことも多いのです。

プライドが高い方というのは、周りよりも自分の方が凄いと思いたがります。そのため、自分の自慢をし、自己弁護を図るために、余計なことを言ってしまう場合が少なくありません。これにより、周りの人が不快に感じてしまうのです。

周りの人から認めてもらいたい

周りの人からしっかりと評価されたいという気持ちが強い方もいます。このような方は、つい余計なことを言ってしまうことがあります。

自分が蔑ろにされていると感じてしまうと、自分のことにもっと注目して欲しい、もっと褒めて欲しいと思って余計なことを口にしてしまうのです。

ついマウンティングしたくなる

最近、マウンティングという行為が注目されています。これは、相手を押さえつけるような言動や行動をしてしまうことです。

たとえば、相手を馬鹿にしたり挑発したりするといったことが当てはまります。このようなマウンティングをしたくなるタイプの方は、余計なことを言ってしまいやすいです。そうすることで、相手が自分よりも下であることを周りに知らしめたいと思ってしまいます。

すぐ調子にのってしまう


調子にのってしまうタイプの方も、注意が必要です。周りからおだてられてすぐに良い気分になってしまい、自分は何をしても許されているのだと考えてしまうことがあります。そのため、つい言わなくても良いことを言ってしまう場合が多いのです。

自分が言った内容が、相手を傷つけてしまうとはあまり思っていません。自分の発言に気を付けるようにしましょう。

空気を読むのが苦手

周りの空気を読むことが苦手な方がいます。このような方は、場にそぐわないことを平気で言ってしまいます。それが、空気を乱すようなことだとは考えていません。悪気のないタイプといえるでしょう。

人付き合いが苦手

そもそも余計なことをつい言ってしまうタイプの方というのは、人付き合いがあまり得意ではないでしょう。人付き合いが苦手だからこそ、相手の神経を逆なでしてしまうことや、言ってはいけないことでもどんどん発言してしまうのです。

それが悪いことだとは思っておらず、気にしていないのでしょう。

人の話を聞かない


他人の話をあまり聞かない方がいます。このような方は、他人にあまり関心を持っていないため、一言多いタイプになりやすいです。他人の話だけでなく、気持ちについてもあまり深く考えておらず、余計なことを気づかずに言ってしまいます。

寂しがり屋

寂しがり屋であり、周りの人にもっと構って欲しい、注目して欲しいと考えている方がいます。このような方は一言多いことがあります。

ただし、余計なことを言っているのは自覚的しており、言うことによって注目してもらおうとしているのです。注目されたいために、本来は言ってはいけないことも口に出してしまうのです。

怒りっぽい

すぐに怒ってしまう方も余計なことを言う可能性があります。自分の感情を優先させてしまうからです。そのため、何か言いたいことがあると、すぐに口にしてしまいます。

自分の発言によって周りの空気を悪くなったり、相手を傷つけたりすることになっても構わないのです。自分の感情の方が一番大事なのです。

人を褒めるのが苦手


他人を褒めるのが苦手な方がいます。どうにかして相手を褒めようと思うのですが、その言葉が見つからずに、つい素直な言葉を口にしてしまいます。それが相手が気にしている部分であることが多く、結果的に余計なことを言ってしまうのです。

無神経と言われる

周りから無神経な人だと思われている方がいます。ただし、本人は気がついていないケースがあります。あなたは周りから無神経だと指摘されることが多い場合、つい余計なことを言っているかもしれないと考えてみましょう。

完璧主義な所がある

完璧主義な方がいます。このような方は一言多いケースがよくあります。他人のやっていることにも口出ししたがり、完璧でないと許せなくなってしまうのです。
自分には一切責任の及ばないようなことであっても、つい余計なことを言ってしまいます。

一言多い人にならないための改善策

一言多い人になりたくないためには、どうすれば良いのでしょうか。こちらでは具体的な改善策について紹介しましょう。

言葉を発する前に一度確認する

女性 会話

まず、何か言葉を発する際には、その内容について一度確認をしてください。本当にその言葉を口にしても良いのか、それによって相手を傷つけてしまう可能性はないのかをよく考えましょう。

自分の言葉によって、余計なトラブルが起きてしまうかもしれないからです。相手のことを考えながら話すようにしましょう。意識することにより、問題が起きるのを避けることができるはずです。

多くを語らないようにする

あまり多く語らないようにしましょう。一度にたくさんのことを話したがる方がいます。しかし、話す量が増えるということは、それだけ余計なことを言ってしまうリスクが高くなってしまいます。

そのため、必要最小限のことだけを口にするようにしてください。相手を傷つけたり、気分を悪くさせたりするような発言をする可能性が減ります。できるだけ必要なことのみ話すようにしましょう。

丁寧な言葉使いを意識する


そもそも一言多い人というのは、言葉遣いが悪いことが多いです。きちんとした礼儀をわきまえている方は、余計なことは言わないものです。そのため、普段の会話の中でできるだけ丁寧な言葉遣いを心がけるようにしましょう。

礼儀を重視して、相手に失礼があってはいけないと考えるべきです。きちんと敬語を使うようにし、丁寧で上品な言葉遣いを心がけるようにしましょう。

まとめ

つい余計なことを言ってしまう方がいますが、そのような方は嫌われてしまったり、失礼な人だと思われたりしやすいでしょう。また、その発言によってトラブルに発展してしまうこともあります。もしかしたら、あなたもそう思われている可能性もあります。こちらを参考にしてセルフチェックしてみましょう。心当たりがある方は、普段の自分を見直し、改善するようにしましょう。