ヘラヘラしていると言われるあなたに!自己診断とヘラヘラ癖を直す方法

よく周りからヘラヘラしていると言われる方がいるかもしれません。ヘラヘラしている方におすすめの自己診断の方法やヘラヘラする癖を直すための方法を教えましょう。

ヘラヘラしているあなたはこう見られている!

ヘラヘラしている方は、周りからどのように見られてしまうのでしょうか。ヘラヘラしている方のデメリットといえる点について教えましょう。

真剣さが伝わらない


ヘラヘラしている方は、相手に真剣さがあまり伝わらないでしょう。真剣に物事を考えていないと思われてしまうのです。これは大きなデメリットといえるでしょう。

たとえ本人は真面目にしているつもりだったとしても、真剣さが伝わらないために苦労してしまいます。正当な評価を受けることができないというケースもあるため、気をつけましょう。

周りの人を必要以上に苛立たせてしまう

いつもヘラヘラしている方は、周りを苛立たせてしまうことがあります。場をわきまえずにヘラヘラしてしまうからです。

本来であれば、真面目な顔をしていなければいけないタイミングでも、ヘラヘラしてしまう方がいます。これは必要以上に周りの人に刺激を与えてしまうことがあり、イライラさせてしまったり、怒らせたりすることもあるでしょう。

人の気持ちがわからない人だと思われる

場所や雰囲気に関係なく、ヘラヘラした表情でいることがあります。そのため、周りから人の気持ちが分からない人だと判断されてしまいます。

実際に周りの空気を読めるような人だったとしても、ヘラヘラしてしまう表情を直さないと、無神経な人というイメージを拭いきれないでしょう。

ヘラヘラしている人のための自己診断

ヘラヘラしているかどうか、自分では分からないという方がいるかもしれません。ヘラヘラしていることの自己診断をするための方法を教えましょう。

誰にも嫌われたくない


周りの誰からも嫌われたくないと考えている方がいます。このように考えている方は、ヘラヘラしてしまうことが多いでしょう。笑顔でいれば周りから嫌われることはないと思っているからです。

必要以上に嫌われたくないという気持ちが強くなってしまっているため、場所や時間を考えずにヘラヘラした表情を作ってしまい失敗してしまうのです。

相手に気を遣いすぎている

ヘラヘラしている方は、逆に相手に対する気遣いが強すぎるケースがあります。相手を不快にさせたくない、失礼なことはしたくないという気持ちがあまりにも強いため、常にヘラヘラしてしまうのです。

悪気はないのですが、その様子が相手を苛立たせてしまう原因にもなることもあります。

「格下だな」と思う相手と話すことがある

相手のことを格下だと思っている可能性があります。そのような相手と話をするときに、相手に対しての気持ちから、ヘラヘラしてしまうことがあるでしょう。相手のことを馬鹿にしており、格下だと思うからこそヘラヘラした表情になってしまうのです。

真面目であることはかっこ悪いと思っている


真面目であることを馬鹿にしていたり、かっこ悪いと思ってたりしていないでしょうか。このような方は、真面目な表情でいることを嫌っていることがあります。

かっこ良いと思われるために、常に余裕ぶってヘラヘラしています。その様子が、周りからかっこ悪いと思われていることに気がついていないのです。

その場の話題に興味が持てないことがある

他人の話にあまり興味を持てないという方がいます。このような方も、相手の話を真面目に聞くことができないため、つい表情がゆるんでしまうのです。他人の話を集中して聞くことができない方は、注意しましょう。

叱られるのが苦手

他人から叱られてしまうことを嫌っている人がいます。このような方というのはヘラヘラしやすいでしょう。

子どもの頃から叱られることが嫌いであり、それを避けるために笑顔を絶やさないようにしているのです。そのため、大人になってもその癖が抜けず、ついヘラヘラしてしまうことが多いのです。

真剣に物事を考えるのが得意ではない


物事を真剣に考えていないという方は、ヘラヘラしやすいでしょう。何事に対しても真剣に取り組むことができないのです。昔から真剣に考えるのが得意でない方は、ヘラヘラしてしまうかもしれません。真剣に取り組んでいるときというのは、顔は真面目な表情になるはずです。

ヘラヘラしているのを直す方法

ヘラヘラしてしまう癖を直すことができなくて困っている方がいるかもしれません。それを直すための方法について解説しましょう。

その場の空気を読むように努力する

まずできるだけその場の空気をしっかりと読むことを心がけましょう。空気を読むことができるようになれば、場違いにヘラヘラしてしまうことはなくなるはずです。もちろん、ヘラヘラしても良い空気のときもあるのですが、それをきちんと読めるようになりましょう。

ヘラヘラしやすい性格であることを自覚する

すぐにヘラヘラしてしまう方というのは、もともと性格的にヘラヘラしやすい方なのです。自分がそのような性格であることをしっかりと自覚しましょう。

自覚することによって、自分がヘラヘラしていることを意識するようになり、それを直すように努力に繋がります。

鏡で重い空気の時に適した表情を練習する


鏡で表情の練習をしてみましょう。ヘラヘラしてしまう方というのは、そもそもどういう表情をしていれば良いのかを理解していないケースが多いです。

そこで、重たい空気のときには、一体どのような表情をすれば良いのかを考えてみましょう。鏡で自分の表情をチェックすることによって、表情の練習をすることができるため、改善されるでしょう。

過去にヘラヘラしていて失敗したことを思い出す

よくヘラヘラしている方というのは、それによって失敗した経験がある方も多いでしょう。失敗した出来事を思い出すことによって、もう二度とヘラヘラしないと意識することができます。

嫌な経験をすることによって、自然と避けるようになるのです。ヘラヘラしてはいけないと意識できるようになりましょう。

相手の顔色を必要以上に気にしない

相手の顔色を必要以上に気にしてしまう方というのは、ヘラヘラしてしまうことが多いです。そのため、相手の顔色をあまり気にしないようにしましょう。

相手がどのような気持ちになっていたとしても、それは自分には影響しないと考えるようにしましょう。ある程度は気にする必要があるのですが、気にしすぎてはいけません。

周りの人の表情を真似する


ヘラヘラしていない人の表情を参考にすることをおすすめします。あなたの周りにいる人達の表情をよく観察してみて、それを真似してみて、ふさわしい表情かどうかを考えるのです。

周りの人を参考にすることによって、ヘラヘラする以外の表情を作れるようになるでしょう。お手本が身近なところに存在するのはとても良いことです。鏡の前で周りの人の表情を練習し、自分のものにしましょう。

言葉数を少なくしボロがでないようにする

ヘラヘラしてしまう方というのは、話していてボロがでてしまうことがあります。表情だけではなくて、話す内容が一言多くなり、その場にふさわしくないものであることが多いのです。

このような場合は、できるだけ言葉数を少なくしましょう。そうすればいつもヘラヘラしているというイメージを払拭することができるでしょう。悪いイメージがついてしまっていると、信用されなくなります。

まとめ

人は表情によって相手のことを判断してしまう生き物です。笑顔でいることは悪いことではないのですが、いつも笑顔でいるとヘラヘラしていると思われるでしょう。その場の空気に合わない表情をしてしまうと、逆効果になってしまうこともあるため、気をつけるべきです。心当たりがある方はこちらを参考にして、直す努力をしましょう。