顎を触る人の心理状態8パターン!性格の傾向と仲良くなる方法

つい顎を触ってしまうという方がいます。これは、一体どのような心理があらわれているのでしょうか。その心理状態のパターンと性格のほか、仲良くなるための方法について解説しましょう。

顎を触る人の8つの心理状態

つい顎を触るという人がいます。これは、さまざまな心理状態があらわれていると考えることができます。顎を触る人の心理について教えましょう。

自分に自信を持っている


まず、自分に対して自信を持っている方が多いです。自信家であり、顎を触ることによって余裕があることを見せようとしています。自信満々な顔で顎を触っているのであれば、その人は自分に相当自信を持っていることが分かるでしょう。

何か問題があったとしても、それに余裕で対処することができるとアピールしていると考えられています。

他人よりも上でありたい

相手よりも自分の方が優位な立場にあることを示そうとして、顎を触るというケースがあります。他人よりも自分が常に上でありたいと考えているのです。

顎を触る人というのは、それだけで余裕のあるように見え、どこか偉そうにも見えるでしょう。相手に対して顎を触りながら接することによって、自分の方が偉いと思わせようとしていることがあるのです。

動揺している

顎に手をやるというのは動揺している可能性があります。気持ちを落ち着かせるためには、手をどこかにやることは大切です。顎を触ることに意識を持っていくことで、気持ちを落ち着かせようとしているのです。

ずっと顎を触っていると、余計なことを考えなくなります。その結果として、動揺していた気持ちも徐々に落ち着いていくようになります。

その場がつまらない

そこにいるのがつまらなくて、手持ち無沙汰になっている可能性があります。たとえば、興味のない話を長時間聞くことは、とてもつらいものです。だんだん話に飽きてきてしまい、顎を触るようになってしまうのでしょう。

つまらない話をじっとしながら聞くのは苦痛です。そのため、ついどこかを触りたくなり、顎を触っている方もいるのです。

落ち着いて考えたい

何か落ち着いて考え事をしたいときには、顎を触ってしまうことがあるでしょう。顎に触れている間は、気持ちが余計なところにいかなくなります。その間は何か考えたいことに集中できるようになるのです。精神を統一させるために顎を触るという方は、一定数います。

精神統一するのは、顎を触る以外の方法でも良いのですが、その人に合った方法があります。そのため、顎を触ることで落ち着くという方もいるです。

その場にいる人を見下している

相手のことを見下している可能性があります。このような方も、顎を触ってしまうことが多いでしょう。相手のことをあまり信用していなかったり、頭の悪い人だと思ったりしていると、顎を触ってしまうことがあるのです。

反対に、相手が尊敬している人であれば、顎を触るのは失礼な仕草であり、絶対にそのようなことはしないはずです。顎に手をやるということは、相手を舐めている証拠と考えられます。

緊張している


緊張しているため、顎を触ってしまうという方がいます。緊張しているときには、手をどこか一点に集中させたり、体のどこかをずっと触り続けたくなったりします。そうすることによって、緊張を和らげることができるのです。

また、心を落ち着ける効果もあるため、緊張していると無意識のうちに顎を触ってしまう方もいます。

焦っているのを必死に隠そうとしている

本当は焦っているけれども、その焦りを相手に知られたくないという方がいます。このような方は、焦りを隠すために顎を触ってしまうことがあるでしょう。つまり、顎を触ることによって、自分は余裕があることを示そうとしているのです。

顎を触ってすました顔をしているけれども、内心では焦りを強く感じているという場合も考えられます。

顎を触るクセのある人にありがちな性格

よく顎を触ってしまう癖を持っている方というのは、共通して似たような性格をしていることが多いのです。どのような性格の方が多いのかを教えましょう。

プライドが高い

プライドの高い性格をしている方は、顎を触ってしまうことが多いでしょう。自分が凄いと考えており、他人よりも自分が優位な立場でなければいけないと考えているのです。

また、他人よりも自分が下になってしまうことに耐えることができない性格をしています。人前でも触ってしまうことが多く、周りに対してアピールしているのです。

ナルシスト


自分が大好きなナルシストタイプの方も、顎を触ってしまうことが多いでしょう。自分が優れていると考えており、他人よりも自分が凄いと信じて疑わないのです。

また、自分のことをかっこ良いと思っており、そんな自分に酔いしれている部分があります。かっこ良い姿を見せたいと考えており、つい顎を触ってしまうことが多いのです。

気が強い

気が強い性格をしている方というのは他人に対して挑戦的で、威圧することが多いでしょう。そのため、顎を手で触ることもよくあるのです。そうすることによって、相手に弱い部分を見せないようにしています。

気が強いことを隠そうとしておらず、顎を手で触ることによってアピールをしています。相手に負けたくないという気持ちが強く、舐められたくないと思っているのです。

顎を触る人と仲良くなる方法

顎をよく触る人と仲良くなりたいという方がいるかもしれません。顎を手で触る癖のある方というのは、とっつきづらいというイメージがあるでしょう。そのような方と上手く仲良くなるための方法について説明します。

相手を尊重してあげる

顎を触る人に限らず、相手のことをしっかりと尊重してあげることが大切です。相手を尊重して思いやるという気持ちを持ってください。顎を手で触ることも癖として受け入れるようにしましょう。

その癖によって、自分が不快になってしまい、馬鹿にされているように感じてしまうかもしれません。しかし、悪気なく、無意識にやっている可能性もあります。一つの癖として考え、あまりに気にとめないようにしましょう。

相手の弱点を責めるような会話はしない


会話をする際には、相手の弱点を責めてしまわないように注意してください。顎を触るような人はプライドが高い人が多いです。このような方は他人から馬鹿にされることを嫌います。馬鹿にされたと感じると、異様に怒り出してくる可能性もあるのです。

相手を挑発するようなことは極力避けるようにしましょう。そうすれば、相手の気持ちを落ち着かせることができて、空気が悪くなることもありません。

他の人を褒めない

その人の前で他の人を褒めてしまうことがないように注意しましょう。他の人をわざわざ褒めるということは、目の前の人を馬鹿にしているように思われます。挑発しているように思われるかもしれません。これでは相手と仲良くなることはできません。

相手の神経を逆なですることがないように気をつけましょう。できるだけ相手を怒らせないことが大切です。他の人の話題は極力避けるようにし、できるだけ相手を褒めるようにしましょう。相手との距離感が近くなります。

まとめ

あなたの周りには顎を触る人がいるかもしれません。男女を問わず、こういう方はいますが、さまざまな性格的な傾向があります。基本的にはプライドが高くてナルシストなタイプの方が多いでしょう。そのため、扱いづらいと感じてしまうかもしれませんが、このような方とも仲良くすることが必要な場合もあります。

相手のことを尊重して、できるだけ相手の気持ちに配慮した言動を心がけましょう。相手の弱点を責めたり、他に人を褒めたりしないように注意してください。相手の性格や特徴を理解し、不快だと感じさせない話をするようにしましょう。