セックスすると健康にいいことがあるの?!メリットを解説

男性にとってセックスとは、女性を喜ばせながら自分の性的な興奮や快感を高められるため、とても気持ちがいいもの。一方、女性にとっては性的な快楽はもちろんのこと、セックスすることによって、健康や美容にさまざまなメリットを得ることもできます。

性的な刺激は快感だけでなく、普段は分泌されにくいホルモンが出やすくなり、ダイエット効果も期待できるようです。女性にとってセックスすることで、健康や美容にどんなメリットがあるのかご紹介します。

セックスのメリットとは?


セックスのメリットと聞かれたら、男性なら迷わずに「気持ちいい」と答えるでしょう。もちろん女性も性的な快楽を得ることができますが、それ以上に健康や美容にもたらす様々なメリットもあるといわれています。

定期的なセックスは心肺能力を高め、カロリーを消費できるとされています。また、精神的な快楽や情緒の落ち着きなども得られるため、心身ともに良い状態をキープすることができるのです。

カロリー消費が高くダイエット効果もある

ダイエット

運動不足や栄養バランスの乱れ、ストレスなどは、肌トラブルの原因だけでなく、肥満にもなりやすくなってしまうこともあります。ダイエットには、食事療法と適度な運動が一番ですが、ジムできつい運動をして汗を流すよりも、パートナーとセックスして汗を流すほうが、健康的で性的な快楽を得ることができます。

セックスにおけるカロリー消費はとても大きく、女性では30分当たり約70kcalと言われています。また、体位を工夫して脚やお腹を意識することで、よりダイエット効果をアップすることが可能です。

免疫力が改善する

女性 自由

栄養バランスの乱れや睡眠不足、ストレスなど、現代社会では免疫力や自己治癒力が低下しやすいです。免疫力が一度低下すると元に戻すためには、生活習慣を根本的に見直す必要があります。

しかし、セックスを定期的に行うことによって、免疫力を高めてくれるグロブリンという物質が維持され、病原菌やウイルスなどに対する抵抗力をアップすることができると言われています。風邪などを引きやすいという方は、ビタミンCも摂取して、セックスでも免疫力を改善してみてはいかがでしょうか。

寝つきが良くなり質の良い睡眠がとれる

セックスは体力を消耗するので、セックスの後は疲れて熟睡できるという人も多いでしょう。これはセックスによって、幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンの分泌が活性化されるため、眠りの質も高めることができるとされています。

オキシトシンは、愛情ホルモンとも呼ばれているもので、物事への集中力やストレス軽減にも大きな役割を果たしていると考えられています。仕事やストレスなどの影響でオキシトシンの分泌が低下していても、セックスをすることで寝つきの良さやストレスの軽減を期待することができるでしょう。

定期的にセックスすると得られる効果

定期的にセックスをすると聞くと、性的な快楽を求める傾向が強いことばかりにスポットが当てられますが、それだけではありません。

セックスは、パートナーとのスキンシップや性的な快楽を通して絆を深くするものですが、同時に健康や美容にも良い影響をもたらしてくれます。久しぶりにセックスをすると肌の調子が良くなったという経験がある方も多いでしょう。定期的にセックスすると得ることができる効果について考えてみました。

アンチエイジング効果でお肌の健康度がUP

女性は恋をしたり、セックスをしたりすることによって美しくなるといわれています。これは思い込みではなく、美肌ホルモンと呼ばれるエストロゲンの分泌が活性化されるという科学的な根拠に基づくものです。

セックスをすることによって、女性の美しさをキープするのに最も必要なホルモンであるエストロゲンが分泌され、肌の調子が整います。また、オーガズムに達することによって、若返りホルモンであるデヒドロエピアンドロステロンが通常の5倍ほど分泌されるといわれていることから、アンチエイジング効果も期待することができます。

ホルモンバランスが整い生理前の不快感を緩和

女性
長くセックスからご無沙汰というときに、肌の調子が悪くなったり、月経時期の不快感や痛みが強くなったりすることはないでしょうか。

月経のリズムが乱れたり、不快な症状があったりする人がセックスをすると、月経のリズムが整い、不快感もなくなると言われています。これは、セックスによって女性ホルモンの分泌が活性化され、ホルモンバランスが整うことによるものと考えられています。

ホルモンバランスの乱れは、肌トラブルや肥満などにも影響を及ぼすことがあるため、美しさを保つためにもセックスをすることは効果的でしょう。

各種の脳内物質によりストレス軽減・脳の活性化を計れる

 

セックスをすると、快楽や幸福を感じたときに分泌されるオキシトシンやドーパミンなどの脳内物質の分泌が促進されます。

強い快楽を感じることができるだけでなく、集中力の向上や記憶力の向上、疲労の減少やストレスの軽減など、さまざまなメリットが期待できます。

快楽からさまざまな意欲を生み出すことができるため、セックスをすることにより、仕事の効率化やストレスの軽減などの良い影響をもたらすでしょう。

より健康効果の高いセックス方法とは

セックスには、オーガズムに達する性的興奮や快感だけでなく、健康や美容にさまざまな良い影響を与える効果があります。性行為による体液の分泌や排出によって、物理的な作用がメリットをもたらすこともありますが、精神的な幸福感を得られることがストレスの軽減にも高い効果が期待できます。

また、セックスで消費するカロリーは軽視できないほど大きく、運動不足の解消にも期待ができるでしょう。より高い健康効果を得るためには、どんなことに気を付けてセックスすればいいのでしょうか。

正常位以外にもいくつかの体位を(代謝&カロリー消費UP)


約30分間のセックスで150kcal~250kcalを消費することができると言われています。また、セックスの内容が激しければ激しいほど消費カロリーはアップします。

15分以上のジョギングにも相当するカロリー消費量となるため、普段から運動不足という女性にはシェイプアップにも効果が期待できます。

また、騎乗位や燕返しなど正常位以外の体位をいくつか組み込み、女性が脚を伸ばして腰を動かす運動などがあると、より代謝やカロリー消費のアップにつながることでしょう。

重点的にハグやスキンシップを取ってオキシトシン効果を

男性にとってセックスは、女性とスキンシップをする喜び以上に、射精という生理的な欲求が重視されるものです。

一方、女性は挿入による刺激から得られる快感以上に、抱き合ったり、キスしたりなどの肌と肌の触れ合いで、精神的な幸福感を得られる傾向があります。

したがって、ゆっくりと時間をかけて、ハグやスキンシップをするスローセックスのほうがおすすめです。精神的に満たされ情緒が落ち着くことで、幸せホルモンが多く分泌されるオキシトシン効果を得られることができるでしょう。

朝セックスすると健康により効果的な理由

セックスは「夜の営み」と表現することがあり、就寝前に行うことが一般的とされています。消費カロリーも多く、体力を消耗するので、セックスの後そのまま寝ることができることからも、夜の行為が当たり前となっていることも考えられます。

しかし、最近では朝活という言葉が流行っているように、朝にセックスすることで健康に、より効果が期待できるとも言われています。仕事や家事などをする前の朝セックスには、どんな良い効果があるのかチェックしてみましょう。

エストロゲンが出やすく髪質や肌質を改善

朝セックスでは、女性を幸せにしてくれるオキシトシンが大量に分泌され、心身ともに心地いと感じるレベルがアップすると言われています。

また、朝セックスすることによってカップルの親密度もアップすると言われています。免疫系も刺激され、インフルエンザなどの感染を防ぐ効果も期待できるのです。

さらに、朝セックスでは特に美肌ホルモンともいわれているエストロゲンの分泌を促進することから、肌や髪、爪などのコンディションを改善する効果も期待できるでしょう。

ドーパミンが多く分泌され集中力が上がる

夜のセックスでは、仕事の疲れやストレスが邪魔して、その気になれないこともあるでしょう。十分な睡眠時間をとった後の朝は、男性が朝勃ちするのと同様に、女性の性欲も朝強くなると言われています。スタミナがある状態でセックスを楽しめるため、疲れもそれほど感じることはないでしょう。

また、やる気や幸福感で知られているドーパミンの分泌も活性化されます。ドーパミンは、ストレスホルモンとして有名なアドレナリンの前駆体でもあり、朝セックスをすることで分泌され、集中力アップやストレスを軽減などの効果が期待できるため、仕事の生産性も上がると考えられます。

まとめ

セックスはパートナーとの愛情を確認しながら、強い性的な快楽を得られるものです。また、女性にとっては美肌ホルモン、幸せホルモンの分泌やカロリー消費によって、健康や美容にも多くのメリットがあります。無理して食事制限したり、きつい運動をしたりしなくても、定期的にセックスをすることによって、美と健康をキープすることも可能です。愛する彼とのセックスで今まで以上に美しくなりましょう。