非モテコミットから脱出したい!非モテの特徴や具体例を解説

草食男子や肉食女子など恋愛に対する姿勢によって生まれた言葉がありますが、非モテコミットという言葉を聞いたことがあるでしょうか。恋愛工学に詳しい作家が著書のなかで提唱したものですが、女性から単なるモテない男ではなく、モテないのにしつこくて重くて痛い男性としてとられてしまう現象を指す言葉です。自覚症状がほとんどないため、知らない間に非モテコミットに陥っているということも考えられます。そこで、非モテコミットの特徴や具体例、非モテコミットからの脱出法などについて解説します。

非モテコミットとは?

男性 ハート

非モテコミットとは、恋愛工学開発者として知られる藤沢数希氏が著書のなかで提唱した恋愛工学の言葉です。1人の女性に夢中になり、追いかけて優しく尽くすものの、女性からは重くてモテない男とみなされ、嫌われてしまうというものです。

恋愛経験の乏しい男性が、女性から少し優しくされただけで好きになり、猛烈にアプローチをするものの、女性からはキモイ人扱いされてしまう…そんな事象を指しています。場合によっては、都合のいい対象としていいように扱われ、陰では嘲笑されるという痛い男性が陥る現象です。

非モテコミットの特徴

特定の1人の女性だけに全精力を注いで、アプローチを繰り返す非モテコミット。相手や周りがどうみているかは全く関係なく、自分の思い込みや妄想だけで突っ走る傾向があるのも大きな特徴です。

それほど親しい関係でもないのに「一生君のことを守る。僕には君しかいない。」と言われても、女性は呆気にとられるだけでしょう。そんな非モテコミットによくみられる特徴をみてみましょう。

ひとりの女性を執拗に追いかけてしまう


一目惚れを繰り返すような惚れっぽい男性は少なくありません。気が多くていろいろな女性にアプローチをすることも珍しくないでしょう。しかし、非モテコミットでは、男性の好きになる対象が1人の女性に限られるという点で、一般的な男性の恋愛とは異なります。

普通なら自分に気がないとわかれば、あきらめて他の女性を探すものですが、非モテコミットに陥っている男性はそれができずに、ターゲットを変えず執拗に追いかけてしまいます。

ちょっと優しくされただけで好きになる

非モテコミットの男性は、ベースとしてこれまでに恋愛経験がほとんどなく、女性に優しくされたことが少ない傾向にあるようです。そのため、女性がちょっと優しくしただけで、自分にだけ特別な感情があると勝手に思い込んでしまいます。

そして、自分には彼女しかいないと考えを飛躍し、執拗にアプローチを繰り返すことになるのです。ストーカーのようにつきまとわれる女性は、どんどん嫌いになるでしょう。

思いつめて必死にアプローチする


非モテコミットに陥った男性は、たまたまその女性に優しくされた、褒められたという些細なことを理由にして、自分にはこの女性しかいないと思い込んでしまいます。

また、彼女を幸せにできるのは自分しかいないと妄想まがいの恋愛感情を募らせて、徐々に自分で自分を追い詰めていくことになるでしょう。全く好意を持たれていなくても関係なく、必死にアプローチを繰り返すのも非モテコミットの大きな特徴です。

キモイと思われ搾取相手として認識される

女性からは好意のかけらも示していないのに、執拗なアプローチを繰り返すのが非モテコミットの特徴です。少しでも自分のことを気に入ってもらいたいがために、一方的に女性に尽くします。あまりにもしつこく熱量が半端ないので、女性は日に日にキモイ対象として見るようになります。

また、女性が喜ぶためなら自分を犠牲にして何でもしてくれるので、女性によっては恋愛感情は一切なく搾取相手として認識する人もいるようです。そういう女性を好きになってしまった場合、食事を奢らされたり、更には高級品をプレゼントしてしまう、ということもあり得るようです。

非モテコミットの具体例

見た目は普通で、清潔感のある好青年に見えても、女性へのアプローチの仕方や物言い、気の遣い方や尽くし方などがことごとく的が外れており、圧迫感さえ与えてしまうのも非モテコミットの特徴です。

恋愛経験がほとんどないので、自分でこうと思ったら周りのことを一切気にすることなく突き進みます。アプローチされればされるほど、女性は引いてしまいますが、そのことに気づくこともありません。そんな非モテコミットによくみられる具体例をいくつか紹介します。

経歴や収入自慢をしてしまう


非モテコミットでは、執拗に女性にアタックするだけでなく、自慢をして気を引こうとする痛い一面もその特徴として知られています。女性なら彼氏の収入や社会的地位に興味や関心はあるものです。

ただ、奥ゆかしく小出しにするのではなく、初めから「年収〇〇円、○○大学卒業、○○会社○○職、車は外車で○○、別荘があります。」などとひけらかされたら引いてしまいます。自慢から入る男性は嫌みでしかなく、外見がそこそこであっても相手にされないでしょう。

必死すぎて「他の女性に相手にされてないな」と思われる


女性はたとえタイプではない男性であっても、好意を伝えられたり、交際を迫られたりすれば悪い気はしません。女性によっては本命が現れるまでのキープにしたり、付き合っている彼氏とは別のNo.2のポジションにしたりすることもあるでしょう。

しかし、非モテコミットの男性は1人の女性だけに必死にアプローチしてくるため、ほかの女性からは一切相手にされていないモテない男だということを見透かされてしまいます。この時点で、非モテコミットの烙印が押されてしまうのです。

非モテコミットの良くない点


非モテコミットは、1人の女性を一途に思う気持ち自体にやましさはないのですが、その姿勢や方向性に間違いが多く見受けられるのが問題です。

根本的になぜ自分がモテないのかがわかっていないため、夢中になっている女性を落とすためには何でもします。全てが検討違いで感覚もずれているため、ストーカーのような存在として嫌がられることもあります。

したたかな女性であれば、自分のことを好きだということをネタに搾取されることもあります。非モテコミットのどんな点がNGなのでしょうか。

自分を犠牲にして相手に尽くす

非モテコミットに陥った男性は、「好きな女性のためなら、火の中でも水の中でも飛び込んでいく」という自己犠牲を基本とする姿勢が問題となります。自分を振り向いてくれる可能性がほとんどない女性に対して、一方的に尽くしまくるのは考えものです。

相手の女性がただ気持ち悪がるだけで済めばいいですが、何でもしてくれると搾取対象にされたら、全てを失うことにもなりかねません。

相手との距離感が遠いのに好きアピールをする

1人の女性のことしか目に入らないため、自分や周りの状況を客観的に見ることができなくなります。好きアピールを繰り返しても、相手の女性には好意が全く受け入れられておらず、少しも距離が縮まっていないため、進展することはありません。

周りからは同情だけでなく軽蔑の目で見られることになりますが、それさえも響かない感覚が麻痺した状況まで追い詰められてしまいます。

喜んでもらうために高価な貢物を繰り返す

プレゼント
非モテコミットに陥った男性は、好きになった彼女に気に入ってもらおうと必死です。少しでも喜んでもらおうと彼女のリクエストには、何でも応えてあげようとします。

女性からすれば、非モテコミットの男性はいわば金づる的な存在であり、自分でお金を使わなくても欲しいものが何でも手に入る便利な人間です。そのときは良くても、時間が経ってから後悔することもあるでしょう。

非モテコミット脱出方法

1人の女性を一途に思う気持ちは大切ですが、相手を思う気持ちと執拗な行動によって、その女性だけに入れ込んでしまう非モテコミットに陥ると、女性からは完全に引かれてしまうことがあります。適当にあしらわれて搾取のターゲットにされてしまうこともあるでしょう。

一度でもモテない重い男のレッテルが貼られると、なかなかイメージを脱却することは難しいです。早い段階で非モテコミットを脱出するための方法について説明します。

必死にがっつかないで余裕を持つ


非モテコミットに陥る男性は、一般的にイケメンではなくこれまでに恋愛経験も少ないため、全ての面において余裕がなく、必死になります。自分としては、一生懸命一途に1人の女性に尽くしているつもりのため、その鬱陶しさやしつこさが自覚できていません。

その女性が自分にとっての唯一の女性だと思ってたくさん尽くしますが、がっつくばかりでは過剰な熱しか伝わりません。心と行動に余裕を持つように努力することが大切です。

出会いを増やしてひとりの女性への執着を消す


非モテコミットは1人の女性に異常な執着を持ってアタックし続けることによって起きる現象です。そうならないためには、同時に複数の女性にアタックするといいでしょう。

どんなにマメな性格でも、対象が増えれば1人に費やすエネルギーは少なくなります。また、1人の女性がダメだったとしてもまだほかにチャンスがあると思える心の余裕が生まれるのです。

最初はそっけなくしておく

カップル スマホ 浮気
非モテコミットに陥る男性の最大の特徴は、初めから1人のターゲットを決めて容赦なくガツガツと攻めていくことです。自分の気持ちだけで突っ走るため、女性が不快感を持っていても気づかずに暴走してしまいます。

恋は駆け引きが大切というように、押すだけでなく引いてみることが大切です。少し親しくなったところで一気に攻め立てるのではなく、そっけない態度で関心がないような振りをして女性の出方を待つ努力が必要です。

打ち解けたら友達認定される前にデートに誘うなどする

女性は無意識のうちに、親しくしている男性が将来的に肉体関係を持ったり、恋人関係に発展したりするのかどうかを見極めていると言われています。つまり、出会いの段階で友達フォルダに振り分けられたら、その後恋人候補に移動される可能性は低いということです。

したがって、憧れの女性と打ち解けることができたら、友達認定されてフォルダに仕分けされる前に、デートに誘うなどして恋人候補にしてもらえるようにしましょう。

まとめ

非モテコミットとは、相手の気持ちや相手との距離感などを無視して、一方的に突き進んで嫌われてしまう重くてモテない男性が陥る現象といえます。

非モテコミットを脱出するためには、多くの女性に出会って恋愛の熱量を分散させることや客観的に自分を見つめることが大切です。少しでも自分に非モテコミットの自覚があったり、友人に指摘されたりすることがあるのなら、重症化しないうちに自分の言動を改める努力をしましょう。