好きな人に彼氏がいた場合の男性の心理を浮き彫りにします!

すでに彼氏とラブラブな関係で付き合いも順調なのに、別の男性からアプローチされたり、告白されたりしたという経験はないでしょうか。自分が好きになった女性に彼氏がいることを知らずにアタックする場合もあれば、知っていてもグイグイ押し気味でアプローチしてくることもあります。

女性からすれば、彼氏がいる女性に対してなぜそんなことができるのかと疑問に思うこともあるでしょう。そこで、好きになった女性に彼氏がいる場合の男性の心理を浮き彫りにしてみたいと思います。

好きな人に彼氏がいる場合の一般的な男性の心理

勇気を振り絞って告白をした彼女から「付き合っている人がいる」と言われた男性は、もちろん落ち込みます。長い間温めてきた気持ちが散る瞬間であり、当たって砕けた結果ともいえるでしょう。

ただ、一般的な普通の男性であれば、好きな人に彼氏がいることを理解すれば、その後もしつこくつきまとうことはないはずです。一般的な男性の心理をのぞいてみましょう。

彼氏と幸せになってほしい


好きな人に彼氏がいることを知ってしまった男性は、もちろんガックリと肩を落とすことになるでしょう。一般的な普通の男性であれば、そこから再度アタックするのではなく、付き合っている彼氏と上手くいって欲しい、幸せになって欲しいと思うものです。

女性のことを心から好きであれば、幸せを壊したくないというのが常識であり、モラルがある考え方といえるでしょう。このような潔さは、男らしく見えるものです。

彼氏がいるとわかって一気に冷めた

彼氏がいる女性には全く興味がないという男性にとっては、告白した女性に彼氏がいることを知ればがっかりするだけでなく、思いが一気に冷めてしまうこともあるでしょう。彼氏がいる女性を奪おうとまでは考えていないというのが根本にあります。

このため、彼氏がいるという時点で興味がなくなってしまい、次の恋に進むことを考えるようになります。叶わぬ恋にいつまでもウジウジしていても何も始まらないので、ポジティブ思考で仕切り直すのです。

マナー違反だから諦めよう


一般的な男性であれば、好きになった女性に彼氏がいると聞くと「ごめんなさい」と申し訳ない気持ちにもなるでしょう。すでにカップルが成立している女性に対して告白するのはマナー違反であり、周りの友人に知られたら恥ずかしいとさえ思うかもしれません。

未練があっても、何とか断ち切らなければならないと自分に言い聞かせます。自分の気持ちだけで突っ走ることがない常識的な男性の考え方であるといえます。

好きな人に彼氏がいても諦めない理由

好きな女性に彼氏がいることを知っても、簡単に諦めようとはしない男性もいます。普通で考えればありえないことですが、彼女のことに夢中で、周りが見えない状況であれば考えられるのです。

また、心から本気で好きになった女性にたまたま彼氏がいたと考えて、何とか自分に振り向かせようと燃えるタイプもいます。男性が、好きな人に彼氏がいても諦めない理由について考えます。

好きだからそう簡単に諦められない

好きな女性に彼氏がいても諦めない男性は、「好きになった人にたまたま彼氏がいた」というとらえ方をします。自分が彼女のことを好きだという事実に変わりはなく、彼氏がいるからといって簡単には諦められません。

これから先の接し方やアプローチによって、彼女の心が揺れて自分のことを振り向いてくれる可能性がゼロではないと考えるのでしょう。わずかであっても、望みがある限り諦められません。

結婚していなければ別れるかもしれない


好きな女性に夢中になっているときは、自分を客観的に見たり、先のことを見通して考えたりすることができなくなります。彼氏がいる女性と付き合える可能性は限りなく低いのに、「まだ結婚しているわけではないから」と変な理屈で自分を納得させようとします。

そんな男性は最終ゴールを結婚としているため、恋愛中の彼がいても、その後別れて自分と付き合ってくれる、結婚してくれると妄想を抱いているのでしょう。

相手の男のよりも自分のほうが「上」

イケメン 男性
好きになった女性に彼氏がいることを知ってもグイグイアプローチを続けることができる男性は、少し自信過剰でナルシスティックなところがあるともいえます。彼女に彼氏がいるという事実に目を向けるのではなく、彼氏を自分と比較して、男として自分のほうが上であると勝手に思い込みます。

この場合、完全に自分のほうが彼女にふさわしいと思っているので、彼氏に気を遣うことなく、諦めずに何度もチャレンジするのでしょう。

男性が彼氏のいる女性へ行うありがちなアタック方法

彼氏がいることがわかっているのにそれでも諦めない男性は、それなりにプランを練って女性にアプローチしてくるものです。場合によっては、知らず知らずのうちに男性に心を開き、彼氏よりも話をする機会が多くなっているということにもなりかねません。

もともと彼氏がいる女性にアタックすることは、ある意味したたかな心の持ち主です。どんな方法でアタックしてくるのかを理解しておいて損はないでしょう。

うざがられない程度に押しの一手


好きな人に彼氏がいることをわかったうえで、それでもどうしても諦めきれずにアタックするというのであれば、慎重に時間をかけてアプローチしなければなりません。フリーの女性であっても、しつこくアプローチされれば、引いてしまう人は多いでしょう。

ましてや付き合っている彼氏がいる状態でアタックするのであれば、うざがられないのが大切です。さりげなく自分の良さや優しさをアピールしながら、ソフトな押しの一手でチャレンジすると、近づけるかもしれません。

まずはナンバー2の男友達ポジションを目指す


彼氏がいる女性に対して初めから自分に乗り換えろというのは勝手すぎるし、女性の気持ちを考えた言動とはいえません。まずは、自分がどういう男であるかを知ってもらい、良さに気づいてもらうことを考えます。

そのため、悩みやたわいもない世間話ができるような、ナンバー2の男友達のポジションを確保することから始めることが常套手段です。心を開いてくれるようになれば、チャンスが巡ってくると考えています。

友達として食事やお酒の席に誘ってみる


彼氏がいる女性にとって、それを知ったうえで積極的にアプローチしてくる男性は引いてしまうのが当然です。彼女の警戒心を解くことから始めなければなりません。

親しい男友達の1人として食事やお酒の席に誘ってみて、いい感じになるまで時間をかけて少しずつ距離を縮めていこうと考えています。彼氏の愚痴や悩みを相談できるような関係になれば、そこから一歩前進するチャンスを待っています。

こんな貴女は彼氏がいても隙だらけ

彼氏と付き合っているのにほかの男性から言い寄られる女性は、魅力的なモテ女というイメージがあります。実際、彼氏がいてもほかの男性から好きだと言われれば悪い気はしないでしょう。

しかし、その一方では女性になんらかの隙があって、ほかの男性に彼氏がいる事実をあまり感じさせていない場合もあります。彼氏がいるのにアプローチしてくる男性ばかりを非難するのではなく、自身の日頃の状況を振り返ってみることも大切なのではないでしょうか。

休日に暇そうにしている

付き合っている彼氏がいるのに、休日の度に暇そうにしているということはないでしょうか。

仕事や友達との約束などで、休日にいつもデートできるとは限りませんが、あまりにそういう状態が続いていれば、ほかの男性からは「彼氏と上手くいっていないかも」「自分にチャンスがあるかも」と思わせてしまうことになります。

彼氏に会えない場合、自分で過ごす時間の使い方を考えると良いでしょう。暇になっていると、ほかの男性に誘いにのってしまう可能性も高くなります。

倦怠期で彼氏への不満や愚痴を友人に漏らしている


彼氏がいることがわかっていてもアプローチをやめない男性は、常にチャンスをうかがっています。このチャンスとは、彼氏と上手くいかないことやケンカ別れすることなどがあげられます。

交際していれば倦怠期が訪れるのは当然のことですが、友人に彼氏への不満や愚痴を漏らしているという情報をキャッチすれば、男性は急激に距離を縮め、相談役のポジションを確保しようとするはずです。

自ら隙を見せていることになるため、自業自得と言われても仕方ないでしょう。

八方美人


誰に対しても分け隔てなく優しく接することは素晴らしいことですが、なかにはそれを誤解して自分に気があるととってしまう男性もいます。彼氏がいることはわかっていても、優しい言動で接してくれたら、自分にもチャンスがあると思っても仕方ないでしょう。

特別な気持ちはなかったとしても、男性を誤解させるような言動があったことは事実です。八方美人もほどほどにして、彼氏からも浮気性がある女と思わないようにしましょう。

まとめ

彼氏がいて交際中にもかかわらず、アタックしてくる男性はいます。彼氏がいると聞いて身を引くのが普通ですが、なかには彼氏から奪って自分のものにしたいと考える男性もいるのです。彼氏がいるのにグイグイくる男性には、思い込みやうぬぼれが強く、したたかに少しずつにじり寄ってくるタイプもいます。そんな男性に隙を見せないように、自分自身の日頃の言動を振り返ってみることも大切です。