チューリップの花言葉まとめ!チューリップを贈るときの参考に

童謡のテーマにもなるほど老若男女に愛される存在であるチューリップ。そのカラーバリエーションも豊富なため、チューリップだけで花束を作ることも可能です。しかし、プレゼントのチューリップの本数でメッセージが変わるということをご存知でしょうか。何も考えずに送ってしまうことで、思わぬ誤解を生みかねません。そこで、今回は贈り物をする際に使える、チューリップの本数ごとによる意味を説明していきたいと思います。また、チューリップの花言葉を色別に分けて解説していきます。思いを寄せる人にオススメの色はどのようなものなのでしょうか。詳しく知っていきましょう。

チューリップの花言葉

博愛


チューリップの花言葉には「博愛」というものがあります。「博愛」とはすべての人を平等に愛するということを意味します。このような花言葉が付けられた経緯には、チューリップで有名なオランダの昔話が関係しています。

昔々、オランダには美しい少女が住んでいました。その美しさから、3人の騎士から求婚されたことが事の始まりです。少女はその優しさから、好きな人を一人に絞り込めません。かといって、断ることも出来ずに途方に暮れていました。そんなとき、少女は花の神様にある願い事をしました。それは、自分を花に変えてしまうというものです。そして、その花こそがチューリップだったのです。チューリップへと花を変えた少女は、その後3人の騎士たちに引き取られ、大切に育てられたようです。このようなエピソードがチューリップの花言葉に影響しています。

思いやり


「博愛」という花言葉を持っているチューリップですが、前述したエピソードが示す通り「思いやり」という花言葉も持っています。自分よりも他人の気持ちを思いやる少女の思いを表したように丸みのあるふっくらとした温かいフォルムを持つチューリップ。その姿は誰が見ても頬を緩めてしまうに違いありません。このような優しい形やエピソードから、花言葉を思いやりと設定した気持ちも分かるという声もあるようです。小さい子供から年を召した人達にも愛されるチューリップの花言葉が思いやりということを聞いて、どこか安心した気持ちになってしまうという人も多いのではないでしょうか。

色別のチューリップの花言葉

赤いチューリップ:愛の告白

一般的に、情熱的なイメージで捉えられることの多いカラーバリエーションである赤色。チューリップの花言葉もその例外には漏れません。その花言葉とはズバリ、「愛の告白」。少し可愛らしいイメージのあるチューリップですが、このようなことを聞いてしまうと、少し凛々しいと感じてしまう人もいそうです。このような花言葉を持つチューリップは、プロポーズをするときにも使えそうです。可憐なイメージとのギャップが素敵だと感じる人もいそうですね。また、西洋での花言葉では「真実の愛」「永遠の愛」「ロマンチックな愛」「私を信じて」というような、やはり燃えるような情熱を感じさせる花言葉が並びます。やはり、海外の方がより直接的な表現になることが多いようです。

白いチューリップ:失恋


赤いチューリップの花言葉はまさに愛燦燦といった感じのものでしたが、白いチューリップは少し趣が変わります。白いチューリップの花言葉は「失恋」。急激なテンションの下がり方の高低差に耳が痛くなるという人もいそうなくらい、意外な花言葉だと感じるかもしれません。白色はピュアなイメージがあるため、恋人に渡したいと考えるかもしれませんが、このような花言葉を持っている白色のチューリップを渡すわけにはいけません。また、西洋では無難に「純粋」というものが使われることもあるようです。白い花には定番の花言葉ですが、突拍子の無いものよりは安心感があると言えるでしょう。また、「許しを請う」という花言葉もあるようで、ロマンチックな言葉が並べられた赤色のチューリップに比べると、人によっては少し寂しい印象があるかもしれません。

ピンクのチューリップ:誠実な愛・愛の芽生え


赤色と同系統でありながら、やはり違う色であるピンク色。そのため、花言葉も少し違うものとなります。ピンク色のチューリップの花言葉は「愛の芽生え」「誠実な愛」となります。情熱的な赤色よりも、少し子どもらしい、キュートな印象がある花言葉であると言えます。これはひょっとしたら、白がゼロ地点だとしたら、その愛が徐々に赤色へと染まっていく様子を表現しているのかもしれません。西洋での花言葉は「優しさ、思いやり」「愛着、愛情」「幸福」といったものが続きます。やはり、花言葉としてはほんわかとした柔らかいイメージのものが並びます。そのため、贈り物に向いているとも言われているようです。

緑のチューリップ:美しい目

チューリップの中でも取り分け独特の色使いを持つことで知られている緑色のチューリップ。葉や茎の色合いと混ざってしまうため、どうしても花の色が埋没しがちになってしまいます。しかし、緑色のチューリップの代表格である「スプリンググリーン」は緑というよりも、白や淡い黄色と言った色合いを持っているチューリップです。その色合いの真ん中に緑色がはいりこんでいるようなイメージをすると想像しやすいかもしれません。こちらの特徴といたしましては、丈夫で草丈が高いため、切り花としてとても重宝されるというものがあります。花持ちが良いことからも、長く花を鑑賞するのに長けているようです。このような緑のチューリップの花言葉には「美しい目」というものがあります。もしも贈る人のチャームポイントが目だったとしたら、これ以上に渡しがいのある花はないのかもしれません。魅力的な目を持っている人には自然の美しさが際立つ緑のチューリップを渡したいという人もいるようです。

黄色いチューリップ:実らない恋


黄色いチューリップの種類にはイエローフライトやゴールデンアペルドーン、黄小町やイエロープリシマ、バラードゴールドというものがあります。イエロープリシマは一重咲きのチューリップとなっており、定番中の定番といった印象を持つ人もいるでしょう。ゴールデンアペルドーンは輝かしい黄色が特徴です。まるで黄金かのような煌びやかさは名前の「ゴールデン」に恥じないものとなっています。黄小町は国産のチューリップで、とても明るい発色が目を惹くというポイントがあります。イエロープリシマは、チューリップの原種のひとつであるフォステリアナという分類となっています。そのため、大昔からの風貌をそのまま残しているチューリップです。バラードゴールドはユリ咲きのチューリップです。スマートに咲く姿には凛とした佇まいを感じさせます。このような種類のある黄色いチューリップですが、花言葉は意外にも悲しいものとなっています。花言葉は「叶わぬ恋」です。西洋の花言葉も「望みのない恋」「報われぬ恋」というものがあります。もちろん、黄色のチューリップが持つあかるいイメージそのままの「名声」「明るさ」「日光」といった花言葉もありますのでプレゼントする際にも向いていますが、人の状況によっては傷つけてしまうことにもなりますので、十分に配慮する必要があります。

オレンジのチューリップ:照れ屋


オレンジ色のチューリップの種類には、オレンジジュース、オレンジエンペラー、バレリーナやドルドーニュ、プリンツアルミン、ディズニーランドパレス、ドルドーネ、パーロットキングなどといったものがあります。
中でも、パーロットキングの分類であるパーロット咲きは鳥の羽のような花びらを持っていることが特徴です。これは、オウムのトサカにその形が似ていることが由来されているとされています。そのようなオレンジのチューリップは最近人気の高まっていることでも知られています。花言葉は「照れ屋」です。花の色付いているようすが、頰を赤らめていることに連想したのかもしれません。照れ屋さんの友人に渡してみれば、きっと会話も弾むに違いありません。美しい花を通じてコミュニケーションをより円滑にしてみましょう。

紫のチューリップ:永遠の愛


紫のチューリップというと少し馴染みが無いと感じる人もいるかもしれませんが、意外と種類は多いものです。公園で見かけがちなくらいポピュラーな品種で言えば、パープルフラッグや紫雲、ポップアップパープル、夢の紫やミステリアスパーロット、クラウディア、アリバイという種類が存在します。国産のチューリップである紫雲と夢の紫は、共に富山生まれとなっており、どちらも美しい発色を持っていることでも知られています。そんな紫色のチューリップは「不滅の愛」という花言葉を持っています。赤や黄色のチューリップよりも、どこか落ち着いた色合いと言える紫色。情熱的な愛の形よりも、さらに深い意味を持たせることが出来そうです。このような特徴を持っていることから、長年連れ添ったパートナーへの感謝の思いを伝えることに適しています。西洋の花言葉は「王者の風、気高さ」というものとなっており、こちらも落ち着きを感じさせる堂々とした花言葉になっています。

斑模様のチューリップ:疑惑の愛

チューリップの中には1色だけでなく、2色以上が斑模様になっているものも存在します。国内富山で生産されたもので言えば、桃太郎やザ・グレゴールミズノ、ピランドなどが存在します。1色のチューリップでは表現することの出来ない見事な風合いが目を惹くチューリップです。しかし、こちらの花言葉は少し意味深な「疑惑の愛」というものとなっています。愛には様々な形がありますが、このような花言葉を付けた人の周りの愛情は、なかなか複雑なものだったのではないでしょうか。様々な色が混ざるチューリップに色々な思いを乗せたとも言えるでしょう。しかし、それだけに魅力的であると言えます。愛も、チューリップも。

チューリップをプレゼントする際のおすすめの色

ピンクのチューリップは彼氏から彼女へ

付き合って間もないカップルの間で花を贈るには、ピンクのチューリップがうってつけだとされています。こちらの花言葉は「優しさ・思いやり」といっただけでなく、ストレートに「幸福」というものもあります。この先、彼女を幸せにするという気概がある男性はピンク色のチューリップをあげることで喜んでもらえるかもしれません。

紫のチューリップは夫から妻へ

紫色のチューリップには「永遠の愛」という花言葉が付けられています。それゆえに、普段は重く響きがちな「永遠」という言葉でも夫婦関係なら成立するというメリットを生かし、夫から妻へ贈ってみるのも良いでしょう。さらに、長年連れ添っているという事実もあれば、信頼感も高まります。もう一度プロポーズをするようなドキドキも味わえることですし、二人の関係性も良くなるのではないでしょうか。

オレンジのチューリップは友達へ

明るくて活発な印象のあるオレンジのチューリップは、友人に贈るのが最適です。それは、普段は何気なくつるんでいる友人に向かって感謝の気持ちを伝えるのは照れ臭いものですが、そのような自分の気持ちを代弁する「照れ屋」という花言葉を持っているからです。そのようなメッセージを隠していても、自分の心に素直になるきっかけになるでしょうし、単純に花を贈られて悪い気持ちになる人はいません。大切な友人がいるという人は、サプライズで渡してみるのも良いのかもしれないです。

プレゼントのチューリップの本数の意味

1本:あなたしかいない

チューリップを1本だけ贈ることで、相手に「貴方しかいない」というメッセージを発信することができます。これは、相手に自分の好意を伝えるという意味でも、最初の一歩と言えるでしょう。

3本:愛している


3本チューリップを贈ることで、「愛している」という自分の気持ちを相手に表明することが出来ます。愛の告白をすることでようやく動き出す二人の関係性。上手くいくことを願っています。

4本:一生愛する

告白が成功して、愛情を上手に育むことが出来たあかつきにはプロポーズが待ち構えています。そのときにはチューリップを4本用意しましょう。「一生愛する」という意味を持つその行為に、相手も感動してくれるかもしれません。

11本:最愛

大切に深めた信頼性は、いつしか二人の宝物となることでしょう。二度と手放すことが出来ないほどに強い関係性を持った二人はまさに最愛の人と呼べそうです。そのような関係性を築くことができたら11本のチューリップをプレゼントしてください。

12本:恋人になって

昔のヨーロッパには、男性が女性にプロポーズするときには12本のバラをプレゼントするという風習があったのだと聞きます。このようなことから、12本のチューリップを渡すことで「恋人になって」というメッセージも伝えることが出来るようです。

99本:永遠の愛


99本のチューリップというとてつもない数のプレゼントを贈るとき。それは二人の「永遠の愛」が達成出来た瞬間でしょう。実際に贈るときには大変な量になりますので、フォローが必要不可欠となるので注意が必要です。また「99本ではキリが悪い」と感じる人もいるようなので、そのようなときのために、こっそりと1輪、花を忍ばせておくのも良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。誰もが知っているチューリップですが、その花言葉や本数に関する知識などは知らなかったという人も居たかと思います。また、色によって花言葉が変化するというところにも注目したいです。チューリップをプレゼントするときは、その人の好みのカラーバリエーションはもちろんのこと、その人との関係性をしっかりと見定めて、最適な色のチューリップをプレゼントしたいものです。