テカリを防止する方法とは?基本的な知識を身につけよう!

バッチリとメイクを決めたつもりでも、時間が経過するとともに、おでこや鼻周りなどのTゾーンを中心にテカリが気になることがあります。化粧下地やあぶらとり紙で抑えようとしても、なかなか改善できなくて悩んでいるという女性も多いのではないでしょうか。

皮脂腺が多く、皮脂が過剰に分泌されることや汗をかきやすい部分であることはわかっていても、テカリを抑えて肌を綺麗に保ちたいものです。そこで、テカリの原因やテカリを防ぐための基本的な知識を紹介します。

テカリの原因は?


顔がテカってしまう原因として、イメージするのが皮脂の過剰分泌でしょう。顔は、皮脂を分泌する皮脂腺が多く存在しています。特に、Tゾーンはほかの部分よりも皮脂腺が多いため、テカリやすいと言われています。

皮脂の過剰分泌は、脂性肌だけでなく乾燥肌の方にも注意が必要です。また、食生活の乱れや間違ったスキンケア、生活習慣や食習慣、ホルモンバランスの乱れなどもテカリの原因となります。気をつけたいテカリの原因について説明しましょう。

乾燥による皮脂の分泌


顔のテカリは、主に皮脂が過剰に分泌されることで引き起こされるものです。脂性肌の人は、いつも肌が皮脂で覆われていているイメージがありますが、実は肌が乾燥することによって、皮脂が過剰に分泌されるのです。

皮脂は、汗などと交わることで肌にバリアをつくり、外部からの雑菌の侵入や刺激を防ぐ役割として必要な存在です。しかし、洗浄力の強い洗顔料を使いゴシゴシ洗ってしまうと、必要な皮脂までとられてしまいます。肌は、潤いを保とうとするため、皮脂を過剰に分泌するようになるのです。

また、肌内部の水分が少なくなると、それを保持するために皮脂を分泌して守ろうとします。このため、皮脂の過剰分泌を防ぐためには、保湿することが大切なのです。

睡眠不足などによるホルモンバランスの崩れ

睡眠不足
ストレスや睡眠不足が続くと、自律神経やホルモンバランスが乱れます。ストレスに対抗するため、抗ストレスホルモンが分泌されますが、このホルモンは皮脂層を厚くし、皮脂を過剰に分泌させる働きもあります。

また、肌のゴールデンタイムに睡眠をとらないことで、成長ホルモンの分泌が低下します。十分な睡眠時間を確保しないと、皮脂分泌のコントロールができなくなるのです。その結果、ターンオーバーが乱れ、古い角質が過剰な皮脂と混ざってしまい、テカリやニキビなどの肌トラブルを引き起こすことになります。

テカリを防止する基本的な方法

おでこや鼻周りの気になるテカリの原因はさまざまなものがありますが、何らかの理由によって皮脂が過剰に分泌されることに尽きます。テカリを防止するためには、肌バリアに必要となる皮脂をキープしながら、余分な皮脂を取り除くことが必要です。

肌質によってスキンケアの仕方は違ってくるため、自分の肌質をしっかりと見極めることが必要です。また、テカリでメイクがよれてしまうことも多いので、化粧下地にも気を遣い、基本的なケアを怠らないようにしましょう。

テカリ防止効果のある下地を使う


顔のテカリが気になっている状態で、そのままファンデーションを塗ってしまうと、皮脂とメイクが混ざり、すぐに化粧崩れが起きてしまいます。ファンデーションを塗る前に、化粧下地をしっかり塗ることが必要です。

化粧下地には、過剰に分泌される皮脂を吸着する成分を含むものを使いましょう。化粧がよれたり、テカったりするのを防ぐことできます。

また、皮脂崩れ防止に特化した化粧下地は、皮脂を吸収して固め、顔全体に皮脂が広がることを防いでくれます。肌にしっかりと密着するタイプを選ぶようにしましょう。

自分の肌質をしっかり見極める


肌質には、ノーマル肌のほかに、脂性肌、乾燥肌、混合肌、敏感肌などの種類があります。テカリを抑えるためのスキンケアや化粧品選びのためには、自分の肌質をしっかり見極めることが大切です。

もともと乾燥肌の人は、普段から意識して保湿を心がけていますが、脂性肌の方も保湿が重要になります。脂性肌の人は、乾燥が原因で少ない水分量を保持しようと皮脂が過剰に分泌されるため、より注意が必要です。

肌の内部に十分な水分が蓄えられていれば、過剰に皮脂が分泌されることもありません。脂性肌の方こそ、十分な保湿に注意するようにしましょう。

ティッシュオフで余分な皮脂を取り除く


化粧下地の上からファンデーションを塗っていても、時間が経過すると皮脂が浮き上がってくることがあります。皮脂は、化粧崩れだけでなくテカリの原因になるため、適度に余分な皮脂を取り除く必要があります。

過剰な皮脂を取り除くために、あぶらとり紙で1日に何回も拭き取る人もいます。しかし、あぶらとり紙は吸収力が強いため、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまい、皮脂が過剰に分泌されるという悪循環になります。

余分な皮脂を取り除く場合は、あぶらとり紙ではなくティッシュで軽く押さえるようにしましょう。

テカリを防止する下地や美容品の選び方

顔のテカリを防ぐためには、過剰な皮脂の分泌を抑えることが第一です。ただ、皮脂は肌バリアに必要なものであるため、取り過ぎは肌トラブルの原因となります。

そのため、十分な保湿をしながら、過剰な皮脂の分泌を抑えることが大切です。テカリを防ぐための化粧下地や美容品は、どんなことを気をつけて選べば良いのでしょうか。

脂性ならオイルフリータイプを選ぶ

肌のシミを作ってしまう生活習慣

皮脂が過剰に分泌されることが主な原因となる脂性肌には、化粧品でさらに油分を与えるとべたつきがひどくなります。一方で、乾燥肌、脂性肌に関わらず十分な水分補給が必要となるのは同じです。

スポンジのように水を含んで角層をつなぐ働きをする細胞間脂質や天然保湿因子などは、水分が不足するとわずかな水分を保持しようと過剰に皮脂を分泌することになります。したがって、オイルフリーの化粧水で十分に保湿を行った後、同様にオイルフリーの乳液や美容液などで蓋をして水分の蒸発を防ぐことでテカリを防止することができるでしょう。

汗っかきの人には顔用制汗剤もおススメ

皮脂は皮脂腺から、汗は汗腺から分泌されるものなので全く異質なものですが、混ざることでテカリがひどくなることがあります。汗かきで皮脂よりも汗の方が気になるという方もいるでしょう。そんなときにおすすめなのが顔用制汗剤です。

顔用制汗剤には、金属塩の一種である「フェノールスルホン酸亜鉛」という成分などが含まれていることがあります。このような成分はたんぱく質と反応して凝固させる働きがあるため、顔に噴き出す汗を防ぐことが可能です。また、汗だけでなく皮脂のたんぱく質とも反応するためテカリ軽減にも効果が期待できます。

オイルフリータイプの下地のおすすめ

ミューフル オイルフリーファンデーション マリンカラー20ml


テカリを抑えるために、有効なオイルフリータイプの化粧下地にはさまざまな種類があります。この商品は、健やかな素肌を重視しているため、海洋深層水、海藻エキス、ウコン、などの天然素材を使用しています。

スッと肌になじんで伸びがよく、毛穴の滑らかに整えてくれます。素肌のような軽いつけ心地なのに、皮脂を抑えて化粧のよれを防いでくれます。また、通気性のよい成分のため、長時間にわたって透明感や艶感が失われることがありません。

ORBIS CCモイストベース 30g SPF28/PA+++


余分な皮脂が浮き上がって化粧がよれたり、崩れたりすることを防いでくれるCCクリームです。仕上がりの美しさが長時間続くだけでなく、美容液成分87パーセントの贅沢な保湿で肌を柔らかく健やかに整えてくれるスキンケアも重視しています。

化粧下地というよりも美容液としての機能が高いので、1本で2役以上の役割を果たしてくれるでしょう。柔らかくて優しいピーチベージュのカラーが、ファンデーションをしっかり包み込み、色ムラがでるのも防いでくれます。

ナチュラシック ナチュラルサンスクリーンFL フランキンセンス&ラベンダーの香り 30g


保湿成分と日焼け防止成分が配合されたクリームです。アプリコットオイル、ホホバオイル、ミツロウ、シアバターという保湿成分で肌の水分を保持し、乾燥と皮脂の過剰分泌を防いでくれます。

また、酸化チタン、酸化亜鉛という日焼け防止成分によって紫外線からも肌を守ってくれます。オイルフリーであるだけでなく、素肌が自然に潤う天然由来成分100パーセントのため、肌が弱いという方でも安心して使用することができます。化粧下地として使うだけで、潤いとUV対策の両方を兼ねることができる点が魅力的です。

顔用制汗剤のおすすめ

TESARAN FACE 顔汗用 制汗 クリーム


Tゾーンのテカリや汗、化粧崩れなどにおすすめの顔用制汗クリームです。チャ葉エキスやハマメリス樹皮に加え、大豆エキス、キュウリ果実エキスなど4つの成分が優しく肌を整えてくれます。
また、医薬部外品として厚生労働省から制汗効果が認められている「パラフェノールスルホン酸亜鉛」が配合されており、汗腺にしっかりと蓋をして汗を抑えてくれます。

サラフェプラス


「パラフェノールスルホン酸亜鉛」が配合されているため、毛穴から出てくる汗をしっかりと吸着して流れないようにするとともに、嫌な臭いも抑えてくれます。

また、皮脂やテカリを抑える成分として9種類の植物由来成分を配合しているため、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

美肌を目指すためのスキンケアに特化した成分が豊富に含まれているため、毛穴の開きなどの肌トラブル対策として使うもおすすめです。

ビオレ UV さらさらフェイスミルク SPF50+/PA++++


ビオレシリーズならではのさらさらパウダー配合で、汗をかいてもべたつくことがありません。また、ミルクタイプなのに顔が白くなることもないため、化粧下地としてもおすすめです。

強い紫外線をカットしてくれる効果もあることから、ハリや弾力の低下を防ぐことができます。水や油に強いウォータープルーフタイプでありながら、軽いつけ心地で1日中さらさらが続き、しっかりとテカリを抑えてくれます。

皮脂や汗でテカリを抑えたい人だけでなく、強力に紫外線をカットしたいという人にもおすすめです。

薬用ノエミュ


国内産の医薬部外品として安心して使用できる顔汗予防ジェルです。汗を吸着して固め、臭いをとる効果もある「フェノールスルホン酸亜鉛」が配合されています。朝塗るだけで1日中、汗や皮脂によるテカリ、化粧崩れを防いでくれるため、メイク直しの回数も削減できるでしょう。

また、ワレモコウ、シャクヤクといった天然由来の植物成分配合で肌を優しくケアしてくれます。

サラフェ ミスト


品質にこだわるだけでなく、医薬品と変わらない厳しい水準で製造、管理された顔用制汗剤です。シュッと顔にひとふきするだけで、細かいミストが顔に密着して汗を抑えてくれます。メイクの上から使うことができるのも大きな魅力です。

また、制汗成分だけでなく保湿成分もたっぷりと配合されているため、肌に潤いを与えて皮脂の過剰分泌も抑えてくれます。さらに、持ち運びに便利なコンパクトサイズなので、いつでもどこでも気軽に使用することができます。

まとめ

おでこや鼻の周りなどの気になるテカリは、化粧崩れにもつながる厄介なものです。テカリの原因は、肌に水分が不足することで引き起こされます。乾燥肌の方だけでなく、脂性肌の方も、十分な保湿が必要となります。オイルフリーの化粧下地や、顔用制汗剤などを活用して、テカリのない潤いのある肌をキープしましょう。