ほうれい線やたるみを予防して若さをキープする方法とは?

加齢が進行していくと、ほうれい線やたるみが出てきてしまいます。これらによって、老けて見えてしまうため、改善を図っていく必要があります。日々のスキンケアは大切ですが、アンチエイジングを意識したスキンケアが重要です。また、表情筋を鍛えて、ほうれい線やたるみを改善していくことも必要になるでしょう。

こちらでは、ほうれい線やたるみの改善について確認していきましょう。また、これらのトラブルを改善するために役立つスキンケア商品を紹介します。

ほうれい線やたるみの原因別の対策とは


実年齢よりも老けて見えるのは、ほうれい線やたるみが原因の場合も多くあります。そのため、これらのトラブルを解消するには、対処法を知る必要があります。スキンケアに合わせて顔のストレッチも有効です。

まずは、ほうれい線やたるみの原因別の対策について説明します。原因は人それぞれ違っているので、自分に合った対策法を知るようにしましょう。

お肌の老化が原因の場合は保湿を念入りに

加齢によって肌が乾燥したり、酸化によって肌細胞がさび付いてきたりしてしまいます。これらを予防するためには、肌のターンオーバーを正常化させることが大切です。そのためには、乾燥しがちな肌に充分な水分と油分を補給し、角質層の奥まで潤いを与えていく必要があります。

水分と油分は、化粧水やクリームなどのスキンケア商品で補いましょう。少量ずつ肌に塗布し、手のひらでなじませていけば、肌の奥まで保湿を与えることができます。特に乾燥が気になる部位は、入念に行います。

表情筋の衰えが原因の場合はエクササイズを行う


加齢によって顔の表情筋が衰えてくると、ほうれい線やたるみで悩むようになります。そのため、表情筋を鍛えるエクササイズを行います。

短時間でもいいので、空いた時間を利用してエクササイズを行っていけば、無理なく行うことができます。大きな口で発音したり、ウンパニ運動を行ったりして、表情筋を鍛えていくと良いでしょう。

記事の後半で顔ヨガの方法を紹介しているので参考にして下さい。

脂肪の減少が原因の場合は無理なダイエットは行わないようにする

無理なダイエットによって肌の脂肪が減少し、それによってほうれい線やたるみができてしまうことがあります。この場合は、ダイエットの方法を改善していく必要があります。痩せるためにカロリーを極端に低くした食事を繰り返すなど、体に負担をかけ体調を崩してしまうような食事は避けましょう。

また適度に脂質が摂取できるような内容に切り替えていくといいでしょう。特に不飽和脂肪酸が多く含まれている青魚は適度に脂質が含まれているため、多く食べるようにしたいものです。またビタミンやミネラルをしっかり食事によって摂取できるようにすることも大切です。

ほうれい線やたるみの予防方法


ほうれい線やたるみがないと実年齢よりも若く見えます。これらのトラブルが生じないように予防を行うことが大切です。しかし、どんな方法で実行したらいいのかわからない方もいるでしょう。そこで、ほうれい線やたるみの予防に役立つ方法を説明します。

エイジングケアを行う

加齢によってほうれい線やたるみが出ることは多くあるものです。そのため、若い頃からエイジングケアをしっかりと行っていく必要があります。

エイジングケアに有効なのは、エイジングケア用のスキンケア商品を使用することです。加齢によって減少しがちなコラーゲンやヒアルロン酸を含んだものを使い、老化を抑えることで、ハリのある肌をキープすることができます。

食生活を改善する

食生活が乱れていると肌の老化が進み、ほうれい線やたるみができやすくなります。健康的な食生活を送っていくことが大切になります。

必要な栄養素を万遍なく摂取できる内容にし、栄養の偏りが生じないようにしましょう。1日三食バランスよく食べることで、栄養の偏りを避けることができます。

間食が多い方も減らすようにしましょう。お菓子やジュースには、糖分が多く含まれているため、脂肪になりやすいだけでなく、老化の原因となる活性酵素が発生しやすいと言われています。心あたりがある方は、自分の食生活を見直すようにしましょう。

適度な運動を行う


適度な運動はストレス解消に役立ちます。ストレスが多く溜まると体内で活性酸素が生じ、体の老化が進行します。これによって肌の老化も進行しますから、ほうれい線やたるみが起こりやすくなります。

こまめにストレスを解消し、老化の原因となる活性酸素を体内で生じさせないためにも、できるだけ毎日歩いたり、ストレッチなど無理のない運動を実行していくことも大切です。

顔ヨガでほうれい線やたるみを改善

顔ヨガは顔の表情筋を鍛え、ほうれい線やたるみを防ぐことができます。顔ヨガはどこでも気軽にできますし、体力がない方でも気軽に取り組むことができる方法です。そのため空いた時間を利用して、顔ヨガを毎日行うようにしてください。

頬を吸い込んで唇を閉じキープする

頬はたるみが起こりやすく、ほうれい線が出やすい部位です。そのため、これらの肌トラブルが起きないように、頬の運動を行うようにします。頬を吸い込んで、唇を閉じた状態を10秒間キープします。これを3回行います。頬の筋肉を効果的に鍛えることができ、ほうれい線やたるみの予防に対しては非常に有効です。

唇を閉じたり開いたりする


誰でも気軽にできる顔の運動として、閉じた唇を開閉する方法があります。簡単にできますし空いた時間を活用できるため、無理なく継続して行うことが可能です。唇の開閉を20回行います。20回を1セットとして行い、合計3セットを1日に行うようにしてみてください。

コツとしては大げさに唇の開閉を行うことが挙げられます。そうすることでより唇の周囲の筋肉を鍛えることができます。

頬の内側から舌先をほうれい線に沿って円を描く

誰にも知られずに顔のストレッチを行うための方法として、頬の内側から舌先を、ほうれい線に従って円を描くように動かす方法です。これは顔の筋肉を効果的に鍛えていくことができる方法です。座った状態でできるためおすすめです。20回円を描く運動を1セットとして行い、1日に3セット実行するのが基本です。

舌先で歯の裏側部分の歯茎をなぞるように動かす

舌先で歯の裏側部分の歯茎をなぞるように動かす方法も顔のストレッチのために有効です。この運動では、時計回りと反時計回りでそれぞれ5回ずつゆっくりと行うやり方をお勧めします。それぞれ5回ずつ1セットして行い、1日に3セット実行することが基本となります。

ほうれい線やたるみのケアにおススメの化粧品

ほうれい線やたるみがあると、実年齢よりも老けて見えてしまいます。そのため、これらの症状をスキンケア商品によって改善していくことが大切です。いろんな商品がある中で、特におすすめの商品を見ていきましょう。

ドクターシーラボ エンリッチリフト スリーピングマスク フェイスマスク


簡単ケアで、十分なスキンケア効果を実感できるフェイスマスクです。塗って寝るだけで、翌朝にはお手入れが完了してしまいます。睡眠中の肌サイクルに着目したケアマスクとなっており、睡眠中に有効成分が肌の奥まで浸透します。

そのため、時間がない方でも気軽に使用することができます。

ドクターシーラボ アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX

軽い使用感のゲル状の商品です。フェイスストレッチ成分が配合されており、肌表面を引き締めてくれます。また、リフトケア成分が肌をふっくらと弾力性のある状態をキープしてくれます。肌への刺激も少ないため、敏感肌の方でも使用できます。

エンリッチリフトUPローション


成分が浸透しやすいように、角質をやわらかくし、その上で美容成分を浸透させてくれる商品です。透明感があり、ふっくらとした肌に導いてくれます。肌の乾燥が気になる方でも、十分な保湿力で満足感を得ることができます。

まとめ

ほうれい線やたるみは表情筋を鍛えるストレッチと、スキンケア商品を中心にした方法で改善と予防が可能です。日々の努力によって、いつまでも若々しい肌をキープしていくことができます。また、健康的な食生活も重要で、栄養をしっかり補給できるようにすることも大切です。