【手相占い】恋愛線で占う恋愛事情8パターン

手相占いに興味を持っている女性は少なくないでしょうし、自分の手相がどのような手相なのか気にしている方も多いと思います。手相によって分かることはたくさんありますが、実は恋愛の傾向なども分かると言われています。手相には恋愛線と呼ばれる線があるのですが、この線の長さやパターンによっていろいろな恋愛事情が見えてくるのです。そこで、ここでは恋愛線の概要やそこから見えてくる恋愛事情のパターンなどについてお話しましょう。

恋愛線とは?

手のひらにはいくつもの線がありますよね。シワのような線がいくつもあるのですが、この線を観て占うのが手相占いです。代表的な線だと運命線や感情線といったものがありますが、恋愛線とはいったいどこにあるのでしょうか。ここではまず恋愛線の基本的な知識を身につけましょう。

感情線から生命線へ流れる線


手のひらの上部を横切っている線が感情線です。もっとも有名な手相の一つでもある感情線ですが、その感情線から生命線へ向かって流れるように通っている線が恋愛線と呼ばれる手相です。恋愛線は2本ほどあるケースが多いですが、人によっては1本しかないようなこともあります。また、人によっては恋愛線そのものがないというパターンもありますから注意が必要ですね。非常に薄かったり、短い、長いなどさまざまなパターンがあります。

自分が恋愛に夢中な時期に現れる


手相はその人が今どのような状況にあるかを教えてくれます。置かれている状況によって手相が変わることはよくありますし、手相占いを生業とする占い師だとその変化を見て占っているのです。恋愛線は自分が恋愛に夢中になっているような時期に現れる線だといわれていますから、この線が現れている、目に見えるということはアナタ自身が恋愛に夢中になっている証でもあります。恋人ができたばかりで毎日ウキウキしている、そんな方には恋愛線がきっと現れているでしょう。

15歳以降の恋愛がわかる

恋愛線でどのようなことが分かるのかというのはもっとも気になるところでしょうが、恋愛線を見ることによって15歳以降の恋愛がわかると言われています。15歳以降だと恋愛に夢中になることはよくあるでしょうし、恋愛傾向がわかるのはメリットかもしれませんね。しかも、恋愛線はミリ単位で年齢を測れるともいわれています。

20歳頃までは短めの線になりがち

恋愛線は20歳くらいまでは短めの線になりがちです。もし今アナタが10代だったとするとまだ恋愛線はそこまで長くなっていないかもしれませんね。もちろん、これは絶対というわけではなくあくまで傾向の話です。人によっては10代でも長い恋愛線が現れるということがありますし、20歳を過ぎているのにいつまで経っても恋愛線が短いというケースもあります。

恋愛線の8パターン

ここからはいよいよ恋愛線のパターンと恋愛事情について見ていきたいと思います。自分の恋愛線がどのようになっているか確認しながらチェックしてくださいね。もちろん、ここに当てはまらないような恋愛線の方も中にはいるでしょうが、基本的にはここでご紹介するパターンが多いです。

こちらで紹介する8つの恋愛線

以下で、それぞれの意味や暗示していることについて紹介していきます。

線が太い:相手への想いが強い

恋愛線が太い場合は相手への想いが強いということを表しています。太くはっきりと恋愛線が刻まれているようなケースもありますが、このような手相だと相手に対して強い想いを抱いています。すでに恋人がいるという方だとパートナーの方に対して非常に強い想いを持っていますし、この人以上に愛せる人はいない、とまで想っているかもしれませんね。相手に対する想いの深さ、大きさが太い恋愛線という形で現れています。

線が長い:相手への想いが強い

恋愛線が長い方もいます。20歳以上の方だと恋愛線が長く伸びているようなパターンもあるのですが、これも相手への想いが強いということを示しています。好きな人、付き合っている人がいる場合だとその方に対してとても大きな愛情を抱いていることを示しているというわけです。片想いしている相手がいる場合にも恋愛線が長く伸びてしまうことはあるようです。

感情線より上から流れる線:運命的な出会い

恋愛線は感情線から生命線に向かって流れるように伸びていますが、感情線の上から生命線に向かって伸びているようなこともあります。このような恋愛線のパターンも決して珍しくはないのですが、これは運命的な出会いを示唆しています。運命的な出会いを求めている方は多いでしょうから、もしこのような手相が見られたときはチャンス到来かもしれません。もう少し待ってみると良い結果が訪れる可能性があります。

二股に分かれる線:2人から好かれる

恋愛線が二股に分かれているというパターンではどうなのでしょうか。実はこうした恋愛線が出ている方も多いのですが、このパターンだと2人の異性から好かれることを示しています。何か心あたりのある方もおられるかもしれませんね。2人の異性から同時に告白されたり、好意を抱かれることを示していますし、ある意味モテ期が到来したことを示しているとも受け止められます。どちらを選ぶかで迷ってしまうかもしれませんね。

生命線を横切る線:出会いの大チャンス

生命線を横切っているような恋愛線だと出会いのチャンスを示唆しています。恋人が欲しいものの出会いがない、と嘆いている方も少なくないでしょうが、このような恋愛線がある方だと出会いのチャンスが待っています。しかも、出会いの大チャンスと言われていますから、近い将来素敵な異性と運命的な出会いを果たすことができるかもしれません。積極的に出会いの場に足を運ぶなどしているとさらにチャンスは大きくなるかもしれませんね。

生命線まで届かない線:片想いが多かった10代

恋愛線は生命線まで届いていることが多いですが、10代の頃だと割と短いことが多いです。これについては先ほどもお話したと思いますが、恋愛線は20代から長くなる傾向にあります。生命線まで届いていないような恋愛線のパターンもあるのですが、これは片想いが多かった10代の恋愛事情を示しています。今手相を見て納得している方もいるかもしれませんね。恋人がいて充実した10代を送っていたような方だとこのような恋愛線にはならないことが多いです。

恋愛線に島がある:異性とのトラブルに発展


恋愛線に島と呼ばれる手相がある方は要注意です。このような島が手相に現れることは珍しいことではないのですが、恋愛線に現れた場合だと異性とのトラブルに発展してしまう可能性を示唆しています。もし心あたりがある方は今から注意したほうが良いですね。それがどのようなトラブルなのかまでは知る由もありませんが、日ごろから注意を怠らないようにしましょう。できることなら異性とのトラブルなど避けたいですよね。

線が途切れ途切れ:恋愛への影響はない


恋愛線が生命線まできれいに一本の線で流れているようなパターンもあれば、途切れ途切れになっているような恋愛線もあります。こうした恋愛線だといかにも恋愛に悪影響がありそうな予感がしてしまいますが、果たしてどうなのでしょうか。実は、このような途切れ途切れの恋愛線だと恋愛への影響はないということを示しています。特に恋愛において影響を与えることはありませんし、大して気にすることもありません。ある意味当たり障りのない手相ともいえます。

まとめ

恋愛線の概要やパターンから見る恋愛事情についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。恋愛線の長さや太さなどを見ることで、自分が今どのような恋愛をしているかも何となく見えてきます。もちろん手相がすべてというわけではありませんからあまり気にしすぎるのもいけませんが、知っておくと今後恋愛に役立つかもしれませんよ。また、恋愛線の状態がイイからきっと素敵な恋愛ができる、と何も努力しなくなってしまっては本末転倒です。自分自身を磨いて素敵な出会いが実現するような努力も続ける必要がありますよ。