結納と顔合わせの違いは?顔合わせ食事会で準備すべきこと

「結納って何?顔合わせとは違うの?」と疑問に感じている方はいませんか?結婚までのプロセスとして結納や顔合わせがありますが、この2つの違いを詳しく理解している方は意外に少ないでしょう。結納ではいったいどんなことをするのか、顔合わせの食事会では何を準備していいかも分かりませんよね。

そこで、ここでは結納と顔合わせの違い、顔合わせの食事会で準備すべきことなどについてお話します。

結納と顔合わせの違い

もしかすると結納と顔合わせを同じように考えている方もいるかもしれませんが、結納と顔合わせではさまざまな違いがあります。知らないと恥をかいてしまうかもしれませんからしっかりと覚えておきましょう。

儀式的なご両家の挨拶が結納


結納は日本古来より行われてきた伝統的な儀式です。新たな婚姻関係を結ぶために行われ、古くは男性の家族が女性の家に酒や肴を贈り、女性とその家族は料理でおもてなししていました。もともとは酒肴を贈っていましたが時の流れと共に変化し、花嫁衣裳や装身具を女性の家に持っていくようになったのです。

結納は両家の結びつきを祝い贈り物を納め合うという意味があります。また、結納は地域によってしきたりが変わってくるため注意しなくてはなりません。大きく分けると関東式と関西式となります。関東式は質素で関西式は豪華と言われますが、これは関東が武家を源流とし、関西は公家の流れを汲んでいることが理由でしょう。

また、結納には正式と略式という2つのスタイルがあります。正式結納だと仲人を立てることが特徴ですね。仲人が両家の橋渡しとなり9品目の結納品や結納金などを家に届けます。略式結納だとどちらかの家、もしくは料亭やホテルなどで両家が集まって結納を行います。略式だと結納品の数も減らし簡略化していることが特徴と言えるでしょう。

要するに結納は「結婚の約束をしてこれから両家が家族になるわけだから品物やお金を贈りあって結びつきを強くしようね!」ということです。ざっくりしすぎかもしれませんが、かなりかみ砕くとこのようにまとめられます。結納を済ませるということは結婚の約束を公に交わしたということでもあります。

顔合わせは形式のないご両家の挨拶


顔合わせは両家が集まって挨拶を交わすことです。結納のように決まった形式がありませんから気軽に行えることが特徴と言えるでしょう。進行のルールや絶対に用意しなくてはいけないものが明確に決まってもいません。

顔合わせのみというケースは増加中

現在では結納をせずに顔合わせのみというケースも増加中です。結納をするとなるといろいろ準備も必要となりますし、結納金や結納品の取り交わしなどもあります。こうした形式ばったことが嫌いという方も多いですし、両家の顔合わせだけで済ませてしまうというケースはとても多いです。これからも顔合わせのみというケースが増えていくのかもしれません。

顔合わせの役割

結婚は2人だけのことではなく家同士のことです。婚姻関係を結ぶということは相手の方だけでなくそのご両親やご兄弟とも家族になるということです。結納はしなくても今後のことを考えて顔合わせはしておいたほうが無難でしょう。

最近では結納を行うことが少なくなってきている、というのは先ほどもお話しました。そのため、現在では結納の代わりとして顔合わせが主流となってきています。

結婚で一番大切なのは2人の気持ちですが、相手の家族とも姻戚関係となるのですから両家が親睦を深める必要もありますよね。顔合わせはこうしたお互いの両親の親睦会のような役割もあります。親睦を深めることで結婚もスムーズにいくでしょうし、結婚してからも良い関係性を築くことができるでしょう。

顔合わせ食事会で準備すべきこと

顔合わせの食事会ではいろいろと準備すべきこともあります。日程が近くなってからバタバタしてしまうと何かしらやらかしてしまう可能性もありますから、ぜひここで準備すべきことを覚えておきましょう。

地域:ご両家の中間地点か女性側の地元

顔合わせの食事会を行う場所は両家の中間地点、もしくは女性側の地元が無難です。両家の中間地点だと家同士が離れていても出てきやすいメリットがあります。男性の地元で行うこともありますがケースとしては少ないでしょう。

ただし、一方的にどちらかの地元で行うと決めてしまうとトラブルの元になります。これから結婚しようとしているのに両家が揉めてしまうのは望ましくありません。トラブルにならないためには両家できちんと話し合って決めるのがいいでしょう。

会場:レストラン・料亭

結婚式 レストラン
顔合わせは特にこのようにしなくてはいけないという形式がありません。そのため、どのようなスタイルで顔合わせをしても基本的には問題ないでしょう。どちらかの家で顔合わせを行うこともありますが、一般的には食事会のような場を設けることが多いです。

とりあえず挨拶できればどこでもいい、という考え方はNGです。一般的にはレストランや料亭で顔合わせの食事会を行いますが、周りの目を気にせずに会話できるのがベストです。そう考えると個室のあるレストランや料亭を選んだほうが無難でしょう。個室なら両家でじっくりと会話ができます。

また、賑やかすぎる、高級すぎるお店などは避けてください。賑やかなお店だと落ち着いて歓談できませんし、高級すぎるお店は食事マナーに気を遣いすぎて楽しく会話できない可能性があります。顔合わせの食事会は両家の親睦を深めるために行うのですから、そこを意識したお店選びが必要となります。

出席者のスケジュール:新郎新婦とお互いの両親

出席者のスケジュールを確認しておく必要があります。顔合わせでは両家のご両親と自分たちが参加することになりますが、兄弟や祖父母が参加することもあります。これは地域によっても違ってきますから、ご家族に相談したほうが良いでしょう。事前に誰が出席するのか、日取りや時間帯に問題はないかといった部分を確認してください。

日時:挙式3~6か月前の大安・先勝・友引

顔合わせを行う日時は挙式の3~6ヶ月前くらいになります。あまり前過ぎてもいけませんし、ギリギリになりすぎるのもNGです。とりあえずこれを目安にしておけば問題ありません。

また、できれば大安や先勝、友引などに行うようにしてください。「大安」「友引」「先勝」「先負」「赤口」「仏滅」を六曜といいます。中国から伝わった占いを起源とする六曜は吉凶を表しています。この中で吉日、祝い事に向いていると言われるのが大安や先勝、友引なのです。

逆に祝い事に向かないのは赤口、仏滅です。赤口はやることなすこと凶になる日と言われ、仏滅は六曜の中でもっとも凶とされています。これらの日に顔合わせの食事会を行うのは望ましくありませんから注意してください。

費用相場:食事会は1万円、婚約記念品は30万円

気になる費用相場ですが、食事会は1人あたり5千円~1万円ほどを見ておけば大丈夫です。そこまで豪華にしすぎる必要はありません。婚約記念品は30万円くらいが相場となっていますが、あくまでこれは相場です。実際にはもっと少ないケースもありますし、婚約記念品がないこともあります。

食事会の支払いは両家で折半するケースが多いです。以前は男性側が支払うことが多かったですが、近年では折半が一般的です。結婚する2人が両親を招待するという形にして、2人が費用を負担することも増えてきています。このようにしたいときにはあらかじめ両親にその旨を伝えておきましょう。

手土産:菓子折りが基本


両家の挨拶となる顔合わせには手土産も必要になります。この手土産に何を選ぶかは悩みどころですが、定番は菓子折りです。焼き菓子だと日持ちしますし家族で分けてもらえるためおススメですね。バウムクーヘンやもなか、どら焼きなども縁起が良いと言われています。

  • バウムクーヘン:見た目が木の年輪のように見えるため末永い幸せ、永遠の愛を連想すると言われています。
  • もなか・どら焼き:どちらも二つの生地が重なり合った食べ物ですから両家の結び付きにつながると言われます。

菓子折りを手土産とするなら相手の家族が何人いるのか、両親の好みは何かといったことも調べておくことです。手土産は相手に喜んでもらうのが基本ですし、家族全員でお菓子を味わってもらうことを考えましょう。

服装:衣装の格を合わせる


服装にも注意点があります。顔合わせは気軽に行うことができますが、だからといってラフな恰好でイイということにはなりません。あまりにもカジュアルすぎる格好だと非常識と思われてしまいますから注意してください。

では、どのような格好にすればいいのかということですが、基本は衣装の格を合わせることです。フォーマルな服には正礼装、準礼装、略礼装という3つの格があります。以下にまとめてみました。

  • 正礼装:正礼装はもっとも格式の高い服装です。男性の正礼装は昼がモーニングコート、夜はテールコートになります。女性の正礼装は昼がアフタヌーンドレス、夜がイブニングドレスです。
  • 準礼装:正礼装に準ずる装いが準礼装です。男性だと昼がディレクターズスーツ、夜がタキシードとなり、女性だと昼がセミアフタヌーンドレス、夜はディナードレス、カクテルドレスになります。
  • 略礼装:格式ばらないシーンでの装いとなります。男性だとブラックスーツやダークスーツ、女性はワンピースやツーピース、アンサンブルが基本です。略礼装は昼夜を問わず着用できることも覚えておきましょう。

フォーマルファッションのルールでは格を合わせます。顔合わせの食事会でも服装の格を合わせますが、多くのケースでは略礼装で男性がブラックスーツ、女性はワンピースやアンサンブルスーツを選んでいます。カジュアルにするのかそれともフォーマルにするのか、そこも両家の意見を聞きつつ調整してください。

まとめ

結納と顔合わせはどちらも両家が揃って挨拶を行うという点では同じですが、顔合わせのほうが決まった形式がない分気軽に行えるというメリットがあります。結婚して相手のご両親とも家族になることを考えれば顔合わせの食事会はしたほうがいいですね。

食事会を行う地域や場所、日時などはなるべく両家で相談して決めてください。手土産の選び方や衣装の格を合わせるといったこともきちんと覚えておきましょう。両家の絆をより深められる顔合わせの食事会になるといいですね。