胸を大きくするマッサージ・ツボ押し・エクササイズ10選

「女性らしい魅力的な胸になりたい」と思っていませんか?もしそう考えているのならこの記事はきっとあなたのお役に立てるでしょう。ここでは

  • 胸が大きくならなかった原因
  • 胸を大きくするポイント
  • 胸を大きくするための育乳マッサージ
  • ツボ押し
  • エクササイズ
  • 胸を大きくするためのおすすめ食材
  • 胸を大きくするための生活習慣

をご紹介します。

胸が大きくならなかった原因


今までいろいろなことを試してきたけどまったく胸が大きくならなかった、という女性は多いと思います。では、どうして胸が大きくならなかったのでしょうか。ここでは胸が大きくならなかった原因について見てみましょう。

遺伝

胸が大きくならない原因の一つとして考えられるのは遺伝です。親から子に遺伝するのは身長や体質と言われていますが、胸の大きさも親から受け継いでしまうことがあります。

ただ、この分野に詳しい医師の話によればバストサイズが遺伝する確率は30%程度だと言われています。つまり、胸の大きさを決定づける要因は遺伝だけではないということです。

思春期のストレス

女性の胸は思春期から成人期にかけてたくさん女性ホルモンが分泌されることで大きくなります。つまり、女性ホルモンの分泌量が少ないと胸が大きくならないのです。女性ホルモンの分泌を妨げる原因の一つはストレスです。

思春期は受験や人間関係などただでさえストレスを受けやすいと言えます。この時期に過度なストレスに晒されたことによって女性ホルモンの分泌が妨げられ、結果的に胸の成長に影響を与えてしまうということです。

不規則な生活


生活が不規則だと胸が成長しないことがあります。特に睡眠の質が落ちると女性ホルモンの分泌量に影響すると言われています。また、女性ホルモンは睡眠中に分泌されるため、睡眠不足になると自律神経のバランスが崩れ結果的にホルモンの分泌量に影響してしまいます。

胸を大きくするポイント

ここでは効果的に胸を大きくするために押さえておきたいポイントについてお伝えしたいと思います。

大切なのは

  • 女性ホルモンの分泌
  • 血行の促進
  • 胸への栄養補給
  • 大胸筋を鍛える

ことです。詳しく見てみましょう。

女性ホルモンの分泌を促す

胸を大きくするためには女性ホルモンの分泌を促す必要があります。よく、彼氏ができると胸が大きくなるといった話を耳にしますよね。あれはあながち間違いではなく、彼氏ができることで女性ホルモンがたっぷり分泌されるからです。女性ホルモンを活発に働かせるために彼氏作りに励むというのもイイかもしれませんね。

血行を促して胸に栄養を送る


胸にたくさんの栄養を送らないと胸は成長しません。食生活が乱れていると胸が大きくならないというのは胸の成長に必要な栄養が足りていないからです。また、たくさん栄養を摂ったとしてもそれをしっかり胸に送ることができないと意味がありませんから、栄養を送るためには血行を促さなくてはなりません

バストアップが目的の血行促進なら胸と骨盤周りを中心に行います。胸に栄養やホルモンが巡ってきたときにより効果が出やすくなり、骨盤の血流を良くしてあげると女性ホルモンの分泌が盛んになると言われています。方法としてはマッサージやウォーキング、入浴などが挙げられます。

大胸筋を鍛えて胸を大きく見せる

大胸筋を鍛えることで胸を大きく見せることができます。いわゆるバストアップのエクササイズだとこの効果を狙ったものが多いのではないでしょうか。

ただし、あまり鍛えすぎてしまうと胸が逆に小さくなってしまうこともあります。そのため、どの程度のエクササイズを行うかが重要となってきます。

育乳マッサージ・ツボ押し・エクササイズ10選

ここでは育乳に効果的だといわれているマッサージやツボ押し、エクササイズなどをご紹介したいと思います。どれも簡単に取り組めるものばかりです。

バストアップマッサージ


女性のあいだでよく行われているバストアップマッサージです。動画では脇から胸、肩甲骨から胸にリンパを流すマッサージなどを紹介しています。女性が分かりやすくコメントを口にしながら実演していますから分かりやすいです。リンパを流す際の注意点についても触れていますから正しい方法を学べますよ。

顔のむくみも解消するバストアップマッサージ


バストアップしながら顔のむくみを解消できると話題のマッサージです。マッサージクリームを使った方法を紹介しており、どのようなクリームを使用しているかも解説しています。デコルテ周りや耳の下を中心にマッサージする方法がメインで、どれくらいの時間行えばいいかも教えてくれます。

美乳マッサージ


巨乳よりも美乳になりたい、と考える女性も少なくありません。ある程度の胸の大きさがある女性だとこれ以上は大きくならなくていいから美しい胸にしたい、と考えるものです。動画で紹介しているマッサージはたった1分で行えるため時間のない方にもおススメですね。全部で4つのマッサージ方法をマスターできますよ。

天溪のツボ押し


天溪は乳腺を発達させる効果があるといわれるツボです。乳腺を太くすることで脂肪の量が増え、バストアップ効果が期待できます。天溪は胸の外側、乳首と同じラインにあります。バストとボディの境目部分で左右に一つずつあり、押して少し痛みを感じるところがツボです。

動画では天溪のある場所や押し方、注意点やマッサージを行うときのコツについても紹介しています。

壇中のツボ押し


このツボはみぞおちのやや上あたりの体の中心部にあります。やや痛みを感じるところがツボのあるところです。女性ホルモンが胸の発育に大きな影響を及ぼしているのは先ほど言った通り。

壇中は女性ホルモンを活発にする効果があると言われているので、刺激することで女性ホルモンの分泌を促し、バストアップが期待できます。

乳根のツボ押し


乳根はリンパの流れを促進するといわれているツボ。バストトップから指2本分くらい下にあります。リンパの流れを促進するためむくみ解消にも効果が期待できるので、覚えておきたいですね。リンパの流れを良くすることで胸に栄養をしっかりと行き渡らせることができるだけでなく、女性ホルモンの分泌を促す効果も期待できます。

動画ではより詳しく乳根の場所を説明し、ツボ押しの実践解説も行っています。ツボ押しのタイミングや注意点にも触れているので分かりやすいです。

簡単バストアップストレッチ


肘を伸ばすストレッチで、手の平を太ももにつけてひっくり返すだけです。普段手をよく使う方だと手に捻じれが生じ、それが二の腕や肩甲骨に影響を与え胸の成長も妨げると言われています。ストレッチを行うことで手をゆるめ、結果的にバストアップが期待できます。

お風呂上がりなど体が柔らかくなっているときに行うとなお良いです。お風呂上がりだと血行も良くなっていますし、よりストレッチの効果が高くなると考えられます。

二の腕も引き締めるバストアップエクササイズ


このバストアップエクササイズの魅力は二の腕を引き締める効果も期待できるということです。二の腕がたるんでいるとどうしてもだらしない体に見えてしまいますから、引き締め効果が期待できるのは嬉しいですね。

エクササイズは四つん這いになり腕立て伏せのような体勢で行います。そのまま胸をゆっくりと床に近づけ、ゆっくりと元に戻していきます膝をついた状態での腕立て伏せをイメージすると分かりやすいですね。

バストアップ腕立て伏せ


腕立て伏せを行うことで大胸筋を鍛えることができます。この方法では一般的な腕立て伏せと違い、キッチンを使っていることが特徴です。腰ほどの高さのキッチン台の角に手をつき、その状態で腕立て伏せを行います。体を沈めたときに背中を肘よりも内側に入れるのがポイントです。

垂れた胸のハリを戻す腕立て伏せ


膝をついて行う腕立て伏せです。手は肩幅よりもやや広くして構えてください。この体制で鼻からゆっくりと息を吐きながら肘を曲げていきます。ぐっと体を沈め、あごが床につきそうになったらその状態で1~2秒静止し、鼻から息を吸いながら元に戻していきます。行うときは胸の筋肉を意識しながら行いましょう。

胸を大きくするための食生活

胸を大きくしたいのなら食生活にも気を付けましょう。エクササイズやマッサージを行うだけでもバストアップは期待できますが、食生活に気を遣うことでよりバストアップ効果も高くなります。

鶏肉


バストアップに良いといわれている食材の一つが鶏肉です。鶏肉に含まれる豊富なたんぱく質がバストアップに効果的だと考えられているのです。また、鶏肉はほかの肉と比べて低カロリーなのでそれも嬉しいポイントですよね。たっぷりとタンパク質を摂取できる上にローカロリーなので太る心配がありません。

豆腐・豆乳

豆腐や豆乳がバストアップに良いという話を聞いたことがある方は多いと思います。豆腐や豆乳にもたくさんのタンパク質が含まれているので積極的に摂取することをおススメします。肉や魚のような動物性たんぱく質ではなく植物性のたんぱく質なのでさらにローカロリーですね。

また、豆腐や豆乳の原料となる大豆には大豆イソフラボンが含まれています。大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た構造なのが特徴です。乳腺の発達に欠かせない女性ホルモンと同じ働きがあると言われているので、バストアップ効果が期待できるというわけです。

キャベツ


キャベツに含まれる成分の一つがボロン。このボロンには女性ホルモンの分泌を促す働きがあると言われています。熱に弱い成分なので食べるときはなるべく生が良いでしょう。ボロンはキャベツ以外にもりんごやぶどうにも含まれます。また、キャベツには美肌作りに欠かせないビタミンCも豊富に含まれています。

チーズ

チーズに含まれる豊富なたんぱく質は女性ホルモンの分泌を促します。また、女性の胸の9割は脂肪でできていますが、チーズには脂肪分もたっぷり含まれています。胸を大きくするには脂肪分も欠かせない栄養なので、たんぱく質と脂肪分の両方を効率よく摂取できるチーズはバストアップに最適な食材と言えます。

胸を大きくするための生活習慣

胸を本当に大きくしたいのなら生活習慣にも気を遣いましょう。生活習慣が乱れているとバストアップは見込めませんし、いつまで経っても魅力的なバストを手に入れることはできません。

早寝早起きを心がける

普段から夜更かしすることが多い、常に睡眠不足といった生活習慣だと成長ホルモンの分泌も少ないですし、バストアップは難しいと言えるでしょう。早寝早起きを心がけることによって成長ホルモンの分泌を促すことができ、バストアップに効果が期待できます。

普段から姿勢をよくする


バストアップと姿勢には大きな関係があります。特に猫背は筋肉のコリを招く原因となり、血流不良になることもあります。血流不良になると胸の成長に必要な栄養もきちんと運ばれてきません。また、猫背は胸を支える大胸筋の衰えを招きますからバストが垂れる原因にもなります。日ごろから意識的に姿勢を良くしましょう。

ナイトブラを装着する

胸を支えるクーパー靭帯が寝ているときに伸びないようサポートしてくれるのがナイトブラです。クーパー靭帯は一度伸びると元に戻らないので、ナイトブラをつけることで美乳を保つ効果が期待できます。

また、ナイトブラをつけることで寝ているときも胸周辺のリンパの流れが良くなります。リンパの流れが良くなると女性ホルモンも正常に分泌されるためバストアップに効果的だと言われています。

まとめ

胸を大きくするためのエクササイズやマッサージ、生活習慣などについてお話してきました。女性にとって大きく形のキレイな胸は憧れだと思いますし、そのような素敵な胸を手に入れることができれば自信もつきますよね。恋愛に対してもっと積極的にもなれるでしょうし、人生がすべてうまくいきそうな気すらするでしょう。

お金がたくさんあるのなら美容整形という手もありますが、ここでご紹介したエクササイズやマッサージ、生活習慣を実践することでバストアップすることは十分可能です。まずはここでご紹介したバストアップの方法をぜひ試してくださいね。