ブラジリアンワックスで気軽にセルフ脱毛を行う方法とは?

一般的に脱毛は、エステやクリニックで行うもので、セルフ脱毛ではカミソリや毛抜き、シェーバーを使った一時的な除毛がメインとなります。海外のセレブやモデルなどの間で話題となったブラジリアンワックスですが、日本ではレーザー脱毛に比べると、まだ認知度が低いといえるかもしれません。

しかし、セルフ脱毛を一度経験すると、キレイな仕上がりからクセになってしまうという人も少なくありません。そこで、ブラジリアンワックスの特徴やメリット、自宅で気軽にセルフ脱毛を行う方法などについて解説します。

ブラジリアンワックスのメリット


ブラジリアンワックスは、あらかじめ温めたワックスを脱毛したい部分に薄く塗って、シートを貼りそのまま剥がして脱毛するものです。

欧米では、以前からポピュラーな脱毛方法として知られています。ブラジル人女性が露出の高いビキニやTバックを着るために、VIOゾーンのケアとして使ったことから、ブラジリアンワックスという名前がついたという説もあります。

ケミカルピーリングでは薬剤を使いますが、ブラジリアンワックスで使用されるワックスは天然由来成分にこだわったものが多いため、肌へのダメージも軽減できるとされています。ブラジリアンワックスには、そのほかにもさまざまなメリットがあるのです。

肌に不自然な処理ではないから

ブラジリアンワックスによる脱毛は、毛根を死滅させる医療レーザー施術と違って、永久脱毛と呼べるものではありません。脱毛しても毛根を生きており、繰り返し脱毛することによって毛が生えてくるサイクルを遅らせることを目的としています。

毛根を死滅させない自然な施術となるため、肌へのダメージや副作用のリスクを軽減することができます。永久脱毛はやってしまうと取り返しがつかないこともありますが、ブラジリアンワックスによる脱毛は、放置すれば自然に毛が生えてくるので心配の必要がありません。

また生えてもチクチクしない


セルフ脱毛で、最も多いのがカミソリや毛抜きを使ったものです。肌の表面に出ている毛だけを処理するので、実際には脱毛ではなく除毛となります。カミソリで剃った後は、何日かすると毛が生えてきます。生え始めがチクチクするため、VIOゾーンでは不快な感じが続くことになるでしょう。

一方、ブラジリアンワックスでは、毛根から1度抜いて処理しているので毛が生えにくくなります。生えてきても先が細い毛になるため柔らかく、チクチクすることはありません。

レーザー脱毛ができない部分も処理できる

ブラジリアンワックスが欧米の女性の間で話題となった理由の1つに、金髪が医療レーザーの施術に向いていないという理由があげられます。レーザーはメラニン色素に反応させて永久脱毛を行うものですが、色素の薄い毛には反応しにくいという特質があります。

また、デリケートなVIOゾーンは医師であっても見せるのが恥ずかしいため、セルフ脱毛を選択するという理由もあるでしょう。ブラジリアンワックスでは、レーザー脱毛が苦手とする日焼け後の肌でも、産毛のような薄い毛でも脱毛が可能です。

ブラジリアンワックスを行う方法は2通り

セルフ脱毛には、脱毛テープや脱毛シートを使ってやる方法もあります。ワックスを塗って毛を剥がすという流れには変わりはありませんが、ブラジリアンワックスは脱毛したい部分だけに直接ワックスを塗ることができます。

このため、シートやテープがずれたり、不必要な部分まで貼ってしまったりしてムラができたりすることが少なくなります。

ブラジリアンワックスを行うには、エステサロンでプロに施術してもらう方法と自宅でセルフ脱毛にチャレンジする方法の2つがあります。それぞれにメリットやデメリットがあるので、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

サロンでプロに施術してもらう


日本ではまだ認知度がそれほど高くないブラジリアンワックスを初めてやるという場合は、エステサロンなどでプロにお任せすることをおすすめします。やり方をよく理解せず、セルフ脱毛するとうまく脱毛できなかったり、痛みや肌のダメージがあったりする可能性もあります。

ただ、ブラジリアンワックスではVIOのムダ毛処理も多くなるため、人にデリケートゾーンを見せたくないという方には抵抗があるでしょう。また、1回の施術費用が高額であることから、何度も通うとなると経済的な負担も大きくなってしまいます。

自らセルフ脱毛を行う


ブラジリアンワックスは気軽に自宅で行うこともできます。予約する必要もなく、夜中や早朝でも自分の好きな時間にできるのが大きな魅力です。

また、最近ではスターターキットなど、初めての方でも簡単にできるアイテムが全てセットになっているものも市販されています。サロンやクリニックでは数万円~数十万円かかる脱毛が、自宅でも1万円未満で済むこともあり、お財布にも優しいのが大きなメリットです。

ただし、正しいやり方やアフターケアをきちんとしないとキレイに脱毛できなかったり、肌にダメージを与えてしまったりすることがあるので注意が必要です。

ブラジリアンワックスの基本的なセルフ脱毛法

自宅でブラジリアンワックスを使ってセルフ脱毛するには、ワックスのほか、ストリップス、スパチュラ、ボディパウダーなどのアイテムを揃えておく必要があります。初めての場合は、全てのアイテムがセットになったスターターキットなどを使用するといいでしょう。

ワックスは、成分や硬度などによってさまざまな種類があるため、毛や肌の質に合わせて選ぶことが大切です。一般的に、1cm程度の長いムダ毛を脱毛する場合には水性や油性のソフトワックス、2mm程度の短い毛でも強力に脱毛できる油性のハードワックスに分けられています。

基本的なブラジリアンワックスのセルフ脱毛の手順をみていきましょう。

水分が残らないようにパウダーをしっかりとはたく


一般的なブラジリアンワックスでは、脱毛する毛の長さが1cmぐらいがベストであるとされています。長すぎても短すぎてもムラになってしまうことがあるため、前にカミソリを使って除毛している場合は、ある程度伸びるまで待ってから脱毛するようにしましょう。

ワックスは水分や皮脂、汚れなどが肌に残っていると、ムダ毛に絡みにくくなることがあります。キレイに脱毛するためには、洗って清潔にした後、水分や油分をしっかりと拭き取っておきましょう。

また、ワックスを塗布する前にパウダーをしっかりとはたいておくと良いです。肌の水分や油分を取り除くことができ、ワックスがムダ毛をキャッチしやすくなります。

毛の流れに沿ってワックスを少しずつ塗る


脱毛に使用するワックスは、硬すぎると塗りづらく伸びも悪くなり、痛みを感じることがあります。逆に、柔らかすぎてしまうと流れて毛に絡みにくくなります。少し硬めぐらいが粘着力も強くなり、脱毛しやすいでしょう。

ワックスの成分には、ハチミツなどの成分が配合されており、室温によって硬さに変化することがあります。ワックスが硬すぎる場合は、湯煎するなどして柔らかくしてから使うようにしましょう。

塗りやすくしたワックスは、脱毛したい部分に毛の流れに沿って、少しずつ毛の根元から均一になるように塗布しましょう。一度に広範囲に塗らないことがポイントです。

ストリップスを貼って密着させる


脱毛したい部分に均一にワックスを塗布するためには、指ではなくスパチュラというヘラのような道具を使うといいでしょう。ワックスを均一になるように脱毛部分に塗布したら、ストリップスというシートをのせて密着させます。

たとえ均一にワックスを塗っても、そのワックスがストリップスと密着しなければ、ワックスが肌に残ってしまい、うまく脱毛することができません。空気を含んでシワができないように、少しずつ空気を押し出すようにしながら丁寧に貼りましょう。

皮膚をしっかりと押さえて毛の流れとは逆方向にはがす

ワックスを塗った方向と同じにして、ストリップスを押しなでるように貼り、密着させたら剥がします。放置する時間は必要ないので、ストリップスをのせたらすぐに剥がすようにしましょう。

皮膚を片手でしっかりと押さえながら、別の手を使って、ワックスの塗った方向とは逆方向、つまり毛の流れと逆になるように剥がします。ストリップスの角度がつかないように、肌と平行になるようにしながら一気に剥がします。

痛みがあるからといってゆっくり剥がすと痛みを感じる時間が長くなり、脱毛にもムラができるので注意が必要です。

デリケートゾーンをセルフ脱毛する方法


脇の下や腕、脚などのムダ毛も気になりますが、女性のムダ毛処理したい部分として、常に上位に入るのはデリケートゾーンです。ブラジリアンワックスは、欧米の女性がVIOゾーンのケアをするために流行ったとされていますが、見た目の美しさだけでなく、デリケートゾーンを清潔に保つためでもあります。

女性は排出物のほか経血や分泌物などによって、デリケートゾーンに雑菌が繁殖しやすく、臭いや恥垢の原因にもなります。デリケートゾーンのムダ毛を処理することで、清潔に保つことができます。では、デリケートゾーンをセルフ脱毛するにはどうすればいいのでしょうか。

体調不良のときや生理中はヘアにワックスの使用を避ける

体調不良
デリケートゾーンの脱毛をする場合は、体調のよいときを選ぶことが大切です。特に生理中は、痛みが強くなったり、炎症が収まりにくくなったりすることがあるので避けるようにしましょう。

日頃からデリケートゾーンのケアをしている人は毛があまり長くないため、短い毛でも対応できるハードワックスを使用することがありますが、皮膚が薄いデリケートゾーンに与えるダメージが大きくなります。肌が弱い人は特に、1cm程度に生え揃うまで待ってからケアするようにしましょう。

ヘアにワックスが付かないようかきわけて塗る

一般的に腕や脚と比べるとデリケートゾーンの毛は長さ、太さがあります。ブラジリアンワックスは、毛根を抜くことで一時的な脱毛効果を得るものであるため、毛の途中や毛先にワックスを塗っても、毛の途中から切れるだけで毛根は残ったままとなります。

したがって、ヘアにワックスが付かないようかきわけながら、根元の部分にしっかりと塗布することが重要です。ブラシではなく、小さなクシを使うと根元部分に少しずつ塗布することができるでしょう。

Iラインは縦方向に行う


デリケートゾーンのなかでも、粘膜や薄い皮膚などが複雑に絡み合っているIラインは、セルフケアするのも難しい場所として知られています。シェーバーを使っても剃り残しがあり、カミソリではよく見えないことや傷つける恐怖からなかなか手を動かすことができません。

ブラジリアンワックスをする場合は、脚を開いて皮膚を縦に引っ張り、皮膚にたるみが出ないようにしながら塗布することがポイントとなります。ストリップスを貼ったら、横方向ではなく縦方向に剥がすようにしましょう。

Oラインは毛の流れを確認して行う

Oラインは粘膜にすぐ近い部分となるので、脱毛は慎重に行わなければなりません。また、Oラインの毛の流れは複雑で個人差もあるので、事前に毛の流れを確認しておくことが必要です。

鏡を使って毛の流れを確認したら、寝転んだ状態や体を丸くした状態になると脱毛しやすくなります。粘膜にワックスがつかないよう、ほかの部位に塗るときよりも少量にして慎重に塗るようにしましょう。

また、ストリップスもサイズに合わせて細かく切って使用すると、粘膜を刺激せずに行うことができるでしょう。

アフターケアの方法

ブラジリアンワックスのワックスに含まれる成分は、天然由来成分をメインに使用しています。肌の負担を軽減するように作られていますが、それでも脱毛後の肌は敏感になっているため、アフターケアは欠かせません。

ムダ毛と一緒に表皮層の一部が剥がれて乾燥しやすい状態になるため、脱毛後すぐは炎症や出血があることもあります。冷却、保湿を十分に行うようにしましょう。

また、毛穴が開いて皮膚が過敏感になっているので、バスタブに浸かったり、海水浴やプールに行ったりすることはやめましょう。

脱毛直後はしっかりと保湿する


ブラジリアンワックスで処理した後は、肌が炎症を起こしたり、少し出血したりすることがあります。出血や赤みを鎮めるために、冷やした清潔なタオルで冷やすことが大切です。

皮膚が落ち着いたら、乾燥しないように十分保湿するようにしましょう。その際、アルコールなどの刺激成分が配合されていない化粧水を使うことがポイントになります。油分が多いボディクリームなどは、肌の状態を悪化させることがあるので、使わないようにしましょう。

脱毛の一週間後はスクラブで整える


脱毛後、1週間ほど経過すると毛穴も閉じ肌が落ち着いた状態に戻ってきます。この段階になったら、スクラブを使ったアフターケアをします。ブラジリアンワックスでは、毛根から毛を抜くものですが、肌のなかに残った毛が皮膚の中で成長し埋没毛となる可能性があります。

埋没毛があると、その後も肌のなかでくるくると丸まって成長し続けてしまいます。これを避けるために、ボディスクラブを使って埋没毛のある部分を優しくなでるように洗ってケアします。スクラブを使うことで、埋没毛の原因となる古い角質を取り除くことができます。

おすすめブラジリアンワックス10選

無駄毛処理用 ブラジリアンワックスキット 紙不要

ムダ毛処理のなかでも、面倒で人に見られるのが恥ずかしいVIOゾーンは、サロンで脱毛すると高額な費用がかかります。しかし、このブラジリアンワックスキットは、ハードタイプでありながら、痛くなく簡単に処理できると評判です。

ワックスを塗る前に、付属のエピレーションオイルを塗布することによって、ワックスが肌に直接つくことを防ぎ、肌への負担を最小限に抑えることができます。また、ワックス自体が固まるため、不織布などの紙が必要のないエコな点も魅力です。

専門サロンのブラジリアンワックス アンジェリカワックス


エステサロンの専門的な脱毛を自宅で簡単に体験できるブラジリアンワックスセットとなっており、ワックスとビキニ用・ボディ用ストリップス、スパチュラ、ボディパウダーが含まれています。また、説明書も付属しているため、初心者の方でも簡単に脱毛ができます。

ワックスは輸入品ではなく、無添加で安心して使用できるように国内生産しています。天然素材で作られたワックスは、食べても害にならないほどの安全性が高く、VIOだけでなく全身の脱毛が可能です。

メンズ脱毛専用ラベル ブラジリアンワックス脱毛スターターキット


発売からわずか1年で10,000個を売り上げた大人気のメンズラベルのブラジリアンワックススターターキットです。100パーセントオーガニック成分であるだけでなく、安全・安心の国内生産であるため、肌への負担や脱毛後の副作用を心配せずに使用することができます。

国産のハチミツをたっぷりと配合しているため、脱毛後の肌もスベスベです。付属となっている消耗品も全てオリジナル商品であり、品質の高さには定評があります。メンズラベルですが、男性並みの剛毛で悩んでいる女性にもおすすめです。

ウォーマー付ブラジリアンワックス脱毛スターターキット8点セット


ハチミツ、レモン果汁などを成分とする無添加のシュガーワックスと、カーボンワックス、ホワイトオイル、香料などを成分とする無着色ワックスの2種類から、好みや目的に合わせて選ぶことができるスターターキットです。

ブラジリアンワックスに必要となるさまざまなアイテムが全て網羅されており、ワックスウォーマーまで付属しています。また、消耗品となるスパチュラやストリップスシートは、50枚~100枚と多く含まれており、コスパの面でも優れています。

専門サロンの初めてのブラジリアンワックス脱毛スターターキット


年間1万人が訪れるという人気サロンとコラボして作られた初心者のためのブラジリアンワックス脱毛スターターキットです。国産の高級原材料のこだわって作られた極上のワックス剤は、初めてで肌の負担が気になるという方にもぴったりです。

100パーセントオーガニックワックスが350g、そのほかにもスパチュラやストリップス、ワックスを塗布する前に使用するベビーパウダーなど、全てのアイテムが揃っています。また、イラスト入りの分かりやすい説明書が付属しているため、誰でも簡単に脱毛にチャレンジすることができるでしょう。

無着色油性ソフトワックス ブラジリアンワックス脱毛


デリケートな日本人の肌に合わせて特別に開発されたソフトワックスです。初めての方でも扱いやすい柔らかいワックスなので、肌のダメージが気になるという方でも安心して使用することができます。

また、着色料などの添加物も極力排除しているため、敏感肌の方でもアレルギー反応などが出ることがほとんどありません。柔らかい産毛、長めの毛、どのような体毛でもキレイに脱毛することが可能です。温めて使用するタイプのワックスなので、使用前には湯煎やウォーマーで温めて柔らかくして使用する必要があります。

無着色ハードワックス 敏感肌用 ブラジリアンワックス脱毛


ワックス自体が固まるタイプなので、ストリップスが必要なくエコタイプのブラジリアンワックスによる脱毛が可能です。ハードタイプなので、剛毛や長い毛でも対応でき体中のムダ毛処理に使うことができます。

合成着色料などの添加物を極力排除した敏感肌用となっているので、初めての方、脱毛後の肌のダメージが気になる方でも安心して使うことができるでしょう。使用する前に温める必要があるタイプとなっているため、湯煎やウォーマーで柔らかくしてから塗布するようにしてください。

ブラジリアンワックス レディース&メンズ スターターキット


ハチミツを主成分としているワックス、スパチュラ、ワックスペーパーがセットになった商品で、ブラジリアンワックスによる脱毛が初めての方でもよく理解できる説明書もついています。

日本人の男性に合わせて研究、開発されたワックスは成分調整がしてあるため、使用前に温める必要がありません。塗って、貼って、剥がすという3ステップで太くて長い剛毛でもキレイに脱毛することができます。男性を対象とした商品ですが、剛毛で悩む女性でも安心して使用することができます。

ブラジリアンワックス メンズ専用 初めてのブラジリアンワックス


定期的に繰り返し使用することで毛を薄くすることができる大容量500gの無添加ワックスです。成分調整された水溶性のワックスは扱いやすくウォーマーなどを使用しなくても、そのまますぐに塗布することができます。

ブラジリアンワックスの脱毛に必要なアイテムが全て揃っており、脱毛後のアフターケア用のオイルまでついています。メンズ脱毛専用ラベルとなっていますが、女性の方でも安心して使用できます。

ブラジリアンワックス専門サロンのおすすめアフターワックスジェル


ブラジリアンワックスで重要となるのが、脱毛後のアフターケアです。このアフターワックスジェルは、自然素材を100パーセント使用しており、保湿効果のある植物エキスがたっぷりと配合されています。

また、炎症を鎮める成分も配合しているため、デリケートゾーンの脱毛で炎症が生じた場合のケアにも、安心して使用することができます。パラベンやシリコン、合成着色料なども一切使用していないのも魅力的といえるでしょう。

まとめ

医療レーザーによる永久脱毛は、完全に脱毛することができますが高額な費用がかかるとともに、脱毛部分を後悔しても取り返しがつかなくなります。

一方、ブラジリアンワックスは、毛根から1度抜く方法で脱毛するものの、後からまた新しい毛が生えてくるため肌に自然で、失敗しても問題はありません。水着を着る必要があるなど、即効性が必要となる場合でも気軽に脱毛ができます。

全てのアイテムが揃ったスターターキットなどを使えば、初心者でもセルフ脱毛が可能です。ブラジリアンワックスのセルフ脱毛で、ツルツル素肌を手に入れてみませんか。