【手相占い】恋愛事情がわかる13の手相

これまでテレビや雑誌の血液型占いや誕生日占いなどで、つい自分の運勢を確認してしまうことがあったかもしれません。時にそれが一日の励みになったり、気をつけるポイントになったりと、人によって捉え方は様々です。

そうした様々な形で目にする占いの中で、身近に感じやすい占いの一つに手相が挙げられます。この手相について、気になる部分に焦点を当てて紹介していきます。

手相で恋愛運・恋愛時の性格がわかる

人を好きになると、相手のことを知りたいと思うと同時に、自分の恋の行方、恋愛の運命はどうなのだろうと気になってしまうものですよね。自分と相手の行く末を紐解くため、様々な占いを試してみることがあるかもしれません。

そんな占いの中でも身近でありながら、ダイレクトに自分の手を見て占う手相占いで、これからの恋愛運や互いの性格を確認することができます。

手相でわかる13の恋愛事情

実は手相は過去から積み重ねてきた統計学から成り立っています。占いとはいうものの、統計から導き出された傾向は、高い確率で人を分析することができるようになっているのです。

ここでは手相を恋愛関連に絞って紹介していくので、自分の手相と照らし合わせて、今の恋愛を探る手段となれれば幸いです。

この項目では、以下の13のパターンについて説明していきます。

  • 上向きの結婚線
  • 運命線に沿う影響線
  • 親指の付け根のスター線
  • 感情線と生命線の間の支線
  • 金星環がある
  • 太陽線がある
  • 鎖状の感情線
  • 小指の付け根から切れ切れの線
  • 人差し指と中指の間に伸びる感情線
  • 三奇紋(覇王線)
  • 玉の輿線
  • 寵愛線
  • 元サヤ線

以下で、それぞれの意味や暗示していることについて紹介していきます。

上向きの結婚線:恋愛運向上のサイン

小指の付け根から感情線の間にかけて現れる線結婚線です。結婚線の位置は様々で、現れる位置によって結婚するタイミング、線の太さや長さから、これからどんな恋愛をして結婚するのかがわかると言います。

結婚線の中でも、薬指の付け根に向かって上向きのような線であれば、幸せ線のサインとなります。未婚でまだパートナーが見つからない人は、自分に合った相手が目の前に現れることを意味しています。パートナーがいるのなら、その人が結婚相手になるかもしれないことを指しています。

また既婚の場合は、夫婦円満を示しています。結婚線がぐいぐいと上昇している場合、思い望む幸せな結婚が近づいているのかもしれません。

運命線に沿う影響線:運命の人に出会う


中指の付け根あたりから手首に向かって出ている線は運命線ですが、小指側下の部分手首のすぐ上の位置にある膨らみの月丘から運命線へ伸びる線がある場合、それを影響線と呼びます。

影響線は、自分の運命に影響を与える何かと出会うことを意味しています。もしもこの線が現れ、線の長さが短いのであれば、今自分が心に留めている大切な人との恋の成就、長ければ結婚に至る予感を示しています。

親指の付け根のスター線:運命の人に出会う

手のひらの親指の付け根のあたりにある肉厚な領域を金星丘と言います。そこに三つ短い線が交差して、アスタリスクのような星状の線が出ることがあります。

これはスター線と呼ばれ、とても良い運をもたらすと言われています。元々金星丘は、愛情や生命力、恋愛など多くを知ることができる部分です。肉の厚さが優れ艶やかであれば、健康的で愛情も豊か、明るく前向きに物事を判断します。

そんな金星丘にスター線が出た場合は、理想の相手との巡り合わせを意味し、結婚すれば愛情面でも仲睦まじく、子宝にも恵まれ、幸せな家庭を気づいていくことができるでしょう。

感情線と生命線の間の支線:人気者の手相


小指の下あたりから、人差し指と中指の間に伸びる線を感情線と言います。そして、人差し指と親指の付け根の間あたりから、手首にかけて弧を描きながら伸びている線を生命線と呼びます。

この感情線と生命線の間に支線が入ることがあります。これらの線の間に現れる支線は、恋愛線あるいはモテ線と呼ばれることがあります。この線が現れた方は、人付き合いが上手で、恋愛上手な人です。

恋愛しても相手に溺れることなく、かといって離れず、ちょうど良い距離のお付き合いをすることができます。また自分に注目が集まり、自然と人が寄ってきてモテ期となることがあります。積極的に動けば恋愛が成就することでしょう。

金星環がある:モテ体質


人差し指と中指の間から薬指と小指の間に弧を描いたような線がある場合があります。この線を金星環と呼びます。

金星環は、別名エロス線、ヴィーナスラインと呼ばれることもあり、色気や艶やかさがあり、人間的な魅力があふれて異性だけでなく同性にもモテることがあります。周りに人が集まってきますので、自然と異性との出会いが増えていきます。

また感受性も豊かで恋愛においても、燃えるような情熱的なものになりがちです。この線が現れた方は恋愛だけでなく美意識が高く、芸術関係に向いていて、美的センスが問われるデザイナーやファッション業界に就く傾向があります。

太陽線がある:人気者の手相

薬指の付け根あたりから下に向かってまっすぐ伸びる線は、太陽線と呼ばれます。太陽線は、人気と成功を意味する線であり、線の出方にもよりますが、芸能界で活躍している方で線が太く長くくっきりと表れている人が多いと言います。

小指の下にある月丘まで線が伸びているなら人気者になりやすく、人と縁を結び、協力を得て成功していく人となります。

太陽線が感情線を超えない長さのものはとても多く見られる線で、誰かのために役に立ちたい、楽しませたいという気持ちが強い人を表しています。

またこの線が浅くいくつも複数本に刻まれているなら、安定した生活を送ることができ、複数の仕事で収入を得ている、あるいは多趣味であることを象徴しています。

他にも二股、三股に分かれることがあり、二股は金運力向上、三股は金運だけでなく、成功運や幸運がアップし、社会的地位や名誉などを得やすくなると言います。

さらに太陽線が他の線と関わることで、様々な意味合いをもたらします。生命線から伸びた太陽線は、努力して成功する人、知能線から伸びる線は、自分の能力を駆使して成功をつかむ人、運命線から伸びる線は、運勢が開花し、結婚相手と運命的な出会いがあることを表します。

もしも太陽線があるようなら、どんな風に線が現れているのか確認してみると良いでしょう。

鎖状の感情線:セクシーで親しみやすい

感情を司る感情線が鎖状になって現れた場合、感情が乱れていることを表すことがあります。この線が現れると気持ちが不安定で繊細、様々な事柄に敏感になり、ちょっとしたことでも余計に考えしまいがちです。この危うさが逆に魅力となって人を惹きつけることがあります。

また、人が感じ取れない些細な気持ちも感じ取りことができることで、相手に寄り添い、親しみやすさを感じることができます。とはいえそんな状態で恋愛をすると、気持ちが揺らいで移り気になり、トラブルの元になることもあるため注意が必要です。

小指の付け根から切れ切れの線:知性があってモテる

モテ線には様々な現れ方がありますが、そのうちの一つに、小指の付け根の下あたりから、人差し指の間にかけて、細かく切れ切れに現れる線があります。

この線の他のモテ線との違いは、知性的である点です。こうした線が現れる人は、頭脳明晰で回転がよく、それでいながら繊細さを持ち合わせた感受性豊かなタイプです。

相手の出方や感情を瞬時に察知して、的確な対応をすることができるため、コミュニケーション能力に長けた人物といえるでしょう。相手に気持ちにうまく合わせることができるので、相手の心にすっと入りやすく、好意を寄せられやすいはずです。

また、他人への心遣いができることから、一度築いた人との関係も長続きしていきます。

人差し指と中指の間に伸びる感情線:相手に尽くす

感情を表す感情線の現れ方によって、様々な見方がありますが、ここで注目するのが人差し指と中指の間に達している線です。

優しさや愛情を常に変わらず注ぐことを意味し、相手をとことん愛して、堅実に献身的につくしてくれます。
この相を持つ女性は、恋愛よりも結婚に向いている方といえます。

この相を持つ女性と結婚したなら、良妻賢母の素晴らしい妻となってくれることでしょう。男性を陰で支え、家庭をしっかり守りぬくので安心して任せることができます。

もしも、感情線が月丘から伸びているのなら、愛嬌ある人に好かれる性格の持ち主であることがいえます。どんな所に行っても誰からも愛されることから、結婚しても様々な場面で上手に人付き合いをすることができるので、明るい家庭を気づいていくことができます。

感情線と絡めて、運命線が感情線で止まっている場合は、愛情深く、情にもろいところがあります。結婚して伴侶となったときには、気配りのできるすてきなお嫁さんになることでしょう。

三奇紋(覇王線):他人の紹介で運命の出会い

変わった手相に三奇紋があります。三奇紋はめったに見かけることがなく、この相を持っている方は、開拓運や財運、人望が持てて億万長者となれる大変も良い相であることから、覇王線とも呼ばれています。

三奇紋とは、運命線太陽線財運線三本の線が扇状に広がって、手首に向かって集まっている形をしています。それぞれの線がとても強い線であり、どこの線が強く表れているか、どこの線を中心にまとまっているかによって、相の意味が変わってきます。

例えば、小指に伸びている線は金運の象徴の財運線です。この線が三本の中ではっきりしていると、経済面で不自由のない暮らしをしていくことができます。太陽線が濃いなら人望に強いことを表しており、世間から認められるような大成功を収める相となります。運命線がくっきりしている場合は、人の上に立つ能力を持っていて、自営業や経営者に向いている相と言えます。

三本ともくっきりしているのなら、これらの相の良いところをすべて兼ね備えた、人生において成功を収める最強の相となります。そして、人からの恩恵を受けやすく、柔軟性があり人の意見を聞いて真摯に受け止め、最良の選択をして行動に移し、成功していくタイプといえます。

またこの相を持っているなら、恋愛や結婚においても周りからの恩恵などから、自分に合った良い相手と巡り会えるチャンスがありますので、周囲の助言をよく聞いてみましょう。

玉の輿線:玉の輿になれるチャンス


手相には、結婚して財運をつかむ玉の輿線というものがあります。玉の輿線とは、小指の下から手のひらに伸びる結婚線の長さと深さが重要になります。

通常、結婚線は小指の下の根元にほんのり出る短い長さが一般的ですが、薬指の方へぐいぐい伸びて、金運線を横切ると玉の輿線になります。この線が現れているなら、結婚で運命を切り開く相ですので、是非とも結婚を目指して積極的に活動していきましょう。

寵愛線:愛されキャラで出会い運も上々


運命線に向かって、月丘から短い線が現れることがあります。それが寵愛線です。寵愛線は、人に好かれる線で、どんな相手からも受け入れ可愛がられ、愛嬌がありいつでも笑顔を絶やさず明るさを振りまくことから、周りを楽しい空気に包み込む才能の持ち主でもあります。

そうした特徴から、人に恵まれ様々な形で良い出会いがあるでしょう。もしも、相が出ているのに出会いがないとするなら、身近にありすぎて、案外見落としているのかもしれません。今一度周りをよく見てみることをおすすめします。

元サヤ線:パートナーと復縁

不思議な線の一つとして、元サヤ線が挙げられます。元サヤ線とは、小指の下に出ている結婚線が途中で2本になり、その先から一本線が出ている相を言います。

この相が出たら、元の恋人と復縁できる可能性が高くなっている証拠です。もしも、元恋人を忘れられずにいるのなら、それとなく相手へアプローチしてみてはいかがでしょうか。

左右の手相による違い

手相を見る際、右手と左手、一体どちらを見たら良いのか、わからなくなることがあります。そこで、ここでは左右の手相による違いについて挙げていくので、一つの考え方として参考にすると良いでしょう。

利き手側:現在または未来のこと

様々な諸説はありますが、一般的に利き手の意味は、今の現状やこれから起こる未来、自分で努力して得た能力や自分で意識して行動する顕在意識などの後天的なものを表していると言います。

自分がこれまで経験してきたことや影響を受けたことなど、生まれてきてから身についた物が利き手に現れるため、現状を把握するために利き手を確認していきます。

利き手と反対側:過去や本来の素質

利き手が後天的な運勢を見るのに対し、利き手と逆の手は、生まれてから今までの過去や元々持っている生まれながらの素質、そもそも持つ本来の性格や無意識に行動してしまう潜在意識を表していると言います。

これまでの過去から気持ちの変化や精神状態、自覚していない見えない部分を把握するために利き手とは逆の手を確認します。

努力次第で未来は変えられる

右手も左手もどちらも今の自分自身を表していると言えます。改めて自分と対峙することで、自覚しなかった新たな自分を発見するきっかけになります。

手相を見た結果が思ったものでなかったとしても、きちんと把握することで、対処することができます。対処を怠らず、前向きに良い方向へ向かうよう邁進すれば、手相の結果と違う未来が待っていることでしょう。

まとめ

手相は、あくまで今とこれからの自分を考えるエッセンスの一つです。今後迎える環境や様々な体験の中で目の前が開けることもあるでしょうし、精神的な向上によって心も変わることもあります。また、手相の結果にめげず努力することもあるでしょう。そうした環境の変化や自分自身を変えて行こうと意識することで、自ずと手相も変わっていきます。

今ある自分の手相がすべてではなく、手相を確認することで、よりよい方向に進むための道しるべにすると良いでしょう。自分を見つめ直した結果は、ちゃんと自分に返ってくるはずです。