不倫したい男性が求めるものや不倫したいと思う女性の特徴

モラルに反する絶対にやってはいけないこと…そうは分かっていても、「不倫したい」という願望が生まれることはありますよね。それは男性も女性も一緒です。では、不倫したいと考える男性が求めるものは何なのでしょうか?不倫したいと思う女性の特徴と合わせてご紹介していきます。

既婚男性が不倫相手に求めること

既婚の男性は浮気の延長線として、軽い気持ちで不倫に踏み出すことがよくあります。では、既婚男性は不倫相手にどんなことを求めているのでしょうか?

ストレスのはけ口になる癒し

既婚にもかかわらず妻以外の女性と触れ合おうとするのは、何かストレスが溜まっていて、そのストレスを妻や家族では発散できないからです。

そのため既婚男性が不倫をするときは、不倫相手にストレスが発散できる癒しを求めがち。ゆっくり話を聞いてほしかったり、優しく包み込むような包容力を求めていたり…そうした癒しとなる存在を得るために、不倫相手を選んでいるのです。

性欲を満たしたい

不倫相手の女性に対して、ただ単純に性欲を満たしたいという目的で近づく男性も少なくはありません。そもそも既婚男性なら、今いる妻に不満がなければ不倫なんてしません。つまり不倫しようとする既婚男性は、「妻への愛情が薄れてしまった」「妻が自分に取り合ってくれなくなった」などの不満を抱えているからこそ、その不満の穴埋めを不倫相手にして貰おうと考えているのです。そのため不倫相手と会うなりいきなり身体を重ねようとする既婚男性は多くいます。

恋愛気分を味わいたい


どんなに愛し合った恋人同士でも、結婚してしばらく一緒に暮らして入ればマンネリ化し、付き合っていた頃のような新鮮味のある恋愛が難しくなります。

「もう一度恋愛気分を味わいたい」と考えたときに、不倫相手はとても都合の良い存在。妻以外の女性と会話をしたり触れ合ったりすることで、恋愛気分を味わって楽しんでいる既婚男性は多くいるのです。妻とはまた別の恋愛を楽しみたい…と考えている男性はこうした不倫に手を出しがち。

純粋に楽しさのみを追求している

楽しいことが大好きだという人の多くは、特定の一人との恋愛だけでは満足できません。「もっと他の楽しいことがしたい」と考えていくうちに、妻がいるのにもかかわらず他の魅力的な女性を見つけては近づいていき、不倫に陥ってしまいます。

反応が面白くて一緒にいて楽しいと思える女性ほど、こうした不倫目的の男性に目をつけられやすいです。

会いたいときに会える相手であること

不倫をする上で相手に欠かせないことと言えば、それは「会えるときに会える」という条件です。絶対に人からばれてはいけない不倫だからこそ、都合の良い時間帯にすぐ会えそうな女性は重宝します。

ですから逆に、忙しそうな女性や気軽に予定を訊ねにくそうな女性は不倫しづらそうだと感じられるようです。

男性に不倫したいと思わせる女性の特徴

既婚・未婚を問わずに男性が「不倫したい」と思わせられるのはどんな女性なのでしょうか?男性の「不倫したい欲」をかきたてる女性の特徴を見ていきましょう。

一緒にいて楽しいと思える

やはり一緒にいて楽しいと思える女性は、何よりも魅力的な存在です。「もっと一緒にいたい」と思わされてしまえば、たとえ自分や相手が既婚であっても強く相手を求め、そのうち不倫に陥ってしまいます。

最初は一緒に食事ができるだけでも良かったのに、次第にそれだけでは満足できなくなって身体の関係になる…ということもあるようです。

恋愛としてときめきを得られる

恋愛としてのときめきを得られる相手というのは、そうそう出会えるものではありません。たとえ相手や自分が既婚だったとしても、相手のことを見るたびに胸をときめかせていれば、「不倫でも良いから」と身体の関係に陥ってしまいがち。

特に恋愛的なときめきに飢えている既婚者にとっては、そういったときめきは貴重なもの。たとえ不倫をしてでも相手を求めたくなってしまうのです。

趣味や好みが合っている

趣味や好みが合う人とは、最初は恋愛ではなく友情として付き合いだすことが多いです。共通の話をしたくて食事を重ねていくうちに、やがて恋愛へと発展する…というケースですね。

既婚者の人であれば、パートナーが自分の趣味や好みに理解を示してくれない場合は尚更、趣味や好みの合う人と不倫をしてでも近づきたくなってしまいます。

遊びと割り切ってくれている

リスクの大きな不倫だからこそ、本気の恋愛ではなく「遊び」だと割り切ってくれる人は安心できます。

不倫で本気になられると、どちらもが困った事態に陥ります。それを防ぐために、「これはただの遊び」だと割り切ることのできる人でなければ不倫はできません。そうした切り替えの上手い女性を見ると、男性は「彼女となら不倫できそう」と考えるようです。

母性にあふれている

どの男性でも母性のある人には惹かれやすいです。自分のことを受け止めてくれる包容力があって、全身全霊で甘えさせてくれそうな女性がいると、自分や相手に結婚相手がいたとしても関係なく飛び込んでいきたくなるのです。

秘密を守れる

口が堅くて秘密を守ることができる人は、これ以上なく頼りがいのある不倫相手候補です。不倫は周囲にばれてしまうと、最悪の場合人生を大きく壊されることになります。そんな事態になっては困るので、もし仮に自分が不倫する立場なら「相手は口の堅い人が良い」と多くの男性が考えています。

エッチが好き

不倫の目的と言えば、食事やデートよりも身体を重ねることが大半。お互いの性欲処理や不満の埋め合いといった理由で不倫をすることが多いため、エッチに積極的な女性は不倫相手に選ばれやすいです。

また、「不倫は悪いこと」という意識が少なからずあるからこそ、男性はうぶな女性よりも小慣れした女性の方が、罪悪感を減らして不倫ができると考えているようです。

自分より年下

もしも不倫をするなら、自分よりも年下が良い…そう考える男性は多くいます。年下なら可愛げがあって癒しになりますし、自分がリードするという名目で思うように不倫相手をコントロールできます。

不倫がばれないよう、都合の良い方向へ不倫を進めていくためには、自分よりも年上の意志が強い女性では困るのです。悪い言い方をすれば、年下を舐めているからこそ年下の女性を選びがち…ということにもなります。

結婚生活が上手くいっていない

もしも既婚者の女性と不倫をするのであれば、相手の結婚生活は上手くいっていない方が男性にとって都合が良いです。なぜなら夫婦生活の破たんを不倫の言い訳にできますし、「愛し合っている夫婦の絆を傷つける」なんて罪悪感を覚えることもないから。

また、女性側の結婚相手の愛が冷めていればいるほど、不倫がばれたときに本夫からぶつけられる怒りが少ない…と考えている人もいます。

結婚願望がない

不倫をしている男性の多くが、「本妻と別れて私と結婚して!」と不倫相手から迫られるのを恐れています。そのため結婚願望のない女性だと、そういう風に迫られる心配がないため、不倫相手として都合が良いのです。

既婚男性と遊ぶためのポイント

既婚男性とちょっとお近づきになりたい、遊んでみたい。もしくは気になる男性が偶然既婚者だった…そんな女性は、次のような態度で既婚男性の気を引いてみましょう。ただし不倫はリスクだらけ。そのリスクを踏まえて、自分で責任を負う覚悟をしてくださいね。

一方的に自分の話をしない

一方的に自分の話をする人は、既婚未婚問わず異性が集まりません。まずは自分の話ばかりするのをやめ、相手の話に専念するようにしてみてください。聞き上手になるのです。聞き上手は包容力の証として、既婚男性の「受け止められたい」願望を上手く惹きつけますよ。

恋愛の主導権を取らない


多くの男性は恋愛の主導権を握りたいと考えています。それなら女性は相手に身を任せ、されるがままになっておきましょう。それに男性は狩猟本能を持つ生き物ですから、追いかけられるよりも追いかける側になりたいのです。グイグイいかず、傍でじっと相手の出方を窺ってみましょう。

無駄な期待をさせない

あくまで不倫は「遊び」です。本気の恋愛は絶対にしないという姿勢を見せつけて、無駄な期待をさせないように振る舞ってください。その方が相手も「これは遊び」と覚悟ができますし、「この子は不倫に本気にならない人だ」と信じて貰えます。

相手に価値観を押し付けない

話しているとき、相手に価値観を押し付けてはいけません。自分の価値観を押し付ける人は話していて全然楽しくありませんし、既婚男性が不倫相手に臨む包容力が全く感じられません。あくまで相手の価値観を尊重し、自分の価値観を表に出し過ぎないように注意してください。

不倫するときの注意点

不倫をする男性の心の中【なぜ不倫をしてしまうのか?】

不倫はモラル違反の許されざる行為。不倫相手のパートナー、もしくは自分のパートナーを大きく傷つけてしまう上、誰かの人生をめちゃめちゃにしてしまう。もし不倫を考えているなら、次のポイントにしっかり目を通してください。

慰謝料や離婚に関するトラブルなどの覚悟を持つこと

不倫がばれると、慰謝料を払わなければならなくなったり、既婚者の場合は離婚に発展することだってあります。急に慰謝料となる大金を用意するのは難しいことですし、もしも離婚が決まった場合は両親・義両親への説明、それから子どもがいれば親権争いだって勃発します。

不倫をするということは、そんなもろもろのトラブルがいつ起こってもおかしくないということだと、覚悟を持ってください。

やめ時は決めておくこと

やめ時が分からずダラダラと関係を続けてしまいがちなのが不倫です。もしも不倫に踏み出そうとするなら、必ずやめ時をいつにするかを決めておきましょう。自分の中だけで決めるのではなく、相手にも分かって貰ってください。「もうちょっとだけなら良いかな」と不倫を長引かせてしまえば、確実にリスクが高まります。

まとめ

不倫をしたいと考える人は多く、不倫に持ち込む術について考える人もとても多いです。ですが、「やっている人が多いから」は不倫を正当化する意見になりません。どんな事情があっても不倫は非難され、大きなリスクをもたらすことなので、半端な覚悟では不倫をしないように気を付けてくださいね。