男性から見ると「これはないな」と感じてしまうトレンドアイテム

男目線から見た「女のトレンドアイテム」

ファッションセンスを上げてくれる、その年のトレンドアイテム。コーディネートに、トレンドアイテムをひとつ入れるだけで、今っぽいおしゃれな印象を与えてくれますね。日々のコーディネートに意識して取り入れている人も多いことでしょう。

しかし、男女の視点は異なるもので、男性から見ると「これはないな~」と内心感じてしまう、男受けの悪いアイテムも存在します。今回はファッショントレンドアイテムで、デートなどには避けたい?男性に不評なアイテムを揃えました。

飛び出してしまったブラジャー「ブラコーデ」

Tシャツなどの上から、ブラレットやビスチェを着こなす斬新なコーディネートが流行りましたね。リラックス感のある大人の着こなしとして雑誌でも、取り上げられたのだとか。普段Tシャツの下に隠していたはずのブラジャーのシルエットが、全面に露わになるものだから男性も戸惑いを隠せない着こなしと言えるでしょう。

男性だけではなく、女性から見ても賛否両論があるコーディネート。アイテムによっては、まんまブラジャーにしか見えないデザインも多くあります。組み合わせるなら、下着っぽさを感じさせないデザインがいいでしょう。

バランス感おかしくない?女性に人気の「ハイウエスト」

ウエスト部分が高くなることで、自然と脚を長く見せてくれる効果を期待できるトレンドアイテム。多くのブランドから発売されていますね。水着でもハイウエストデザインが登場するなど話題となりました。

しかし男性から見るとハイウエストは不評なアイテムのひとつ。理由としては「オムツをつけているみたい」「胸が強調されてやらしい」「昭和感が出てしまう」などの意見がちらほら。ハイウエストにすることで、全体のバランスが崩れてしまうことで見栄えが悪くなる可能性も。

女性らしいイメージが皆無!もはや凶器「スタッズ」

ファッションアイテムの装飾として使われる金属製のパーツ。女性もののアイテムにも、スタッズが施されていることも多いですよね。服とは異なる素材をプラスすることで、デザインのアクセントにも。

しかし男性からみると、強すぎる印象になることも。スタッズ好きの男性も居るので一概には言えませんが、ファッションの趣向が異なる場合は、あまり歓迎されない要素と言えそうです。因みに女性からみた男性のスタッズも、ダサいと映ることが多いようですね。

 

組み合わせ方も難しい?透け感がおしゃれ「シースルーソックス」

透け感のある素材を使用した、スケスケのシースルーソックス。透け感があるので、今までの靴下とは異なった着こなし方ができ、人気の出たアイテムのひとつ。コーディネートに活用している女性も多いのではないでしょうか?

しかし、男性から見ると足元に違和感を感じてしまうことも。女性同士でも、「あの組み合わせ方はちょっと…」なんて声も。意外とコーディネートが難しいアイテムと言えるでしょう。

 

オバサンイメージ強し?今年トレンドのアニマル柄「ヒョウ柄」

今年のトレンドアイテムのひとつでもあるヒョウ柄。アニマル柄系は主張が強く出てしまいがちなので、好き嫌いが分かれやすいアイテムと言えますね。コーディネートに上手に馴染ませることがポイント。

それでも男性から見ると「ヒョウ柄=オバサン」のイメージがまだまだ強いアイテム。着こなすときは、あくまでもワンポイントとして取り入れることで、強いイメージを和らげることができるのではないでしょうか?

 

工事現場の人ですか?野暮ったい印象「ガウチョパンツ」

女性たちの間で定番のアイテムと化したガウチョパンツ。体のラインを拾わず、綺麗なAラインを作ってくれるアイテムとして人気ですよね。これから、まだまだコーディネートで着まわそうと考えている人も多いのではないでしょうか?

体のラインをカバーしてくれるのはいいものの、あまり女性らしさを感じさせないシルエットに。サイズ感や着こなし方を誤ってしまうと、野暮ったい印象に映ってしまうことも。一部の男性からは「工事現場の人みたい」なんて声もありました。

昔っぽいイメージが強め?見ため年齢が増す「スカーフ」

スカーフは、ファッション小物として幅広く使えるアイテムですよね。首や手首に巻いたり、ヘアアレンジにも活用できます。スカーフのデザインも豊富で、おしゃれ女子は普段から、活用している小物では?

しかし男性から見ると、スカーフを活用したファッションに「マダム」オーラを感じてしまうことも。「スカーフ=古臭い」イメージを持っている人がまだまだいるみたい。

 

動物が目の前に現れた!秋冬定番もこもこ「ファーアイテム」

秋冬の定番アイテムと言えば、もこもことした素材感が特徴的なファーアイテム。この時期になると、さまざまなアイテムにファーアイテムが活用されていますね。季節感を出してくれるトレンドアイテムでもありますが、取り入れ過ぎには注意。

あらゆる部分にファーアイテムを入れてしまうと、まるで動物のような印象に。可愛く映ってくれればいいのですが、そうとも限りません。ファーサンダルなども、取り入れる箇所によっては、不潔なイメージもちらつきます。

客観的な男性視点を活かしてみて!

女性は男性のためにおしゃれをしているわけではありません。しかし、客観的に見た男性の視点は参考になることもあります。「こういう見え方もする」ことを分かっていれば、バランスの取り方など工夫できる部分もあるでしょう。自分なりにトレンドアイテムを着こなし、おしゃれを楽しんでみて下さいね。