赤ちゃん肌を手に入れられる?注目の「乳液ピーリング」

肌に優しい《乳液ピーリング》

乳液でピーリングをする新しい発想

いつまでも若々しい肌をキープしたいときにおすすめなのが乳液ピーリング。乳液で優しくピーリングを行うことで赤ちゃん肌を手に入れられると話題になっている注目のケア方法です。

通常のピーリング剤だと肌に負担がかかってしまう方も、乳液であれば気軽にピーリングができるのではないでしょうか。肌に優しく行えることでも乳液ピーリングは注目されています。

乳液ピーリングで赤ちゃん肌を目指そう

ツヤとハリのある赤ちゃん肌を目指すには定期的なケアが大切。注目の乳液ピーリングで理想の肌を目指してみませんか?

ピーリングとはどんなもの?

不要な角質を取り除き肌を整える

ピーリングとは、肌の古い角質を取り除くケア方法。肌は新陳代謝を行うことで古い角質から新しい角質に生まれ変わりますが、年齢を経るごとに古い角質が残りやすくなります。

定期的に行うことで古い角質を取り除き、肌を整えるのがピーリングの目的。古い角質がなくなり、肌の代謝が促進されるとくすみなどを防ぐことができると言われています。

とても簡単!《乳液ピーリング》の方法

洗顔を行う

乳液ピーリングの前に洗顔を行い、清潔な状態にしておきましょう。洗顔後は鎖骨のくぼみ部分を指の腹で押して血行を促進させるのがおすすめです。鎖骨のくぼみはリンパが集まっているポイント。事前に血行を促進することで肌の代謝が良くなるので、古い角質も取り除きやすくなるとされています。

乳液をたっぷり塗ってマッサージ

乳液をたっぷり手にとったら顔全体に塗っていきましょう。肌への負担を減らすために乳液は「多すぎるかな?」と思うくらい塗るのがコツです。

続いて、指の腹を使って優しく2〜3分ほどフェイスマッサージを行ってください。ゴワつきや毛穴の汚れが気になる箇所は入念にマッサージします。ニキビがあるところなど、デリケートな部分は避けてくださいね。

温かいタオルを顔にのせて優しく拭き取る

乳液が全体的に透明になってきたら完了のサイン。お湯で温めておいたタオルを顔全体にのせましょう。タオルに適度に水分を残しておくと繊維による肌への刺激を防げます。

2〜3分ほど経過したら、タオルを使って優しく乳液を拭き取りましょう。このとき、古い角質も一緒に取り除くことができると言われています。こすると肌を傷つけてしまうので、ゆっくり丁寧に拭き取ってください。

通常通りスキンケアを行う

乳液ピーリングが終わったら、通常通りスキンケアをします。古い角質がなくなったことで、美容成分が浸透しやすくなっているのではないでしょうか。

《乳液ピーリング》で気をつけたいこと

やりすぎに注意

ピーリングはやりすぎると肌荒れを引き起こす可能性があります。週に一回程度、肌の調子をみながら行いましょう。敏感肌の方は特に気をつけてくださいね。

高保湿な乳液を使う

なるべく高保湿な乳液を使うことで肌に潤いを与えることができます。プチプラで高保湿な乳液をピーリング用に取り入れておけば、たっぷり使っても安心。お好みの乳液でケアをしていきましょう。

《乳液ピーリング》で美肌を目指そう

乳液でピーリングを行えば、肌に優しく古い角質を取れるのが嬉しいポイント。肌の調子をみながら乳液ピーリングをしてみてはいかがですか。

*本文中で「アンチエイジング」について言及する場合、「年齢に応じた潤いのお手入れ」を意味します。若返り効果を意味するものではありません。
*本文中で「美白」について言及する場合「メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと」「メーキャップ効果により肌を白くみせること」もしくは「日やけによるしみ・そばかすを防ぐこと」を意味します。
*本文中で「シミ」や「小じわ」「毛穴」のケアに言及する場合、文言はいずれも「シミやシワ、毛穴を目立たなくすること」を意味します。シミやシワの改善や治療効果を標ぼうするものではありません。
*記事内で特定商品の効果を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して同じ効果があること」を保証するものではありません。