ブラウス×ライダースのおすすめコーデ特集11選!

ハードでカジュアルな印象が強いライダーズですが、ブラウスやスカートなど女性らしいコーデとの組みあわせが良く似合います。

手持ちの洋服とのバランスコーデが難しいイメージのライダースは、今回紹介する様々な着こなし例を参考にすることで、幅広いコーデ術をマスターできるでしょう。

自分の洋服選びのセンスに自信がない人や、新しい分野に挑戦してみたい人は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介しているブラウス ライダースのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

ブラウス×ライダースのおすすめコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

ギンガムチェックとライダースを黒で揃えたコーデは、黄色のスカートをより一層綺麗に見せる効果があります。ハイカットタイプのスニーカーを合わせた着こなしは、トータルバランスが整ったファッションとなるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

デニムのミニスカートに良く似合うライダーズは、ジーンズアイテムとの相性が良いアウターです。サンダルやタイツと組み合わせることで、様々な色遣いを楽しみながらまとまりがある着こなしができるでしょう。アクセントとなる茶色のバッグは、コーデを引き締める役割を果たします。

引用:CBK(カブキ)

青いシンプルなパンプスと合わせるとかっこよく着こなしができるライダースは、ギンガムチェックのブラウスとボトムスを同系色にすることで、トータルバランスが整ったコーディネートが実現します。アクセントとなる大きなカゴバッグは、個性を主張で切っるアイテムとなるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

赤いパンツスタイルに合わせるライダーズは、小花柄のブライスやショートブーツとの組み合わせて更に着こなしの幅が広げられます。普段スカートを履くことが大人でも真似しやすいカラーパンツとライダーズのコーデは、ブラウスのデザインで変化をさせることが可能でしょう。

引用:CBK(カブキ)

黒いライダースではなく淡い色のライダースを着る際のブラウスは、ボトムスの引き締めカラーと色のコントラストを楽しめるように、白を選ぶと綺麗に着こなしができます。ライダースとの相性が良いパンプスは、女性らしい細いヒールが特徴です。

引用:CBK(カブキ)

白いブラウスとチェックのワイドパンツスタイルに合わせるアウターは、ライダースにすることでGジャンよりもエレガントな雰囲気を醸し出せます。アウターと色味を揃えたシンプルなパンプスは、コーデ全体をまとまった印象にする統一感があるのがポイントです。

引用:CBK(カブキ)

モノトーンコーデに相応しい白いブラウスと黒のライダーズは、カジュアルコーデにも役立つベージュのパンツと合わせると綺麗な着こなしができます。足元のおしゃれにも気を配るのが大切で、パンプス風のサンダルは下半身をスッキリとした印象にする効果があるのでおすすめです。

引用:CBK(カブキ)

ベージュのブラウスに合わせた同系色のショートブーツがアクセントになっているコーデは、ライダースとのバランスが整ったシンプルな着こなしが成立します。カジュアルな印象が強いライダースですが、小物のつかい方やブラウスの選び方で雰囲気を一新できるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

大胆な花柄がファッションの中心となるスカートには、シンプルで堅苦しすぎないアウターとなるライダースが良く似合います。アクセントとなるポイントが大きめになっている黒いブラウスは、上半身にボリュームがあるので小顔効果や下半身を引き締めて見せる効果があるでしょう。

引用:CBK(カブキ)

ガウチョパンツの色に合わせたベージュのドット柄ブラウスには、パンプスと同系色の黒いライダースがおすすめです。ボトムスとのカラーコーディネートがしやすいかごバッグは、着こなし全体をまとめる働きをする可愛いフォルムが特徴となります。

引用:CBK(カブキ)

デニムとのバランスが良いライダースは、白いフェミニンなブラウスとの相性が良いライダースがベストな組み合わせです。足元を引き締める黒い靴下とパンプスのコーデは、ファッション全体をまとめる興亜があるでしょう。