7月におすすめのコーデ15選!

いよいよ本格的な夏がやってくる7月。いち早く夏服をコーディネートに取り入れたいところですよね。

梅雨明け前後のこの時期は、時に肌寒さを感じたり、蒸し暑かったりと、天候が不安定。羽織ものなど、温度調節できるアイテムが欠かせません。

多くのショップでセールが始まる頃でもありますから、お気に入りのコーデを見つけて、この夏のお買い物計画にお役立てくださいね。

この記事で紹介している7月 コーデのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

7月におすすめのコーデ特集


引用:CBK(カブキ)

白のスカラップキャミソールとワイドデニムパンツに、白×黒の刺繍のガウンを羽織れば、洗練されたフォークロアスタイルに。ポンポン付きのかごバッグとタッセル使いのピアスもモノトーンでまとめてぐっと大人っぽく。


引用:CBK(カブキ)

深めのVネックと素材の程よい落ち感がセクシーな白ワンピースは、さらっと着こなして。小物の存在感が増すワンピコーデ。リュクスなバッグが大人のリッチ感を演出しています。白×ブラウンのカラーリングで洗練された印象に。


引用:CBK(カブキ)

白Tシャツと生成り色の麻のキャミソールワンピは、夏ならではの素材感とカラーリング。着心地もバツグンで見た目にも爽やかです。Tシャツのロゴカラーとリンクするブラックのバッグとローファーで引き締めて。


引用:CBK(カブキ)

真っ赤なスカートと太めのボーダーTシャツがビビッドなカジュアルコーデも、つば広の麦わら帽子をプラスすれば、ガーリーさと大人っぽさが入り混じる絶妙な装いに変化。スカート以外をモノトーンでまとめているので洗練された印象に。


引用:CBK(カブキ)

ブラウンのショートパンツ&ジャケットがトレンド感のあるコーディネート。思いっきり素足を出せるのもこの時期ならでは。バッグやサンダルできちんと感を出すと大人の上品カジュアルに。インには白Tシャツで抜け感を。


引用:CBK(カブキ)

テラコッタブラウンのタンクトップとワイドパンツで、ひとつながりにコーディネート。ベレー帽でヘアをコンパクトにまとめれば重心も上がってスタイルアップに。ウォームカラーのコーデにシャツとお買い物バッグの白で清涼感を。


引用:CBK(カブキ)

袖とすそに付いたフリンジが特徴のカーディガンは白タンクトップとスリムなデニムでシンプルにコーディネート。ナチュラルなボブヘアと日焼けした肌によく似合っています。こなれ感があって、まるでハワイのロコガールのよう。


引用:CBK(カブキ)

ネイビー×ホワイトのストライプシャツにブラウンのショートパンツが爽やかなコーディネート。オーバーサイズのシャツはざっくりと着こなしてこなれた印象に。袖まくりやウエストインで、ショートパンツとのバランスをとって。


引用:CBK(カブキ)

鮮やかなオレンジ色のワンピース。レースのガウンを羽織ればレースから透ける色合いの濃淡でコーデに奥行きとエレガントさが。鮮やかなカラーに気後れしている方にもおすすめです。ヌードカラーのサンダルで抜け感を演出。


引用:CBK(カブキ)」

細いラインの花柄が涼しげなホワイトのワンピースを、すそ切りっぱなしのデニムとのレイヤードスタイルでカジュアルダウン。クリアなハンドバッグやトングサンダルでフェミニンな印象の花柄をモードな雰囲気に。


引用:CBK(カブキ)

ホワイトの総レーススカートに綺麗なパープルのトップスを合わせた鮮やかなコーディネート。鎖骨が綺麗に見えるVネックとフレア袖トップスのフェミニンさを、タイトなシルエットのスカートで上品に引き締めて。


引用:CBK(カブキ)

ボリュームたっぷりなブルーのミディスカートに、ボートネックのボーダーTシャツを合わせて夏っぽく。外しアイテムのスポーツサンダルで、綺麗に揺れるイレギュラーヘムをなびかせ、颯爽と歩きたい!


引用:CBK(カブキ)

鮮やかなマスタードイエローのマキシスカートに白のトップスを合わせて爽やかにコーディネート。鎖骨を綺麗に見せるネックラインと五分袖のトップスがエレガント。かごバッグと麦わら帽子で大人のリゾートスタイルに。


引用:CBK(カブキ)

シンプルな白Tシャツとライトブルーのデニムに、レースの透け感が涼しげなガウンを羽織って。幾何学模様のベルトや丸いかごバッグ、バブーシュなどエスニックを感じさせる小物の洗練された使い方が光っています。


引用:CBK(カブキ)

グリーンのボタニカル柄マキシスカートにはシンプルに白Tシャツを合わせて、コーディネートの主役に。ヌードカラーのサンダルとナチュラルなかごバッグが相性バッチリです。色味を抑えたことで洗練された印象に。