カジュアルなおすすめコーデ特集18選!

このところ流行中のカジュアルミックスコーデ。カジュアルな中にもフェミニンさや可愛らしさ、モード感を取り入れるのが旬な着こなしです。型にはまらず自由に楽しめるのが最大の魅力ですが、センスが問われるのはそのさじ加減。

お手本にしたいおしゃれなスナップをたくさん集めましたので、参考にしてくださいね。

この記事で紹介しているおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16 おすすめコーデ:17 おすすめコーデ:18

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

春夏のおすすめカジュアルコーデ


引用:CBK(カブキ)

たっぷりとしたカーキ色のマキシスカートにモノトーンのアイテムを合わせて、カジュアルながらもシックなコーディネート。Tシャツのプリントとメガネがリンクしているところもユーモアがあって素敵です。


引用:CBK(カブキ)

カーキのミリタリーシャツにガウチョパンツというカジュアルなコーデにトレンチコオートを羽織れば、大人の余裕を感じるミックスコーデに。白のスニーカーは清潔感があって、きれいめカジュアルには欠かせないアイテム。


引用:CBK(カブキ)

ボーダーTシャツ+スリムパンツの「これぞカジュアル」なコーディネートを、すべてモノトーンでまとめて洗練された着こなしに。手首足首の見せ方も欠かせないテクニックですね。ニットキャップをプラスすることでこなれた印象に。


引用:CBK(カブキ)

フロントにボタンが並んだ濃デニムスカートは、どこかきちんと感のあるアイテム。柄編みのベージュのカーディガンが優しい印象です。ロゴTシャツやスニーカーでほんの少し赤を取り入れて可愛らしさもプラス。


引用:CBK(カブキ)

透け感のある花柄ガウンが春らしい装いも、インはTシャツにジーンズ、スニーカーという何気ないカジュアルアイテム。カンカン帽とかごバッグをプラスすることで、コーデにぐんとまとまりが。ヘアのまとめ方も可愛いです。


引用:CBK(カブキ)

オーソドックスなTシャツとストレートジーンズをボーイッシュに着こなしています。シンプルなコーデでTシャツのロゴが際立ちます。くるくるっとした明るいカラーのヘアが何よりのおしゃれポイントですね。


引用:CBK(カブキ)

後ろ身ごろが長めになったTシャツにはシンプルにブラックのスキニーパンツを合わせて、キャップやサンダルでスポーティに。サンダルのパープルのストラップと真っ赤なネイルがアクセントになっています。


引用:CBK(カブキ)

ハイウエストのマキシタイトスカートは大人っぽさを感じさせるアイテム。敢えてTシャツとサンダルでリラックス感のあるコーディネートにまとめて、こなれた印象に。カーキ、ベージュなど抑えた色使いで洗練度がアップ。


引用:CBK(カブキ)

ぽわんと膨らんだ丸い袖が可愛いトップスも、陰影のある素材とすっきりとしたVネックで大人っぽい印象に。チノ素材のサスペンダースカートやGジャン、スニーカーでカジュアルミックス。四角いかごバッグで程よい抜け感もプラス。


引用:CBK(カブキ)

カーキのパンツ+赤いベルトが効いています。フロントに長めに垂らした締め方もポイント。ブラックのフリルバッグやサンダル+網ソックスでモードな着こなしに。少ない色味なのに見ていて楽しくなる、おしゃれなコーディネートです。

秋冬のおすすめカジュアルコーデ


引用:CBK(カブキ)

柔らかなアイボリーが優しい印象のオフタートルニットと、きちんと感のあるデニムスカートがガーリーなコーディネートに、カーキのMA-1を羽織ってほんの少し辛さをプラス。足元はスニーカーでカジュアルに。


引用:CBK(カブキ)

スエットトップスとワイドなシルエットのスエットパンツ、スニーカーというスポーティ&リラクシングなコーディネートも、モノトーンでまとめて、ブラックのストールをぐるぐる巻きにしたら一気におしゃれさんに。


引用:CBK(カブキ)

カーキシャツにブラックスキニーパンツという何気ないコーディネートも、コルセットベルトを巻くと劇的に印象が変化。モードなコーデをブラックのスニーカーでカジュアルダウンして、白×ベージュのバッグで抜け感をプラス。


引用:CBK(カブキ)

あったか気分も盛り上がるボアジャケット。もこもこしがちなのでボトムスはタイトスカートでメリハリをつけて。可愛らしくなりがちなボアジャケットを、ネイビー+モノトーンのカラーリングで大人のきれいめカジュアルに。


引用:CBK(カブキ)

ボーダーTシャツ+デニムの定番カジュアルコーデに、ノーカラーのコートを羽織って。カーキ色ならカジュアル感をキープしたまま女性らしさを感じさせることができます。キャップやサコッシュでアクティブさをプラス。


引用:CBK(カブキ)

ロゴトレーナーにスキニーデニムとスニーカーのカジュアルなコーディネート。キャメルのミリタリージャケットは袖や身幅がゆったりとしたデザインで、コーデにほんのりと女の子らしさをプラスしています。


引用:CBK(カブキ)

デニムのスキニーパンツやスリッポンなどカジュアルなアイテムをネイビーのチェスターコートできれいめコーデにまとめて。グレーとネイビーでまとめた中にプラスしたアイボリーのストールとグリーンのバッグが映えます。


引用:CBK(カブキ)

セクシーなリブニットタイトスカートをライダースジャケットで辛口に着こなして。スニーカーとパーカーでスポーツテイストもプラスしてヘルシーに。モノトーンでまとめたリュクスな大人のカジュアルコーデ。