ミルクスチーマーの種類とミルクスチーマーの選び方とは?おすすめ8選

カフェラテやカプチーノなどをカフェで注文するとふわふわの泡がついてきますよね。あの泡が好きという方も少なくないでしょうし、自宅であのようなふわふわの泡を作りたいと思っている方は意外に多いのではないでしょうか。

きめ細かい泡だったミルクを載せたコーヒーやカフェラテはミルクスチーマーを使うことで実現できますから、ここでおススメのミルクスチーマーをご紹介したいと思います。

ミルクスチーマーの種類4選


一口にミルクスチーマーと言ってもいくつかの種類があることをご存知でしょうか。種類によって特徴や使い方も違ってきますから注意が必要ですね。ここでは主だったミルクスチーマーの種類について見てみましょう。

シェーカータイプ

シェーカータイプのミルクスチーマーはもっともポピュラーではないでしょうか。比較的安価な製品が多いですから入門用に購入するのもイイですね。シェーカーというネーミング通りミルクを入れてシェイクすることでミルクを泡立てることができます。シェーカータイプのミルクスチーマーもいろいろな商品がリリースされていますよ。

ダブルメッシュタイプ


ダブルメッシュタイプのミルクスチーマーは簡単にミルクを泡立てることができるため人気ですね。クリーミーでふわふわの泡を手軽に作れますからこのタイプのミルクスチーマーを使っている方は多いのではないでしょうか。ステンレススチールなどでできたものが多いですから耐久性なども抜群です。

価格は商品によってまちまちですが割と安価な品もたくさんあります。

自動スティック型タイプ

View this post on Instagram

ラテ#ミルクスチーマー

A post shared by K.Itarudagram (@itaru_is_a_pen) on

自動スティック型タイプのミルクスチーマーも手軽にミルクが泡立てられますからおススメです。電池などで駆動させるものがほとんどで、数十秒でミルクが泡立ちます。自動スティックタイプもかなりの製品が市場に出回っていますが、中には数百円で購入できるものもあるため手軽に購入できます。

全自動タイプ

全自動タイプのミルクスチーマーがあれば本格的にミルクを泡立てることができますし、自宅でカフェ気分を味わうことができるでしょう。完全に全自動でミルクを泡立てることができますし、初めてチャレンジするという方でも簡単に作れます。

全自動タイプはどうしても価格が高くなりがちですが、それだけの価値はありますよ。

ミルクスチーマーを選ぶときの3つのポイント

ここではミルクスチーマーを選ぶときのポイントについていくつかお話したいと思います。ミルクスチーマーは種類も多くさまざまな製品が市場に流通していますから選ぶのは大変ですよね。

特に初めてミルクスチーマーを購入しようとしている方だとどれを買えばいいのか分からない、という状態になってしまうでしょう。ここでしっかりと製品選びのポイントを学んでくださいね。

食洗機で洗えるかどうか


最近では食洗器を導入している家庭も増えているでしょうし、システムキッチンに最初から食洗機が組み込まれていることもあります。食洗機を使えば簡単かつ手軽に食器や調理器具を洗うことができますし楽ですよね。

ただ、ミルクスチーマーの製品によっては食洗機で洗うことができないものもありますから注意しましょう。食洗機で洗えないタイプのミルクスチーマーを食洗機に入れてしまうと壊れてしまう恐れがあります。

求めている泡のキメ細やかさが出せるか

どの程度のきめ細かい泡ができるかはミルクスチーマーによって違います。そのため、ミルクスチーマーを選ぶときには自分が求めている泡のきめ細かさが出せるかどうかという部分に注目しなくてはなりません。

実際に使用してみるまで分からない部分もあると思いますが、製品について説明しているサイトなどを参考にすれば何となくイメージはできると思います。購入してからガッカリしないようにしっかりチェックしてくださいね。

お手入れが簡単かどうか

どんなに使いやすいミルクスチーマーでもお手入れがしにくいとなると問題です。ミルクスチーマーは常に清潔な状態で使うべきですし、使い終わったあとはきちんとお手入れをしておかねばなりません。

メンテナンス性が良いかどうかというのは製品選びにおいてとても重要なポイントですから覚えておきましょう。ミルクスチーマーの中にはメンテナンス性に優れたものもありますから、できるだけそうした製品を選ぶのがポイントですね。

シェーカータイプのおすすめミルクスチーマー2選

ここではシェーカータイプのミルクスチーマーをいくつかご紹介したいと思います。ミルクスチーマーは入門編としてもおススメですから、とりあえず体験してみたいという方はシェーカータイプがいいかもしれませんね。

HARIO (ハリオ) ラテ シェイカー


安価で購入できるミルクスチーマーです。目視でどの程度泡だったかが確認できるのは嬉しいですね。直感的に使用することができますし、初めてミルクを泡立てるという方でも安心できるのではないでしょうか。

ミルクティーショットShaker


こちらもシェーカータイプのミルクスチーマーとしてはポピュラーな製品です。誰でもすぐにミルクを泡立てることができるでしょうし、使いやすさにも定評があります。もちろん本格的な泡も作れますよ。

ダブルメッシュタイプのおすすめミルクスチーマー2選

ダブルメッシュタイプを採用したミルクスチーマー製品もかなり多いですから製品選びで迷ってしまうことは多々あると思います。ここではいくつかおススメのミルクスチーマーをピックアップしました。

稲植屋 ダブルメッシュ ミルクフォーマー


ステンレススチールを採用したダブルメッシュタイプのミルクスチーマーです。耐久性は抜群ですからコストパフォーマンを気にする方には最適ではないでしょうか。スピーディかつ簡単に甘美な泡を作ることができるでしょう。

ボダム CHAMBORD ミルクフローサー


こちらもおススメのミルクスチーマーです。簡単にミルクの泡をきめ細かくできますし、クリーミーな泡を楽しめるでしょう。使いやすさにも定評のある製品ですから初心者にもピッタリのミルクスチーマーです。

自動スティック型タイプのおすすめミルクスチーマー2選

自動スティックタイプのミルクスチーマーもたくさんの製品がありますから選ぶのは大変ですね。ここでもおススメのミルクスチーマーを厳選してご紹介したいと思います。

IKEA(イケア) PRODUKT 70301165


あのIKEAからリリースされているミルクスチーマーです。シンプルなスタイルのミルクスチーマーで、価格もかなりリーズナブルですから入門編としてもおススメではないでしょうか。初めての方でも簡単にミルクが泡立てられます。コスパの良さも抜群ですね。

Sedhoom ミルク泡立て器


スタイリッシュなデザインのミルク泡立て器です。静音性にも優れていますから音が気になる方にもおススメできますね。ステンレスベースの製品ですから耐久性についてもまったく問題ありません。

全自動タイプのおすすめミルクスチーマー2選

自宅で本格的にクリーミーな泡を作りたいのなら全自動タイプのミルクスチーマーがイイですね。価格が高くなってしまうのがネックですが、それさえ目をつむれば最高にクリーミーな泡を作れますよ。

Aicok ミルク泡立て器


ミルクをきめ細かく泡立てることができる全自動タイプのミルクスチーマーです。約1分で泡立てることができますし、労力もかからず簡単にクリーミーな泡ができあがります。毎日自宅でカフェ気分を味わいたい方にピッタリの製品ではないでしょうか。

ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア エアロチーノセット ルビーレッド


コーヒーメーカーとセットになったミルクスチーマーです。ボタン一つで簡単にクリーミーな泡ができあがりますし、できあがると自動でストップする優れものです。防水加工が施されているため水洗いできますよ。

まとめ

ミルクスチーマーの種類やおススメ品をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。カフェで飲むようなクリーミーな泡を自宅で簡単に作れるのは嬉しいですよね。

理想は全自動タイプのミルクスチーマーですが、どうしても値段は高くなってしまいます。予算に余裕があるのなら全自動タイプですが、まずは手はじめにシェーカータイプから始めてみるのもイイですよ。また、理想の泡が作れるか、メンテナンス性はどうかという部分にも注目して購入してくださいね。