レヴールシャンプーの特徴は?地肌と髪に優しい8商品を集めました

おしゃれでフレッシュな印象のレヴールシャンプー、知っている人は少なくないことでしょう。そこまで庶民的なタイプではありませんが、多くのドラッグストアで取り扱われており、目についた経験があるという人も多いはずです。ではいったい、レヴールシャンプーとはどのようなシャンプーなのでしょうか。髪をいたわる上で魅力的な特徴を、多数持ち合わせています。注目して損のないシリーズなので、ご注目ください。

レヴールシャンプーの特徴とは?

世界初!鮮度を保ったまま使用できる生シャンプー

レヴールシャンプーの代表的な製品として、この生シャンプーを外すことはできません。2016年4月に誕生した製品なのですが、大手ランキングサイトの口コミで堂々の上位評価を得ています。ではいったい、どのような点が人気を博しているのでしょうか。

生シャンプーの特徴として、見た目が外せません。透明のボトルの中にソフトパッケージが入った、二重タイプになっています。これは、中のシャンプーを真空状態で保つための仕様です。これにより、美髪に効果的でありながら酸化を理由に諦めていた成分を配合することが可能になっているとされています。主には、新境地オイル、生花エッセンス、天然の花はちみつ、ビタミンB・C・E、浸透性アミノ酸のそれぞれです。フレッシュな成分が、傷んだ髪へも効果的に作用することが期待されています。

地肌と髪に優しいアミノ酸系のシャンプー

アミノ酸系シャンプーは、そこまで強力な洗浄力はありません。ですが、洗浄力というのは強力であればあるほど良いというものでもないのが実際のところです。洗いすぎると、必要である皮脂まで流れてしまい、結果的に髪を傷める原因となってしまうためです。レヴールシャンプーのアミノ酸系という特徴は、程よく洗浄しつつ髪を保護するため、繊細な髪質を高いレベルで守ることに適しています。

石油系界面活性剤やカチオン界面活性剤不使用が話題

界面活性剤といえば、食器用洗剤などにも含まれる強力な洗浄成分です。食器用洗剤が比較的安価であることからも分かる通り、界面活性剤は低コストで高い洗浄効果を実現できます。となると、前述の通り髪や頭皮にはあまり適しません。レヴールシャンプーは、石油系界面活性剤、カチオン界面活性剤を不使用としており、優しい使い心地が実現されています。

カチオン界面活性剤については、あまり聞いたことがないかもしれません。これは陽イオン界面活性剤のことで、簡単にいうと毒性の強い洗浄成分です。洗浄力と引き換えに、頭皮や髪をリスクにさらしてしまうわけです。レヴールシャンプーなら、安心です。

目的別!レヴールシャンプーを選ぶポイント

髪の毛のダメージが深刻:レヴール ゼロ リペアシリーズ

Reveur0(レヴール ゼロ) リペア カチオンフリー トリートメント (460mL)

「レヴール ゼロ リペアシリーズ」は、コハク色の透き通ったボトルが何とも神秘的な、レヴール人気シリーズのひとつです。刺激の強い成分を抑えることで、傷んだ髪の人にお勧めのシャンプーと言われています。具体的には、石油系の洗浄成分が0%で、地肌や髪、さらには地球にもやさしいエコシャンプーとなっており、進んで使いたくなること必至です。弾むようでしなやかな髪質を作ることに適しています。

つややかな髪の毛になりたい:レヴール ゼロ モイストシリーズ

Reveur0(レヴール ゼロ) モイスト シリコーンフリー シャンプー (460mL)

モイストという言葉がつく通り、潤い感のアップに適したシリーズとなっています。ノンシリコンシャンプーでありながら、しっかりと保湿をおこなうため、髪をいたわりながらしっかりまとまるヘアスタイルを作り出せます。潤いがあり、なおかつまとまりが加われば、なめらかさやツヤにも期待ができるでしょう。もちろん、刺激を抑えることにも妥協はありません。敏感肌などでも使いやすい製品です。

頭皮の状態が芳しくない:レヴール ゼロ スカルプシリーズ

Reveur0(レヴール ゼロ) スカルプ シリコーンフリー シャンプー (460mL)

髪の健康を支えるのは、頭皮に他なりません。なぜなら、髪が植物と考えれば、頭皮は根を張るための土壌といえるためです。そのため、頭皮の状態が芳しくないと、おのずと髪も傷みやぱさつきを生じてしまいます。ピンク色のラベルが目印のこのスカルプシリーズは、そんな頭皮をいたわりたい人向けです。頭皮コンディションを整えることに適した成分が配合されており、髪質を根本から改善することに期待がもてます。

カラーリングをしている:レヴール フォーカラーシリーズ

レヴール フォーカラー シャンプー&トリートメントセット カラーヘア用【ジャパンゲートウェイ】 シャンプー(500ml)&コンディショナー(500ml)

ワイルドで特徴的なボトルが印象的な、フォーカラーシリーズもレヴールシャンプーの人気ラインです。17種の植物由来のキューティクル補修成分により、カラーリングでダメージを受けた髪の美しさを保つとされています。髪にみずみずしさが加わるので、カラーの発色を高める、維持することにも適しているでしょう。

レヴールのメーカー口コミ

私は、添加物にこだわりをもつタイプです。食べ物や洗剤を通して健康に適さない成分をとりこむことに強い抵抗感をもつタイプなんですよね。でもそういうのって、基本的には気づけないじゃないですか。なので、知らないうちにそういものを取り込んでしまう、そんな感覚がいやなんです。けれどレヴールシャンプーは本当に理想的!洗浄成分の定番である「界面活性剤」を不使用としているため、髪や頭皮に余分なダメージを与える心配がないんですよね。無色透明の原液を手にとって馴染ませると、あっと言う間にに泡立って、髪をしっかり包み込んでくれます。この感覚、私の毎晩のちょっとした楽しみになってるんですよ。さらっとした洗いあがりもかなり私好みで、レヴールシャンプーは手放せないお気に入りになりました。!

レヴール ゼロ リペアシリーズ

レヴール ゼロ リペア シリコーンフリー シャンプー

Reveur0(レヴール ゼロ) リペア シリコーンフリー シャンプー (460mL)

シリコン成分を含まないリペアシャンプーとなっています。アミノ酸系洗浄成分によって、やさしくいたわりながら洗い上げます。またリペアと名がつく通り、傷んだ髪を補修することにも適しているので、髪質改善を目指している人にも効果的に感じられるでしょう。理リゾートで寛いでいるような気分を演出する、シトラスアクアの香りが特徴です。

レヴール ゼロ リペア カチオンフリー トリートメント

Reveur0(レヴール ゼロ) リペア カチオンフリー トリートメント (460mL)

グリーンのラベルのレヴールシャンプーは、前述でも紹介しているカチオン界面活性剤を抑えることに特化したタイプです。抑えるどころかまったくの不使用となっているため、頭皮や髪へのストレスを大きく軽減できそうです。もちろん、ダメージ補修効果も期待できます。しなやかで、それでいて弾むような髪を手に入れたい人に、おすすめのシャンプーでしょう。

レヴール リッチ & リペアシリーズ

レヴール ゼロ モイスト シリコーンフリー シャンプー

Reveur0(レヴール ゼロ) モイスト シリコーンフリー シャンプー (460mL)

髪の美しさにこだわるにおいて、みずみずしい潤いは外せません。その点、保湿にこだわったモイストタイプは心強く感じられるでしょう。毛先の補修をおこないつつ、潤いをしっかり注入してまとまりある毛先を演出してくれます。少し濃い色味のボトルが目印です。フルーツとローズのおりなす、フレッシュなフローラルベリーの香りにも注目してください。

レヴール ゼロ モイスト カチオンフリー トリートメント

Reveur0(レヴール ゼロ) モイスト カチオンフリー トリートメント (460mL)

カチオン界面活性剤不使用の、モイスト系トリートメントとなっています。上記で紹介したシリコンフリーシャンプーと、合わせて使用すると良いでしょう。同じく潤いを与えるタイプの成分であり、また香りも統一されているのでフレーバーが混ざり合う心配もいりません。トリートメント効果が、さらなるツヤを演出することでしょう。

レヴール ゼロ スカルプシリーズ

レヴール ゼロ スカルプ シリコーンフリー シャンプー

Reveur0(レヴール ゼロ) スカルプ シリコーンフリー シャンプー (460mL)

頭皮に状態の悪さを感じている、そんな人がぜひ選ぶべきなのがこのスカルプシリコーンフリータイプです。前述で紹介している通り、頭皮コンディションを整えることに適したシャンプーとなっています。またシリコンフリーの特徴が伴うことで、コート成分による毛穴詰まりを防いで、髪を健康に保つ上でも効果的です。ダブルの有効性が、頭皮環境を整えます。

レヴール ゼロ スカルプ カチオンフリー トリートメント

Reveur0(レヴール ゼロ) スカルプ カチオンフリー トリートメント (460mL)

頭皮への刺激を気にするべきなのは、シャンプーだけでもありません。やはり、同じく髪や頭皮になじませるトリートメントにも同じことがいえます。そのため、頭皮環境の改善を目指しているのであれば、トリートメントもまたスカルプタイプをおすすめします。髪に栄養を注入しつつ、頭皮を守ります。

レヴール フォーカラーシリーズ

レヴール フォーカラー シャンプーN

レヴール フォーカラー シャンプーN (500mL)

カラーリングをしている人は、普通の髪とまた違ったケアをしなくてはなりません。髪にカラーを入れるには、大きなダメージを伴うためです。つまり、ダメージ補修への意識が一層重要となるわけです。その点、フォーカラーシャンプーは唐リングのダメージを捕集しながら、やさしくケアするノンシリコンシャンプーとなっています。

レヴール フォーカラー トリートメントN

レヴール フォーカラー トリートメントN (500mL)

傷んだカラーヘアには、やはりトリートメントによる補修も重要となってきます。レヴールのフォーカラートリートメントは、17種の植物由来成分により、キューティクルを強力に補修してる効果があるとされています。そのため、毎日の洗髪で自然にカラーヘアをいたわることができます。フォーカラーシャンプーと、合わせて使ってみてください。

まとめ

レヴールシャンプーは、近年重視される自然志向が特に色濃く反映されたようなシリーズです。刺激となる成分を高度に抑えることで、繊細な頭皮や髪をやさしくいたわり、さらには補修も期待できます。ですが複数の種類が展開されているので、初めての場合は少し混乱するかもしれません。上記を参考に、理想の製品を手に入れてください。